とうきょうじょし

東京女子大学

私立大学 東京都

現代教養学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

国際英語学科/国際英語専攻(155名)
人文学科/哲学専攻(40名)
人文学科/日本文学専攻(85名)
人文学科/歴史文化専攻(75名)
国際社会学科/国際関係専攻(100名)
国際社会学科/経済学専攻(70名)
国際社会学科/社会学専攻(50名)
国際社会学科/コミュニティ構想専攻(50名)
心理・コミュニケーション学科/心理学専攻(80名)
心理・コミュニケーション学科/コミュニケーション専攻(115名)
数理科学科/数学専攻(35名)
数理科学科/情報理学専攻(35名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●チャンスが拡大!総合的に評価する「知のかけはし入学試験」や授与型奨学金
●キャンパス内に2つの学寮。バランスのとれた食事と家具付きで安心
●さまざまな国際交流の機会や、留学実現のためのバックアップも充実

幅広い分野から自由に選択し学び、国際社会で活躍する「専門性をもつ教養人」を育成します。

【学生数】4079名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】116名(2017年5月1日現在)

国際英語学科/国際英語専攻

講義・学問分野

国際共通語としての英語の理解を深める、英語の高度な運用能力、Study Abroad(留学)、英語文学・文化、英語学、英語教育、翻訳、通訳、実務英語、英語で書く卒業論文

閉じる

人文学科/哲学専攻

講義・学問分野

現代哲学、西洋哲学史、倫理学、美学・芸術学、日本思想、東洋思想、キリスト教学、現代科学論、人工知能論、環境倫理、女性と生命倫理

閉じる

人文学科/日本文学専攻

講義・学問分野

日本語史、現代日本語、方言、日本語情報処理、日本古典文学、日本近現代文学、日本文化、比較文学、比較文化、古典芸能

閉じる

人文学科/歴史文化専攻

講義・学問分野

歴史学、日本史、アジア史、西洋史、政治史、文化史、社会史、ジェンダー史、美術史、考古学、世界遺産学、グローバル・ヒストリー、オーラル・ヒストリー

閉じる

国際社会学科/国際関係専攻

講義・学問分野

国際関係論、国際政治学、国際安全保障、比較政治、国際法、平和研究、国際関係史、比較文化、文化人類学、女性学・ジェンダー、地域研究(日本、アメリカ、中国、朝鮮、東南アジア)

閉じる

国際社会学科/経済学専攻

講義・学問分野

経済学理論、経済学史、マクロ経済学、ミクロ経済学、計量分析、経営学、経営管理、経営組織、マーケティング、公共政策、金融と証券、国際金融論、企業行動、環境問題、開発とジェンダー

閉じる

国際社会学科/社会学専攻

講義・学問分野

社会学理論、社会学史、労働社会学、仕事・家族・ジェンダーの社会学、社会調査、グローバル社会、女性学・ジェンダー、少子高齢化、福祉社会、産業と企業

閉じる

国際社会学科/コミュニティ構想専攻

講義・学問分野

コミュニティ形成論、コミュニティと行政・法制度、女性と政治参加、行政と法、コミュニティと国際化、サブカルチャー、まちづくり、観光学、都市フィールドワーク、合意形成、政策プランニング、インターンシップ、調査実習

閉じる

心理・コミュニケーション学科/心理学専攻

講義・学問分野

基礎心理学、発達心理学、臨床心理学、社会心理学、精神保健、実験・観察・調査・面接

閉じる

心理・コミュニケーション学科/コミュニケーション専攻

講義・学問分野

メディアコミュニケーション、情報デザイン、多文化コミュニケーション、文化心理学、ことばと文化、日本語教育、メディア社会論、広告と消費者心理、デザイン心理、統計法

閉じる

数理科学科/数学専攻

講義・学問分野

解析学(微分方程式、関数解析)、代数学(群と対称性、抽象代数学)、幾何学(位相幾何学、結び目理論)、数理統計学、確率論、数理ファイナンス、コンピュータ・シミュレーション

閉じる

数理科学科/情報理学専攻

講義・学問分野

コンピュータ・シミュレーション、アルゴリズム、情報ネットワーク、プログラミング、応用数理学(自然科学)

閉じる

学部の特色

チャンスが拡大!総合的に評価する「知のかけはし入学試験」や授与型奨学金

知のかけはし入学試験
この入試では、単に知識を問うだけでなく、自身が課題そのものを見つけ出し、論理的に考え、それを自らの言葉で表現できる能力をはかります。具体的には、本学教員による講義を受講した後、小論文やグループディスカッション、面接などを課すことで総合的に評価します。なお、出願に際して、一定の基準を満たす外部の英語資格・検定試験の所定の成績証明書が必要です。
「挑戦する知性」奨学金のチャンスも
この試験の合格者を対象とし、採用者には「挑戦する知性」奨学金(学納金相当額および桜寮入寮者には寮経費相当額)を4年間授与。また、「挑戦する知性」奨学金に採用されなかった者および同奨学金に出願できなかった者で桜寮入寮者には知のかけはし学寮奨学金(寮経費の一部)を4年間授与します。

閉じる

キャンパス内に2つの学寮。バランスのとれた食事と家具付きで安心

キャンパス内に1人部屋の楓寮と2人部屋の桜寮があります。必要な家具やインターネット環境も完備しています。バランスのとれた食事が平日の朝夕提供され、共同キッチンでの自炊もできます。21時まで開館している図書館など学内施設を充分に活用できます。また、随時警備員が巡回しているので防犯面も安心です。各寮では寮監が起居を共にし、その助言のもと学生たちが自主的に寮を運営しています。先輩や仲間たちとともに暮らす寮生活では、学年や専攻を超えた絆が生まれ、協調性や自立心も育まれます。2016年4月に開寮した桜寮では、留学生を積極的に受け入れ、日本人学生との共同生活を行う中で、日常的な国際交流の場となることが期待されています。

閉じる

さまざまな国際交流の機会や、留学実現のためのバックアップも充実

留学や短期海外研修など国際的な体験の機会を提供
留学実現のために、留学説明会の開催や個別相談、奨学金の支給などのバックアップも行っています。特に「新渡戸稲造国際奨学金」は、世界トップクラスの大学へ1年間留学する学生に最大600万円の奨学金が授与されます。長期休暇期間中には、ケンブリッジ教養講座、アメリカ、イギリス、アイルランド、フランス、スペイン、韓国、中国での語学研修や、スタディ・ツアー、タイ・ワークキャンプなどを実施し、毎年多くの学生が参加しています。また、アジアの協定校からの交換留学生やアメリカの大学からのインターンシップ学生のほか、多彩な地域からの留学生を受け入れ、学習・学生生活のサポートを通して、日本人学生との交流の輪が広がっています。
国連研修を含む特別プログラム
全学共通カリキュラムには、夏期の集中授業とニューヨーク国連本部での海外研修から構成される特別プログラムがあります。貧困・差別・人種問題・戦争といったグローバルな今日的問題の解決に強い関心と意欲を持つ学生を対象とした授業です。研修では国連職員によるブリーフィングを受け、英語による質疑応答や意見交換を行います。あわせて、国連ガイドツアー、日本代表部訪問、国連で働く卒業生との交流などを通じ、女性が国際的な舞台で活躍することの意味を直に学びます。

閉じる

学べること

国際英語学科/国際英語専攻

英語を通じて人の心を知り、文化を感じ、国際社会のあらゆる場で貢献できる女性を育てる

国際英語専攻には、ふたつの魅力があります。ひとつめは、3つの学びのコースを設けたことです。(1)英語学や英語の文学・文化を研究する「English Studies」、(2)国際社会を担う人材を育てる「英語教育」、(3)通訳や翻訳など、社会で英語力を活かす可能性を追求する「英語キャリア」の3つです。これらを横断的に履修することで、確かな英語力と国際社会に貢献できる本格的で幅広い知性を養うことができます。もうひとつの魅力は、全員が留学をすることです。国際英語専攻での学びをさらに高めるとともに、英語による国際交流を、在学中に実践できるということです。

閉じる

人文学科/哲学専攻

美しく生きるための教養と、問題の本質をつかむ力を身に付ける

人間は誰しも、さまざまな疑問を抱きます。自分が生きている意味とは、愛とは何なのか、人間の心とは何なのか、善悪の基準はどこにあるのか、世界はなぜ存在するのか、科学によって未来の世界と人間はどう変わるのか、美や芸術はわたしたちに何をもたらすのか・・・。
そうした疑問に対して哲学専攻では哲学・倫理学、美学、キリスト教学という三つの学びの場を開きました。そこで、先人たちが考えてきた過程をたどりながら、筋道を立てて自らの考えを深めていき、社会に通じる知識と実践力はもちろん、女性が人間として真に美しく豊かに生きるための教養(リベラル・アーツ)を身に付け、問題の本質を見抜く知性と感性を磨くことをめざします。

【授業・講義】
美学演習BII

前期ではアリストテレス『詩学』、後期では近代絵画論の先駆けであるディドロ『絵画論』を輪読と発表を通して、芸術作品の最も古典的な捉え方と近代的な捉え方の両方についてしっかりと身に付けます。西洋芸術の中で文学と絵画という二つのジャンルが密接に結びついていることの理解も深めます。

閉じる

人文学科/日本文学専攻

新たなまなざしで日々の言葉を見直し、自己や社会にとっての言葉の意味を考える

日本文学専攻では、日本語学と日本文学・文化の2部門を柱として、その有機的結合をめざしています。
普段、何気なく使っている言葉を、新たなまなざしで見直すことが、学びのスタート。文学作品を通じ、言語や作品の分析はもちろん、さまざまな文化事象との関係も学びながら、自己や社会にとっての言葉や言語芸術の意味を深く考えていきます。
中国や欧米といった外国文学との比較の視点も導入し、古典から近現代まで、幅広い角度からの考察を進めます。

【授業・講義】
日本文学演習II

日本古典文学のうち、古代(奈良・平安)の文学をテーマとして、卒業論文を書こうとする学生が対象。古代文学の研究に際して、その基礎的な知識や方法論を身に付けるための授業です。通常の中古文学の演習もありますが、こちらはより明確に、卒業論文を書くことを念頭に置きます。

閉じる

人文学科/歴史文化専攻

人類の歴史と文化を現代的・国際的視野から見渡し、その歴史学的考察に基づいて、よりよい未来を構想する

日本・アジア・西洋の3領域それぞれの歴史と文化を探求します。日本史と西洋史は時代(古代・中世・近世・近現代)、アジア史は地域(中国・アジア)を軸にして授業が展開されますが、領域をまたぐ視角による「オリエント史」「イスラーム史」「世界遺産学」や、現代的なテーマに沿った「グローバル・ヒストリー」や「カルチュラル・ヒストリー」などの授業も開講されます。このように複眼的な視点から、過去の人々のあり方をめぐって「なぜ?」「どのように?」と繰り返し問いかけて、先人たちの多様な経験や、あり得た可能性を発見し、自身の人生や社会の未来をよりよくしていく手がかりをつかみます。

【授業・講義】
歴史文化演習II

前期は、アジア諸国の社会構成をはじめ、文化的特徴、社会文化の相互比較に関する人類学の基本的アプローチや分析概念を学習します。後期は、現代社会における民族、国家、紛争、移民などに関する文化人類学的研究を勉強し、民族研究の角度から絶えまなく変動する世界に対する視点や捉え方を把握します。

閉じる

国際社会学科/国際関係専攻

大きく広がる世界を舞台にダイナミックで複眼的な教育・研究を実施

さまざまな研究法を用いて、日本、南北アメリカ、東アジア、東南アジア、南アジアなどの、政治、外交、歴史、経済、社会、文化、思想について、学びます。
学生には現代社会を理解するための複眼的な視点と多様な知識を獲得する機会が準備されています。
自分で考え、判断し、人を説得できる力を身に付け、ポスト・トゥルース(真実よりも都合のよいでたらめを受け入れる風潮)に負けない、世界に通用する国際人を育成することをめざします。

【授業・講義】
3年次演習(国際関係)I・II

今日の中国を、伝統中国の近現代における変容という歴史的視点から考察していきます。19世紀末から現在の文献を読み、当時の人々は何を考え、どのような議論が交わされていたのかを考えます。

閉じる

国際社会学科/経済学専攻

グローバルな視点で、経済全体を捉えながら、身近な問題に取り組むことのできる力を育成

地球温暖化と自然災害、連鎖する金融危機、深まる少子高齢社会、広がる格差と貧困、国のしくみを支える財政の危機。経済学専攻は、今私たちの経済社会が直面する問題を理論的に分析し、政策を論じ、仕事を通じて、 また家庭や地域において、問題解決のために行動する意欲と能力を持つ人材の育成をめざします。1年次から4年次までの演習では、報告と議論を通じて、問題発見能力を培うとともに、自己の主張を相対的に捉え直し、説明する力を身に付けます。講義では、基礎から応用へと段階を追って経済学を学習し、激動する経済の新たな展開と課題に対応できる柔軟な思考力と実践力を養います。

【授業・講義】
3年次演習

経済学理論を現実に起こっているさまざまな問題に適用する能力を身に付けることが目標です。効果的にプレゼンテーションをする技術を磨き、議論することの重要性を高めていく演習です。

閉じる

国際社会学科/社会学専攻

ふだんは気づかないけれどもいつもそこにある巨大な謎、それが社会。その強敵に挑む力を鍛え上げる

まず、私たちの暮らす社会がいかに謎で満ちあふれているかに気づいてもらうことから出発します。そうすると、高齢化、移民、貧困、差別、福祉、育児、介護、労働といった事柄はもちろん、アート、趣味、スポーツ、身体や感覚、衣食住など、ありとあらゆるものに問題が存在していることがわかってきます。次のステップは、さまざまな情報を集めてじっくり分析できるようになること。そして最後に、自分なりの答えを出し、他者と共有することをめざします。多様な講義で社会を多面的にとらえる力を養いながら、演習や実習では、問いかけの力と読み解きの力、情報収集の力、答えを導き出す力、導き出した答えを他者に伝えていく力を磨きます。

【授業・講義】
社会調査実習I・II

アンケートやインタビュー、現場の丁寧な観察などによって、人々の意識や行動、取り組んでいくべき課題、解決の方向性などを探っていく、社会調査について学ぶ授業です。調査の企画から実施、報告書のまとめまでの一連の作業を実際に行ってみることで、社会調査とはどんなものかを体感します。

閉じる

国際社会学科/コミュニティ構想専攻

まちづくり、ひとづくりの実践を通じて、コミュニティを構想するためのツールとしての社会科学を体得

人間の安心と信頼、きずな、つながり、共生、福祉、平和などの理念をまとめたのが専攻名に使われているコミュニティということばの意味です。国際的な視野から一人ひとりの生活圏、いのちのつながり、幸福な人生をデザインし、コミュニティを構想することのできる女性を育てることを本専攻は目標としています。
地域実践、キャリア実践、調査など主題別の実習科目を核とし、意思決定、合意形成、問題解決のツールとしての社会科学を体得します。そして、こうした社会科学の知を、リベラル・アーツをベースとして使いこなすための教養=コミュニティ・マインドの教育を行います。

【授業・講義】
コミュニティ思考〈地域共生とイノベーション〉

ひとづくり、ものづくり、まちづくり、暮らしづくり、職場づくりなどコミュニティ実践において、人生においてできること、なれるものの選択肢をひろげるためのコミュニティ創造をめぐるイノベーションの問題を考察します。

閉じる

心理・コミュニケーション学科/心理学専攻

科学的なアプローチを学びながら,心のはたらきを知り,人間を深く理解する

基礎、社会、発達、臨床の4分野を基盤にして多角的に学びます。心理学の研究では、見る、聞く、考える、記憶する、話す、よろこぶ、悩むなど、人のあらゆる心のはたらき、行動のメカニズム、誕生から死までの生涯発達のプロセスなどが対象となります。それらを実験や観察、調査、面接を通して科学的・実証的に明らかにします。さらには、人々が個や集団でどのように影響を与え合うのか、悩む人に実際に役立つ支援についても考えていきます。実験・実習や少人数による演習を重視しながら、心をとらえる視点と方法を一人ひとりが着実に身に付け、現代社会に生きる人間の心の諸問題を解決する力を養うことが目的です。

【授業・講義】
特殊実験演習1

関心を持ったテーマについて、先行文献(日本語論文と英語論文)をレビューし、先行研究を発展させたオリジナルの研究計画を立て、実際に調査あるいは実験を行ってデータを収集。分析して、最終的に序論、方法、結果、考察からなるレポートを執筆します。体験実習することで、卒業論文に取り組む準備を進めています。

閉じる

心理・コミュニケーション学科/コミュニケーション専攻

多様化する社会で必要とされるグローバルで多角的なコミュニケーション力の育成をめざす

メディア、情報デザイン、多文化の3つを柱として、人と社会をつなぐコミュニケーションを探究していきます。情報・コミュニケーション技術の発展とグローバル化により、現代社会はますます多様化しています。メディアの影響、ICTとデザイン思考、ダイバーシティの理解、多文化コミュニケーションとしての日本語教育など、コミュニケーションを多角的に学び、多文化・メディア・情報社会で生きるための知識を身に付けます。そして、主体的学びを通じて科学的にデータを読み解く分析力、多様な情報メディアを駆使した情報発信力、クリエイティビティを高め、グローバル社会で生きるための多角的なコミュニケーションを養います。

【授業・講義】
メディア史

文明を発明して以来、人間のコミュニケーションの形態はいくつかの点で重要な変化をとげてきました。本講義では、さまざまな情報メディアの発展史と現状を概観しながら、人間コミュニケーション、特にメディアを通じたコミュニケーションの変化とその社会的影響について詳しく解説します。

閉じる

数理科学科/数学専攻

「女性にこそ数学を」数学を学ぶことにより、論理的な判断力、決断力が身に付く

数学は理工学分野で必要不可欠な「言語」としての役割を担っています。
解析学、代数学、幾何学、確率論を中心に現代の科学技術の基盤である数学を基礎から体系的に学びます。興味に応じて、情報学や自然科学系の分野も学べます。
金融保険業界、インターネットに必要な通信機密保持のための暗号など、数学は社会のさまざまな分野で用いられています。社会を支える数理的知識を身に付けます。
理系の女性の活躍が、今までにも増して社会で求められています。その期待に応える女性を育成します。

【授業・講義】
確率統計持論AII

2年次で学ぶ確率統計学を基礎として確率論や統計学のさらに高度な理論とその応用について学びます。多岐にわたるトピックの中でマルチンゲール理論とその数理ファイナンスへの応用について学んでいきます。この特論AIIでは離散時間、有限状態での理論、特にアメリカンオプションの価格付けについて解説します。

閉じる

数理科学科/情報理学専攻

情報科学と数学の知識を駆使し、コンピュータを使いこなすことで、自然現象の解明や社会現象の分析ができる力を養う

情報理学専攻では、現代の高度な情報化社会において必要とされる情報学の知識の習得だけでなく、数学や自然科学の基礎の上に、自然現象や社会現象のモデルを作り、コンピュータを用いたシミュレーションを行う教育を進めています。そこには“いかなる学問にも数理的能力は必要”という、第2代学長の安井てつの信念のもとに数学専攻部として創設された数理学科の伝統が息づいています。論理的な思考力を身に付け、現代のICT(情報通信技術)社会で活躍できる理系女性の育成をめざします。

【授業・講義】
プログラミング

Python(パイソン)というプログラミング言語の基礎を学び、プログラムを理解し、簡単なプログラムの作成ができるようになることを目標としています。プログラムを作成するには、論理的思考だけではなく、プログラムがミスなく実行されるように起こりうるすべての場合を考えなければならず、数学とはまた違った楽しさと難しさを感じることができます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都杉並区善福寺2-6-1
広報課
(03)5382-6476(広報課直通)
【URL】http://www.twcu.ac.jp/
【E-mail】pr@office.twcu.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ