大学入試センター試験の最新情報をお届け!

こうがっかん

皇學館大学

私立大学 三重県

現代日本社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

現代日本社会学科(100名)

所在地

1~4年:三重

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●広い視野と優れた分析力を持つリーダーを育成
●日本の課題を再発見する「フィールドワーク」「産業社会実習」
●難易度の高い公務員試験も『公務員養成特別プログラム』でサポート

刻々と変わりゆく日本の政治・経済、社会福祉の現状を理解し、さまざまな課題を多面的に考察することによって、広い視野で考える力を養います。現代日本の諸問題解決に向けて主体的に行動できる中核的職業人を4年間一貫したゼミ指導体制で育成します。

【学生数】458人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】15人(2017年5月1日現在)

現代日本社会学科

講義・学問分野

[経営革新コース]経済政策論、公共政策論、日本マスコミ論、日本外交論、日本政治論、農業政策論 など
[地域創生コース]現代社会論、社会調査法、社会統計学、地域文化論、家族社会学 など
[福祉展開コース]社会福祉原論、医療福祉論、児童・家庭福祉論、公的扶助論、相談援助実習 など
[文化発信コース]日本建築論、日本芸能論、現代神道論、武士道論、日本工芸論、日本礼法論 など

閉じる

学部の特色

地域に出て現代日本が抱える問題の解決を考える力を養う

広い視野と優れた分析力を持つリーダーを育成

本学部では、日本の伝統や文化を学んだうえで、刻々と変わりゆく政治・経済、社会福祉の現状を理解し、広い視野で考える力、および分析力を養います。現代日本の諸問題解決に向けて主体的に行動できる中核的職業人を4年間一貫したゼミ指導体制で育成します。
また、多様化する現代日本の課題に柔軟に対応できる力を身に付けるため、4つの分野「政治経済」「地域社会」「社会福祉」「伝統文化」を設定し、複合的に学ぶことによって、学生一人ひとりの興味・関心に応え、めざす職業への就職を支援します。
2014年度から農学作物栽培学、同実習も開講しています。

閉じる

ゼミのテーマに合わせて国内外へ訪れ、多くのことを学ぶ

日本の課題を再発見する「フィールドワーク」「産業社会実習」

フィールドワークは多くのことを学べる「生きた教科書」。ゼミのテーマに合わせて国内外へと現地調査に訪れ、最新の知識・理解を深めます。政治経済分野・新田ゼミでは、国会議事堂などを訪問。三重県出身の国会議員の解説により堂内を見学し、政治の中心地を実体験しました。また、旅先での交流や体験を通じて新たな課題を発見するなど、自分を見つめ直すよい機会にもなります。

閉じる

充実の公務員試験対策で、就職を強力サポート

難易度の高い公務員試験も『公務員養成特別プログラム』でサポート

将来、国家公務員・地方公務員としての活躍を希望する学生を徹底サポートする「公務員養成特別プログラム」を設置予定。カリキュラムの中に、公務員養成講座(テキスト代のみで受講可能)など、公務員になるために必要な学びと採用試験対策を体系的に組み込んだ特別プログラムです。本学部の卒業生は、三重県庁・各自治体・警視庁・自衛隊などに就職しており、難易度の高い公務員試験へのサポート体制も万全です。

閉じる

学べること

あるべき公務員像を、自ら体現してきた岸川教授から学ぶ

現代日本社会学科

現代日本について広く学び、深く考察し主体的に行動できる人材を育成

●経営革新コース
地域から国家までのあらゆる組織が抱える課題を探求し、その経営の革新を実現するために必要な力を養います。

●地域創生コース
現場を知るフィールドワークを重視。徹底した調査・分析を通して地域の問題を解決できる能力を育成します。

●福祉展開コース
社会福祉士などの国家資格の取得をめざすとともに、福祉マインドを活用できる企業人・公務員を育成します。

●文化発信コース
日本の伝統文化を正しく理解し、継承。その価値を世界に発信できる人材を育成します。

【授業・講義】
公務員としての心と技を磨く「公共政策論」

まちの宝創造特命藍を経て、地域活性化につながるプロジェクトを多数成功に導いた岸川政之教授の講義。高校生レストラン「まごの店」など、実例をもとに有効な政策について考えます。

閉じる

アドミッションポリシー

日本の明るい未来に貢献できる人材を育成

本学部の求める人物像

本学部では、全学のアドミッション・ポリシーに加えて、ディプロマ・ポリシーにふさわしい入学者として、以下のような人物を求めています。
1.現代日本の諸課題に対し、主体的・創造的に対応しようとする意欲を有している。
2.国民の生活を支えるために公共機関で働きたいと考えている。
3.民間企業で働いたり、事業を起こしたりすることを通じて、地域活性化に貢献したいと考えている。
4.社会福祉関係の職に就いて援助を必要としている人を支援したいと考えている。
5.日本の伝統文化を継承・普及・発展させたいと考えている。
6.「学びを人生や社会に生かそうとする志」「生きて働く知識技能を修得しようとする意欲」「未知の状況にも対応できる能力を身につけたいとの願い」を持っている。この「志」「意欲」「願い」を特に重視する。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】三重県伊勢市神田久志本町1704
入試担当
(0596)22-6316(直)
 【URL】https://www.kogakkan-u.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ