杉野服飾大学/服飾学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

すぎのふくしょく

杉野服飾大学

私立大学 東京都

服飾学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

服飾学科(200名)
服飾表現学科(40名)新設

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●服飾造形とビジネスに表現分野の学びが加わり、幅広い分野で活躍する夢を叶える
●さまざまなコンテストやファッションイベントを通して、技術や感性、実践力を高める
●ヨーロッパへの海外研修旅行など、国際感覚が身に付く教育プログラムで国際感覚を身に付ける

服飾学科は入学時にモードテクノロジー系とファッションビジネス系のどちらかを選択。どちらに所属しても、初年次は服飾造形とビジネスの基礎科目を段階を追って学び、2年次から専門コースに分かれます。2018年度に開設の服飾表現学科は、ファッションの価値を人々に伝えるさまざまな表現世界で専門家として活躍する人材を養成する日本で初めての教育機関です。

【キャンパス】目黒キャンパス、日野キャンパス
【学生数】636名(2018年2月27日現在)
【専任教員数】46名(2018年2月27日現在)
【大学院】造形研究科 造形専攻
【専攻科】ファッションデザイン専攻科

服飾学科

講義・学問分野

ファッション画、経営学入門、モードクリエーション、服飾テクニック、感性産業CAD、ニッティング、素材設計論、アクセサリーデザイン、コミュニケーション論、ファッション・バイヤー論、ファッションマーケティング論 など

閉じる

服飾表現学科新設

講義・学問分野

ファッション・フィールド・リサーチ、プレゼンテーション論、服飾造形基礎I・II、服飾表現概論、色彩演習、グラフィックデザインI、ドローイングI、身体表現1〜基本の動き〜、衣服材料学、写真表現 など

閉じる

学部の特色

服飾造形とビジネスに表現分野の学びが加わり、幅広い分野で活躍する夢を叶える

服飾学部は、2018 年度より2つの学科体制となりました。服飾学科では、服飾造形とビジネスの学びを基礎から段階を追って学ぶと同時に、高い教養と社会性も身に付けられます。
2018 年度開設の服飾表現学科では、これまでの学問領域と異なる表現領域を学び、ファッションの価値を高め、新しい魅力を提案できるさまざまなクリエーターを育成。ファッション業界のみならず幅広い分野で活躍できる学びで、夢の実現をめざします。

閉じる

さまざまなコンテストやファッションイベントを通して、技術や感性、実践力を高める

コンテストに挑戦することは、自分の才能を試すだけでなく、クリエーターとしての技術や感性のレベルアップにもつながります。本学では、さまざまなコンテストやファッションイベントを開催するとともに参加する学生を積極的にバックアップしています。

●主な参加コンテスト
・全国ファッションデザインコンテスト
・Tokyo 新人デザイナーファッション大賞
・ジャパンレザーアワード
・全国きものデザインコンクール
・全国絹製品花形デザインコンテスト
・倉敷ファッションフロンティア

閉じる

ヨーロッパへの海外研修旅行など、国際感覚が身に付く教育プログラムで国際感覚を身に付ける

国境を超えて活躍できるクリエーターの育成を視野に入れ、本学ではロシアや中国の名門教育機関と提携した国際交流を推進。各国への海外研修旅行をはじめとするさまざまな教育プログラムで、国際感覚を身に付けるチャンスを数多く提供しています。

●主な国際交流プログラム
・「パリ・プレタポルテコレクション」研修旅行
・アントワープ研修旅行
・「浙江理工大学卒業制作発表会」
・夏期イギリス短期留学プログラム
・ニューヨーク研修旅行

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

服飾学科

“つくる力”とファッションを“見る目”を養う

2年次からの専門的な系統の学びの前に全員が服飾造形に関する基礎的な知識や技術を学びます。初歩から体系的に学べる教育カリキュラムを編成しており、服飾造形がまったくの未経験でも安心して学ぶことができます。
1年次はモードテクノロジー系とファッションビジネス系、どちらも共通必修科目を中心に学びます。基礎力と同時に将来にむけて適性を見極めていきます。

閉じる

服飾表現学科

段階的に知識と技術を習得し、新次元のファッションを学ぶ

入学後1年間の初年次教育課程で全員が服飾の基本的な知識を学び、2年次に専攻分野を選択し、将来の進路や目標にあわせて専門分野の知識を深めていきます。それぞれ専門企業でのインターンシップを体験し、表現世界の最先端の技術と知識を身に付けます。
専攻分野は、衣装表現、スタイリング、ビジュアルマーチャンダイザー、ショープロデュース、映像・メディア表現の5つになります。
服飾表現学科は、服飾の基礎知識のうえに高いクリエーティビティーの表現世界を構築できる学びを通し、国内外のファッションに関係するさまざまな分野で活躍できる感性豊かな人材をめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受け入れの方針

【服飾学科】
服飾に関する単科大学としての使命を達成するのにふさわしい柔軟な心を持ち、自分自身の可能性を 追求する学生を求めています。「服飾造形やファッションビジネスに強い関心と学習意欲をもっている人」、「優れた創造性や豊かな個性をもっている人」、「自己の認識や表現ができ、自己実現への意欲が高い人」などです。
このような人を多く受け入れるために、AO 入試と推薦入試に重点を置いています。
本学では初年次で服飾造形に関する基礎的な技術とファッションビジネスに関する基礎知識を初歩から習得できるように教育課程を編成していますので、入学試験では、高等学校で普通科の生徒であっても、 また、服飾造形に関する授業の実習や制作体験のない人であっても、不利となることはまったくありません。

【服飾表現学科】
服飾に関する単科大学としての使命を達成するのにふさわしい柔軟な心を持ち、自分自身の可能性を 追求する学生を求めています。「服飾表現の活動に強い関心と意欲をもっている人で表現力と活動力の高い人」、「優れた創造性や豊かな個性をもっている人」、「自己の認識や表現ができ、自己実現への意欲が高い人」などです。
このような人を多く受け入れるために、AO 入試と推薦入試に重点を置いています。
本学では初年次で服飾造形に関する基礎的な技術とファッションビジネスに関する基礎知識を初歩から習得できるように教育課程を編成していますので、入学試験では、高等学校で普通科の生徒であっても、 また、服飾造形に関する授業の実習や制作体験のない人であっても、不利となることはまったくありません。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ