しらゆりじょし

白百合女子大学

私立大学 東京都

人間総合学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

児童文化学科(50名)
発達心理学科(50名)
初等教育学科(75名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●子どもの文学や文化を専門的に学べ、創作技法も学べる
●生涯にわたる心の成長過程を深く理解し、心理の専門職をめざす
●豊富な現場体験と目的に合わせたコースでプロの保育者・教育者をめざす

人への理解と支援をもとに、「児童文化」「発達心理」「教育・保育」の視点から学ぶ

【キャンパス】東京(1~4年)
【学生数】403名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】33名(2017年5月1日現在)

児童文化学科

講義・学問分野

日本児童文学研究、英米児童文学研究、伝承文学研究、創作文化研究、絵本制作研究、アニメーション制作、児童文学、マンガ論、アニメ論、ネオ・ファンタジーなど

閉じる

発達心理学科

講義・学問分野

心理学概論、心理統計学、臨床心理学概論、発達心理学概論、心理学研究法演習、認知心理学、パーソナリティ心理学、社会心理学、教育心理学、発達心理学演習、児童文化など

閉じる

初等教育学科

講義・学問分野

教育原理、教育心理学、教育課程論、保育者論、保育過程論、児童家庭福祉、保育の心理学、保育実習、教育体験、幼児教育体験、児童文学、臨床心理学、発達心理学概論など

閉じる

学部の特色

子どもの文学や文化を専門的に学べ、創作技法も学べる

児童文化学科は児童文学・文化を専門的に学べる国内唯一の学科です。子どもの頃に慣れ親しんだおもちゃ、漫画、グリム童話、アニメ、ゲーム、キャラクターなど幅広く研究します。さらに、絵本やアニメーション制作などの授業も充実。創作の第一線で活躍する教員から創作技法などを学べます。

閉じる

生涯にわたる心の成長過程を深く理解し、心理の専門職をめざす

発達心理学科は人の生涯にわたる心の成長・発達を理解し、人間が持つ可能性と多様性を学ぶ学科です。さらに深く探究したい学生には本学大学院への内部進学制度が整っており、公認心理師や臨床心理士の受験資格を取得し、心理専門職として活躍をめざすことが可能です。「公認心理師」は日本初の心理専門職の国家資格で、本学の発達心理学科および、大学院の両コースは公認心理師の養成カリキュラムに対応しています。また、「博士課程(前期)」の「発達臨床進学コース」は(財)日本臨床心理士資格認定協会より第一種大学院の指定を受けており、同コースの修了者は「臨床心理士」の受験資格を得ることができます。

閉じる

豊富な現場体験と目的に合わせたコースでプロの保育者・教育者をめざす

幼稚園教諭免許状・保育士資格の同時取得をめざす「幼児教育コース」と小学校教諭免許状の取得をめざす「児童教育コース」があります。両コースとも1年次から現場を体験できる機会が豊富にあります。「幼児教育コース」の保育体験では、保育者が実践していることや子どもの行動を観察し、それが授業で学んだ理論と合致するのを目にするたびに、「こういうことだったんだ」と納得でき、理解がより深まります。また、「児童教育コース」では、授業の作り方や教科の指導法といった専門科目を、入学当初から学びます。1年次の前期に行う模擬授業では、どういう点に留意すべきか早い段階で気付くことができます。自分の課題を意識しながら学びを深め、万全の体制で3年次の教育実習に臨めます。

閉じる

学べること

児童文化学科

児童文学・文化の専門知識を習得し、創作活動にもチャレンジできる

児童文学・文化を学べる国内唯一の学科です。絵本や童話からおもちゃやアニメまで、幅広い学びに取り組みます。これらの学びは、子ども文化として捉えるだけでなく、大人と子どもでは異なる感覚・価値観を検証したり、さまざまな視点で物事を見る力を養うことがねらいです。また、第一線で活躍する教員から創作技法を学び、絵本やアニメーションをつくる演習も充実。例えば、アニメーション制作では、絵から動画を制作する通常の手法だけでなく、粘土や切り絵などを利用した「コマ撮り」の手法も学びます。

【授業・講義】
児童文学入門B

物語の源である口承文学、特に口伝えのおとぎ話である昔話について理解することを目標とした授業です。昔話とは何か、伝説など他の口承話と昔話の違い、といった基本事項をおさえたうえで、書かれた文学とは異なる昔話の文法、また、昔話の語り手や昔話の国際性について学び、昔話の特徴を理解していきます。

閉じる

発達心理学科

人間の発達における課題にアプローチできる知識とスキルを習得

心の成長過程を科学的に実証する学科です。人への理解と論理的な思考力を養い、心の諸問題への支援ができる人材を育てます。人の心の発達には、遺伝や性格など個人の内的な要因と、環境的要因があります。その両面から考えることを通して人間理解を深めます。人間のさまざまな行動はどのような心のメカニズムが関係しているのか、基礎的な理論から最新の知識まで、心理学の理論や実験・調査の手法を習得しながら、発達心理学と臨床心理学をバランス良く学ぶと共に、発達支援などの科目も履修できます。さらに、本学大学院への内部進学制度を活用し、公認心理師や臨床心理士の受験資格を取得し、心理専門職として活躍をめざすことが可能です。

【授業・講義】
心理学実験観察演習ⅠA

心理学研究に用いられるさまざまな方法(実験・観察・調査・検査など)を小グループに分かれて学習します。主に学生自身が実験や調査対象となってデータを取り、それを分析し、結果をレポートにまとめるという経験を繰り返します。子ども観察では実際に保育所などに出かけ、調査を行います。

閉じる

初等教育学科

保育士・幼稚園教諭の資格を同時取得でき、現場体験を通じ保育者や教育者としての力をつける

「幼児教育コース」では幼稚園教諭と保育士両方の資格取得を、「児童教育コース」では小学校教諭をめざします。現場体験を重視し、1年次から保育・教育現場での学びの機会を提供します。子どもの糧となる学びの機会や経験を提供でき、個性を尊重しながら知性や感性を育む保育者・教育者を育てます。教育実習前の授業では指導案づくりや模擬授業を行い、実習後には現場の課題をレポートにまとめ報告会を行うなど、事前事後指導も徹底します。また。1年生全員を対象に「夏季研修」として学外実習が行われるのも特徴です。

【授業・講義】
教育実習 事前事後指導(幼・小)

前期は、実習で授業をする際に作成する指導案づくりを学ぶほか、模擬授業を通して1時間の学習展開を覚えます。また小学校実習を終えた人から報告を聞く機会を設けることで、実習に向けての心構えを養います。後期は、学校の現場が抱えるさまざまな課題の中から自分のテーマを選び、レポートを作成し報告し合いながら、小学校教育の現状を理解します。(幼稚園・小学校の実習先に応じて、担当教員が指導します)

閉じる

アドミッションポリシー

 

●児童文化学科
広く児童文学に関わる研究や創作に興味を持ち、その探求において想像力および創造力を養成することに関心のある人を求めます。また、現代の子どもの状況に強い関心があり、子どもの理解と専門知識を用いて、教育産業、出版編集、玩具や子ども用品の関連企業、創作者等を目指す人を求めます。

●発達心理学科
人が社会の中でどのように発達し、変化していくかに関心を持ち、それを科学的・実証的に探究することに興味を持っている人を求めます。また、それを基礎にして、保育・教育・福祉・医療などの場で発達・臨床支援を目指して学びたい人、公務員の心理専門職を目指す人も求めます。

●初等教育学科
幼稚園教諭・保育士または小学校教諭として子どもの教育・保育に携わり、それを通じて社会に貢献したいと考える人を求めます。乳幼児期・児童期の子どもの発達とその環境となる児童文化への関心を活かして、児童館や児童養護施設のような学校・園・施設以外の地域社会における子ども支援・子育て支援の活動をめざす人も求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都調布市緑ケ丘1-25
入試広報課
(03)3326-8092(直通)
 【URL】http://www.shirayuri.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ