学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ときわ

常磐大学

私立大学 茨城県

総合政策学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(85名)
法律行政学科(75名)
総合政策学科(85名)

所在地

1~4年:茨城

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●「経営」「法律」「行政」の3つの学びから実社会にアプローチ
●社会を俯瞰し正当に評価できる能力を養う
●問題解決に向けて具体的な提言、提案のできる人材をめざす

学際的・総合的な観点から政策立案についての理解力を養い、問題解決に向けて行動し、地域社会に貢献できる人材を育成します。

【学生数】191名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】33名(2017年5月1日現在)

経営学科

講義・学問分野

経営学概論、簿記原理、マーケティング基礎論、ビジネス基礎演習、消費者行動論、国際経済学、経営者論、ビジネス取引法、経営学特論、経営戦略論、企業論、サービス産業論、商品戦略論、観光経営論、観光文化産業論、ファイナンス基礎論、地域金融システム論、経営分析論など

閉じる

法律行政学科

講義・学問分野

法学原論、憲法、民法、刑法、刑事訴訟法、国際法、地方自治法、法制史、外国法、労働法、法学演習、政治制度、刑事政策、被害者学、社会安全政策、社会安全政策演習など

閉じる

総合政策学科

講義・学問分野

総合政策概論、法学原論、財政学原論、現代日本政治、行政学原論、政策過程論、総合政策演習、経済政策概論、社会保障概論、経営戦略論、まちづくり論、市民活動論、観光マーケティング、観光ビジネス実務総論など

閉じる

学部の特色

「経営」「法律」「行政」の3つの学びから実社会にアプローチ

社会で、企業で、そして地域で活躍するリーダーの育成をめざし、経営学科、法律行政学科、総合政策学科の3学科で構成。

閉じる

社会を俯瞰し正当に評価できる能力を養う

◆経営学科
国際的なバランス感覚と専門的なマネジメント知識、ビジネススキルを身につけた人材を育成します。

◆法律行政学科
法的思考能力(リーガルマインド)と地域の諸問題の解決や社会安全をめざす政策立案能力を養います。

◆総合政策学科
地域を元気にする政策を市民や公務員の立場から立案できる能力を養います。

閉じる

スタジアムで集客イベントを開催

問題解決に向けて具体的な提言、提案のできる人材をめざす

実社会に学びの場を求め、J2ホームチームの集客、地元老舗菓子店との共同開発、行政への政策提案など、実践的なプロジェクト型授業を実施。現実の問題とぶつかりながら、問題解決力を身に付けていきます。

閉じる

学べること

経営学科

グローバル社会で活躍できるビジネスリーダーをめざす

社会のグローバル化、企業活動の多様化・複雑化に対応して、幅広い教養を基礎として国際的なバランス感覚と専門的なマネジメント知識、ビジネススキルを身につけた人材を育成します。また、企業や地域社会の課題解決に寄与できるリーダーシップも養います。

【学びのPOINT】
1. 「経営・マネジメント分野」「商業・マーケティング分野」「財務・会計分野」の3分野から選べます。

2. 1年次から演習科目を配置し、企業のリアルな情報やビジネスの現場に触れて実践能力を高めます。

3. 授業で学んだ理論や知識をさらに発展させ、社会で役立つさまざまな資格試験の取得をめざします。

4. 実社会で役立つ資格試験につながる学科専攻科目が多数。さらに、資格試験支援室で気軽に資格試験に関する相談ができます。

閉じる

法律行政学科

法的思考能力(リーガルマインド)と地域の諸問題の解決や社会安全をめざす政策立案能力を養う

民法などの基本的な法、国や地方自治体などの組織や制度についてバランスよく学修します。法律の条文を覚えることがこの学科の学びではありません。現実に起きた問題に対して法律の知識を用いて合理的解決法を探し出し、また行政がどう対応すべきかについて考えられる人材を育成します。さらに、人々の豊かな生活や安心安全な社会の実現のための方策について提言できる人材を育成します。このような人材は、公務員、民間企業、NPOなどを問わず幅広い業種で必要とされます。

【学びのPOINT】
1. 憲法、民法、刑法などの基本的な法と国や地方自治体などの組織や制度に関する科目をバランスよく学びます。

2. 法律行政の分野では、憲法における統治機構、民法における家族法、商法、行政法、地方自治法など法学科目を中心に、現実の問題を法的に解決するために必要な知識・思考力を身につけ、幅広い視野と論理性を養います。

3. 社会安全分野では、犯罪学、刑事政策、被害者学、社会安全政策演習などを通じて、より安全な社会の実現のために必要な基礎知識、調査・分析法、根拠に基づいた説得力のある政策提言について学びます。

閉じる

総合政策学科

国や地域を元気にする政策を市民や公務員・企業人の立場から立案できる能力を養う

国や地方における社会の営みと政治・経済との関係をはじめ、文化、環境、交通、情報、などの諸政策について総合的に学修します。さらに地方創生や観光ビジネスについても学んでいきます。

【学びのPOINT】
1.地域活性化に参画する
実際に自治体や生活者と連携し、「政策提言」等を行う機会があります。また、まちづくりイベントやボランティアに参加し、地域の生活者との交流・議論を交わすことで解決に向けた未来志向の案を考え出します。

2.問題解決型で学ぶ
地域課題を実践的に解決するスキルを学ぶため、グループワーク、プレゼンテーション、ディベートなど学生主体の問題解決型の演習を通じ、「政策立案能力」を育成します。さらに、さまざまなプロジェクトを通じて、政策立案能力を活用し、地域社会に発信し貢献します。

3.地域環境・文化資源を発信する
地域を歩き、地域のたからものを発見・記録し、発信することで、地域の活性化を実践的に学修します。さらにフィールドワーク(学外実習)を通じて地球規模・文化資源を記録していく手法も獲得でできます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】茨城県水戸市見和1-430-1
アドミッションセンター
(029)232-0007
 【URL】http://www.tokiwa.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ