じゅうもんじがくえんじょし

十文字学園女子大学

私立大学 埼玉県

人間生活学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

幼児教育学科(190名)
児童教育学科(90名)
人間発達心理学科(140名)
人間福祉学科(100名)
健康栄養学科(80名)
食物栄養学科(120名)
文芸文化学科(70名)
生活情報学科(100名)
メディアコミュニケーション学科(80名)

所在地

1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●将来の目標に合わせて9つの専門分野から学べる
●学びの基盤をつくるための共通科目で視野を広げる
●夢をサポートする教育センターできめ細かな指導を受けられる

〈実学を通した自らの可能性の追求〉
人間生活学部では、主に実学に重きを置き、社会に求められる汎用的な知識・教養、スキルを身に付けることを目標としています。
各学科では専門力を高めると同時に、将来の仕事のステージや活躍の幅を広げるため、資格取得を目標とした授業を豊富に展開しており、サポート体制も充実しています。
本学で培った汎用的な力と、女性ならではの視点を組み合わせて活用することにより、変化の激しい社会に的確に対応し、社会や文化の発展に貢献することが期待されます。

【学生数】3141名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】145名(2017年5月1日現在)
【大学院】人間生活学研究科/食物栄養学専攻

幼児教育学科

講義・学問分野

児童学概論、児童学演習、児童学研究法、保育方法、幼児教育基礎実習、保育者論、幼児教育学、教育学、保育制度・保育政策論、障碍児保育、発達心理学、保育心理学、子ども家庭福祉、社会福祉、児童保健学、ネイチャー・ワーク、表現総論など

閉じる

児童教育学科

講義・学問分野

教職入門、教育学概論、教育課程論、初等教育、道徳教育、特別活動、教育方法、生徒指導・進路指導、教育相談、教育実習事前事後指導、教育実習、教職実践演習、特別支援教育概論、特別支援教育指導法など

閉じる

人間発達心理学科

講義・学問分野

心理学概論、発達心理学概論、乳幼児期・児童期・青年期・中高年期の心理学、臨床心理学概論、発達臨床心理学、カウンセリング理論、心理学研究法、心理統計法、心理学情報処理法、心理学基礎実験、社会心理学概論など

閉じる

人間福祉学科

講義・学問分野

社会福祉概論、社会保障論、ソーシャルワーク論、地域福祉論、公的扶助論、人間福祉演習、保育原理、保育者論、乳幼児期の心理学、児童・家庭福祉論、基礎介護論、介護と倫理、介護と自立など

閉じる

健康栄養学科

講義・学問分野

基礎栄養学実験、基礎調理学実習、健康づくりの運動、運動生理学実験、応用栄養学実習など

閉じる

食物栄養学科

講義・学問分野

公衆衛生学、健康情報処理実習、解剖生理学、人間生物化学、医学概論、食品学、調理学、調理学実習、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論など

閉じる

文芸文化学科

講義・学問分野

文芸文化概論、日本文学概論、日本語基礎、日本語表現、文化を考える、日本と異文化、言語学入門、日本文学史、日本文学の名作、海外文学の名作、芸術と歴史、芸術と生活、日本文学論、日本文学研究、児童文学、硬筆書道、毛筆書道、くらしと日本語、比較文化論、外国文化論など

閉じる

生活情報学科

講義・学問分野

会計学入門、生活と産業、調査と統計、プレゼンテーション技法、ソフトウェア概論、医療事務コンピューティング基礎、ネットワーク基礎、ハードウェア概論、マーケティング論など

閉じる

メディアコミュニケーション学科

講義・学問分野

メディアコミュニケーション論、生活とメディア、情報倫理と法、プレゼンテーション技法、マンガ・アニメ文化論、メディアデザイン、Webデザイン論、サウンドデザイン基礎など

閉じる

学部の特色

将来の目標に合わせて9つの専門分野から学べる

将来の目標に合わせて「幼児教育」「児童教育」「人間発達心理」「人間福祉」「健康栄養」「食物栄養」「文芸文化」「生活情報」「メディアコミュニケーション」の9つの専門分野と学科の垣根を越えた柔軟性のある充実したカリキュラムで社会に求められる知識・教養を身に付けます。

閉じる

学びの基盤をつくるための共通科目で視野を広げる

共通科目では、大学での学びをスムーズにするための「入門ゼミナール」や働く女性としての生き方や教養を学ぶ「十文字学」をはじめ「外国語」や「情報処理演習」「キャリア教育」科目など社会性をはぐくむ学びが充実しています。

閉じる

夢をサポートする教育センターできめ細かな指導を受けられる

本学には、正規のゼミや講義のほかに、学生の夢をサポートする支援センターがあり、学生一人ひとりの夢が成長していくようにきめ細かな指導をしています。教職をめざす学生に向けて履修指導、実習指導や教員採用試験のための対策講座などのサポートを行う教職課程センター、学生の基礎学力をサポートするリメディアル教育センター、「社会人になる」ために必要な知識・技能を身に付けるキャリア教育センター、特別支援学校教諭をめざす学生や特別支援教育の研究を支援する特別支援教育センター、学生のさまざまな留学ニーズに応える国際交流センターがあります。

閉じる

学べること

幼児教育学科

子どもから学び、子どもとともに学ぶ

半世紀にわたり幼児教育を行ってきた実績と、地域社会との連携から生まれる実践的な学びを通して、社会で求められる幼児教育者を育成。知識と同時に人としての内面を磨き、自分を含めた人間に対する理解を深めます。さまざまな角度から幼児教育を学ぶことで、子どもや保護者から信頼される幼稚園教諭・保育士をめざします。

閉じる

児童教育学科

豊かなコミュニケーション能力を身に付けた教育者をめざす

「教育とは何か」「学校とは何か」「先生の仕事とは何か」などの根本を考え、学びの環境や児童期の成長や教育面から見たニーズを知り、発達段階に応じた指導ができるよう、幅広く学習します。また、子どもたちのみならず、保護者や地域社会に対しても豊かなコミュニケーション能力を発揮できる小学校教員をめざします。

閉じる

人間発達心理学科

心理学のエキスパートをめざして研究方法を学ぶ

生涯にわたって発達する人間の「こころ」。本学科は、そんな人間の「こころ」に関する知識や、研究方法を学ぶ学科です。相手と心を通じ合わせ、人間関係を大切にしながら、カウンセリングの基本的な技術・姿勢を社会生活のあらゆる分野に応用させる「カウンセリング・マインド」を身に付けます。

閉じる

人間福祉学科

社会福祉分野の中心となれる「実践力」を磨く

社会福祉士への学びを基礎に、保育士・介護福祉士を養成します。
「保育」と「介護福祉」の2コースを設け、現場での活躍だけでなく社会福祉関連の機関・施設において中心となれる人材を育成します。

閉じる

健康栄養学科

栄養・運動・教育 3つの分野の学びを深める

栄養学・食品学などの「栄養・食生活領域」をベースとして、運動プログラム演習などの「健康運動領域」、運動の障害と予防などの「健康支援領域」、運動学などの「教育領域」、これら3つの領域から、それぞれの目標に合わせた専門知識と技術を学べる点が健康栄養学科の特徴です。人の健康を高め、生き生きとした人生を提案できる「健康づくりのエキスパート」をめざします。

閉じる

食物栄養学科

科学的根拠に基づいた高いレベルの管理栄養をめざす

さまざまな実験や実習を通して「栄養学」から「食品学」「調理学」まで、幅広く学びます。めざすは、「食と栄養と健康のスペシャリスト」。科学的根拠に基づいた食事、食生活を提案できる基礎能力を身に付け、管理栄養士をめざします。

閉じる

文芸文化学科

ゆたかな表現力を身に付け、うつくしい女性をめざす

コミュニケーションの基本であり、文学などの芸術でも私たちの心に響いてくる「ことば」。文芸や言葉を多角的に研究することで、人や文化に関する教養を身に付けます。その上で「読む」「書く」「聴く」「話す」といった日本語運用能力を磨き、幅広い分野で社会に貢献できる豊かな表現能力を備えた女性を育成します。

閉じる

生活情報学科

コンピュータとビジネス、2つのスペシャリストをめざす

ビジネス社会に必要不可欠な知識・スキルを総合的に学べる「ビジネスコース」と、SEをはじめとして企業の中でITスキルを武器に活躍するための「情報コース」があり、めざす仕事分野や目標進路に合わせて選択することができます。

閉じる

メディアコミュニケーション学科

企業や社会が必要としている「コミュニケーション能力」を身に付ける

メディアコミュニケーション学科が考える「コミュニケーション力」とは、人と人との間で、意味・意図を正確にやり取りする能力のことです。基本は言語運用能力ですが、コミュニケーションを媒介する「メディア」やその舞台となる「社会」は時代とともに変化してきています。このため、現代社会で必要とされる「コミュニケーション力」を身に付けるには、時事問題や社会のしくみに関する知識と、現代の主要な「メディア」に対する理解と使いこなしを身に付ける必要があると考えてカリキュラムを構成しています。

閉じる

アドミッションポリシー

本学での人材養成について

十文字学園女子大学は、「身をきたへ心きたへて世の中にたちてかひある人と生きなむ」という学園創立の理念を引き継ぎ、時代の変化に対応しつつ、現代社会の要請に合わせ、人材養成の目標を「幅広い職業人の養成」としています。
新編成による人間生活学部における教育研究活動によって、後期中等教育を修了した直後の女子学生に専門の知識、技術を修得させるのみならず、自ら学ぶ意欲と力を育て、21世紀を生きる女性としての生きる力を育てます。
本学が求める学生像は、総体的にはこの学園創立理念に賛同し、「自分らしい生きがい」を実現したいという意欲を持った女性、人間に対する理解を深めようとする態度、より豊かな社会や人間生活の実現を目指そうとする意欲や興味を持った女性です。具体的には下記のように学科毎の特徴を持っています。
なお、本学受験生は、主要科目(国語、数学、地歴・公民、理科、外国語)において、基礎的な内容の学習をしてきていること、さらに高校での教科学習を通じて、知識の獲得のみならず、知識を活用して応用的な問題解決に自ら進んで取り組む意欲が育まれていることを期待しています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】埼玉県新座市菅沢2-1-28
募集入試部
(048)477-0924(直)
 【URL】http://www.jumonji-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ