×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

りゅうつうかがく

流通科学大学

私立大学 兵庫県

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(150名)
経済情報学科(50名)

所在地

1~4年:兵庫

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●経済学の知識とITを活用し、経済社会での活躍をめざす
●〈経済学科〉双方向スタイルの授業でプレゼン力を育成
●〈経済情報学科〉ITを駆使して経済を読み解く

経済学と情報処理力を身に付け経済社会で活躍できる人材を育成します。

【学生数】874人(2019年5月現在)
【専任教員数】25人(2019年4月現在)

経済学科

講義・学問分野

現代経済コース/ミクロ経済学、日本経済論、経済数学、データでみる現代経済、財政学、金融論、アジア経済論、地域経済論、医療経済論、金融政策論、国際金融論 など

地域まちづくりコース/地域経済論、公共政策論、財政学、ミクロ経済学、データでみる現代経済、都市・地域計画、地域情報処理、地域観光政策、地域再生論、都市環境論、防災まちづくり論 など

閉じる

経済情報学科

講義・学問分野

経済情報コース/マクロ経済学、データでみる現代経済、経済数学、地域まちづくり概論、情報科学、経済情報処理I・II、情報科学、日本経済論、プログラミングI など

情報システムコース/情報科学、コンピュータシステム、マクロ経済学、プログラミングI・II、データでみる現代経済、統計データ分析、情報ネットワーク など

閉じる

学部の特色

経済学の知識とITを活用し、経済社会での活躍をめざす

幅広い経済学の知識と情報処理力を身に付ける2学科4コースを設置。国や地域社会の仕組みや役割を理解し、経済データを活用して、社会のさまざまな問題を解決する人材を育成します。

閉じる

〈経済学科〉双方向スタイルの授業でプレゼン力を育成

経済活動全般の基本となる原理を学ぶ学問が経済学です。どんな分野にも応用できる考察力が身に付く、魅力ある学びです。
授業は、「円高・円安」「アベノミクス」「格差」など現代の経済情勢や地域の諸問題について新聞やニュース番組を見ながら学び、学生がディスカッションし、まとまった意見を発表するという構成で行われます。双方向の授業形式によって、経済や地域の問題を身近に感じることができ、自然にプレゼンテーション力が身に付きます。テーマの論点をとらえて核心を理解し、最善の対策を考案できる人材を育成します。

閉じる

〈経済情報学科〉ITを駆使して経済を読み解く

コンピュータの活用法やプログラミングのスキル、情報を扱うルールなどの基礎的なことから始め、身の回りの情報を分析・活用する方法を学ぶことが本学科の特徴です。
例えば、神戸の新長田地区の活性化をめざした「三国志祭」では、学生が提案したスマートフォンを使ったクイズラリーを実施しました。このように、研究室の中でシステムを作って満足するのではなく、実際に使ってもらうモノを作ることをめざしています。
今は、感情を持ったパーソナルロボット「Pepper」の可能性を探っています。目標は、オープンキャンパスなどの場で活躍させることです。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

経済学科

複眼的な視点で経済を捉える

どうすれば、必要なところにお金と人を回せるのか
●現代経済コース
グローバル化や技術革新などの影響を受け、私たちの社会は常に変化しています。この変化を見極めるための武器となる経済学の幅広い知識を身に付け、社会が必要とする問題解決力を持った人材を育成します。
〈キャリアイメージ〉
公務員・金融業・流通小売業など、さまざまな業種の経営・企画・管理部門

どうすれば、住みやすく活力あるわが町にできるか
●地域まちづくりコース
私たちのまちは、そこに暮らす人々、コミュニティー、企業、行政などが関わり合って成り立っています。経済学をベースに地域社会の複雑な問題を理解し、地域の人々の利益となる解を導き、提案する力を養成します。
〈キャリアイメージ〉
公務員、運輸業、建設・不動産業、流通小売業など、安心・安全・快適な社会の創出に関わる職業

【授業・講義】
社会とつながる!経済学科の学び

〈一例〉
●オフキャンパス研修
島根県隠岐郡海士町に1週間ほど滞在し、離島の生活、経済、文化を体験しながら、この町にIターンして起業した「巡の環」に先達をお願いし、この島が地方創生の手本と呼ばれる秘密を探っていきます。

●もっと!モトロク
流科大、神戸市、NPO法人、民間企業とのまちづくりに参加し、神戸市中央区の元町六丁目商店街の元婦人服店を若者向けに改装するアイデアを提案。おしゃれなショップとしてリニューアルしました。

閉じる

経済情報学科

ITを駆使して経済を読み解く

どうすれば、経済データを駆使して高度な意思決定ができるか
●経済情報コース
人の行動や社会、経済の動きなど、膨大なデータがあふれている現代社会。多様なデータを正しく扱う情報処理のスキルと、経済学によって社会の動向、本質や問題点を見極める力を養い、経済情報を創造的に活用できる人材を育成します。
〈キャリアイメージ〉
経済分析と情報処理の能力を生かせる企業のデータ分析・調査部門など

どうすれば、情報システムを使いこなして社会を支えることができるか
●情報システムコース
企業にとって欠かせないインフラである情報システムの運用によって、経営が大きく左右されることも珍しくありません。経済・経営の知識とともに情報技術を学ぶことによって、経営に強い情報分析力、システム構築力を養います。
〈キャリアイメージ〉
経済の知識と情報処理技能が生かせる情報関連企業、企業の情報分析部門、システムエンジニアなど

【授業・講義】
経済情報学のリアルな学び

●意思決定をコンピュータにさせる時代!
「お客様の注文を取ってからテーブルを片づける」「麺を茹でている間に具を用意する」などの効率的な仕事ぶりや「早朝に掃除を済ませ、開店直後の空いた時間にショッピング」のような充実した私生活。人はこのような最適な行動・作業を知識や経験から決めています。
経済情報学では、この意思決定をコンピュータにさせるための手法(オペレーションズ・リサーチ)を学びます。例えば、災害発生時に、実際に物資・人をどのように配送・搬送すると良いかをシミュレーションするなど、複雑化する現代社会においてさまざまな分野で利用されています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ