にほんふくし

日本福祉大学

私立大学 愛知県

先輩の学生生活体験記

プロフィール

患者さんのご家族の心も支えられる看護師へ

プロフィール写真
  • 日本福祉大学
  • 看護学部 看護学科 卒業生
  • 阿見友葉さん
  • 豊橋南高等学校
  • 2016年度卒業

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校時代は部活に熱中していました。吹奏楽部に所属していて、1つの曲をみんなで協力しながら演奏することはとても楽しかったです。連符がなかなかできず、挫けそうになることもありましたが、みんなで練習方法を変えたりと支え合いながら取り組むことで、乗り越えることができました。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

成人看護、特に急性期の看護に興味を持ち、卒業研究でも救急領域での家族に対する援助について研究しました。覚えることや実践することがたくさんあり、試験や実習は大変でしたが、状況をイメージしながら取り組むことで自然と何が必要かを考えることができました。卒業研究では、患者さんだけでなくその家族に対するサポートも大切になることを学びました。不安を抱えるのは家族も同様なので、家族にもアプローチできる看護師になりたいです。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

患者さんは入院中は治療のため病院で生活していますが、退院後は地域で生活していかなければなりません。大学では、近隣の福祉用具のお店に行き、実際どのような社会資源があるのかを実際に目で見たり手に取ったりして体験することができました。体験により、退院後はどのような支援が必要になるのかを考えることができ、入院中から退院後を見据えた看護が大切になるということを学ぶことができました。
また、日本福祉大学は学部が多数あるため、いろいろな考え方の学生と交流することができ、好きなサークルを立ち上げることもできます。
先生方が親身になって相談に乗ってくれ、相談しやすいような環境づくりもしてくださるので安心して大学生活を送ることができました。

閉じる

「+ふくし」の学びとは?未来に役立つ力を身につける

日本福祉大学は、8学部10学科を擁する「ふくしの総合大学」です。「いのち」に関わる健康・医療の分野、「くらし」を豊かにする経済・福祉の分野、「いきがい」ある人生を支える教育・発達の分野の学問を学び、現代社会のあらゆる領域で、それぞれの専門的能力を発揮し活躍できる「ふくし」のスペシャリストを育成します。
情報化やグローバル化、技術の進化によって、私たちの身のまわりのくらしも急速に変化しています。変わるということは、違いが起きるということ。相手を受け入れ、わかり合うという当たり前が、これからさらに求められていきます。だからこそ、「ふつうの くらしの しあわせ」を考える「+ふくし」の視点は、これからの未来を生きるチカラとなります。
★Webオープンキャンパス公開中です。ぜひ、未来に役立つ「+ふくし」の学びをチェックしてみてください。最新のイベント・入試情報は受験生サイトをご確認ください。

詳しくはこちら

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ