×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

なら

奈良大学

私立大学 奈良県

社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

心理学科(90名)
総合社会学科(90名)

所在地

1~4年:奈良

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●人と社会の“こころ”を探究する「心理学科」、社会で役立つ総合力を身に付ける「総合社会学科」
●自らの人生を主体的に生きることにより、社会貢献のできる人材に
●コンピュータ学習や各種調査・実験実習により、実践的に学べる

キャンパスを飛び出して各種調査や実験実習を行い、現代人、現代社会が抱えるさまざまな問題について解決をはかる創造力や実行力をもつ人材を育成します。

【学生数】433人(2018年5月1日現在)
【専任教員数】21人(2018年5月1日現在)
【大学院】社会学研究科

心理学科

講義・学問分野

心理学概論、社会心理学概論、臨床心理学概論、心理学実験、心理学研究法、臨床心理学基礎実習、臨床心理学演習、社会心理学演習、発達心理学、教育・学校心理学、集団力学、感情・人格心理学、司法・犯罪心理学、心理学的支援法、福祉心理学、公認心理師の職責、対人社会心理学、心理的アセスメント、心理実践演習 など

閉じる

総合社会学科

講義・学問分野

社会調査概論、社会調査法、社会統計学、現代社会と哲学、社会体験実習、社会調査実習、量的分析法、質的分析法、ジェンダーとライフコース、社会学基礎、文化人類学、経済学、地域社会学、家族社会学、産業社会学、環境社会学、情報社会学、消費者行動分析、企業行動分析、プログラミング言語 など

閉じる

学部の特色

カウンセリング技法の習得

人と社会の“こころ”を探究する「心理学科」、社会で役立つ総合力を身に付ける「総合社会学科」

本学部では、臨床心理学と社会心理学を中心に人間のこころの問題を総合的に研究する「心理学科」と、バリエーション豊かな専門領域の中から広く学び、社会の即戦力としての総合力を身に付ける「総合社会学科」を設置。これまで、現代の社会や人々が抱えているさまざまな問題に関して原因を探る調査力や洞察力、解決を図る創造力や実行力を持った多くの人材を育成し、社会に送り出しています。

閉じる

アンケート調査結果を統計分析

自らの人生を主体的に生きることにより、社会貢献のできる人材に

社会学部の教育目標は、「現代社会の構造と、その変化の動向を見定めるための研究と学習を通し、自らの人生を主体的に生きることによって社会貢献のできる人を育成する」ことです。
本学部では、広い範囲の専門分野を持つ教員の指導のもと、現代社会で役立つ力を身に付けた人材を育成します。

閉じる

コンピュータ学習や各種調査・実験実習により、実践的に学べる

実践的な学習を重視する本学部では充実した実験・実習設備を利用し、「リサーチ・オリエンティッド」を標語に、研究上の重要な技術手段として、コンピュータ学習および各種調査・実験実習に力を注いでいます。
認定心理士、社会調査士、販売士、知的財産管理技能検定、ファイナンシャルプランニング技能検定などの資格取得制度もあります。

閉じる

学べること

実習を通してイメージの世界を表現する

心理学科

より深く、人と社会の“こころ”を探究

本学科では人間社会や社会関係を考えながら、発達・こころの病気、集団心理など「人間」への理解を深めます。新しい社会を柔軟に生き抜くこころのあり方を探り、どうすれば一人ひとりが生き生きと生活をしていけるかを探究するため、多角的にこころの問題へアプローチします。
心理学の基礎から学びを進め、メンタルヘルスの問題に取り組む「臨床心理学コース」と、社会との関係から“こころ”の働きにアプローチする「社会心理学コース」の2つの学びで、「個」と「社会」の両面から人の“こころ”に迫るとともに、実社会で広く活用できるスキルを身に付けます。

【授業・講義】
心理実習

~「相手を理解する方法」を自分の感覚を大切にさまざまな視点から学ぶ~

心理実習は心理テストのことではなく、相手を理解することです。カウンセリングをしながら動作や話し方などを観察し、さまざまな視点から相手を理解する上で心理テストは一つの手段にすぎません。そうした前提を踏まえ、代表的な心理テストの実施方法や解釈のポイントを学生自らが体験を通して学びます。例えば「描画テスト」では、学生自らが絵を描き、互いに分析・意見発表。マニュアル的な解釈を当てはめる前に自分がどう感じたかを大切にし、他人の意見を聞いてさまざまな考え方を学びます。こうした実習は人間関係の構築にも役立ちます。

閉じる

さまざまな視点からビジネスプランを考える

総合社会学科

社会で役立つ総合力を身に付ける

複雑な現代社会を理解するために必要な社会学、文化人類学、経済学、経営学、情報学をバランスよく学び、社会に対する深い洞察力を鍛えます。さらに企業、行政、NPO等と連携した「社会体験実習」などを通じて社会の現場を経験し、知識を社会に応用する実践力を磨きます。
理論的な学びをより実践的な学びに結びつけるため、2つのコース「経済経営コース」「文化情報コース」を設置。それぞれの関心に合わせてコースを選ぶことで、「やりたいこと」や「なりたいもの」にアプローチします。

【授業・講義】
演習

ビジネスプラン策定の疑似体験を行う授業です。前期は業界や企業について研究し、売上や利益などの数字の見方を学習。後期になるとグローバルな視点で考えられたビジネスプランを知ったうえで、それぞれが競合他社とは差別化した起業のアイデアを考え、毎回の授業で発表します。他の学生や先生の意見を参考にしながら、事業として成功するプランに仕上げていきます。
最終的には、投資ゲームを開催、プレゼンテーションで誰が一番出資金を集められるかを競います。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】入学センター (0742)41-9502(直) 
 【URL】http://www.nara-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ