とうきょうやっか

東京薬科大学

私立大学 東京都

生命科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

分子生命科学科(70名)
応用生命科学科(60名)
生命医科学科(90名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●さまざまな分野で飛躍するための最先端の生命科学を支える人材として成長できる
●産学協同講座を通じて、多様で広範囲な生命科学を学ぶ
●入学時から最先端に触れる3学科特別少人数制ゼミナールが充実

ヒトの生命と環境問題に分子やゲノムの視点から多角的にアプローチします。

分子生命科学科

講義・学問分野

生命物理学、生物無機化学、遺伝生化学、分子生命科学概論、分子遺伝学、分子細胞生物学、エネルギー反応論、創薬概論、天然医薬品化学、神経生物学など

閉じる

応用生命科学科

講義・学問分野

無機化学、微生物学、生体物質学、応用生命科学概論、放射化学、生理学、酵素学、遺伝子制御学、生態学概論、食品衛生学など

閉じる

生命医科学科

講義・学問分野

有機化学、生物学、生命医科学概論、統計学、分析化学、生物有機化学、医科生化学、遺伝子工学、解剖学、発生生物学、免疫学、感染医科学、腫瘍医科学など

閉じる

学部の特色

さまざまな分野で飛躍するための最先端の生命科学を支える人材として成長できる

生命科学は、分子レベルで「生命現象の不思議」を解き明かし、その応用技術を開発していく学問です。応用できる範囲も、基盤となる学問領域も広いため、以前は理・工・農・医・薬など異なる学部の中に、“生物系”の学科あるいは研究室として分散していました。そうした学部の垣根を越え、「生命とは何か」を総合的に学ぶ場として日本で初めて誕生したのが、本学の生命科学部なのです。基盤となる理学分野から最先端の産業技術まで、生命科学に関する幅広い領域を網羅し、それらを体系的に学べるところが、本学部の最大の特徴です。“生命科学部のパイオニア”として優れた研究者や技術者の養成をめざし、とくに、日進月歩で発展する医学関連分野の教育・研究にも力を入れています。

閉じる

産学協同講座を通じて、多様で広範囲な生命科学を学ぶ

社会では、知識だけでなく、課題解決能力や主体的に課題に取り組む能力を持った人材が求められています。こうした社会から求められている人材を育成するため、生命科学部では、1年次前期の必修科目として、産学協同PBL(Project Based Learning:課題解決型学習)講座を設けています。この講座では企業から講師を迎え、実際に企業が抱えている課題の解決方法をグループで討論し、プレゼンテーションを行い、講師から評価を受けます。このことによって主体的に学ぶ姿勢・コミュニケーション能力や社会において要求される課題解決能力を養います。

閉じる

入学時から最先端に触れる3学科特別少人数制ゼミナールが充実

実験や実習も単に実技としてこなすのではなく、なぜその実験を行うのか、プロセスを理解して体系的に学べるようになっています。1・2年次では基礎実験を、3年次には学科ごとの専門領域に関わる実験を行います。また、1年次には1グループ5人程度の少人数制ゼミナールを実施。自ら文献を調べて発表し、討論することによって、学問や研究に対する基本的な姿勢が身に付き、生命科学への探究心も自然に高まります。また、生命科学を学ぶには海外の研究報告を読んだり、国際的な学会に参加したりするための英語力やパソコンを使いこなす力も不可欠です。1年次から演習や研修などの機会を設け、研究者に必要なスキルを身に付けます。

閉じる

学べること

分子生命科学科

生命を支えるしくみを学ぶ

くすり・遺伝子・細胞・脳など、生命を支えるしくみを学びます。化学や分子生物学などの基礎学問を基盤とする先端科学の研究を通して、科学・技術の発展と社会に貢献できる人材を育成します。

閉じる

応用生命科学科

遺伝子の働きを学び、食とエネルギーの未来を描く

さまざまな生物に触れ、それらの遺伝子、ゲノム、生態、進化について学びます。資源、環境、エネルギー、食料などに関する最先端バイオテクノロジーを研究し、健康で豊かな社会を創造する人材を育成します。

閉じる

生命医科学科

次世代の医学研究を担う人材を育成する

難病、がんなどの病気のしくみや、免疫、再生医療などを学びます。生命科学と医療の現場をつなぐような、病気の新たな治療・診断法の開発をめざし、人の命と健康に貢献できる人材を育成します。

閉じる

アドミッションポリシー

生命科学部の入学者受入方針(アドミッションポリシー)

生命科学部では生命科学の分野における充分な知識と技能を持ち、人類の福祉と健康に貢献できる豊かな人間性と広い視野を持つ人材を育成するために、以下の能力を有する学生を求めています。

閉じる

生命科学部が求める学生像

生命科学部の基本理念・目標を理解し、生命科学領域、環境応用生命科学領域および医学・医療領域において研究者・技術者・実務者として人類社会に貢献したいという強い意志があり、本学で充実した大学生活を送りたいと考えている学生で、次のような力を持つ人を選抜します。
1)中等教育における学力の3要素(「知識・技能」「思考・判断・表現」「関心・意欲・態度」)を修得している。
2)理数系および語学の基礎学力がある。
3)社会的レベルでの日本語の基本的理解力を持っている。


学科別の入試選抜方針

分子生命科学科:
化学、分子生物学等を基盤として生命現象の解明や創薬に関する領域に興味のある学生を選抜します。

応用生命科学科:
応用生命科学の視点から地球環境と生命を守る領域に興味のある学生を選抜します。

生命医科学科:
基礎医学とその医療への応用領域に興味のある学生を選抜します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都八王子市堀之内1432-1
入試課
(042)676-5112(直)
 【URL】http://www.toyaku.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ