×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

せいしんじょし

聖心女子大学

私立大学 東京都

みんなのQ&A

学部・学科・研究に関するQ&A

1年次のゼミではどのようなことを学びますか

1年次生全員が少人数のゼミで学びます。各ゼミの担当は全員が専任教員で、アカデミック・アドバイザーを兼ねており、安心できるサポート体制です。ゼミは学生の主体的な研究発表とディスカッションを中心に進められますが、どのクラスでも、調査や情報収集の方法、発表、文章表現などを学び、大学での学修に必要なスキルを身に付けます。このようなスキルは、実際に少人数クラスのゼミで教員の指導を受けながら調査・発表する中で磨かれるものです。教員の専門分野の魅力を味わいつつ、大学生活を有意義にする基礎能力を全員が身に付けるという、聖心女子大学ならではのユニークなシステムです。

閉じる

2年次から分かれる学科専攻はどのように決めるのでしょうか

1年次生は全員が「基礎課程」に所属し、2年進級時に各学科・専攻に分かれる教育システムをとっています。基礎課程では、ゼミや、各学科の入門科目を自分の興味関心に応じて履修し、本当に学びたいことは何かを確認します。これを踏まえ、担当教員(アカデミック・アドバイザー)の助言を得ながら、2年次以降所属する学科・専攻を選びます。

閉じる

卒業論文は必修ですか

必修です。本学の2年次以降は、各学科・専攻が開設する専攻分野の授業科目を履修し、演習、講義、実習などを通して専門性を深めます。特にカリキュラムの中心に据えられる演習は少人数のゼミ形式で行われ、学生が中心になって行う研究を通して、専門領域についての知識や理解を深めるとともに、十分な発信力や説得力を身に付けます。4年次には学科・専攻で深めた学問の集大成として、全員が卒業論文を作成します。

閉じる

アカデミック・アドバイザー制度とはどのようなものですか

1年次生の学業についての指導と助言を行うアカデミック・アドバイザーを置いています。アカデミック・アドバイザーは専任教員が担当し、1年次生は授業のこと、将来の進路のこと、学科専攻決定への相談と助言など、種々のアドバイスを受けることができます。少人数制を教育の柱とする聖心女子大学ならではのシステムです。

閉じる

「1年次センター」について教えてください

大学生活のスタートとなる1年次の学修・生活面に必要な情報を提供し、学科・専攻が決まるまでの1年間、学生研究室の代わりとなるセンターです。1年次センターでは、次のようなサービスを提供しています。
1.1年次生が本学に早くなじむためのサポート
入学式に続くオリエンテーション期間をとおして、1年次生に関わり、本学に早くなじむことができるよう、きめ細やかにサポートします。授業開始後も引き続き、1年次生が交流を深める支援を行い、情報を提供していきます。
2.気軽に相談できる窓口
学生生活全般にわたる相談を受け付けています。1年次生のための授業「基礎課程演習」(1年ゼミ)に関する窓口にもなっています。
3.交流の場/ 自習・グループ学習の場
学生同士の交流を広げ、情報交換の場として、また、安らぎの場としても活用されています。
4.より充実したキャンパスライフのための情報提供
1年次⽣が広い視野と教養を培うための「ジェネラルレクチャー」を企画・運営しています。また豊かなキャンパスライフを送れるよう、1年次⽣が抱えるさまざまな問題の把握に努め、全学的な協⼒のもと、問題の解決を図っています。

閉じる

大学の見学はできますか

オープンキャンパス以外で、キャンパス見学をご希望の方は、広報課へご連絡ください。キャンパス案内や個別相談を行います(授業見学や在学生と直接話したい方は、オープンキャンパスにお越しください)。
詳しくは大学公式WEBサイトをご覧ください。

閉じる

就職・資格・進学に関するQ&A

取得できる免許・資格について教えてください

教職(高等学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状)、日本語教員、博物館学芸員、図書館司書・司書教諭、認定心理士資格、社会調査士資格、保育士資格などが取得可能です。詳しくは大学公式Webサイトをご覧ください。

閉じる

日本語教員課程について教えてください

日本語教員とは、外国人に日本語を教えるための知識や技能を持った教員のことです。現在、多くの卒業生が国内外で日本語教員として活躍しています。日本語教員の資格は、決められた授業と実習を終えると修了証書が授与されます。日本語日本文学科の学生はもちろん、他学科の学生も受講することができます。

閉じる

社会調査士資格について教えてください

人間関係学科では「社会調査士」資格を取得することができます。社会調査士とは、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象などを捉えることのできる能力を有する「調査の専門家」のことです。社会調査士資格を持っているからといって特定の職業に就けるわけではありませんが、科学的な社会調査を担える人材、「調査の専門家」の必要性は企業や自治体などで大変高まっています。社会調査士資格についての詳細は、一般社団法人社会調査協会の公式WEBサイトをご参照ください。

閉じる

大学のキャリアカウンセリングについてはどのような体制ですか

さまざまな職歴を持つ総勢15人のキャリアカウンセラーによるカウンセリングを実施しています。エントリーシート添削、模擬面接など、就職に関わる技術的な相談だけでなく、進学についての相談もできます。卒業後の進路を決められない方には、生涯を通じたキャリアプランニングのためのアドバイスも行っていて、学年を問わず受けることができます。1回40分間、一人ひとり個別にじっくりとカウンセリングを受けることができます。1年次生からカウンセリングを受けられます。

閉じる

短期留学について教えてください

夏期休暇を利用して、本学の短期留学協定校(11校)での外国語研修プログラムに参加するものです。学年や語学力を問わず、誰でも参加することができます。この短期留学は、語学力を高めるだけでなく、国際的な視野を広げ、積極性を身に付ける絶好の機会にもなります。研修校は下記のとおりです。
カリフォルニア大学デイビス校(アメリカ)、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ) 、 マギル大学(カナダ)、韓国カトリック大学(韓国)、ソウル女子大学(韓国)、輔仁大学(台湾)、サセックス大学(イギリス)、リヨン・カトリック大学(フランス) 、パリ・カトリック大学(フランス)、ボン大学(ドイツ)、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学(スペイン)

閉じる

入試に関するQ&A

出願の際に学科の指定は必要ですか

本学は、現代教養学部としての一括募集です。受験時に学科を指定することはありません。
これは、1年次には基礎的な知識や能力を養うとともに、専門の基礎的な講義を幅広く受講することで、自分の興味や関心がどこにあるのかを見極め、そのうえで納得のいく進路選びをしてもらう、という本学の教育方針によるものです。本学の教育理念のリベラル・アーツの実現として、開学当時からこの方針は揺るぎがないものです。
2年次からの学科・専攻の決定方法については、大学公式WEBサイトを参照してください。

閉じる

総合型選抜アドミッション・オフィス方式において、高校の成績(評定値)に基準点はありますか

高等学校での成績(評定値)に基準点はありません。
総合型選抜アドミッション・オフィス方式の審査では、高等学校での学業成績を重視していますので、評定値が高い受験生のほうが有利といえます。しかし、小論文や面接、課題作文、エントリーシートなどを総合的に審査しますので、高等学校での成績がどの程度ないと出願できない、合格できない、といったことはありません。

閉じる

自分をアピールすることが不得意なのですが、総合型選抜アドミッション・オフィス方式の面接では不利でしょうか

「人の意見に耳を傾け、自分の意見をまとめ、人に伝える」というコミュニケーション能力は、本学で学んでいく中で伸びていくことでしょう。
本学の総合型選抜アドミッション・オフィス方式は、自己アピールの得手不得手を審査しているわけではありません。自分の意見を面接官に正確に伝え、またエントリーシートや小論文で正確に表現する、ということに努めてください。

閉じる

総合型選抜アドミッション・オフィス方式では、特技や資格がないと、合格できないのでしょうか。また、ボランティア活動などをしたこともありません

特技や資格、ボランティア活動の経験は、面接時やエントリーシートでご自分をアピールされる際に本学にお伝えください。
本学はキリスト教カトリックの精神に基づいて設立された大学ですので、各種のボランティア活動はとても活発です。大学としてもそれらの活動をサポートしています。しかし、それらは全て学生の自発的な活動ですし、高等学校までにボランティア活動の経験が必要ということは一切ありません。調査書の学業面が優れている、本学へ入学して勉学に励む意欲など、特技や資格以外の面でご自分をアピールしてください。

閉じる

総合型選抜アドミッション・オフィス方式および一般選抜(総合小論文方式)では、募集定員が若干名となっていますが、目安はどのくらいでしょうか

募集人員を「若干名」としている各入試について、定員の目安は特にはありません。
総合型選抜アドミッション・オフィス方式は、高等学校での成績や自己アピール、面接での応答内容、課題作文などを総合的に判断します。また、一般選抜(総合小論文方式)は、小論文、客観的な学力を測る問題をもとに総合的に判断します。いずれも、優秀な方が多ければ合格者も多くなり、そのように判断ができない場合には少人数になります。これまでの出願者数、受験者数、合格者数を大学公式WEBサイトに掲載していますのでご覧ください。

閉じる

一般選抜(総合小論文方式)では、どのような課題が出題されますか

入試問題全体に1つのテーマを設定した課題です。そのテーマに関する数点の資料(論文など日本語の文章、簡単な英語の資料、図版や図表的資料)について設問に答えることによって、基本的な学力(文章を読み取る能力、英語の読解力、図版や図表を読み取る能力)を客観的にみるとともに、そのテーマについて小論文を書くことによって、自らの発想に基づいた、説得力のある筋の通った文章を構成する能力を審査します。
詳しくは、大学公式WEBサイトをご覧ください。

閉じる

各入試の過去問題の入手方法はありますか

過去問題の販売、郵送はしておりませんが、オープンキャンパスの参加者には、昨年度の問題の残部をお配りしています。また、これらの大学見学・進学相談会以外の日でも大学受付にて配布しています。ただし、残部が無くなり次第、配布は終了となりますので、ご了承ください。
なお、一般選抜(3教科A方式・B方式)の過去問題集(赤本)は9月上旬より大手書店および大学受付にて販売いたします。

閉じる

キャンパスライフに関するQ&A

学生から見た聖心生のイメージは?

・出身高校を問わず仲が良い。
・女子大学のため、皆がのびのびと過ごすことができることが良いです。
・全世界約32ヵ国・150校余に聖心の姉妹校があり歴史ある大学ですが、アットホームな雰囲気である点が好きです。
・さまざまな背景や価値観を持つ学生が多く、少人数教育を行っていることから、学生同士が密に接することができるため、お互い刺激しあえる。
・勉学だけでなく、部活・サークル・留学に向けての語学の勉強など自分のやりたいことに全力で取り組んでいる学生が多い。
・服装はカジュアルな学生が多い。

閉じる

授業の感想は?

・少人数の授業が多く、先生の指導も熱心。
・他学科の授業も受講できるので、自分の興味をとことん掘り下げられる。
・先生との距離が近く、何でも相談できる。
・ゼミではディスカッションの機会が多く、発言力が身に付いたと思う。
・国内外のゲストスピーカーによる講演会は新たな発見があって楽しい。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

疑問や不安を解決するために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ