×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

はちのへこうぎょう

八戸工業大学

私立大学 青森県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械工学科※(50名)
※2022年4月から工学科(届出予定)機械工学コースに改編予定
電気電子工学科※(40名)
※2022年4月から工学科(届出予定)電気電子通信工学コースに改編予定
システム情報工学科※(60名)
※2022年4月から工学科(届出予定)システム情報工学コースに改編予定
生命環境科学科※(40名)
※2022年4月から工学科(届出予定)生命環境科学コースに改編予定
土木建築工学科※(60名)
※2022年4月から工学科(届出予定)建築・土木工学コースに改編予定

所在地

1~4年:青森

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●高度な専門知識・技術を修得し、社会に貢献
●「JABEE認定プログラム」で将来を見据える
●将来に活かせる実践的な学びで地域に貢献する、分野を越えた新しい学び「発展プログラム」

機械、電気・電子・通信、情報、生命科学・環境、建築・土木などの工学を学ぶ1学科5コース※の構成になっています。2年進級時にコースを変更して学ぶことができます。
※2022年4月、工学科開設に向け届出予定。既存学科を各コースに改編予定。記載内容は変更になる場合があります。

【学生数】1,019名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】50名(2020年5月1日現在)
【大学院】工学研究科

機械工学科※※2022年4月から工学科(届出予定)機械工学コースに改編予定

講義・学問分野

材料力学、熱力学、自動車工学、応用機械情報工学、計測工学、電子回路工学、メカトロニクス基礎、基礎設計工学、応用設計工学、機械設計技法、潤滑工学、自動車エンジン、自動車測定検査概論

閉じる

電気電子工学科※※2022年4月から工学科(届出予定)電気電子通信工学コースに改編予定

講義・学問分野

電磁気学、電気回路、電子回路、先端技術工学、原子力エネルギー、電力輸送工学、パワーエレクトロニクス、センサー応用工学、ディジタル回路、情報メディア工学

閉じる

システム情報工学科※※2022年4月から工学科(届出予定)システム情報工学コースに改編予定

講義・学問分野

ネットワーク設計、サーバ構築・管理、離散数学、センシング技術、データベース、システム数理、Webシステムプログラミング、ゲームプログラミング、デジタル映像表現、コンピュータグラフィックス、情報文化学

閉じる

生命環境科学科※※2022年4月から工学科(届出予定)生命環境科学コースに改編予定

講義・学問分野

機器分析、食品化学、食品製造学、バイオテクノロジー、微生物学、分子遺伝学、生物有機化学、リサイクル工学、環境影響評価論、グリーンケミストリー

閉じる

土木建築工学科※※2022年4月から工学科(届出予定)建築・土木工学コースに改編予定

講義・学問分野

雪国建築、構造設計、CAD基礎演習、基礎水理学、上下水道工学、建築史、建築設備、鋼構造、鉄筋コンクリート構造

閉じる

学部の特色

高度な専門知識・技術を修得し、社会に貢献

工学部では、豊かな人間性と総合的な判断力を持った技術者や工学の基礎原理を踏まえ高度な応用展開能力を持った技術者、地域社会への関心とともに国際的な視野を持った技術者を養成するために、機械、電子・電気・通信、情報、生命科学・環境、建築・土木などの工学に関する専門知識や技術を学修。教育研究の実施と公表を通じて社会の発展に貢献します。
●導入転換科目
教室での授業に加えて普通高校ではなじみの少ない実験・実習科目が多い工学部では、1年次の導入転換科目において、学科ごとに趣向をこらした少人数ゼミ、課題研究などを実施。専門教育を理解しながら自ら学ぶ力を養います。

閉じる

「JABEE認定プログラム」で将来を見据える

現代社会の多様な課題に対応できる人材を育成するため、工学部では1学科5コース制※でカリキュラムを編成しています。機械工学コース※「機械工学プログラム」、建築・土木工学コース※「土木工学プログラム」はJABEE認定プログラムに対応しており、世界に通用する高い水準の技術者教育を展開。技術士の一次試験が免除されたり、「測量士補」「技術士補」の資格が得られたりと将来を見据えた教育を受けることができます。
※2022年4月、既存学科を各コースに改編予定。記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

将来に活かせる実践的な学びで地域に貢献する、分野を越えた新しい学び「発展プログラム」

大学設立の理念に則し、地域産業の特色を反映した発展プログラムを設置しています。このプログラムはコースの枠を超え、将来に生かせる実践的な学びで地域貢献をする人材を育成する教育プログラムです。海の生物の生態、海底資源掘削や海洋土木技術について学べる「海洋学プログラム」、放射線や原子力エネルギーに関わる基礎知識を身につける「原子力工学プログラム」、ロボット技術者をめざすエンジニアに必要となる分野の知識を専門家から学ぶことができる「ロボット工学プログラム」を設置しています。

閉じる

学べること

機械工学科※

基礎をしっかりマスターできるカリキュラムが充実

産業界のリーダーとなる機械技術者の育成を図るため、機械工学の基礎とコンピュータ・リテラシー、計算機支援設計(CAE)、製図(CAD)技術について、基礎からマスターできるカリキュラムが充実しています。また、最新設備を使った実験・実習でものづくりの現場で求められるスキルを身に付けます。
さらに将来の進路や自分に合う分野を選択できるよう、自動車工学の専門知識・技術をマスターする「自動車工学プログラム(国土交通省認定)」、機械に関する多様な分野を学び、「技術士」資格取得をめざす「機械工学プログラム(JABEE認定)」のプログラムを導入しています。
※2022年4月から工学科(届出予定)機械工学コースに改編予定。記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

電気電子工学科※

エンジニアリング・デザインを重視した実践教育

本学科では、ひとつの課題に対してさまざまな知識を集約し、多様な解を考え出すエンジニアリング・デザインを重視。4年間一貫した実践教育によって、電気・電子・通信の基礎を身に付けます。電気エネルギー分野、電子デバイス・システム制御分野、情報・通信・メディア分野に大別される電気電子・情報通信技術を融合し、地球環境問題に対応できる、応用力・構想力を備えた技術者を養成します。
※2022年4月から工学科(届出予定)電気電子通信工学コースに改編予定。記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

システム情報工学科※

未来を支えるICTのスペシャリストに

医療や教育などさまざまな分野での貢献が期待されているICT(情報通信技術)について、基礎から修得できるカリキュラムを編成しています。プログラミング、ネットワーク構築、Webコンテンツ制作・配信など、次世代の情報産業分野を担う人材を育成します。
※2022年4月から工学科(届出予定)システム情報工学コースに改編予定。記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

生命環境科学科※

生命と食品に関する知識を学び、地域の課題解決も

生物や化学の広い視野をもとに環境保全や食品衛生管理などの地域の要請に対応する力を養います。環境化学および食品科学へも学びを展開し、環境分析や医薬品・食品、環境配慮型のものづくりに至る知識も習得できます。
※2022年4月から工学科(届出予定)生命環境科学コースに改編予定。記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

土木建築工学科※

地域・社会のニーズをとらえる専門家に

地域・社会のニーズに応えられる建設系技術者をめざします。製図・材料・構造・都市計画・測量学などの領域を一体化したカリキュラムがあり、2年進級時にプログラムを選択し、学んでいきます。
建築学プログラムでは、都市計画、雪国建築など建築専門科目を、土木工学プログラムでは、河川の科学、橋工学など土木専門科目を学びます。また、土木工学プログラムはJABEE認定プログラムになっています。建築・土木工学に関する技術と知識、幅広い教養、倫理観、コミュニケーション能力を持つ建築士・技術者となるため、人間性豊かな総合判断力と応用展開能力、生涯自己学習能力を身に付けます。
※2022年4月から工学科(届出予定)建築・土木工学コースに改編予定。記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

アドミッションポリシー

工学部アドミッション・ポリシー

工学部では、豊かな人間性、総合的な判断力を基盤とする工学の素養をもった人材、社会の変化に対応できる柔軟な思考力をもった人材、工学の基礎原理を踏まえ高度な応用展開能力をもった人材、地域社会への関心、そしてグローバルな視野をもった人材を育成しています。これらを実現するため、工学部では、本学が進める工学に関する教育研究活動に強い関心があり、本学において自らを向上させようとする意欲を持ち、高等学校で履修する教科・科目について基礎的な知識・技術を有している人を、多様な選抜制度により受け入れます。

工学部の入学者選抜では、理数系科目を中心に学力の三要素(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」)を把握するとともに、各学科の教育・人材育成の目的にかなう能力・資質・意欲・適性等を判断するため、入試形態別に個別学力検査、大学入学共通テスト、調査書、小論文、面接などを組み合わせて志願者の能力や資質を多面的・総合的に評価します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】青森県八戸市妙字大開88-1
入試課
【フリーダイヤル】0120-850-276
 【URL】https://www.hi-tech.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ