にほんぶんか

日本文化大學

私立大学 東京都

日本文化大學/大学トップ

ここに注目!

  • 実就職率98.2%!高い就職率と就職実績を実現
  • 女性学生数が昨年度比140%!女性警察官も多数輩出
  • 警察官実就職率16年連続全国1位!※警察官への確かな道

大学の特色

警察官実就職率16年連続全国1位!※約半数近くが公務員に合格

本学は「就職に強いニチブン」として、毎年高い就職実績を挙げています。特に公務員合格率は58.5%(定員200名を分母とし合格率を算出/2022年度卒業生)と、卒業生の約半数近くが公務員に採用され合格していることが大きな特長です。卒業生は、警察官、消防官、法務教官、刑務官、市役所職員など、幅広い職種に就いており、中でも、警視庁・道府県警を合わせた警察官実就職率は16年連続全国1位※の実績を誇ります。毎年、女性警察官の合格者を数多く輩出していることでも期待されており、警察のさまざまな部署に配属されています。
※「2023年学部系統別実就職率ランキング(法学系)」大学通信調べ

入学前学習プログラムを提供。少人数制のクラス分けテストなどもあるので大学生活での出遅れの心配なし!

本学では、入学時からゼミがスタート。1・2年次では基礎ゼミ、3・4年次では専門ゼミに所属します。少人数制の教育が採用されているため、学生一人ひとりにじっくり時間をかけた指導が行われます。例えば、研究発表をする際には、丁寧なフィードバックがあるので、さまざまなことに気付くことができます。

早期からの就職対策によりアドバンテージをつけられる

入学直後から就職活動に直結するプログラムを設置するなど、4年間を通じてきめ細かいサポートを実施。
採用試験を見据えた実践的な科目「キャリアマネジメント」や、国家公務員をめざす学生を支援する「特別選抜クラス」など、アドバンテージをつけられるようカリキュラムが組まれていることが大きな特長です。

アドミッションポリシー

入学者の受入れに関する方針

日本文化大學は、建学精神のもと、以下のような入学者を適正に受け入れるために、多様な方法による入学者選抜を実施します。

日本文化大學が求める学生像
1. 日本文化大學建学精神への理解と共感
日本文化大學の建学精神、教育研究上の目的に共感し、国家・社会に貢献する人材になろうとする意欲ある者。
2. 修学意欲
「学問を重んじ而も深く考える」者、すなわち幅広い教養および法律の基本的な知識を修得するため、たゆまぬ努力をする意欲ある者。
3. 公共の精神
学問教育によって、感受性にあつく、心すなおに、公共に尽くそうとする姿勢を養う明朗な者。

AP1. 知識・理解・技能
(AP1-1) 高等学校の教育課程を幅広く習得し、大学での修学に必要な基礎学力を有していること。
(AP1-2) 大学が定める卒業要件を達成する意志を有していること。
(AP1-3) 部活動において優秀な成績を修め、入学後も継続する意志を有していること。

AP2. 思考力・判断力・表現力
社会・共同体の様々な問題について、事象を注意深く観察し、知識・情報をもとに論理的に考察し、説明できること。

AP3. 主体性・多様性・協働性
課外活動やボランティア活動など、様々な活動を通じて、自己の成長を図るとともに、協働しながら課題や目標に取り組む姿勢を有していること。

教育環境

豊かな自然と利便性を兼ね備えたキャンパスで学生生活を過ごす

四季折々の豊かな自然に囲まれたキャンパスは、交通アクセスの利便性も高く、最寄りのJR「片倉」駅から徒歩約7分という近さにあります。ほかに京王線も利用でき、都心からも、横浜からも乗り換えなしで通学可能。他県も含め、幅広い地域から通学している学生が増えています。

ドラマのロケにも使われる本格的な模擬法廷で学ぶ

楽工舎2階にある「模擬法廷」は、法学部ならではの施設。実際の裁判所を模した本格的な模擬法廷には、証拠を写すことができるモニターや書画カメラが設置してあり、裁判をより実際に近い形で模擬体験できることが特徴です。授業での模擬裁判のほか、ドラマ撮影などにも使われることがあります。

スタイリッシュな2号館は最新設備が充実

2号館1階の「B’GYM」は、最新のトレーニング機器やボルダリングウォールなど、日本有数の規模と豪華設備を誇る人気の施設です。2階の「B’LOBBY」は、おしゃれなデスクとチェアが並ぶフリースペース。明るい光が差し込む開放感ある空間は、学生たちの憩いの場になっています。

学部

【2024年度入学者対象】

特色が分かる!
法学部

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

日本文化大學の偏差値 44~46

学科ごとの偏差値を確認してみよう

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2024年度入学者対象】

入学金/320,000円
授業料/830,000円
施設費/250,000円
実習費/40,000円
合計/1,440,000円

●分納の場合
入学時/1,025,000円
後期/415,000円

奨学金【2024年度入学者対象】

●特別選抜クラス生に最大97万円支援
総合型選抜スカラシップ公務員志望型(第1期)合格者、または各年次の入室テスト受験者のうち、成績優秀者は「特別選抜クラス」に入室できます。「特別選抜クラス」は、国家一般職、地方上級、専門職など、難度の高い公務員をめざすプログラムで、最大97万円相当の受講費を大学が支援します。

●蜷川親繼先生奨学金
本学の建学精神をよく体し、特に学業成績、人物の秀でている者、若干名に毎年奨学金を給付します。

●父母・兄弟姉妹入学金免除制度
日本文化大學に入学する新入生の父母または兄弟姉妹が、本学の卒業生もしくは本学に在学している場合、入学金の全額を免除します。なお、兄弟姉妹が同時に入学する場合も同様となります。
※2024年4月入学生から対象
(詳細は、入学準備課にお問い合わせください。)

日本文化大學の学費(初年度納入金)・奨学金を見る

留学

※新型コロナウイルスの影響で、ご紹介している留学プログラムが中止・変更になる可能性があります。
「留学人数」、「大学独自の奨学金制度の有無」などについては、過年度の実績を掲載している場合がありますので、詳細は、各大学の公式ホームページ等でご確認をお願いいたします。

過去の留学実績(調査年度:2023年)

単位認定、奨学金

【大学独自の奨学金】ない
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

クラブ・サークル活動

警察官志望の学生が多いため、武道系の部活は施設・設備が充実。学生の趣向や目標に合わせて活動できる環境が整っており、部活動だけではなくサークル活動も活発に行われています。

体育会系クラブ

剣道部、柔道部、弓道部、サッカー部、バスケットボール部

サークル

バトミントン、バレーボール、野球、ボランティア、軽音楽、写真、トレーニング、ダンス、合気道、女子バスケットボール

パンフ・願書

本学をよく知るために「大学パンフレット」を取り寄せよう!大学パンフレットには、詳しい学びの内容をはじめ、在学生の体験談、キャンパスライフ、入試案内など、知りたい情報が満載です。

教員数・学生総数

教員数

日本人教員数26人

*2023年09月収集情報

学生総数

1019人

*2022年5月1日現在

その他の特色・学生支援制度

奨学金 奨学金 単位互換 大学院 学生寮 部活動・同好会
給付 貸与 留学制度 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文科系 体育会系 同好会
× × × × × × × × 約11 約4 -

所在地・アクセス

本学キャンパス

●東京都八王子市片倉町977番地
JR横浜線「片倉」駅下車、徒歩約7分
京王高尾線「京王片倉」駅下車、徒歩約15分

問い合わせ先

住所

〒192-0986
東京都八王子市片倉町977番地
入学準備課

電話番号

(042)636-5211

URL

https://nihonbunka-u.ac.jp/

閲覧履歴に基づく
オススメの大学

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ