大学入試センター試験の最新情報をお届け!

こうちけんりつ

高知県立大学

公立大学 高知県

社会福祉学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

社会福祉学科(70名)

所在地

1~4年:高知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●西日本の国公立大学で唯一、3つの福祉士資格に対応
●個性を尊重した、face to faceによる少人数制教育を徹底
●地域社会との連携活動を重視

地域の福祉課題に対応するための専門知識・援助技術を備え、保健・医療・福祉といったさまざまな分野で連携できる社会福祉専門職を養成。国家試験合格率は全国トップクラス。

【キャンパス】池キャンパス(高知市池)
【学生数】294名(2018年4月1日現在)
【専任教員数】21名(2018年4月1日現在)

社会福祉学科

講義・学問分野

現代社会と福祉、社会保障論、相談援助の基盤と専門職、面接技法、相談援助実習、地域福祉論、ケアプラン策定法、精神科リハビリテーション学、精神保健福祉援助演習、介護の基本、生活支援技術、介護実習、福祉研究法入門 など

閉じる

学部の特色

西日本の国公立大学で唯一、3つの福祉士資格に対応

少人数制のきめ細かな教育を行いつつ、国家資格を取得し、地域の持つ福祉課題を多面的に把握・解決できる福祉専門職を養成します。
≪3つの福祉士資格≫
●社会福祉士
福祉ニーズのある人を対象に、社会福祉に関わる相談援助活動を展開するソーシャルワーカーの国家資格。
●介護福祉士
高齢や障害のために、日常生活に支障が生じた人々に対し、介護に関する相談や援助などのケアワークを展開する国家資格。
●精神保健福祉士
こころの病のある人々とその家族が直面するメンタルヘルスの問題に対して、相談支援活動を行うソーシャルワーカーの国家資格。

閉じる

個性を尊重した、face to faceによる少人数制教育を徹底

豊かな人間性と、共感する心を育むため、学年担当制を敷き、学生生活を含めた学習支援を行います。また、3~4年次の社会福祉専門演習では、社会福祉現場と関わりながら、学生個人の関心テーマを深く研究できるよう指導します。学生一人ひとりに応じた少人数制度で、きめ細かな指導が、高い国家試験合格率を維持できる理由です。

閉じる

地域社会との連携活動を重視

本学部では、地域社会との連携活動を重要視し、保健・医療・福祉従事者や一般の方を対象にした「リカレント教育講座」、高校生を対象にした「公開講座」を開催するとともに、「高知県障害者スポーツ大会」、「高知ふくし機器展」などのボランティア活動には、学生が中心となり学外に出て積極的に活動しています。

閉じる

学べること

社会福祉学科

全国トップクラスの合格率

本学科の国家試験合格率は、全国的にもトップクラス。合格をめざし、各科目の担当教員が対策講座を実施します。教員は個別相談にも応じるなど、手厚くサポートしています。
国家試験に向け、4年次の年明けには2泊3日の勉強合宿を敢行。多くの学生がひたすら勉強し、試験に向けてラストスパートをかけます。また、難関試験をクリアした先輩が、後輩に対し体験談や合格のコツを教えるセミナーも毎年開催しています。
◆社会福祉士国家試験合格率 76.1% ※全国平均30.2%(2018年3月卒業生)
◆精神保健福祉士国家試験合格率 100% ※全国平均62.9%(2018年3月卒業生)

【授業・講義】
手厚い少人数教育のもと、講義・実習・研究を通して多角的に人材を育む

●講義・演習-座学での学び:「子育て支援論」「コミュニティソーシャルワーク」「コミュニケーション技術」等
本学部の教員は全国各地から集まり、各地での現場経験をもとに熱心な授業を行っています。社会福祉の制度や相談援助の方法など、講義や演習を通して学びを育み、専門性を磨きます。

●実習-現場での学び:「相談援助実習」「精神保健福祉援助実習」「介護実習」等
社会福祉は「人間相手の仕事」です。実習を通して、福祉サービスの利用者とそのニーズに応じる支援の現実を学びます。現場を経験した学生は、自ら学びを探求する姿勢へと大きな成長がみられます。現実での利用者との出会いから学ぶことは、代え難い貴重な体験です。

●ゼミナール・研究活動-学びから科学へ:「社会福祉専門演習I・II・III・IV」「福祉研究法入門」等
本学部では実践的な知識や技術を身に付けるとともに、社会福祉をめぐる事象を科学的に考察するための研究を行い、論文としてまとめます。ゼミナールでは、先行研究を講読したり、フィールドに出て調査を行い分析したりします。現場で熱い心をもって働くと同時に、科学的に分析できる視点をもち、人々の豊かな生活を実現できる専門職をめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

地域の福祉課題に対応できる、プロフェッショナルな社会福祉専門職を養成

社会福祉学部は、福祉の現代的課題に対応する、深い人間理解や人権尊重の精神に裏打ちされた専門的知識と実践的知識と実践的技能を教授研究することにより、共感する心と豊かな人間性をもって、社会生活で生じるさまざまな問題に主体的に対応できる福祉的実践能力を修得させ、社会の幅広い分野で福祉の向上に寄与できる有為な人材を養成します。
したがって、社会福祉学部では、次のような人を求めています。

求める学生像
1 高等学校等で学ぶ基本的な科目の学力を有する人〔知識・教養〕
2 人に対して関心を持ち、協調性を大切にして柔軟に行動できる人〔理解力・洞察力・表現力〕
3 自ら行動することによって、課題の発見や分析を行うことができる人〔理解力・洞察力・表現力〕
4 地域や家族の福祉課題に関心を持ち、その解決方法を学びたい人〔熱意・意欲〕
5 他者と協働して、人々の生活を支え、よりよい地域社会を創造したい人〔熱意・意欲・協働性〕

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒781-8515 高知市池2751-1 TEL:088-847-8789(入試課直通) FAX:088-847-8605
 【URL】http://www.u-kochi.ac.jp/fukushi/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ