学校パンフ取り寄せで図書カードGET

こうちけんりつ

高知県立大学

公立大学 高知県

大学トップ

ここに注目!
  • 生命と健康にかかわる“高度職業人”を育成する
  • 66年の歴史と伝統を礎に、新しさとの融合をめざす看護学部
  • 「域学共生」という理念のもと、地域と共に歩む大学をめざす

大学の特色

平和と文化と地域の発展に寄与するために変革し続ける大学

69年の伝統と創造を引きつぎながら、改革を実行
本学の前身である高知女子大学は、1949年に「平和と文化の発展を支える女性の育成」を掲げ誕生。以来、69年という長い歴史の中で、多くの卒業生を送り出し、教育・研究及び社会活動において、高知県や国内外に貢献してきました。
2011年には、高知県立大学に大学名を変更し、高知女子大学の伝統を受けつぎながら、さらに時代の変化や社会のニーズに柔軟に対応できる男女共学の大学として生まれ変わりました。
地域と共に歩む大学をめざす
「域学共生 - 大学が地域を変える。地域が大学を変える」という理念のもと、全学の学生が地域に入って社会の人々とともに学び合います。

閉じる

中国、台湾からの留学生とバスハイク

世界に視野を広げるグローバル活動

世界8か国・12の大学と国際交流協定
本学はアメリカ、中国、韓国、台湾、タイ、イタリア、インドネシア、マレーシアの12大学と国際交流協定を締結し、相互に交換留学生を派遣しています。
学生たちは交換留学生として海外へ雄飛し、語学力の向上はもちろん、国際体験を通して多くのことを学びます。

閉じる

科研費新規採択率で本学が公立大学で2年連続第1位(研究機関中第3位)に

2017年度「科学研究費助成事業」の配分状況が文部科学省から公表され、本学は新規課題採択率43.1%(28件)で、新規応募件数50件以上の研究機関の中で第3位、公立大学では2年連続第1位になりました。
この結果と併せて、細目別の採択件数(過去5年の新規採択の累計数)も公表され、「高齢看護学」および「臨床看護学」で1位を獲得したほか、「社会福祉学」、「生涯発達看護学」および「ケア学」では2位、「地域看護学」では7位になりました。

※科研費・・・科学研究費補助金および学術研究助成基金助成金の略。文部科学省および日本学術振興会が実施する競争的資金。人文学、社会科学から自然科学までの全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究(研究者の自由な発想に基づく研究)」を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」。

閉じる

アドミッションポリシー

幅広い教養と高度な専門知識を持ち、豊かな人間性を備えた人材の育成をめざす

高知県立大学は、幅広い教養及び高度な専門知識、豊かな人間性を備え、地域はもとより広く国内外で活躍することができる能力を有するとともに、平和を希求し、社会に貢献することができる人材の育成をめざしています。
したがって、本学では、次のような人を求めています。

求める学生像
1.目標を持って主体的かつ積極的に学び、行動できる人
2.豊かな人間性を備え、他者を尊重し、共に学び合おうとする人
3.高知県立大学での学びを活かし、地域社会や国際社会への貢献をめざす人

閉じる

教育環境

池キャンパスと永国寺キャンパスの2拠点で、快適な学生生活

池キャンパス (看護学部・社会福祉学部・健康栄養学部)
緑豊かな自然環境の中に、最新の設備機器が整備されています。社会福祉学部、健康栄養学部には機能的な新しい実習室を完備しているほか、看護学部には高機能シミュレーター(医療現場で起こる人間の反応を再現する人形)など、多くの最新機器を導入しています。また、隣接する高知医療センターとは、2010年に包括的連携協定を締結し、医療、健康、福祉、そして栄養の分野において交流連携を推進し、相互の教育、研究を発展させています。
永国寺キャンパス (文化学部)
高知城を望む文教エリアに位置する永国寺キャンパスの近隣には新図書館等複合施設「オーテピア」や県立文学館があり、人文・社会系の学びには最適な立地です。また、高知市の中心街にも近く、「知の拠点」としてさまざまな交流が生まれる場所です。2015年完成の新校舎である教育研究棟は、ガラス張りの開放的な空間に、グループスタディルームやプレゼンテーションコート、アクティブラーニングスタジオ等、最新設備が整っています。さらに、高知県産の木材を利用した机や椅子、本棚などが随所に配置され、学生が能動的に学び、交流しやすい空間がつくられています。
〈永国寺キャンパスの整備〉
2017年2月には、新図書館、新体育館・食堂、2018年3月には、学生会館や地域交流広場が完成しました。学生が誇りを持って学ぶことができ、地域の方にも親しみやすい開かれたキャンパスになるよう引き続き整備を進めています。

閉じる

学部

【2019年度】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2019年度】

■入学料
【県内生】141,000円(夜間主 70,500円)
【県外生】282,000円(夜間主 141,000円)
※県内生とは、本人またはその配偶者、また本人の一親等の親族のいずれかが入学の許可の日の6か月前から引き続き高知県に住所のある方です。
■授業料
535,800円(夜間主 267,900円)
※金額が改定されたときは、改定後の額になります。
※在学中に授業料改定が行われた場合は、改定後の授業料が適用されます。

奨学金制度

本学で取り扱っている奨学金には、日本学生支援機構を始めとして、各地方公共団体、看護師奨学金などがあります。
優れた学業成績であって、経済的理由により修学が困難な学生に貸与されます。本学では約50%の学生が貸与を受けています。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】1446人
【外国籍の学生数】19人
【教員数】120人
【外国籍の教員数】4人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 24人
6か月以上1年未満4人

留学プログラムについて

異文化交流・語学研修

【留学先】アメリカ・マサチューセッツ州
【留学期間】1か月未満
【対象人数】10
【留学開始時期】2019/02/01
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL iBT(基準無し)、TOEIC(基準無し)
【問い合わせ先】
部署:国際交流センター
電話番号:0888478816

語学留学

【留学先】台湾
【留学期間】6か月以上1年未満
【対象人数】2
【留学開始時期】2018/09/01
【奨学金】無
【単位認定】有
【問い合わせ先】
部署:国際交流センター
電話番号:0888478816

異文化交流

【留学先】イタリア
【留学期間】1か月未満
【対象人数】10
【留学開始時期】2018/09/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【問い合わせ先】
部署:国際交流センター
電話番号:0888478816

閉じる

クラブ・サークル活動

本学では、多くの学生が真剣にクラブ・サークル活動に励んでいます。
※写真は「イケあい地域災害学生ボランティアセンター」

体育会系クラブ

FC.SOPHIA、合氣道部、弓道部、剣道部、女子ソフトボール部、水泳部、太鼓部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボールサークル、女子バレーボール部、男子バレーボール部、陸上競技部、準硬式野球部、ソフトテニス部、柔道部、all-round、グローカルクラブ

文化系クラブ

hach poch 倶楽部、Society For Everyone、池手話サークル、イケあい地域災害学生ボランティアセンター、いけとべ!、裏千家茶道部(池)、裏千家茶道部(永国寺)、エスコーターズ、演劇研究会T・H、学祭実行委員会、華道部、かんきもん、軽音楽部、高知こどもの図書館応援隊、国際交流クラブ、写真部、ジャズ研究会 ゆずジャズ、池キャンパス吹奏楽部、薬物乱用防止啓発サークル「ダメ。ゼッタイ。」、永国寺キャンパス吹奏楽団、生協学生委員会 n.a.s、筝曲部、ハモ☆イケ、漫画研究部、マングロー部、マンドリンクラブ、3大学合同地域活性化団体Sun-fes、美術部、こめっ娘。、かるた部、文芸部、中国語同好会、COME☆RISH、学生子ども保健室「ゆい」、Large-ラルジュー、E-friends、☆こどもみらい塾☆

閉じる

大学院・併設の大学

より高度な知識や技術を修得して、地域の問題に取り組む専門家を育成

大学院には看護学研究科と人間生活学研究科があり、それぞれ修士学位を取得できる博士前期課程、博士学位を取得できる博士後期課程があります。また、2014年にこれからの時代に必要とされる共同災害看護学専攻を看護学研究科に開設し、5年一貫制博士課程として教育を進めています。それぞれの領域に精通した高度な能力や技術を有する専門職業人の育成と、健康生活にかかわる課題を解決できる研究者の育成を目的とし、国内外の施設や機関と連携し実践的な教育と研究を行う環境を整えています。

閉じる

パンフ・願書

学びや実習、仲間との楽しい学生生活、課外活動などを通じ、成長を実感している先輩たちの声が掲載された大学案内。ぜひ、資料請求して本学での学生生活を想像してみてください!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

池キャンパス(看護学部・社会福祉学部・健康栄養学部)

〒781-8515 高知市池2751-1
TEL 088-847-8700 FAX 088-847-8670
○高知自動車道/高知ICから車で約25分
○高知龍馬空港から車で約30分
○JR高知駅から車で約25分
○永国寺キャンパスから車で約25分

永国寺キャンパス(文化学部)

〒780-8515 高知市永国寺町2-22
TEL 088-821-7104 FAX 088-821-7103
○高知自動車道/高知ICから車で約15分
○高知龍馬空港から車で約40分、空港連絡バスで約50分
○JR高知駅から車で約5分、徒歩で約20分
○池キャンパスから車で約25分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒781-8515 高知市池2751-1 学生支援部入試課

電話番号

088-847-8789(直通)

URL

http://www.u-kochi.ac.jp/

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ