大学入試センター試験の最新情報をお届け!

ほっかいどうじょうほう

北海道情報大学

私立大学 北海道

情報メディア学部の詳細情報

(学部計:220名)

学科・定員・所在地

学科・定員

情報メディア学科/メディアデザイン専攻
情報メディア学科/メディアテクノロジー専攻

所在地

1~4年:北海道

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●現代に欠かせない「情報」と「メディア」を核に実践的授業を展開
●最新のモーションキャプチャやバーチャルスタジオも完備
●ネットワーク、デザイン、映像など進路は多彩

メディアデザイン専攻、メディアテクノロジー専攻の2専攻10コース。Webデザイン、映像、アニメ、3DCG、グラフィック、ゲームプログラム、インターネットセキュリティなどの分野で新しい時代の中核となる技術を学びます。

【学生数】795名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】29名(2017年5月1日現在)

情報メディア学科/メディアデザイン専攻

講義・学問分野

映像・アニメーションコース、ウェブデザインコース、グラフィックデザインコース、3DCGコース、メディアアートコース

閉じる

情報メディア学科/メディアテクノロジー専攻

講義・学問分野

メディアプログラミングコース、ゲームプログラミングコース、モバイルアプリケーションコース、インターネットアプリケーションコース、インターネットセキュリティコース

閉じる

学部の特色

現代に欠かせない「情報」と「メディア」を核に実践的授業を展開

企業とコラボレートして作り上げるホームページデザインや、地域活性化を目的とするプロジェクションマッピング、東京ゲームショウへの出展など、即戦力と成り得るための実践力を育成します。

閉じる

最新のモーションキャプチャやバーチャルスタジオも完備

4つの実習室やメディアクリエイティブセンターには高品質3D映像を創り出すハイスペックマシンを完備するほか、プロ使用のソフトも多数完備。
仮想現実ゲームを体験的に研究するVR室も備え、実際のメディア制作現場に近い形で進行する実習・演習を通して最新の技術を習得します。

閉じる

ネットワーク、デザイン、映像など進路は多彩

Webデザイン、映像関係などクリエイティブ領域への就職のほか、情報ネットワークの管理・運用などの技術職は、セキュリティ問題なども絡んで今後ますますニーズが高まると考えられます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

情報メディア学科/メディアデザイン専攻

新しい時代のデジタルコンテンツを企画・創造できる人材を育成

■映像・アニメーションコース
ショートフィルムなどの実写映像制作技術、アニメーションの原理・技術、さらに新時代の映像制作技術と表現の考え方を学びます。
■ウェブデザインコース
新しい技術を取り入れたウェブサイトの制作方法や、人を引きつける斬新なウェブデザインの考え方について学びます。
■グラフィックデザインコース
使いやすさ、見やすさを考慮したうえで、ポスターなどの広告のデザイン、コンピュータを使った本のデザイン技法と考え方などを学びます。
■3DCGコース
3DCGの静止画・動画制作の基礎と応用を学ぶとともに、モーションキャプチャなどを用いた高度な作品づくりを学びます。
■メディアアートコース
映像やグラフィック、CGなどとICT技術を組み合わせ、対話的な作品やプロジェクションマッピングなどの見る人に興味と驚きを与える新しい作品制作の考え方と表現技術を学びます。

閉じる

情報メディア学科/メディアテクノロジー専攻

技術とデザインが融合した新しいデジタルビジネスを生み出せる高度IT人材を育成

■メディアプログラミングコース
DTMやCADのソフトウェアの操作法や、モーションキャプチャ、映像、サウンドなどのデジタルコンテンツを処理するプログラムを学びます。
■ゲームプログラミングコース
ゲームプログラムの基礎から応用まで、さらに制御技術と新しいアイデアをゲームに反映するプログラムを学びます。
■モバイルアプリケーションコース
スマートフォンや携帯端末上で動作するアプリケーションシステムを構築するために必要な知識とプログラミング技術を学びます。
■インターネットアプリケーションコース
インターネットやLAN上で動作するアプリケーションシステムを構築するために必要なプログラミング技術を学びます。
■インターネットセキュリティコース
ネットワークの設計、管理、運用、ネットワークプログラミング、さらに現在もっとも必要とされているセキュリティ技術を学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

情報メディア学部 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)で定めている育成すべき人材像を実現するため及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために、高等学校等での学びや諸活動、資格・検定等で得た基礎学力、思考力、主体的に学ぶ意欲等を身に付け、デザインとテクノロジーの専門分野に関心がある学生を求めています。また、本学入学後の学びや諸活動を通して、自らを向上させようとする意欲や教養、感受性、モラル、問題発見・解決能力、コミュニケーション能力等が身に付く学生を求めています。

閉じる

情報メディア学科 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)で定めている育成すべき人材像を実現するため及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために、高等学校等での学びや諸活動、資格・検定試験等で得た基礎学力、基礎知識、語学力、読解力、論理的思考力及び主体的に学ぶ意欲等を身に付け、本学の情報メディア学科に興味・関心を持った学生を求めています。
また、本学入学後の学びや諸活動を通して、次のような能力を身に付けられる学生を求めています。
●自らの目標を持ち、生涯にわたりその実現のために行動できる人
●ICTを積極的に活用し、デジタルコンテンツを制作できる人
●ひとつの専門技術を持ち、多くの周辺技術を理解できる人
●映像、動画像、音声などのデジタルコンテンツを処理できる人
●IoT(モノのインターネット)やゲームプログラムの開発に従事できる人
●ウェブアプリケーションやモバイルシステムを開発できる人
●ネットワークの構築、運営、管理、セキュリティに代表されるインターネット基盤技術を修得できる人
●異文化を理解し、国際感覚にすぐれた人
●市民としての倫理観と自覚をもち、社会に貢献できる人
●社会、文化、倫理的な側面を理解し、行動できる人
●情報社会において必要とされる豊かな自己表現力を備えることができる人
●高度なコミュニケーション能力を備え、チームワークを得意とする人
●ビジネス、デジタルコンテンツ等の発想力・企画力・計画力・実行力・評価力を備えることができる人
●物事を幅広い視野からとらえ、論理的思考力を備えることができる人

大学入学までに身につけて欲しいこと
大学では高等学校での学習内容を土台として講義が展開されます。「国語」、「数学」、「英語」といった基礎科目はあらゆる講義の基盤となるだけでなく、物事を論理的に思考することにも役立つ重要な科目です。とりわけ、「国語」の「文章表現力」や「口頭表現力」は、コミュニケーションの基本であり大学の講義をはじめ社会に出ても必要な力です。「数学」はICT関連技術やICTを用いたデザインを、論理的に理解・表現するために必要です。「英語」の基礎学力は、最先端のICT技術をいち早く知る上でも、プログラム言語の理解や国際的なコミュニケーションのためにも必要です。
また、「情報」も当学科でのプログラムの専門教育を受ける上での土台となる科目です。高等学校で学んだ範囲を確実に身に付けておくことが大学での勉学につながります。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】北海道江別市西野幌59-2
広報室
【フリーダイヤル】0120-83-4411
 【URL】http://www.do-johodai.ac.jp/faculty/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ