埼玉工業大学/大学トップ|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

さいたまこうぎょう

埼玉工業大学

私立大学 埼玉県

大学トップ

最新情報

2018/04/18NEW

ここに注目!
  • 2019年4月、AI専攻を新設!
  • 2学部5学科、文系も学べる工業大学
  • 独自のSITマイキャリアプランで就職率抜群!

大学の特色

社会で活躍するための「人間力」を身に付ける

「テクノロジーとヒューマニティの融合と調和」という理念のもと、工学部と人間社会学部の2学部5学科において、エンジニアや実務家など社会の中核となって社会に貢献できる人材を育成します。
きめ細かい丁寧な教育を心がけ、「目」が行き届くと同時に、学生の立場に立った「こころ」を込めた指導と皆さんの期待に応えられる学習環境を用意しています。進路や関心に合わせた専門分野の充実に加えて、英語教育と情報処理教育にも力を入れ、コミュニケーション能力と情報化社会に対応できる力を養成します。さらには学生の皆さん自身が持つすばらしい能力を引き出すとともに、社会で活躍するために必要な「人間力」を身に付けられる教育を行います。

閉じる

米と日本酒~米作り、そして日本酒へ~

0から成果を生み出す学生プロジェクト

2008年度から始まった「がんばる!学生プロジェクト」とは大学時代に何かを成し遂げたい、大学発で学外に向けて何かを発信したい、などさまざまな意気込みをもったメンバーが集まる大学支援型のプロジェクトです。一人ひとりの自主性と創造力を発揮するこの活動に、本学では資金援助のサポートも行っています。

【学生プロジェクト例】
学生フォーミュラプロジェクト、自然環境保護プロジェクト、SAIKO Aquarium Project、米と日本酒(米作り、そして日本酒へ)プロジェクト、集まれ科学実験教室プロジェクト、OKABE光の回廊プロジェクト、SAIKO EV Project、ADVERTRIAL Project、SAIKO ブランド農産品開発プロジェクト

閉じる

自動運転技術の大学発ベンチャーを設立。AI時代をリードする人材を育成

本学は、私立大学では国内初となる自動運転技術の研究・開発を産学連携で推進する大学発のベンチャー企業「株式会社フィールドオート」を6 月に設立しました。この企業は本学のキャンパス内に設置され、実践的研究の一環として本学の学生も企業活動に参画することができます。
同社は、日本政府が進める「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の「自動走行システム/大規模実証実験」部門における本学の自動運転実証実験の経験・ノウハウと、オープンソースの自動運転ソフトウェアを開発・提供する株式会社ティアフォーとが連携し、自動運転実証実験のサポートを中心に新たなテクノロジー事業を展開、向こう3年間で約30件の受託をめざします。
さらに、本学では、2019年に工学部情報システム学科に AI 専攻の新設を予定しており、AI 時代の人材育成に向けて、同社で培う研究とビジネスの産学連携活動を加速していきます。

閉じる

アドミッションポリシー

仲間と共に意欲的に学んでいける、次のような人を求めます

・自己の能力や技術を高めつつ、社会に貢献したいと考えている人
・学びを通じて、課題探求能力の向上や専攻分野の専門的知識を身に付けたいと考えている人
・課外活動や自主的活動を積極的に行い、自らの個性を育みたいと考えている人

閉じる

教育環境

自然エネルギーを最大限活かした「ものづくり研究センター」

新しい価値を創造する「ものづくり研究センター」

ものづくり研究センターは、110年の歴史を未来に繋ぐべく、「新しい価値の創造」をテーマに、学生たちの好奇心を掻き立て想像力を導き出す新施設です。総ガラス張りでECOの象徴として、建物を支える4本の柱をツリー状にした木造での大空間は、ものづくりの発信の場となるよう開放的な空間をめざした施設で、最新設備を導入した研究室をはじめ、Light(光)、Wind(風)、Earth(土)の3つの自然エネルギーを最大限活かしたECO研究センターとなっています。太陽光発電と新型電力貯蔵用電池のコラボレーションにより、自然エネルギーの利用を可視化し、先進技術を研究開発する施設でもあり、文系、理系を問わず、全学的に学生が集う場所としてはもちろん、地域に開かれた交流の場としての役割も担っています。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度入学者対象】

工学部
入学金:250,000円
授業料:820,000円
実験実習費:150,000円
施設設備費:320,000円
諸経費:114,000円
合計:1,654,000円

人間社会学部
入学金:250,000円
授業料:720,000円
施設設備費:270,000円
諸会費:114,000円
合計:1,354,000円

返還不要の奨学金を用意

特別奨学金制度
A奨学生/初年度授業料等の全額免除
B奨学生/初年度授業料等の半額免除
C奨学生/入学金相当額返還
※2年次以降も、1年間の学業成績をもとに審査を行い、奨学生として優遇措置が継続します。

智香寺学園特別奨学金
金額:100,000円(年額)
内容:返還不要
採用内容:2年生以上で前年次の成績が優秀かつ心身ともに健全な学生

後援会奨学金
金額:100,000円(年額)
内容:返還不要
採用内容:2年生以上で18名

浄土宗 宗立・宗門校奨学金
金額:80,000円又は100,000円(年額)
内容:返還不要
採用内容:4年生から6名

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】20103人
【外国籍の学生数】134人
【教員数】214人
【外国籍の教員数】11人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1年以上1人

閉じる

クラブ・サークル活動

クラブやサークルなどの課外活動は、講義や研究だけでは味わえない充実感を得られるキャンパスライフの1ページです。本学では、各リーグで奮闘している卓球部・ラグビー部・サッカー部・バスケットボール部をはじめとするスポーツ系クラブ、軽音楽部・手話サークルなど、文化・研究系に至るまで幅広いジャンルにわたる、さまざまなクラブ・サークルが活動しています。

体育会系クラブ

卓球部、ラグビーフットボール部、サッカー部、バスケットボール部、キックボクシング部、弓道部、硬式テニス部、サバイバルゲーム部、自動車部、軟式野球部、バドミントン部、バレーボール部、フットサル部、ゆっくり@ぷらす

文化系クラブ

Wireless Communication club、軽音楽部、手話サークル、フレアバーテンディング部、フォーマット部、情報資格学習支援サークル、書道部、マンガ研究会、GAME研究会、映画研究会、マジック研究会、天体観測サークル、劇団SIT(愛好会) 、創作サークル

学生プロジェクト

学生フォーミュラプロジェクト、自然環境保護プロジェクト、SAIKO Aquarium Project、米と日本酒(米作り、そして日本酒へ)プロジェクト、集まれ科学実験教室プロジェクト、OKABE光の回廊プロジェクト、SAIKO EV Project、ADVERTRIAL Project、SAIKO ブランド農産品開発プロジェクト

閉じる

大学院・併設の大学

より高度な研究活動を通して、社会のニーズに対応できる研究者を育成

●工学研究科(博士前期・後期課程)
●人間社会研究科(修士課程)

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せよう。大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報がのっています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●埼玉県深谷市普済寺1690
・JR高崎線「岡部」駅下車、徒歩15分。スクールバスで5分(無料)
・東武東上線「寄居」駅、「森林公園」駅からスクールバス運行(無料)
・JR両毛線「伊勢崎」駅・東武伊勢崎線「新伊勢崎」駅、「太田」駅からスクールバス運行(無料)

閉じる

問い合わせ先

住所

〒369-0293
埼玉県深谷市普済寺1690
入試課

電話番号

【フリーダイヤル】0120-604-606

URL

https://www.sit.ac.jp/

E-Mail

nyushi2@sit.ac.jp

その他

FAX.(048)585-6903

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ