大学入試センター試験の最新情報をお届け!

せいがくいん

聖学院大学

私立大学 埼玉県

みんなのQ&A

学部・学科・研究に関するQ&A

欧米文化学科で勉強する範囲を教えてください。

宗教や思想からヒップホップまで、あらゆる分野です。

学科の名前にあるように、ヨーロッパ・アメリカの文化を学ぶ学科です。欧米の思想、生活、言葉、宗教、歴史、音楽などいろいろな分野を学べます。ヒップホップ、サッカー、欧米児童文化などを深く考えてみる、ということも可能です。また、関連科目として、出版、観光、国際ボランティアなども勉強できます。

閉じる

入試に関するQ&A

9月からの入学も可能ですか?

春学期、秋学期、どちらでも入学可能です。

セメスター制を採用していますので、春学期、秋学期の入学が可能です。詳しくはアドミッションセンターにお問い合わせください。
TEL.(048)725-6191

閉じる

2学科受験制度とはどのようなものですか?

希望の学科以外にもう1つ別の学科を同時に受験することができる制度です。

2つの学科を1つの入試で受験する2学科受験制度です。希望する学科以外にもう1つの学科を同時に受験することが可能です。両方の学科で合格点を超えていれば、合格通知が2通届くことになります。入学する学科は自分で決めてください。

閉じる

一般入試の出願で、「当日受付扱い」というのはどういう方法ですか。

入試当日に出願書類を提出いただく受付方法です。

必要書類を当日大学の受付窓口に提出していただく受付方法です。なお、当日受付扱いの場合、大学会場3科目2学科出願入試に限ります(検定料は1学科分です)。具体的には、【インターネット出願の場合】本学ホームページで出願後、検定料をコンビニで振り込み、出願書類を当日窓口に提出してください。【窓口の場合】願書に必要事項を記入、顔写真2枚を添付し、調査書、検定料をご持参ください。

閉じる

就職・資格・進学に関するQ&A

公務員をめざす人のための講座などはありますか。

公務員試験対策講座を受けることをおすすめします。

本学ではキャリアサポートセンターで「公務員試験対策講座」を開講しています。公務員試験対策と大学の講義は質が違いますので、公務員を希望するなら、このような講座を受講した方がよいと思います。1年次から受講が可能です。

閉じる

欧米文化学科卒業生の就職先はどのようなところですか。

商社や専門店、百貨店などの流通業界が中心。児童教育や児童文化に関わる業界への就職もめざしています。

商社や専門店、百貨店などは、国際化の中で、国際的感覚を持ち合わせた人材がさらに求められるようになってきたのかも知れません。英語など語学力に強いということも、この業界に求められる理由と考えています。また、欧米児童文化にポイントを置いたカリキュラム(児童英語、チャイルドマインダー、欧米児童文学など)の充実により、児童教育や児童文化に関わる業界への就職もめざしています。

閉じる

児童学科の就職について教えてください。

幼稚園や保育所への就職のほか、子ども関連の企業や官公庁に就職する人もいます。

児童学科の就職は、幼稚園や保育所への就職が圧倒的に多く、だいたい80%近くを占めていますが、一般の企業、特にこども関連の企業や、官公庁などに就職する人もいます。

閉じる

福祉関係の勉強をすると、どんな進路がありますか。

高校の福祉教育、福祉施設や病院、地域社会の福祉系職員などに就職しています。

本学人間福祉学科では、社会福祉士と精神保健福祉士の国家受験資格を取得することができます。これらの資格を取得し、現在社会で活躍している卒業生もいます。また、高等学校教諭一種(福祉)を取得し、高校生に対して福祉教育をする道もあります。また、福祉施設や病院、関連企業などの職場に就職をしています。

閉じる

その他

キリスト教は強制されるのでしょうか。

キリスト教の教養や文化を学ぶ科目がありますが、キリスト教自体の強制はまったくありません。

宗教としてのキリスト教を強制することはありません。 本大学はミッションスクールなので、入学式や卒業式など、重要な行事は、キリスト教形式で行われます。 キリスト教の教養や文化を身に付ける目的として、カリキュラムの柱としてキリスト教関連の科目が用意されており、全学科必修の「キリスト教概論」があります。

閉じる

留学の費用はいくらぐらいかかりますか。

夏期海外研修の場合、アメリカが約50万円、オーストラリアが約40万円です。

本大学の留学制度には夏休みと春休み中に行う1か月程度の海外研修と海外の提携大学への交換留学(1~2学期)があります。どちらも一定の参加資格を満たした希望者が参加するもので、強制参加ではありません。また、どちらのプログラムにも大学からの補助金や成績優秀者への奨学金を支給する制度があります。参加費用はプログラムによりますが、今期の夏期海外研修(4週間)を例にとると、アメリカが約50万円、オーストラリアが約40万円です。オープンキャンパスでも留学の相談を受けつけています。お立寄りください。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

疑問や不安を解決するために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ