やまざきどうぶつかんご

ヤマザキ動物看護大学

私立大学 東京都
2018年4月ヤマザキ学園大学より名称変更

動物看護学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

動物看護学科/動物看護学専攻、動物人間関係学専攻(180名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2年次から「動物看護学専攻/動物人間関係学専攻」に分かれ専門性を極める学び
●動物に関連した新しい分野の教育研究や地域密着型の活動を活発に展開
●海外・国内研修など、仲間との交流を深め、海外の動物医療や産業動物について学ぶ

【学生数】663名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】35名(2017年5月1日現在)

動物看護学科/動物看護学専攻、動物人間関係学専攻

講義・学問分野

動物臨床看護学、生命倫理学 、動物形態学、動物生理学、解剖生理学実習、動物薬理学、動物生態学、動物行動学、動物遺伝学、病理学、動物人間関係学、コンパニオンアニマルケア実習、ペットビジネスマネジメント、野生動物学、臨床心理学、アニマルアシステッドセラピー実習、ペットロス論など

閉じる

学部の特色

2年次から「動物看護学専攻/動物人間関係学専攻」に分かれ専門性を極める学び

現代社会のニーズに応え、2016年度より「動物看護学専攻」と「動物人間関係学専攻」の2つの専攻を設置。生命を尊重する豊かな人間性と高い教養を身に付け、動物医療や人と動物が共生する社会に貢献できる人材を養成します。

【動物看護学専攻】
動物病院を中心に臨床現場で活躍する動物看護師に求められる専門的な知識と技術を修得し、動物看護の新しい領域を追究。動物臨床看護学、動物歯科学、動物リハビリテーションなどを学びます。

【動物人間関係学専攻】
人と動物のよりよい共生社会を築くために、動物介在福祉の現場や動物関連産業分野で活躍し、社会に貢献できる新しい領域を追究。アニマルアシステッドセラピーやペットロス論、動物飼育管理論、ペットビジネス起業論などを学びます。

閉じる

シンポジウム(公開講座)ではイヌも視聴可能

動物に関連した新しい分野の教育研究や地域密着型の活動を活発に展開

本学部では、動物看護の分野がしっかりと学べるのはもちろん、動物応用や動物介在福祉の分野の教育研究にも力を入れています。同時に、地域に密着した活動や社会貢献も数多く展開しており、教育研究と地域密着のさらなる充実を図っています。
こういった活動には、動物関連のシンポジウム(公開講座)や学会、「八王子市子ども体験塾」「八王子学園都市大学 いちょう塾」などがあります。学会やセミナーは無料で聴講でき、学生にとっては日ごろの学習の刺激になります。また、人と動物の絆を考えたり、将来の方向性のヒントをつかんだりするのにも役立っています。

閉じる

動物看護先進国で学ぶ海外研修

海外・国内研修など、仲間との交流を深め、海外の動物医療や産業動物について学ぶ

動物について学ぶ場所は、教室の中だけではありません。海外のペットや文化に触れる海外研修、産業動物について学ぶ国内研修は、大きな財産・経験になります。
【海外研修】アメリカ、オーストラリアなど動物看護先進国で10日間の研修を行います。海外で活躍する動物看護師や獣医師によるセミナーの受講をはじめ、盲導犬協会や動物病院の訪問、ドッグショーの見学など、個人旅行ではなかなか味わうことのできない体験ができます。
【国内研修】北海道にある北里大学獣医学部附属フィールドサイエンスセンター八雲牧場にて、ふだん身近に接することのできない牛などの産業動物について学びます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

動物病院実習で実践的能力を養う

動物看護学科/動物看護学専攻、動物人間関係学専攻

動物看護の新しい領域を追究する

人と動物の共生をめざして、動物医療を支える豊かな人間性と幅広い視野を備えた動物看護師の育成をめざし、コンパニオンアニマル(伴侶動物)の高齢化と共に注目を集める動物リハビリテーションなど動物看護の新しい領域を追究していきます。
動物の体のしくみや働きを学ぶ動物形態学、動物リハビリテーション、ペットの健康管理に必要な栄養学などを学ぶほか、「動物歯科学」「動物歯科学実習」では、終生飼育を目的とした歯科疾患に対する予防のための理論と実際の処置方法を器材を扱いながら学びます。
また、「ペットロス論」ではペットロスに関わる理論や事例の学習を通して、喪失体験について社会学的な視点から考察を行っています。動物のケアだけでなく、動物看護師として飼い主のこころのケアもできるよう、ペットロスの予防と対処の知識を深める授業を展開しています。

【授業・講義】
動物病院実習(動物看護学専攻/必修)

全国の動物病院と連携し、3年次に学外実習を行います。動物病院実習では、小動物臨床現場における実務を通して、学内で学んだ動物看護の知識や基礎技術の定着をはかるとともに、さまざまなケースに対応できる実践力を習得します。また、動物病院実習を通して就職への意識を高め、一人ひとりが望む就職に結びつけます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都八王子市南大沢4-7-2
入試広報部
【フリーダイヤル】0120-124979
 【URL】http://univ.yamazaki.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ