×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こうちけんりつ

高知県立大学

公立大学 高知県

文化学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

文化学科/言語文化系〔日本語学領域・日本文学領域、英語学領域・国際文化領域〕(言語文化系/文化創造系の定員:120名)
文化学科/地域文化創造系〔地域文化領域・地域づくり領域、観光文化領域・観光まちづくり領域、現代法文化領域・生活法文化領域〕(言語文化系/地域文化創造系の定員:120名)
文化学科(夜間主コース)/文化総合系(30名)

所在地

1~4年:高知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●3つの系(昼間に学ぶ「言語文化系」および「地域文化創造系」と、主に平日夜間に学ぶ「文化総合系」)で、人文・社会系の科目を幅広く設置
●徹底した少人数教育
●英語で学べる科目群

良識と教養を有し、国際的視点から異なる文化を理解し、共に生きることの重要性を認識できる人材を育成します。

【キャンパス】永国寺キャンパス(高知市永国寺町)
【学生数】646名(2019年4月1日現在)
【専任教員数】24名(2019年4月1日現在)

文化学科/言語文化系〔日本語学領域・日本文学領域、英語学領域・国際文化領域〕

講義・学問分野

日本語史、日本語音声学・音韻論、国語教育学講読、日本文学史、古典文学講読、中国文学史、比較言語研究、対照言語学、言語教育実践論、英文化・文学史、米文化・文学史、国際日本学 など

閉じる

文化学科/地域文化創造系〔地域文化領域・地域づくり領域、観光文化領域・観光まちづくり領域、現代法文化領域・生活法文化領域〕

講義・学問分野

地域文化論、日本思想史、文化政策論、地域づくり論、地域産業論、地域分析論、NPO論 など

閉じる

文化学科(夜間主コース)/文化総合系

講義・学問分野

言語文化系と地域文化創造系の教育内容から中心的な科目を学んでいきます。

閉じる

学部の特色

教育施設の多く集まる地区に位置する文化学部の永国寺キャンパス

3つの系(昼間に学ぶ「言語文化系」および「地域文化創造系」と、主に平日夜間に学ぶ「文化総合系」)で、人文・社会系の科目を幅広く設置

・文学および言語の領域に加え、地域、観光、法学に関連する領域を幅広く学べます。
・高知県立大学の中心市街地にある「知の拠点」永国寺キャンパスで学びます。
・働きながら学べる夜間主コースの設置、社会人入試の実施によって、学びの門戸も開かれています。
・書物の読解と理解に基づいた深い思索に加えて、フィールドに出て学びを実践する機会も多くあります。
・思索と実践を通じて「文化」を多角的に学び、グローバルな時代の知識・教養を養います。

本学部には、昼間での履修を主とする「言語文化系」と「地域文化創造系」、夜間での履修を主とする「文化総合系」があります。
昼間の学生は学年が進行するにしたがって、言語文化系または地域文化創造系を選択し、主として履修する領域(主領域)を決めます。
同時に、主領域と深く関連する領域(周辺領域)の履修も進め、幅広い知識の習得をめざしていきます。
夜間での履修を主とする学生は入学時から文化総合系を選択し、言語文化系と地域文化創造系の教育内容から中心的な科目を学んでいきます。一定の単位数を限度として、昼間2系と夜間1系の間で双方向の単位修得も可能です。

閉じる

少人数で行われる演習(ゼミ)の様子。活発な議論が行われる

徹底した少人数教育

本学部の授業や学習プログラムのなかには、学生が各教員の研究室に所属して研究を行う「文化学課題研究ゼミナール」のほか、「専門演習」がそれぞれの領域で開講されています。
「文化学課題研究ゼミナール」では、1つの研究室に一学年5~10名程度のゼミ生が所属しています。学生一人ひとりが研究テーマを持ち、研究成果を発表しあい、議論をすることで研究を深めていきます。また、「専門演習」では、同じ研究領域の学生10~20名程度が集まり、多角的な視点から議論を行います。
文化学部では、少人数教育を重視し、その利点を活かす工夫がなされています。学生と教員、学生同士が近い距離で学び合っています。

閉じる

英語による授業が開講されています

英語で学べる科目群

英語をしっかり使いこなせる力を身に付け、英語の言語的特徴や、文学作品の分析、日本や外国の文化などを幅広く学べる科目構成になっています。また、授業では、英語を使って、自分の意見を表現できる「発信力」も高めていくことができます。
英語学領域・国際文化領域では、コミュニケーションの理論や世界各地の文化を英語で学ぶ講義や、英語の世界で表象される日本を学び、日本のことを英語で発信する科目があります。

閉じる

学べること

文化学科/言語文化系〔日本語学領域・日本文学領域、英語学領域・国際文化領域〕

言語文化系の学び

●日本語学領域・日本文学領域
自らを育んできた日本の文化を受容・継承し、多様な世界の文化の一つとして認識することは非常に重要です。なかでも日本語学・日本文学領域の学修は、人類が築いてきた普遍的な叡智に学ぶという点で豊かな未来の創造に欠かせません。そこで、本領域では、日本語学・日本文学およびそれらと関わりの深い中国文学の学修を通じて、グローバル化社会の中で自らの立脚点をはっきりと自覚し、自己の存在をより確かなものにできるような感性や能力を養っていきます。

●英語学領域・国際文化領域
グローバル化がすすむなかで、英語を用いたコミュニケーションや、異なる文化を比較して考える能力はますます重要になっています。英語学領域では、英語学・言語学の理論の学修と実践的なトレーニングを通じて、高度な英語運用能力を養成します。国際文化領域では、英米文学をはじめとする異文化の学修や、国際的な視点からの日本文化の再検討、国際関係の分析を通じて、グローバルな思考力と実践力を養成します。

閉じる

文化学科/地域文化創造系〔地域文化領域・地域づくり領域、観光文化領域・観光まちづくり領域、現代法文化領域・生活法文化領域〕

地域文化創造系の学び

●地域文化領域・地域づくり領域
豊かで持続可能な地域づくりにむけて、地域文化や地域政策を、地域づくりにどのように活かしていくのかについて学びます。そのために地域の課題をさまざまな角度からとらえ、その解決策を考えます。フィールドワークだけでなく、文献調査、統計調査、地理・地学的調査など、社会科学・自然科学の双方を含む学際的視点から地域を分析していきます。

●観光文化領域・観光まちづくり領域
観光・交流の効果を活かす持続可能なまちづくりが、人口減少が進むこれからの日本の社会を支え、豊かさを育むうえで期待されています。これらの領域では、観光という観点を手掛かりに文化現象を理解し、現代社会の諸問題を考察する人文・社会科学の研究方法を学びます。さらには、企業活動、景観・環境アメニティ、文化財、異文化理解、倫理学をめぐる問題などについて考える視点や手法を身に付けます。

●現代法文化領域・生活法文化領域
人間は法によって規制されますが、同時に、法を作り出したのも人間です。これらの領域では、法の背景にある文化・思想やそれらと法との相互関係を理解し、そして法を文化の一つとして捉えて文化の理解を深めていきます。現代社会の諸問題、市民生活の諸問題を法と文化の観点から探求することを通じて、文化の形成・維持・発展に寄与できる能力をもつ人材を養成します。

閉じる

文化学科(夜間主コース)/文化総合系

文化総合系の学び

「文化総合系」は、夜間主コースの学生が履修します。夜間主は、現に就業している方や就業経験のある方でスキルアップをめざしたい方、就業しながら勉学を志す高校卒業見込みの方を対象とする者です。授業は、平日夜間の2時限(午後6時から9時10分まで)に開講されますが、昼間の学生と同様に4年間で学位を取得できます。
「文化総合系」は、言語文化系と地域文化創造系の2系10領域の教育内容から、そのエッセンスを総合的に学ぶ教育プログラムを提供します。現代社会の課題に向き合い、解決にむけて取り組む構想力と実践力を育て、生涯にわたり学び続ける力を養います。「学ぶことの豊かさ」がここにはあります。

閉じる

アドミッションポリシー

 

文化学部は、人文・社会系諸科学による多角的な文化研究により人間・社会に対する理解を深め、文化の批判的継承を通して豊かな人間性と主体的に行動し得る能力を培い、地域文化の創造と向上に資するとともに、真に豊かな共生社会の実現に向けて国際的に貢献できる市民を養成します。
したがって、文化学部では、次のような人を求めています。

求める学生像
1 人文・社会系諸科学を理解する上で必要な基礎的素養、すなわち高等学校等で履修する主要な教科に関する十分な基礎学力を有している人〔知識・理解〕
2 高等学校等で履修した幅広い基礎的素養を基に、物事を論理的に思考・判断し、これを言語によって適切に表現する能力を備えている人〔思考力・判断力・表現力〕
3 人間・社会に広く関心を持ち、言語、地域、観光、法学などの視点から人文・社会系諸科学の専門的知識を身につけたいと考えている人〔関心・意欲・態度〕
4 人間に対する理解を深め、実践的なコミュニケーション能力を体得し、現代社会の諸課題を主体的に発見・分析・解決するために必要な学習に意欲のある人〔関心・意欲・態度〕
5 将来、地域社会・国際社会の幅広い分野で豊かな共生社会の実現に向けて活動したいと考えている人〔関心・意欲・態度〕

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒781-8515 高知市池2751-1 TEL:088-847-8789(入試課直通) FAX:088-847-8605
 【URL】http://www.u-kochi.ac.jp/~bunkagak/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ