きょうあいがくえんまえばしこくさい

共愛学園前橋国際大学

私立大学 群馬県

国際社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

国際社会学科/国際社会専攻(国際社会学科/国際社会専攻[英語コース、国際コース、情報・経営コース、心理・人間文化コース](205名)、地域児童教育専攻[児童教育コース(小学校教員養成課程)](50名)

所在地

1~4年:群馬

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●世界と地域をつなぐグローカルリーダーを育てる
●国際化が進む地域社会の諸問題に対処できる人材を育てる
●所属のコースで専門性を深め、他コースの授業も受けることで幅広い視野と豊かな教養を身に付ける

国際社会のありかたについての見識と洞察力を持ちながら、地域社会の諸問題にも対処できるGlocal(Global +Local)な人材を育むことを目的に、国内で先駆けて設立された学部です。

【学生数】1031名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】30名(2017年5月1日現在)

国際社会学科/国際社会専攻

講義・学問分野

[英語コース]
English Through Drama、Business English、TOEIC Training、英語圏留学・研修 など
[国際コース]
文化人類学、海外フィールドワーク、異文化理解 など
[情報・経営コース]
経済学入門、情報処理概論、バーチャルカンパニー、マーケティング など
[心理・人間文化コース]
心理学、コミュニケーション技法、総合科目:人間を考える など
[児童教育コース]
教職論、福祉と教育、教育心理学、学校フィールド学習 など

閉じる

学部の特色

国際知識と経験を活かし地域社会で活躍できる人材へ

世界と地域をつなぐグローカルリーダーを育てる

本学の「国際社会学部」とは、豊富な国際経験を活かしながら地域社会で活躍する人材育成を目的に、国内で先駆けて設立された学部です。単に国際化社会で活躍するグローバル人材ではなく、地域(群馬)に住みながら地域社会の諸問題に対処できる人材、すなわちグローカル人材を育てるのが本学の教育理念です。

閉じる

国際化が進む地域社会の諸問題に対処できる人材を育てる

本学では、学生時代に海外における文化の多様性を、身を持って学ぶ、異文化共生を目指した海外留学・研修制度を実施し、グローバルな視野、思考力、行動力を育てる海外研修プログラムの充実に力を注いでいます。

閉じる

所属のコースで専門性を深め、他コースの授業も受けることで幅広い視野と豊かな教養を身に付ける

カリキュラムの中核をなしているのが、「共愛コア科目」です。本学の理念である「共愛・共生の精神」と「国際社会のあり方について見識と洞察力を持ち、国際化に伴う地域社会の諸課題に対処することのできる人材の養成」という国際社会学部の目的を具現化した科目群です。
「共愛コア科目」は、所属するコースに関わらず全ての学生が学ぶ科目群で、卒業までに修得しなければならない124単位のうち、20単位をこの「共愛コア科目」から選択して履修します。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

国際社会学科/国際社会専攻

幅広い視野と深い専門、そして参画と実践を通してチカラを身に付ける

今、社会に求められている「広い視野と深い専門性」「実践力」「主体力」「コミュニケーション力」。本学部では、英語圏への留学・研修、中国西北大学との交換留学、海外や国内でのフィールドワーク、学校フィールド学習、日本語教室サポーター、ボランティア実習、インターンシップを実施し、電子商取引や人間を考え、介護体験や教育実習などの授業や、学生が共に支え合うITサポート、英語アカデミックピアチューター、TA(ティーチングアシスタント)、留学生チューターなどの活動により、お互いが支え合いながら、主体的に参画することで力を磨いていきます。

【授業・講義】
海外フィールドワーク

年間を通して行う実体験重視型の授業です。前期の事前学習、夏休みに行う1週間の現地訪問、後期の報告書作成などを通して、異文化・多文化に出会い共生していくこと、国際比較の視点を学びます。また、フィールドノート作成など、一つの取材旅行としての方法論的手法も身に付けます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】群馬県前橋市小屋原町1154-4
入試広報センター
TEL.(027)266-7575(代)
 【URL】http://www.kyoai.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ