×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

さいたまこうぎょう

埼玉工業大学

私立大学 埼玉県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械工学科/機械工学専攻(80名)
機械工学科/ロボット・スマート機械専攻(40名)
※2020年4月に「ロボティクス専攻」から名称変更
生命環境化学科/バイオ・環境科学専攻(54名)
人と環境の調和を「化学」で実現する
生命環境化学科/応用化学専攻(36名)
情報システム学科/IT専攻(70名)
情報システム学科/AI専攻(40名)
情報システム学科/電気電子専攻(40名)

所在地

1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2019年4月に新設された、未来を変えるAI専攻で学ぶ
●高い専門技術と幅広い知識・視野を兼ね備えた産業界をリードする技術者・研究者をめざす
●徹底したリメディアル教育で、専門分野を学ぶための核となる基礎をつくれる

「人間のためのテクノロジー」を基本に、あらゆるものつくり分野で活躍できる人材を育成します。

【学生数】1,714名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】49名(2019年5月1日現在)
【大学院】工学研究科/機械工学専攻、情報システム専攻、生命環境化学専攻(博士前期課程・後期課程)

機械工学科/機械工学専攻

講義・学問分野

材料力学及び演習、熱力学及び演習、流体力学及び演習、機械力学及び演習、基礎線形代数、微分学、積分学、微分方程式、ベクトル解析、知能化工作機械、コンピュータ図学、CAD基礎製図、設計製図、工学実験、メカトロニクス、自動車工学概論、航空宇宙工学概論、伝熱工学、精密加工学、数値計算法、流体機械、空気力学、塑性加工

閉じる

機械工学科/ロボット・スマート機械専攻※2020年4月に「ロボティクス専攻」から名称変更

講義・学問分野

機械材料、材料力学及び演習、熱力学及び演習、流体力学及び演習、機械力学及び演習、基礎線形代数、微分学、積分学、微分方程式、ベクトル解析、知能化工作機械、コンピュータ図学、CAD基礎製図、設計製図、工学実験、メカトロニクス、ロボット学概論、ロボット製作法、ロボット製作演習、ロボット工学、Cプログラミング及び演習、移動ロボット・プロジェクト

閉じる

生命環境化学科/バイオ・環境科学専攻人と環境の調和を「化学」で実現する

講義・学問分野

基礎化学実験、基礎物理実験、生物学実験、展開化学、基礎科学計算、基礎生物学、地学実験、生活の科学、生命の科学、環境の科学、地球科学、生命環境化学基礎実験、分析化学、生化学、免疫学、バイオテクノロジー、細胞生物学、神経生物学、微生物・ウィルス学、生体機能学、環境計量、環境化学、資源エネルギー化学

閉じる

生命環境化学科/応用化学専攻

講義・学問分野

基礎化学実験、基礎物理実験、生物学実験、展開化学、基礎科学計算、基礎生物学、地学実験、生活の科学、生命の科学、環境の科学、地球科学、生命環境化学基礎実験、分析化学、有機化学、物理化学、無機化学、化学工学、電気化学、コンピュータ化学、有機材料化学、無機材料化学、高分子化学

閉じる

情報システム学科/IT専攻

講義・学問分野

情報システム概論、コンピュータ実習、基礎数学および演習、応用数学、ベクトル解析、数理解析、離散数学、視覚の幾何学、計測工学、メカトロニクス、インテリジェントマテリアル、コンピュータアーキテクチャ、基礎プログラム言語、アルゴリズムとデータ構造、ソフトウェア設計、人工知能、ネットワーク構築と管理

閉じる

情報システム学科/AI専攻

講義・学問分野

情報システム概論、コンピュータ実習、プログラム入門、コンピュータアーキテクチャ、人工知能概論、職業指導、情報システム実習、基礎プログラミング演習、展開プログラミング演習、基礎AIプログラミング演習、応用AIプログラミング演習、情報工学実験、コンピュータグラフィックスと可視化、MATLABプログラミング、機械学習、アルゴリズムとデータ構造、暗号の代数学、離散数学、データベース、視覚の幾何学、分散処理システム、応用プログラミング演習、深層学習基礎、情報工学実験、メカトロニクス、知能ロボット、画像工学、CAD/CAM、フィジカルコンピューティング、生体信号処理、コンピュータビジョン、情報・符号理論

閉じる

情報システム学科/電気電子専攻

講義・学問分野

情報システム概論、コンピュータ実習、基礎数学および演習、応用数学、ベクトル解析、数理解析、離散数学、視覚の幾何学、計測工学、メカトロニクス、インテリジェントマテリアル、回路概論、電気回路、電子回路、情報とエネルギー、LSI工学、ディジタル回路、ディジタル信号解析、電子物性

閉じる

学部の特色

社会を変革させる技術を理解し、発展させる

2019年4月に新設された、未来を変えるAI専攻で学ぶ

自動運転などのAIの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がAIに代わられようとしています。たとえば、AIで走る自動運転車が世界中に普及すれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失います。このようにAIに取って代わられると考えられている人間の仕事は非常に多岐にわたり、今後10~20年程度で日本の労働人口の49%の仕事がAIに奪われるという報告さえあります。このような新時代を乗り切るためには、AIを活用するための知識とノウハウを身に付け、新ビジネスやアイディア創出をリードしていく必要があります。本学では、このような時代に求められる人材を育成するため、2019年4月に工学部情報システム学科に AI 専攻を新設しました。AI 専攻では、AIを多角的観点から捉え、AIの理論、開発、運用の知識と技術を講義や、実践的な演習・実習を通して身に付けたこれからのAI時代に活躍できるエンジニアの育成をめざします。

閉じる

ものづくりの技術を高め、研究を深める

高い専門技術と幅広い知識・視野を兼ね備えた産業界をリードする技術者・研究者をめざす

「人間のためのテクノロジー」を基本に、あらゆる「ものつくり」(機械、メカトロニクス、化学、生命、環境、情報、電子・電気)の分野で活躍できる人材を育成する教育を行っています。高度な専門分野の研究に必要な工学の基礎・技術を学びながら、「ものつくり」や研究への理解を深めます。
多彩なプロジェクト活動に学生全員が積極的に参加しており、社会人として欠かせない基本的な幅広い視野で考えること、問題解決を図る能力、プレゼンテーション技能、語学力の修得をめざしています。

閉じる

専門資格取得のための対策授業

徹底したリメディアル教育で、専門分野を学ぶための核となる基礎をつくれる

本学部では、国家資格について特別な対策授業を行い、学生の資格取得キャリアアップの意欲に応えます。
機械工学科では「CAD利用技術者」を、生命環境化学科では「環境計量士」「公害防止管理者」を、また、情報システム学科で「基本情報技術者」、機械工学科と生命環境化学科と情報システム学科共通で「ITパスポート」「公務員」の資格支援対策授業を実施しています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

機械工学科/機械工学専攻

教育の柱である「ものづくり」の基礎から応用まで段階的に学べる

機械工学の4大力学である材料力学、機械力学、流体力学、熱力学を基本に、情報・制御、生産・設計システムなど、ものづくりに必要な幅広い基礎知識と応用力を身に付ける教育を行っています。「ものづくり教育」を柱としたカリキュラムによって、バランス良く学ぶことができます。

【授業・講義】
材料力学

機械や構造物に用いられる材料の強さや変形に対する抵抗、部材の安定性などについて学ぶ、機械工学にとって重要な科目の一つです。もの(材料)に力が加わったときに、それがどのように変形し、そのとき材料内部にどのような抵抗力(応力)が生じ、どのように分布しているかを学びます。

閉じる

機械工学科/ロボット・スマート機械専攻

次世代を見据え、ロボット技術を学ぶ

従来の大量生産・大量消費型のモノやサービスから個別化された工業製品やサービスの提供が求められています。それを実現していくために、IoTを利用してAIを活用できるロボットや次世代産業システム、次世代モビリティシステムを創造するエンジニアやクリエイターを育成します。
※2020年4月に「ロボティクス専攻」から名称変更

【授業・講義】
ロボット工学

ロボットの構造・機構、それを動かす駆動源を含む全体構成システムの設計法、それらを目的通り動かす制御システム、センサ、コントローラについて学びます。

閉じる

生命環境化学科/バイオ・環境科学専攻

バイオ技術で社会を変える

医薬・医療分野、ライフサイエンスにおいて化学・材料工学を応用した先端技術は飛躍的な進歩を遂げる一方、人や環境に配慮した技術開発が求められています。バイオ・環境科学専攻では、「生命(バイオ)」と「環境」の2分野をベースに、人と環境にやさしいものづくりができる人を育成します。

【授業・講義】
生命の科学

衣料、薬品、化粧品、食品分野などで先端のバイオ技術が飛躍的な進歩を遂げています。この講義では、遺伝子工学、細胞工学、細胞生理学、バイオマテリアル、バイオテクノロジー分野の先端研究や技術を幅広く紹介します。

閉じる

生命環境化学科/応用化学専攻

人と環境の調和を「化学」で実現する

環境に調和した新素材や新材料の開発は、人々の快適な暮らしと社会に必要不可欠な技術です。さらには、地球環境に配慮した開発も求められています。応用化学専攻では、先端材料や食品、医薬品、エネルギー、環境、農林水産といった産業界を「化学」の力で支えられる専門技術者や研究者を育成します。

【授業・講義】
無機化学

金属材料、セラミック材料、複合(ハイブリッド)材料など、多くの分野で開発されている無機化合物の特徴や性質、反応性との関わりを、物理化学的な視点から系統的に学びます。

閉じる

情報システム学科/IT専攻

情報システムの設計開発ができる力を身に付ける

高度化・多様化するIT社会に対応する力をつけるために、コンピュータやインターネット、CG、スマートフォンなどの身の回りのIT技術を基礎から学び、バーチャルリアリティや拡張現実、高度なプログラミング、先進的なネットワークの設計開発などができるようになることをめざします。

【授業・講義】
プログラミング

1年次の入門ではゲームの作成を通じてC言語のプログラミングに親しみます。2年次以降では多様なプログラミング技法やアルゴリズム・データ構造を学び、プログラム開発の流れを修得します。

閉じる

情報システム学科/AI専攻

AI(人工知能)のエキスパートになる

技術革新がすさまじい勢いで進んだことで、人間だけにできるとされていた仕事もAIが担いはじめています。しかし、これはAIを利用した新しい職業や産業が生まれるチャンスでもあります。AI専攻では、AIのしくみや活用のためのノウハウを身に付けて、新ビジネスやアイデア創出をリードできる人材を育成します。

【授業・講義】
AI・モビリティ

AI技術の進歩は私たちの移動交通手段(モビリティ)にもさまざまな変化をもたらします。近年急速に進化している自動運転技術を中心に、AIとモビリティの関わり、そしてAIが作るモビリティの未来について学びます。

閉じる

情報システム学科/電気電子専攻

技術の発展を支えるエンジニアをめざす

身の回りにある工業製品に社会基盤を支える交通機関、建築物に至るまで、電気・電子機器が使われています。さらには理学や医学、農学、建築学、経営学など、さまざまな分野で電気・電子の技術は使われています。電気電子専攻では、あらゆる産業分野の未来を支える電気電子系エンジニアを育成します。

【授業・講義】
電気回路・電子回路

電気および電子回路は、電気・電子・通信系の基礎科目です。回路設計や通信機器設計などに必要な理論です。これらの科目には演習が設けられており、能動的に修得していきます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】埼玉県深谷市普済寺1690
入試課
【フリーダイヤル】0120-604-606
 【URL】https://www.sit.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ