×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きょうりん

杏林大学

私立大学 東京都

外国語学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

英語学科(130名)
中国語学科(30名)
観光交流文化学科(90名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●英語を自由に操る能力を身に付ける〈英語学科〉
●中国語圏で活躍するスマートでタフな日中英トライリンガルをめざす〈中国語学科〉
●語学力を磨きホスピタリティを学ぶ〈観光交流文化学科〉

外国語の習得を通じて、“言葉”の持つ豊かな創造性とコミュニケーション機能の可能性を追究し、語学力とコミュニケーション力、そして専門知識・技能を身に付けます。

【キャンパス】井の頭キャンパス
【学生数】1,031名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】37名(2019年5月1日現在)
【大学院】国際協力研究科

英語学科

講義・学問分野

グローバルコミュニケーション論、グローバルビジネス論、ビジネスイングリッシュ、英語教育演習

閉じる

中国語学科

講義・学問分野

中国語発音実習、中国文学史、中国語翻訳ワークショップ

閉じる

観光交流文化学科

講義・学問分野

国際観光論、観光英語、観光中国語、ホスピタリティマネジメント論

閉じる

学部の特色

英語を自由に操る能力を身に付ける〈英語学科〉

英語力強化のためのプログラム、オリジナルテキストPEPでの講義は、少人数制でネイティブ教員が徹底的に指導します。4つの技能「聞く・話す・読む・書く」を鍛え、卒業時には、TOEIC730点を目標としています。海外研修・留学も推進しており、参加しやすい環境を整えています。また、キャリアサポートセンターと連携しキャリア支援の講義も充実しています。

閉じる

中国語圏で活躍するスマートでタフな日中英トライリンガルをめざす〈中国語学科〉

本学の中国語学科は、2012年に文部科学省の「グローバル人材育成推進事業」として選定され、着実な成果を上げています。これまでも、「今後の国際的な開発・技術・経済の協力と競争の中心は中国語圏である」という認識のもと、共通言語としての英語に加え、中国語教育に重点を置いてきました。実践的語学教育や海外留学による語学力の向上とともに「スマートでタフな交渉能力」を習得。自他の文化と教養に精通し、文化的慣習をわきまえながら交渉相手から創造的な結論を導き出せるグローバル人材をめざします。

閉じる

語学力を磨きホスピタリティを学ぶ〈観光交流文化学科〉

英語、中国語を中心とした、実際の観光産業の現場で役立つ語学力を習得できる環境が整っています。異文化交流を通じて実践的な語学力とコミュニケーション力を磨きます。

閉じる

学べること

英語学科

英語を自由に操り、異文化を理解する柔軟な心と豊かな発想力を育む

1・2年次の希望者には、少人数クラスの「インテンシブ・プログラム」を設置。ネイティブ教員による徹底指導で、英語の4つの技能「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく鍛えられます。3年次からは「英語ビジネスコミュニケーションコース」か「英語教育コース」を選択。進路の適性に合わせて専門性を磨きます。
また、英語力だけでなく、異文化理解に基づいたコミュニケーション力で、ビジネスや英語教育の分野で活躍できる人材を育成します。
<注目ポイント>
●海外で日本語を教えたいという人を対象に、日本語教師養成プログラムを開設。
●提携の通信制大学の単位を取得することで、小学校教諭の免許が取得可能(別途授業料等が必要)。

【授業・講義】
英語科指導研究

実際の学校現場をイメージし、授業案を作成したり、質疑応答や意見交換を通した授業改善を検討。英語を教える知識や技能だけでなく、全体計画の立て方やより良い授業の作り方までを主体的に学びます。

閉じる

中国語学科

中国語文化圏の国や地域で活躍できる職業人をめざす

独自の学習プログラム「CIC+インテンシブコース」や「通訳・翻訳プログラム」によって高度な中国語コミュニケーション能力を養います。本学科のほとんどの学生が中国語圏へ留学しており、21世紀ビジネスの中心地「中国語圏」を舞台に活躍できるプロの通訳者・翻訳者、ビジネスパーソンの育成をめざしています。

【授業・講義】
中国語発音実習

中国語学科の1年次を対象とした授業。中国語学科は2年次から留学する学生が多く、入学後の1年間でしっかりと基礎を固めるため、月曜から金曜まで毎日授業があり、この授業は週に1度の確認テストと復習を行うための授業です。中国語は発音が要となる言語。授業ではパソコンを使い、手本となる発音を聞きながら自分の声を録音するという発音チェックを中心に復習に取り組みます。

閉じる

観光交流文化学科

世界を舞台に観光産業で「ホスピタリティ」を提供できる人材になる

実践的な語学力とコミュニケーション力を養い、観光産業や国際貢献の分野での活躍をめざします。3つの履修モデル、航空・ホテル業界向けの「ホスピタリティ・ビジネスプログラム」、旅行業・地域振興の「観光創造プログラム」、国際機関・外資系企業向けの「交流文化プログラム」を設置しており、自分に合った履修計画のもと専門性を磨きます。優れた語学力とコミュニケーション力をベースに、世界を舞台にした観光産業で「ホスピタリティ」を提供できる人材を育成します。

【授業・講義】
プロジェクト演習

地域社会の課題を発見し、解決する力を身に付けることをめざし、地域の「にぎわい創出」をテーマに学生たちの目線で、解決策を提案していきます。授業では、調査計画の立案やインタビューなどの地域調査の方法を学びます。また、実際に地域調査を行うことによって、地域社会のリアルに触れる機会を提供しています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都三鷹市下連雀5-4-1
入学センター
(0422)47-0077
 【URL】http://www.kyorin-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ