大学入試センター試験の最新情報をお届け!

しばうらこうぎょう

芝浦工業大学

私立大学 東京都/埼玉県

システム理工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

電子情報システム学科(115名)
機械制御システム学科(90名)
環境システム学科(90名)
生命科学科/生命科学コース(58名)
生命科学科/生命医工学コース(57名)
数理科学科(75名)

所在地

1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学科横断型のユニークな授業や演習を用意し、多様性をもった人材をめざす
●さらに大きく広がるシステム理工学部での学び
●確かな就職実績は手厚いキャリア支援から

本学部で学ぶシステム工学とは、ひとつの専門分野の知識や技術だけでなく、関連する分野と協力し、知識や技術を組み合わせて最適な解決方法を探ることを広範に学びます。広い視野を持ち、さまざまな可能性の中から問題解決に向けてアプローチしていく力を身に付けます。

【キャンパス】大宮キャンパス(1~4年)
【学生数】2005名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】70名(2017年5月1日現在)
【大学院】理工学研究科(M)/電気電子情報工学専攻、材料工学専攻、応用化学専攻、機械工学専攻、建設工学専攻、システム理工学専攻、理工学研究科(D)/地域環境システム専攻、機能制御システム専攻

電子情報システム学科

講義・学問分野

情報処理、情報処理演習、計算機アーキテクチャ、システム工学、システム工学演習、データ構造とアルゴリズム、情報実験、電子情報実験、ソフトウェア設計論など

閉じる

機械制御システム学科

講義・学問分野

機械システム力学、システム機構、材料力学、システム工学、システム要素、振動工学、機械システム要素実験、制御工学、機械システム制御実験など

閉じる

環境システム学科

講義・学問分野

環境科学、都市及び都市計画史、建築史、建築CAD製図、建築デジタルデザイン、建築構造計画、居住環境デザイン、居住環境デザイン演習、建築構造設計など

閉じる

生命科学科/生命科学コース

講義・学問分野

解剖学、生命科学概論、基礎生理学、医学概論、医薬品合成化学、バイオテクノロジー概論、公衆衛生学、生命統計学、再生医工学など

閉じる

生命科学科/生命医工学コース

講義・学問分野

解剖学、生命科学概論、基礎生理学、医学概論、医用機器概論、バイオテクノロジー概論、公衆衛生学、生命統計学、再生医工学など

閉じる

数理科学科

講義・学問分野

基礎数理セミナー、総合科目(創る)、数学、解析学、数値解析、確率統計、数理科学セミナー、数学特別講義、科学技術史など

閉じる

学部の特色

想像力豊かな人材を育成する

学科横断型のユニークな授業や演習を用意し、多様性をもった人材をめざす

本学部で学ぶことができるシステム工学とは、一つの専門分野の知識や技術だけでなく、そのほか関連する分野と協力し、知識や技術を組み合わせて最適な解決方法を探ることをいいます。わかりやすい例でいうと、交差点の信号機のシステム。個々の信号と車の流れや、時間的要素など複雑な要因を総合して最適なシステムがつくりあげられています。現代に生きる私たちが直面する諸問題は、さまざまな要素が絡み合い複雑化しており、広い視野を持って問題解決にあたることが必要です。そのような問題に対処できる、従来の考え方の枠にとらわれない想像力豊かな人材の育成をめざし、学問分野に関係なく5学科合同でプロジェクトチームを結成し学ぶ演習などを用意しています。

閉じる

さらに大きく広がるシステム理工学部での学び

従来はシステム工学部として、システム思考、システム手法、システムマネジメントの3つの目的に応えられるよう教育・研究を行っていましたが、2008年度から生命科学科を加え、その研究分野に大きな広がりをもたらしました。さらに2009年度、数理科学科が加わりました。従来の電子情報システム学科、機械制御システム学科、環境システム学科に生命科学科と数理科学科が加わって、システム工学と理学の相乗効果が期待できる新生システム理工学部となりました。社会科学・環境科学・生命科学などの分野や、新たな境界領域分野に積極的に進出できるパイオニアを育成する教育・研究を実践します。

閉じる

確かな就職実績は手厚いキャリア支援から

教職員のサポートはもちろん、さまざまな分野の企業や団体へ巣立った先輩たちのネットワークが、多方面から後輩たちを力強くバックアップします。

●キャリアサポート課
専門のキャリアアドバイザーが常駐し、各種進路相談をはじめ各業界のOB・OGやインターンシップの紹介まで、親身になってさまざまな相談に応じます。

●就職関連資料の提供
関連書籍やパンフレットの提供に加え、先輩たちの入社試験報告書なども見ることができます。

●講座・セミナー
【業界研究講座・各業界セミナー】
各業界のリーディングカンパニー及び業界事情に精通した講師を招き、講座・セミナーを開催します。業界の現状・展望・諸問題から業務の内容まで、業界研究するうえで役立つ話を聞くことができます。
【学内合同企業説明会】
日本を代表する大手企業約200社が本学に来校し、説明会を実施します。多くのOB・OGも参加しており、本学の社会における高い評価を実感することができます。

そのほか、SPI模擬試験・筆記試験模擬試験、エントリーシート書き方講座、女子学生のためのメーク講座、面接実践講座、公務員試験対策講座など、本学ならではの就職支援講座を数多く設けています。

閉じる

学べること

電子情報基礎実験

電子情報システム学科

情報化社会にハードとソフトの両面からアプローチする

グローバルな高度情報化社会をつくるため必要なシステムとイノベーションを発想できる21世紀型の技術者をめざして、電子情報技術という幅広い分野に対する基礎知識を身に付けたうえで、専門とする分野を持ち、社会的・技術的要求に対して的確なシステムを構築することのできる人材を育成します。
そのために、本学科では、ソフトウェア分野、メディア・ネットワーク分野、ハードウェア分野を総合的かつ統合的に学習できるように教育・研究を行っています。

【授業・講義】
実験のおもしろさを実感!「電子情報基礎実験」

電子・情報系で一般的に必要とされる実験技術の基礎を身に付けることを目的とした授業です。電子計算機の使い方を理解した後に、回路図をもとに基本的な電子回路を組み立て、その測定結果をもとに動作を解析し説明できる力を身に付けます。その過程で、授業で学んだ理論的事柄と、実際の物との関係を理解するとともに、実験のおもしろさも体験してほしいと考えています。

閉じる

機械工学実習

機械制御システム学科

社会が求める高度な機械システムを研究する

社会の根幹をなす高度な機械システムは、多数の要素で構成され、複雑な動作が要求されます。
さらに環境負荷低減による持続性の維持といった社会ニーズや、利用者の「使い心地」のような感性ニーズなど、幅広い要求に対する配慮が不可欠となっています。多様な要求に応える機械システムを開発するうえで必要となる機械工学の基礎を、人とものと環境を総合し最適化するために必要な原理や思考(システム工学)とともに学びます。

【授業・講義】
工作機械を使ってみよう「機械工学実習」

各種工作機械の実技及び測定具による測定を通して、ものづくりの基本となるさまざまな加工方法や測定の原理について理解を深めます。同時に、実習により学んだことを報告書にまとめる能力も養います。機械製図や他の専門分野との関連を学び、機械工学のおもしろさ、重要性を認識する授業です。

閉じる

環境システム解析

環境システム学科

建築と土木という枠組みを超えて社会の「環境」をシステムとして総合的に研究する

身のまわりの施設から、住宅、まちや都市、さらに国土や地球規模の「環境」を対象として、建築や都市をはじめ、さまざまな人間の活動をシステムとして総合的に捉えて、問題点と解決策を考えます。より複雑な要因がからみあった21世紀社会の環境問題の解決をめざす、専門知識と実践的な能力を身に付けた人材の育成を目標とする学科です。

【授業・講義】
環境問題の解決を支える技法「環境システム解析」

環境問題は複雑かつ多様で、その解決のためにはさまざまな工学的手法が必要となります。本講義では、システム工学的な解析手法に焦点を当て、その枠組みと方法論について、それぞれの解析手法が実際の事業に適用された事例を紹介しながら、環境対策のステージに沿って体系的に学習していきます。最終的には、環境データに関する基礎的な統計処理の意味と手法、LCAや環境リスク評価など環境影響の評価手法に関する正しい理解と技法、環境汚染の管理・制御技術についての理解と具体的な手法の修得をめざします。

閉じる

食品栄養学I

生命科学科/生命科学コース

人体のメカニズムを学び、薬品・食品・化学関連企業で活躍できる知識・スキルを学ぶ

本コースは、人体の不思議や生命の謎を解き明かす醍醐味(だいごみ)があります。バイオテクノロジーをもとに、薬理学、遺伝、環境などの観点から老化のメカニズムを解明し、解決方法を導き出します。現在、多くの企業が高齢化社会のニーズに合った商品開発に努めていますが、将来は薬品、食品、化学関連企業などで活躍できる知識やスキルが学べます。

【授業・講義】
栄養素の特性を知る「食品栄養学I」

日常の食生活の中で、私たちはどのような食品からどのような栄養素を摂取しているのでしょうか?また摂取した栄養素はどのように生体内で利用され、摂取した栄養素の質や量は、身体に対してどのように影響するのでしょうか?食品を構成する栄養素と各栄養成分の機能について学習します。

閉じる

医療福祉基礎実験

生命科学科/生命医工学コース

人の生命や機能回復に役立つものづくりの手法を学ぶ

本コースは、人を助ける機械を自分で開発するものづくりの喜びを感じることができます。機械や電気・電子工学の基礎、それらを融合したメカトロニクスを学んだうえで、福祉・医療支援ロボット、リハビリテーション機器など、人の生命や機能回復に役立つものづくりの手法を学びます。将来は、医療機器、福祉機器メーカーを中心に、多くの企業の商品開発部門で活躍が期待されます。

【授業・講義】
医療福祉機器を実践で理解「医療福祉基礎実験」

本コースでは、医療に関する機器やロボット、福祉に関する機器やロボット、及びリハビリテーション機器を扱うので、機械システムの構築に必要な基礎知識を実践を通じて学ぶことが必要です。ここでは測定機器やコンピュータを使い、応力・ひずみ計測実験および血管の動きを観る実験を行い、各テーマについての理論→実験→グラフや表を用いた実験データの整理→考察→実験内容のプレゼンテーションという過程を通して、実際の現象と理論の関係を学んでいきます。

閉じる

幾何学I

数理科学科

数学を中心とする基礎科学を確実に学びながら、システム工学手法を用いて応用問題にも取り組める能力を有した「数理エンジニア」をめざす

本学科の一番の特色は、数学を中心とする基礎科学を確実に学びながら、システム工学手法を用いて応用問題にも取り組める能力を有した「数理エンジニア」を育成するという点です。これは、他大学の数理系学科にはない本学だけの特色となっています。
このような学生を育成するために、「代数学」「幾何学」「解析学」などの純粋数学の他に「保険数学」「金融工学」「シミュレーション」「データ構造とアルゴリズム」「オートマトン」などの科目を設置。「情報処理」「システム工学」などシステム理工学部が培ってきた教育分野とも融合させています。

【授業・講義】
曲線と曲面について考える「幾何学I」

現代幾何学における重要な概念である「多様体」を理解するための準備として、曲線・曲面といったなじみ深い図形を通して、幾何学の考え方を学びます。具体的な講義内容は、平面曲線のパラメーター表示、平面曲線の曲率、空間曲線の曲率と捩率、曲面のパラメーター表示、曲面の平均曲率、ガウス曲率などを予定しています。

閉じる

アドミッションポリシー

システム理工学部が求める人物像

分野横断型教育を特徴とするシステム理工学部は次のような人物を求めています。

1.身の周りにあるさまざまな「もの」や「こと」のしくみや成り立ちに関心を持ち、それについて深く考え、問題点を解明することに興味を持っている人。
2.他学科の学生とチームを組んで課題に取り組むなど、システム理工学部における学科の枠を超えた演習科目に興味を持ち、主体的であり積極的に学修することに強い意欲を持っている人。
3.システムを構成する要素のつながりを重視した付加価値のある「ものづくり」や「新たな枠組みづくり」に携わることを通じて社会に貢献しようという意志を持っている人。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス)
入試部入試課
(03)5859-7100
 【URL】http://www.shibaura-it.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ