ていきょうかがく

帝京科学大学

私立大学 東京都/山梨県

医療科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

【千住】東京理学療法学科(80名)
【千住】東京柔道整復学科(90名)
【千住】看護学科(80名)
【千住】医療福祉学科(80名)
【東京西】理学療法学科(80名)
【東京西】作業療法学科(40名)
【東京西】柔道整復学科(30名)

所在地

理学療法学科 作業療法学科 柔道整復学科
  1~4年:山梨
東京理学療法学科 東京柔道整復学科 看護学科 医療福祉学科
  1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●地域の福祉を支えるスペシャリストを養成する「医療福祉学科」
●最新の設備・施設で学ぶ千住キャンパス
●恵まれた自然環境を生かした専門施設がそろう東京西キャンパス

幅広い視野をもつ医療人の養成をめざし、他学部や他学科との連携教育を行っています。総合大学のメリットを生かしチーム医療の一員として活躍できるようコミュニケーション能力や協調性を養います。

【キャンパス】千住キャンパス、東京西キャンパス
【学生数】1,708人 (2017年5月1日現在)
【専任教員数】112人 (2017年5月1日現在)
【大学院】大学院理工学研究科、大学院医療科学研究科

【千住】東京理学療法学科

講義・学問分野

運動学、医療概論、解剖学、生理学、病理学、臨床心理学、チーム医療実践論、基礎理学療法学、運動療法学総論、日常生活活動学、装具学、発達障害の理学療法、臨床見学、評価実習、総合実習など

閉じる

【千住】東京柔道整復学科

講義・学問分野

身体の構造、運動学と行動、臨床整復セラピー、臨床柔道整復学、リハビリテーション、疾病の科学、スポーツトレーニング入門、地域保健スポーツ医療概論と演習など

閉じる

【千住】看護学科

講義・学問分野

地域コミュニティ論、保健医療福祉ボランティア論、在宅看護援助論、災害看護論、国際看護論、基礎看護学実習、成人看護学実習、老年看護学実習、在宅看護学実習、統合実習など

閉じる

【千住】医療福祉学科

講義・学問分野

人体の構造と機能及び疾病、認知症の理解、チーム医療福祉実践論、アロマセラピー、障害者スポーツ、レクリエーション活動援助法、アニマルセラピー概論、福祉ロボットなど

閉じる

【東京西】理学療法学科

講義・学問分野

解剖学、臨床心理学、小児科学、スポーツと傷害特性、老年学、チーム医療実践論、救急医学実践論、基礎理学療法学、理学療法概論、アニマルセラピー概論、動物介在療法学、感性ロボットとセラピーなど

閉じる

【東京西】作業療法学科

講義・学問分野

医療概論、リハビリテーション概論、解剖学、精神医学、生理学実習、臨床心理学、小児科学、作業療法基礎技法学、動物介在療法学、地域・在宅の作業療法基礎、早期臨床実習、臨床評価技術論実習、総合臨床実習など

閉じる

【東京西】柔道整復学科

講義・学問分野

リハビリテーション概論、病理学、解剖学、生理学、ヒトの運動と呼吸の生理、徒手療法、基礎柔道セラピー、臨床整復セラピー、臨床柔道整復学、基礎整復技術実習、整復セラピー実習、臨床整復技術実習など

閉じる

学部の特色

地域の福祉を支えるスペシャリストを養成する「医療福祉学科」

高齢社会の中でますます社会的ニーズが高まる福祉の分野。福祉だけでなく、医療の知識を兼ね備え、医療・福祉・保健を網羅する地域のチーム医療の一員として“いのち”と向き合う福祉のスペシャリストを養成する医療福祉学科。本学科では社会福祉の専門知識を学ぶと同時に、基礎的な医療知識を身に付け、人びとの生活を支える社会福祉専門職をめざします。また、他学部・他学科の学生たちとの交流を通じて、幅広い視野で福祉を捉え、チーム医療に不可欠なコミュニケーション能力や協調性を養います。

閉じる

最新の設備・施設で学ぶ千住キャンパス

東京・千住キャンパスでは東京理学療法学科・東京柔道整復学科・看護学科および医療福祉学科の学生が学びます。千住キャンパスには実践的な実技実習が行える施設や設備が充実しており、現場に出て即戦カとして活躍できる確かな知識と技術の修得をめざします。また、国家試験対策を支援する自習室やさまざまな分野の専門書が充実した附属図書館など、いつでも学習できる環境も整えています。

閉じる

恵まれた自然環境を生かした専門施設がそろう東京西キャンパス

理学療法学科・作業療法学科・柔道整復学科の学生が学ぶ山梨・東京西キャンパスでは、実践的な学びを深めるための実習室など多様な施設が充実しています。最先端の研究機関として理学療法学科では地域病院と連携し研究を行っています。また、作業療法学科では乗馬などの動物介在療法をはじめ、多彩なアクティビティを整備しています。柔道整復学科は1学年30名というきめ細かな少人数教育と女性の教員が多いのも特長です。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

【千住】東京理学療法学科

患者さんと向き合い、科学的思考力を備えた理学療法士を養成

病気やケガなどで、身体が不自由になった方に対し、基本的な運動能力の回復を支援するのが理学療法士。教育・臨床において経験豊富な専任教員を配置し、教育を通して忍耐強く学習でき、真摯な態度で障がいに向き合うことができ、さらに関連領域に対して強い関心を持てる専門職の養成を目標としています。
運動療法や温熱療法、物理療法などを用いて、チーム医療の一員として活躍するために必要な知識と実践的技術を学びつつ、その基礎となる教養や倫理観も育みます。
本学科のカリキュラムは、1年次から臨床の現場を体験し、進化する医療現場に対応するスキルを身に付けられることも強みです。

【授業・講義】
臨床見学

理学療法士が関わる医療・福祉施設の見学によって、医療人としてあるべき姿を自ら洞察します。1年次の早い時期から臨床現場に触れることにより、理学療法士としての自覚が生まれ、また、ほかの医療の職種と連携するチーム医療の重要性も認識できます。

閉じる

【千住】東京柔道整復学科

伝統医療から最新技術まで活用できる柔道整復師を養成

本学科は、日本の伝承的医学を基礎として、新しい独自の柔道整復学を活用できる人材の養成を目標としています。
医師以外で唯一、ケガの処置ができる国家資格が柔道整復師。本学科では、柔道整復の基礎から応用までを、西洋医学の知識とともに習得。また、希望に応じてアスレティックトレーナー(AT)資格もめざすことができます。

【授業・講義】
臨床整復セラピー実習

柔道整復師の仕事である骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷についての整復法、固定法や後療法などを、上腕部や前腕部といった部位別に実技実習を行います。講義で学んだ知識の復習を行いつつ、臨床現場で必要な高い技術の修得をめざします。

閉じる

【千住】看護学科

地域社会で生活する人の健康に貢献できる看護師・保健師を養成

本学科では、4年制ならではの専門性の高いカリキュラムで、「生命の尊厳」を尊重できる人間性や倫理観、看護に対する科学的な視点や洞察力を養いながら、チーム医療の一員として活躍できる実践力を習得します。
さらに、高齢社会、国際化社会に対応するための幅広い視野や教養を身に付けるとともに、看護師の国家試験に向けて、万全の対策を進めます。
また、他学部・学科との連携教育が可能な本学の環境を生かし、医療従事者をめざす学生との交流を図ることによって、チーム医療に不可欠なコミュニケーション能力や協調性を養うことができます。

【授業・講義】
基礎看護技術I

看護を具体的に実践するための方法論を学ぶ科目です。看護の対象となる人の健康状態をよりよいものにするための見方や考え方、ケアのための方法を学びます。主体的な学びを通して、「看護とはなにか」を深めていきます。

閉じる

【千住】医療福祉学科

社会的に高まる総合的な福祉のニーズに応え、地域のチーム医療に貢献できる人材を養成

社会福祉の専門知識を学ぶとともに、医療系科目と連携・協働して基礎的な医療知識を修得し、福祉に加えて医療の知識を兼ね備えた社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士などの社会福祉専門職をめざします。「アニマルセラピー」「障がい者スポーツ」「福祉ロボット」などの独自科目をはじめ、地域の児童施設、高齢者施設などと連携し、実習を中心に実践力とチーム医療に必要なコミュニケーション能力を身に付けます。これからの福祉を支える総合力のある福祉スペシャリストを養成します。

【授業・講義】
健康福祉科学概論

福祉施設の職員や障がい者アスリートなど多彩なスピーカーを招き、福祉専門職の仕事や将来の働き方のイメージを確立。

閉じる

【東京西】理学療法学科

「人の痛みがわかる」理学療法士を養成する

外傷や疾病などで、障がいのある人たちの基本的な身体動作機能の回復を助け、日常生活への復帰をサポートする理学療法士。本学科では、専門的で科学的な視点と、人のこころを追求していく姿勢の両面から、社会のニーズに応えられる理学療法士を養成します。
リハビリテーションの臨床現場ではチーム医療の一員として行動することになるため、チームワークの礎を築くことも目標とします。このため、理学療法に必要な知識や技術はもちろんのこと、コミュニケーション能力やカウンセリング技術などにも精通した、高度なスペシャリストをめざす教育を行います。 専任教員は、病院などでの豊富な臨床経験があるのはもちろんのこと、地域や在宅医療の分野、あるいは体力科学や脳・神経科学の研究活動において活躍し、それぞれが専門的領域をもった理学療法士、およびリハビリテーション科、整形外科、神経内科、精神科の医師などで構成されています。

【授業・講義】
スポーツ障害の理学療法

近年は、スポーツ医学の分野でも、理学療法士が重要な役割を果たしています。授業では、各種スポーツの競技特性とスポーツ障害との関係について基本から学ぶだけでなく、実際の理学療法の場面で用いられる評価技術や治療方法について学びます。

閉じる

【東京西】作業療法学科

オーダーメイドのリハビリテーションができる作業療法士の養成

患者さん一人ひとりの状態に応じてリハビリテーションを実施するのが作業療法士。和室やキッチン、浴室なども備えた実習室で、患者さんの生活を想像しながら作業療法についての学びを深めます。

【授業・講義】
子どもの作業療法基礎・応用

障がいのある子どもの支援方法として「自然環境のなかで動物とふれ合う」ことが治療として効果を挙げています。馬と関わるなど実体験を通して学ぶことがこの授業の特色です。聞くだけの授業ではわからなくても、体を動かしてみるとわかる、脳が元気になる授業です。

閉じる

【東京西】柔道整復学科

日本の伝統医療の技術を身に付け、健康管理のパートナーとして活躍する

柔道整復師は、「骨折・脱臼・捻挫・打撲・筋腱軟部組織損傷」などの外傷に対して投薬や外科手術を行わずに回復させるための施術を行う専門職。現在、スポーツ現場におけるトレーナー活動や介護・福祉分野など、その活動範囲はますます拡大されてきている状況です。また、整骨院や整形外科の勤務を経て経験を積み、独立開業する道も開けています。
本学科では現代の柔道整復師が求められるさまざまな社会的ニーズに応えるべく、伝統的な柔道整復術を忠実に伝承しつつ、西洋医学を基礎分野や応用分野に生かした教育を実施。基礎と応用、理論と実習をバランスよく配分し、卒業後に即戦力となるような実践力の高い柔道整復師を養成します。

【授業・講義】
徒手療法

柔道整復師にとって徒手療法は、物理療法や運動療法とともに、後療法において重要な役割をもつ療法。手で触れて治す「手当て」の原点を見つめ直し、その意義を学ぶ授業です。

閉じる

アドミッションポリシー

医療福祉学科

医療福祉学科では、人間とその生活環境としての社会、そして両者の交互作用を全体的に捉えながら、「質の高い生活と社会」の実現に向けて貢献できる人材の育成を目指します。子どもから高齢者まですべての人が、生活の質を高め、より幸せな生活が送れるよう支援を行うことを業とする社会福祉の専門職(社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士)は、支援を必要としている一人ひとりに寄り添うことから、社会の制度を変えていく働きかけまで幅広い活動を行っています。
そのため、社会と人に関心を持ち、何事にも積極的に取り組む姿勢、豊かな創造性ある次のような人を求めます。
1.人の話を聞くことができること
2.人の痛みを理解し共感できること
3.創意工夫ができること
4.他者と協働して何かを成し遂げた経験があること
5.基本的な生活習慣が確立し、道徳的実践力を備えていること
6.部活動や生徒会活動での指導的な役割や地域社会でのボランティア活動の経験があること

閉じる

東京理学療法学科、東京柔道整復学科、看護学科

●東京理学療法学科
21世紀のリハビリテーション医療では、障害された機能の回復を目指すのは当然のことながら、身体的・精神的・社会的な諸問題の予防、豊かな人生を送るための援助などが行われています。
これらに対応できる理学療法士には、基礎学力と学問研究に対する意欲、知的好奇心と旺盛な向上心、優れた治療技術は言うまでもなく、人を思いやる気持ちが求められます。
本学科では、何事にも積極的に取り組む姿勢と豊かな創造性を持ち、リハビリテーション医療の実践の場で活躍できるような潜在能力を持った受験者の選抜を行います。医療に携わる分野の特殊性から、広く科学と生命に対する興味と基礎的な知識を持つことのできる人を求めます。なお、リハビリテーション医療分野でのボランティア活動の経験が望まれ、また、数学、物理学、生物学を学習しておくことが望まれます。

●東京柔道整復学科
柔道整復は、日本文化の長い歴史の中で育まれた世界に誇れる伝承医学である。急性外傷である骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷の施術領域は、その専門性について社会的信頼は厚く、WHOの伝統医学分野で認知されています。スポーツ外傷等の分野における柔道整復の知識や技術を修得するのみならず、幅広く健康の回復と維持に貢献する医療分野です。
本学科では現代の予防医学を背景に、外傷施術を科学する探求心を養い、地域医療に役立つ個性豊かな人材を育成することを目標としており、次のような人を求めます。
1.基礎医学の学習に必要な基礎学力(物理、生物、化学)を備え、知識や技能の吸収に積極的な人
2.生命の尊厳を考え、重んじることができる人
3.社会の一員であることを自覚し、協調性を持ちながら自主的に活動ができる人
4.創意工夫の努力ができる人
5.柔道整復について強い関心を持つ人

●看護学科
看護学科は、生命と個人の尊厳を深く学び、高い倫理観を持ち、国際的視野に立った幅広い教養と人間性が豊かで、科学的思考に基づいた専門知識と技術を身につけ、看護学の発展や地域社会の人々の健康に貢献できる看護専門職の養成を目的としています。
そのため、次のような資質・能力を持つ人の入学を希望します。
1.生命に対して深い畏敬の念を持ち、高い倫理観が持てる人
2.地域社会や人間に対して関心を持ち続けられる人
3.多様な価値観を持つ人々との関係性を築くことができる柔軟性が持てる人
4.看護学に必要な基礎学力(国語、英語、生物、数学など)を備え、研鑽し続けられる人
5.課外活動やボランティア活動などに主体的に参加できる人

閉じる

理学療法学科、作業療法学科、柔道整復学科

●理学療法学科
21世紀のリハビリテーション医療は、障害された機能の回復を目指すのはもちろんのこと、身体的・精神的・社会的な諸問題を予防し、一人ひとりが豊かな人生を送るための援助をするなど、幅広い分野の活動が対象となります。このため、これからの理学療法士により求められるのは、基礎学力、学問研究に対する意欲、旺盛な好奇心、豊かな感性、そして何よりも『人を思いやる気持ち』です。
本学科の学生には、おおよそ次のような資質を備えることが望まれ、これを実践できる人を求めます。
1.医療・保健・福祉に対する深い関心があること
2.特に理学療法に興味を持ち、将来はその専門分野における実践・指導に携わることを決意していること
3.素直で明るい人格を有し、優れたコミュニケーション能力や社会人としてのマナーを備えていること
4.病者・弱者に対する共感と、適切な倫理観を持つこと

●作業療法学科
作業療法学科では、「人類の将来を正しく見据え、生命の尊厳を深く学び、自然と人間の共生に貢献できる人材を育成し、持続可能な社会の発展に寄与する。」という建学の精神に基づき、医療、福祉、保健、教育の分野において幅広く活躍し、医療人として誇りを持ち、常に高い専門性を身につけ、社会に還元できる作業療法専門職の養成を目的としています。
そのため、作業療法士になろうとする強い意志を有し、他者の言葉に耳を傾け、自ら積極的に行動し、日常生活を科学する意欲を持つ、次のような経験や知識を有する人を求めます。
1.社会貢献などボランティアの経験を有すること
2.部活やサークル、趣味など、継続した活動の経験を有すること
3.国語、数学、理科、英語、社会などにおいて幅広い基礎学力を有すること

●柔道整復学科
柔道整復学科では、次の人材を育成することを目的とし、強い意志を持って実践できる人を求めます。
1.生命に対する深い畏敬の念を持てる方
2.医療人として、人に対する慈しみの心を持てる方
3.柔道整復に対して強い関心を持ち、将来にわたって社会貢献をしていきたい方
4.明確な目標を持って勉学と実習に取り組む向上心のある方
5.生涯にわたって学び続ける向学心と人間形成に努める謙虚な姿勢を持てる方

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】
〈千住キャンパス〉
 東京都足立区千住桜木2-2-1
〈東京西キャンパス〉
 山梨県上野原市八ッ沢2525
【フリーダイヤル】0120-248-089
 【URL】http://www.ntu.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ