むさしのびじゅつ

武蔵野美術大学

私立大学 東京都

入試

受験アドバイス

【2018年度実績】

〈造形学部 一般入学試験〉

3方式による入試制度
〈一般方式〉
国語・外国語+学科別専門試験※
全て本学独自の試験となります。国語・外国語試験は、全学科・専攻で共通です。A・B日程のどちらか、または両日の受験が可能。両日とも受験した場合は、いずれか得点の高い方を合否判定に使用します。
〈センターA 方式〉
センター試験+学科別専門試験※
全学科・専攻で実施。センター試験の指定科目は、広く選択可能な学科が多く、得意科目での受験が可能です。また専門試験は〈一般方式〉と共通で、併願が可能です。
〈センターB 方式〉
建築・基礎デザイン・芸術文化・デザイン情報学科で実施。学科ごとに指定する平成31年度大学入試センター試験科目のみを課します。専門試験は課しません。大学入試センター試験科目は6教科28科目より指定科目・選択科目を受験します。
※学科別専門試験とは
鉛筆デッサンやデザイン(平面構成)、油絵といった伝統的な科目のほか、造形表現テスト、感覚テストといった発想力や考える力を重視する科目、数学や小論文といった学科科目など、学科それぞれの特色に応じた専門試験を実施します。
造形学部 公募制推薦入学試験
日本画、油絵(油絵専攻・版画専攻)、彫刻、工芸工業デザイン、空間演出デザイン、建築、基礎デザイン、芸術文化、デザイン情報の9学科で実施。面接を通じて、受験生の特性を重視した選考を行います。
また、工芸工業デザイン、芸術文化の2学科で、「一般型」に加えて「英語力重視型」を、デザイン情報学科で「実績重視型」「表現力重視型」を導入しています。

〈造形構想学部 一般入学試験〉

〈学部統一入試〉
国語・英語・数学
一度の試験でクリエイティブイノベーション学科、映像学科を併願できるほか、学科別入試の併願も可能です。
〈学科別入試〉
・一般方式
学科別必須科目+学科別選択科目
全学科で実施。クリエイティブイノベーション学科は「文系学力重視型」と「理系学力重視型」に分かれ、前者は「国語」「英語」が必須、「日本史」「世界史」が選択科目、後者は「数学」「英語」が必須、「物理」「化学」が選択科目です。映像学科は「国語」「英語」「感覚テスト」が必須で、選択科目は「数学」「鉛筆デッサン」「小論文」から選択できますので、得意分野での受験が可能です。また、〈センター方式〉との併願も可能。
・センター方式
センター試験(2または3または5科目)+学科別専門試験(映像学科のみ)
映像学科の「センター2科目型」を除き、大学入試センター試験科目の3科目または5科目のみで受験可能です。大学入試センター試験科目は6教科28科目より選択できます。
映像学科の「センター2科目型」は、学科の専門試験を組み合わせて受験する方式です。
造形構想学部 総合入学試験
専願の推薦入試。クリエイティブイノベーション学科は「構想力重視方式」「学力重視方式」の2方式、映像学科は「ディレクション資質重視方式」「クリエイション資質重視方式」「学力重視方式」の3方式を実施しています。

閉じる

入試科目・日程を調べる

過去問

入試情報

以下のページをご覧ください。

http://www.musabi.ac.jp/admission/other/past-exam/

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ