ていきょうかがく

帝京科学大学

私立大学 東京都/山梨県

生命環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

【千住】アニマルサイエンス学科/動物看護福祉コース(140名)
【千住】自然環境学科(50名)
【千住】生命科学科/生命・健康コース(50名)
【千住】生命科学科/臨床工学コース(20名)
【東京西】アニマルサイエンス学科/アニマルサイエンスコース、アニマルセラピーコース、野生動物コース(3年次、コース配属)(150名)
【東京西】自然環境学科(50名)
【東京西】生命科学科/生命コース(30名)

所在地

アニマルサイエンス学科 自然環境学科東京西キャンパス 生命科学科生命コース
  1~4年:山梨
アニマルサイエンス学科動物看護福祉コース 生命科学科生命・健康コース 生命科学科臨床工学コース 自然環境学科千住キャンパス
  1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●動物と人とのより良い共生をめざすアニマルサイエンス学科
●生物と化学の両面から環境について学ぶことができる自然環境学科
●豊かな未来に貢献できるスペシャリストを養成する生命科学科

動物、自然、生命をキーワードに学べる3つの学科で構成されています。「いのち」と向き合うそれぞれのフィールドで基礎から応用までしっかりと学び、確かな専門力と人間力を養います。

【キャンパス】千住キャンパス、東京西キャンパス
【学生数】1,963人 (2017年5月1日現在)
【専任教員数】51人 (2017年5月1日現在)
【大学院】大学院理工学研究科、大学院医療科学研究科

【千住】アニマルサイエンス学科/動物看護福祉コース

講義・学問分野

アニマルサイエンス・トピックス、動物行動学、伴侶動物学、動物介在教育学、動物基礎栄養学、グルーミング概論、動物福祉論、動物臨床病理学、動物外科疾病看護学、動物看護基礎実習など

閉じる

【千住】自然環境学科

講義・学問分野

基礎動物学、基礎植物学、基礎環境生態学、基礎有機化学、基礎物理化学、昆虫学、無機化学、環境破壊と野生動物、植物栄養学、環境浄化と生物機能、自然環境セミナー、環境化学実験、環境科学野外実習など

閉じる

【千住】生命科学科/生命・健康コース

講義・学問分野

有機化学、生物分析基礎、バイオ計算基礎、生物化学、分子生物学、化学療法論、食生活と生活習慣病、酵素学、食品衛生学、食品保存・加工学、サプリメント科学、ウエルネスと環境、生命科学基礎実験など

閉じる

【千住】生命科学科/臨床工学コース

講義・学問分野

エレクトロニクスの基礎、情報処理工学基礎、アナログ回路、ディジタル回路、ヒトの解剖生理、医学概論、看護学概論、医用工学概論、臨床工学実験など

閉じる

【東京西】アニマルサイエンス学科/アニマルサイエンスコース、アニマルセラピーコース、野生動物コース

講義・学問分野

アニマルサイエンス・トピックス、動物行動学、動物園学(アニマルサイエンスコース)、治療的乗馬(アニマルセラピーコース)、水生動物学(野生動物コース)、アニマルサイエンス実習など

閉じる

【東京西】自然環境学科

講義・学問分野

基礎動物学、基礎植物学、基礎環境生態学、基礎有機化学、基礎物理化学、昆虫学、無機化学、環境破壊と野生動物、植物栄養学、環境浄化と生物機能、自然環境セミナー、環境化学実験、環境科学野外実習など

閉じる

【東京西】生命科学科/生命コース

講義・学問分野

有機化学、生物化学、微生物学、生物分析基礎、食品衛生学、食生活と生活習慣病、食品保存・加工学、化学療法論、酵素学、実験動物学、最近の遺伝子生命科学、食品化学、生命科学基礎実験など

閉じる

学部の特色

動物と人とのより良い共生をめざすアニマルサイエンス学科

千住キャンパスで学ぶ「動物看護福祉コース」では、動物看護師を養成します。従来の動物看護学に加え、動物の福祉をメーンテーマとして、行動学・栄養学・リハビリテーションなど、コンパニオンアニマルと人とのよりよい関係をめざすための、知識や技術を学びます。
東京西キャンパスには、3つのコースを設置。(コース配属は3年次から)
「アニマルサイエンスコース」では、動物園や水族館の動物からコンパニオンアニマルまで、飼育動物について幅広く学べます。
「アニマルセラピーコース」では、動物とのふれあいから生まれる効果について、科学的な視点から探究します。
「野生動物コース」では、豊富なフィールドワークを通じて、野生動物の生態や行動を探ります。

閉じる

生物と化学の両面から環境について学ぶことができる自然環境学科

自然環境学科では、人と自然が共生できる社会の実現をめざします。動植物に関するフィールドワークを行う「生物環境分野」と、環境の浄化、クリーンなエネルギー開発などを行う「環境科学分野」の2つの視点から環境問題にアプローチします。

閉じる

豊かな未来に貢献できるスペシャリストを養成する生命科学科

食品や医薬品・香粧品などの分野で人びとの健康づくりに貢献できるスペシャリストを養成する「生命・健康コース」と、最新の医療機器の取り扱いやメンテナンスに精通し、チーム医療の一員として医療現場で活躍できる臨床工学技士を養成する「臨床工学コース」の2コースを千住キャンパスに設置しています。
東京西キャンパスでは、遺伝子から動植物、医薬品、食品など生命科学のさまざまな分野について、基礎から応用まで体系的に学ぶ「生命コース」を設置しています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

【千住】アニマルサイエンス学科/動物看護福祉コース

動物の看護・福祉を軸に、専門性を育む

イヌやネコをはじめとする、幅広い動物の生態について学ぶとともに、高度化する動物医療の現場に対応するための知識と技術を身に付けます。さらに、動物福祉や愛護、栄養やリハビリ、産業動物についてなど、めざす専門性に応じて学びを深め、研究活動にも取り組みます。知識と実践力、双方を兼ね備えた人材を養成します。

【授業・講義】
動物基礎栄養学

動物(コンパニオンアニマル)の健康を管理する上で重要な栄養学について学ぶ講座。ペットフードに使われる主原料や添加物、ペット用のサプリメントなどに関する講義が行われます。
この分野は、予防医学の進展に伴い、獣医療分野でも重要性が高まることが予想されます。「ペット栄養管理士」の資格取得をめざすには必須の講座です。

閉じる

【千住】自然環境学科

「生物」と「化学」2つの分野を学ぶメリットとは

環境問題を理解するためには、生物と自然の関わりについての知識、そして化学と環境との関わりについての知識、どちらも不可欠です。2つの分野をバランスよく学ぶことで、環境問題を総合的に考えるための視点が身に付きます。

【授業・講義】
環境特別実習(サルカメ実習)

日本を代表する中型・大型動物の生態や、自然環境との関係性を理解しつつ、環境保全の現場を実際に体験しながら学ぶことを目的とする実習です。京都・嵐山では野生のニホンザルの行動観察を実施し、和歌山県みなべ町ではウミガメの産卵とその保全に関わる調査を見学します。

閉じる

【千住】生命科学科/生命・健康コース

生命と健康について考える

遺伝子から動植物、医薬品・食品・香粧品など生命科学の多様な内容について、基礎から応用まで体系的に学びます。ただ知識を学ぶだけでなく、科学的に物事をとらえる姿勢や、論理的に探究する方法も身に付けていきます。

【授業・講義】
食品衛生学

生命の維持に不可欠な食品は、一般に微生物汚染を受けやすいため、保存可能期間が短く、保存が悪いと食中毒を起こします。また、残留農薬や有毒な食品添加物などの化学物質による汚染や、寄生虫が巣食っていることもあります。食品衛生学の授業では、食品汚染の起き方、その影響、また、食中毒を防ぐ方法などを学びます。

閉じる

【千住】生命科学科/臨床工学コース

チーム医療の最前線で専門性を発揮できる臨床工学技士を養成

病室をはじめ、手術室やICU(集中治療室)などで活躍する臨床工学技士を養成します。高度化した医療機器を扱えるだけではなく、医師や看護師など多くのスタッフと協力しながらチーム医療を行う能力のある人材を養成します。
4年次は本学学生の身分のまま帝京短期大学専攻科臨床工学専攻で学ぶことによって、臨床工学技士の国家試験受験資格と、学士の学位を同時に取得できるコースです。

【授業・講義】
エレクトロニクスの基礎II

医療現場ではパソコンを組み込んだ種々の電子機器等を扱うことが多く、安全に使用するには電気回路に関する基礎的な知識が必要不可欠です。電気回路の基本である直流回路を中心に講義を進め、オームの法則やキルヒホッフの法則等を理解し、交流回路計算のための基礎を修得する。

閉じる

【東京西】アニマルサイエンス学科/アニマルサイエンスコース、アニマルセラピーコース、野生動物コース

人と動物の新しい関係を探究できる人材を育てる

●アニマルサイエンスコース
飼育動物に関する幅広い範囲を扱うアニマルサイエンスコースの学び。それらは、大きく「動物園」「水族館」「コンパニオンアニマルの行動・心理分野」、そして動物飼育に必要な「基礎動物学」の分野に分けられます。
●アニマルセラピーコース
アニマルセラピーを実践するためには、「動物」についてだけなく、その対象となる「人間」について学ぶことも必要です。障がいを持つ方や高齢者、子どもと接する方法、対象者の評価、どんな介在方法が合っているか、社会福祉に関する知識なども幅広く学んだうえで活動を実践します。
●野生動物コース
自然に恵まれた東京西キャンパスの環境を活かした、野外でのフィールドワークなどの機会も豊富。動物について学ぶことを通じて、人間と動物が共生できる新しい未来について考察します。

【授業・講義】
動物園学、動物介在療法学I、陸生哺乳類学

●動物園学(アニマルサイエンスコース)
動物園には、その運営を支える理論と実務があり、その両者を統合して行わなければなりません。また、社会とのつながりも深く、常に社会的動向との関係をふまえた多面的な運営が必要となります。こうした動物園の理論を、実務面を起点に明らかにし、実践的な動物園運営の在り方を修得。動物園が社会のなかでどのように位置づけられてきたかを体系的に理解します。
●動物介在療法学I(アニマルセラピーコース)
動物介在療法とは、人間の医療を「動物の力」で補助してもらうことです。「人間動物関係学とは何か」「なぜ我々が動物を使っていいのか」「人間の障がいとは何か」「日本人と動物の関係」などの奥深い根幹があってこそ、初めて動物介在療法に臨む態勢ができることになります。この科目ではその「態勢」を学びます。
●陸生哺乳類学(野生動物コース)
陸上に生息する哺乳動物特有の動物行動学的知識を修得。進化論的観点から、哺乳動物とヒトとの関係性について考え、陸生哺乳動物のなかでのヒトがどのような位置づけにあるのかを正しく理解します。そうした知識をもとに、私たちがどのようにこれらの動物たちと付き合っていけばいいのかについて科学的に考察できる能力を養います。

閉じる

【東京西】自然環境学科

自然に囲まれた環境で、環境問題を考える視点を養う

自然を身近に感じることができる東京西キャンパスならではの環境で、さまざまな環境問題の解決や、持続可能な社会の構築について考えるための視点を養います。

【授業・講義】
環境と生物多様性

環境とはなにか、生物多様性とはなにかを、基礎から学び、それらを保全することの意味と具体的な取り組みを学ぶ。科学的な調査の結果や取り組みの様子を詳解するだけでなく、思想的・政治的な情報もふんだんに盛り込んで解説することで、総合的な理解を目的とする。

閉じる

【東京西】生命科学科/生命コース

バイオや食品など、生命科学分野での活躍をめざす

本コースには、核酸有機化学から微生物や脊椎動物まで学べる研究室が揃っており、生命の本質とその応用について理解を深めることができます。人びとの健康な暮らしや、環境にやさしい社会づくりに貢献できる、生命科学のスペシャリストを養成します。

【授業・講義】
有機化学

生体は、蛋白質、糖、脂質などのさまざまな有機化合物によって構成されています。生体の巧妙なしくみを理解するためには、生体を構成する物質の構造や性質などを分子レベルで理解する必要があります。
この講義では、官能基を持つ有機化合物の性質や基礎的な化学反応について学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

アニマルサイエンス学科

アニマルサイエンス学科は、動物の生態、行動、心理、健康、福祉、さらには人の健康と福祉に寄与するために動物を介在させた活動から環境教育分野に至るまで、人と動物の関係に関する諸側面を科学的に理解し、動物と人とのより良い共生の創造に貢献する人材の育成を目指しています。
本学科には、動物看護福祉コース、アニマルサイエンスコース、アニマルセラピーコース、野生動物コースのカリキュラムが用意されているが、いずれのコースを志望するにしても、本学科の目的を理解し、専門知識と技術の習得に強い意欲を持ち、基礎学力とともに高い倫理観と豊かな感性を備え、将来の成長が期待される人の入学を希望します。
特に、英語、理科、数学の科目に秀で、また、課外活動にも熱心に取り組み、社会貢献に対して強い意欲を持って実践できる人を求めます。

閉じる

自然環境学科

自然環境学科は、人類の発展に伴って発生した多様な環境問題を検証し、その解決を目指し、自然の維持と再生のための知識と科学的手法を修得した、実践的な人材の育成を目的としています。
本学科は、環境問題について、自然に親しみながら動植物との関係から捉え、生物学的な視点から考える生物環境分野と、環境を高度な分析により正確に判定し、環境の浄化、クリーンなエネルギー開発などを行う環境化学分野のカリキュラムを用意しています。いずれの分野でも実験、野外実習を重視し実践力の涵養に力を入れています。
高校では生物と化学を履修し、基礎学力を身につけていることが望まれます。本学科の目的を理解し、自ら進んで学習に取り組み、自然を取りまく多様な環境問題を自ら探求、解決する力を養い、人と自然が共生する持続型社会の発展に貢献する強い意欲を持った人を求めます。

閉じる

生命科学科

生命科学科では、生命と健康を科学的に捉えて生命現象を解き明かすこと及び医療技術の進歩や、医療機器の先端化・複雑化に伴って要求される高度な知識を持った医療技術者を育成すること、という2つの社会的要請に応え、健康、食品、香粧品、医療、環境分野の実践的スペシャリストを育てることを目的としています。
高校において生物、化学、物理のいずれかを学び、生命コース及び生命・健康コースでは、生命や自然に対して興味を持つ、又はヒトの健康に関心を持つ科学的探究心旺盛な高校での基礎学力(生物、化学)を持つ学生の入学を希望します。臨床工学コースでは、臨床工学分野へ積極的に取り組もうとする強い意欲を持ち、チーム医療に貢献できる社会性、協調性を備えた、基礎学力(物理、生物、化学)を持つ人を求めます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】
〈千住キャンパス〉
 東京都足立区千住桜木2-2-1
〈東京西キャンパス〉
 山梨県上野原市八ッ沢2525
【フリーダイヤル】0120-248-089
 【URL】http://www.ntu.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ