ぎふじょし

岐阜女子大学

私立大学 岐阜県

岐阜女子大学/文化創造学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

文化創造学科/初等教育学専攻/子ども発達専修
※初等教育学専攻の定員50名、保育士養成課程(子ども発達専修)の入学枠は40名
文化創造学科/初等教育学専攻/学校教育専修
※初等教育学専攻の定員50名、保育士養成課程(子ども発達専修)の入学枠は40名
文化創造学科/文化創造学専攻/書道専修 観光専修(60名)
文化創造学科/デジタルアーカイブ専攻(50名)

所在地

1~4年:岐阜

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●主専門・副専門システムで学びの幅を広げる
●保育士、幼稚園・小学校・中学校・高等学校の複数の教員免許状取得をめざす
●これからの図書館司書に求められる「デジタル化への対応」

「子ども発達専修」と「学校教育専修」からなる「初等教育学専攻」と、「書道専修」と「観光専修」からなる「文化創造学専攻」、さらに図書館司書、博物館学芸員、デジタルアーキビストの資格が取得できる「デジタルアーカイブ専攻」を設置しています。

【学生数】381人(2021年5月1日現在)
【専任教員数】49人(2021年5月1日現在)
【大学院】文化創造学研究科/初等教育学専攻、文化創造学専攻

文化創造学科/初等教育学専攻/子ども発達専修※初等教育学専攻の定員50名、保育士養成課程(子ども発達専修)の入学枠は40名

講義・学問分野

幼児と人間関係、幼児と環境、幼児と言葉、遊びと文化、図画工作実習、保育者論、教育心理学、保育の心理学、子どもの理解と援助、子育て支援、子ども家庭福祉、保育の計画と評価、乳児保育、子どもの家庭支援の心理学、子ども健康と安全、子どもの食と栄養、発達心理学、児童英語教育演習、読書と豊かな人間性 など

閉じる

文化創造学科/初等教育学専攻/学校教育専修※初等教育学専攻の定員50名、保育士養成課程(子ども発達専修)の入学枠は40名

講義・学問分野

初等教科教育法(各教科)、教育制度、教育心理学、特別支援教育、道徳教育の理論と方法、教育の方法・技術、生徒指導論、教育相談、コミュニケーション論、発達文化、幼児理解、小学校教育実習、幼稚園教育実習、教材リサーチ、学習評価、教材開発実践、情報メディアの活用 など

閉じる

文化創造学科/文化創造学専攻/書道専修 観光専修

講義・学問分野

書写書道の基礎、書写教育(初等・中等)、楷書法、行書法、草書法、篆書法、隷書法、仮名書法、漢字仮名交じり文書法、篆刻、デザイン書道、実用書道、水墨画、書道科教育法、音声学、日本語教材論、国文学概論、古典文学研究、創作指導研究、近代文芸作品研究、現代文芸作品研究、漢籍古典研究 など
観光ホスピタリティ演習、観光まちづくり論、インバウンド概論、地域文化資源論、テーマパーク演習、ホテルマネージメント、観光地理、旅行業務管理論、英語の音声、英語学概論、リーディングズ、翻訳入門、作家作品研究、イングリッシュ・エクスプレッション、アカデミック・ライティング、英語科教育法、児童英語教育演習 など

閉じる

文化創造学科/デジタルアーカイブ専攻

講義・学問分野

図書館概論、図書館情報技術論、図書館サービス概論、図書館施設論、学校図書館メディアの構成、図書館活動演習、デジタルアーカイブ文化論、情報システム、情報と管理と流通、ネットワークと情報表現、プログラミン実習、古文書読解演習、バーチャルミュージアム、博物館資料論、博物館展示論 など

閉じる

学部の特色

主専門・副専門システムで学びの幅を広げる

本学部では、3専攻・4専修(初等教育学専攻[子ども発達専修、学校教育専修]、文化創造学専攻[書道専修、観光専修]、デジタルアーカイブ専攻)の各専攻・専修から1つを「主専門」に選んだ後、興味深い科目がある他専攻・専修を「副専門」として組み合わせて学ぶことができます。主専門に副専門の知識や技術をプラスすることにより、複数の教員免許状や教職以外の資格取得もめざすことができ、就職の幅が広がります。

閉じる

全ての専攻・専修で教員をめざすことが可能

保育士、幼稚園・小学校・中学校・高等学校の複数の教員免許状取得をめざす

保育士、幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状(英語・国語)、高等学校教諭一種免許状(英語・国語・書道・情報)の教職課程が整っている本学部では、進路に合わせた複数の教員免許状を取得し、子どもの長期的な発達の理解や、「幼保一体化」「幼小連携」「小中連携」など、教育の現代的な課題に対応できる力を養います。

閉じる

専用スキャナを用いてデジタル化する作業

これからの図書館司書に求められる「デジタル化への対応」

デジタルアーカイブ専攻では、(1)所蔵している資料をデジタル化する能力。(2)最初からデジタルで作成される資料を収集する能力。(3)デジタル化された資料を利用者に提供する能力。(4)地域の文化財などの情報をデジタル発信する能力。など、これからの図書館司書に求められるデジタルアーカイブの能力も身に付けます。

閉じる

学べること

実際のクラスに入って運動や絵本の読み聞かせをする

文化創造学科/初等教育学専攻/子ども発達専修

一人ひとりの子どもに適応できる保育者をめざす

豊かな心を育む乳幼児期の保育・教育ができる高い専門性を身に付けます。さらに体験学習を多様に取入れ、乳幼児の感性を引き出す創造力・表現力を高め「子ども・子育て」の新しいニーズにも対応できる実践力を養います。
★2021年度保育士、幼稚園教諭+小学校教諭免許状の取得者70%

【授業・講義】
保育園の親子活動に参加する「保育・幼稚園実践演習」

発達段階に合わせた読み聞かせやおもちゃづくりの技能を活かし「親子が一緒に楽しめるものを!」を合言葉に、企画・準備から当日の進行まですべて学生が行います。親子とともに遊びながら、子どもの発達や親の思いを見て取り、保護者に寄り添う接し方も体得しています。

閉じる

1年次から学校体験学習や実習を重ね実践力を養う

文化創造学科/初等教育学専攻/学校教育専修

児童・生徒一人ひとりに、そして教育現場の課題に対応できる教員をめざす

幼稚園から高校生までの子どもの長期的な発達を理解し、「教師の専門性を高めていくこと」と「多様な児童に対応できること」を目標に学びます。1年次から教育理論の修得と学校体験学習を重ね、幼稚園から小学校・中学校・高等学校まで複数の教員免許状の取得が可能です。
★2021年度小学校、中学校の教諭免許状の取得者93%

【授業・講義】
ドローンの操縦法やプログラミング教育を学ぶ「初等教科教育法(理科)」

生活のデジタル化に伴い、教育現場では未来の学び=プログラミング教育が必須になります。ドローンを用いて季節ごとの樹木を上空から撮影し、小学校理科教材を作成したり、プログラミング教育について学びます。

閉じる

入学式の大字パフォーマンス

文化創造学科/文化創造学専攻/書道専修 観光専修

「書道専修」「観光専修」の2分野で、専門的かつ実践的な力を養う

<書道専修>
実習を中心とする授業で、文字・篆刻(てんこく)・水墨画など書道の全分野の専門技術を修得。主専門・副専門システムを利用することで、書道の高等学校教員、国語の中学・高等学校教員だけでなく、幼稚園・小学校・中学校でも書道・書写教育のできる教員を養成します。

<観光専修>
◇観光を通して地域に貢献できる地方公務員になる
旅行業務取扱管理者の資格や文化財保護、著作権などに関するデジタルアーカイブの知識やDX技術を身に付けます。地域観光資源の情報発信に必要なコンテンツ作成、ドローンによる空撮、VRやARなどの技術を学び、卒業後は地域に貢献できる公務員をめざします。

◇外国人と共存する、日本社会に貢献する
少子高齢化の日本を支える人材として「外国人労働者(在留外国人)」が注目されています。日本で働く外国人が増える一方、言語の壁、生活の不一致などトラブルや悩みを抱えている人は多いです。観光専修では、外国人の雇用を守るために必要な労働関係法や出入国管理について学びます。

◇日本文化を外国語で伝え、教える
外国語で日本の文化や歴史、地域資源について発信できる人材をめざします。中学・高校英語科教員免許だけでなく、観光に関する資格や教材開発に関する技術を取得し、地域文化教育に貢献できる人材をめざします。

【授業・講義】
本場の技術を基礎から学ぶ「水墨画・篆刻」(書道専修)

書道専修では、中国美術学院の教授が「水墨画」と「篆刻」を担当。伝統的な技術を基礎から学びます。
観光専修では、「観光ホスピタリティ演習」を開講。大学での授業だけでなく、実際にホテルでの実習を体験することで、これからのホテル運営にとって必要な組織、運営、営業、そしてホテル業務の楽しさや厳しさを学びます。

閉じる

読みたいと思ってもらえるようなテーマ展示を行う

文化創造学科/デジタルアーカイブ専攻

デジタル化への対応で、社会に求められる図書館司書をめざす

多くの職種の方が、デジタル・アーキビスト資格を取得しています。企業はもちろん、図書館、博物館でも同様です。デジタルアーキビストは図書館司書や博物館学芸員をめざすには欠かせない資格で、本学は3つの資格がすべて取得できる数少ない大学の1つです。さらにWebデザイン、動画作成など、これからの時代に必要なデジタルスキルを身に付けることができるので公務員や一般企業への就職にも有利です。

◇図書館司書
今、図書館そのものが社会の変化によって大きく変わろうとしています。デジタル化による地域資料の保存と活用は、図書館の主要な業務になりつつあります。岐阜女子大学で、図書館司書とデジタル・アーキビストの学修をすることにより、図書館資料をデジタルアーカイブ化する能力を持つ新しい時代の図書館司書として活躍ができます。

◇博物館学芸員
現代の博物館で必要なデジタルアーカイブに関する企画・開発・運用ができる知識と技術を修得します。博物館学芸員とデジタル・アーキビストの資格を取得することで、実物資料だけでなく、デジタル資料の取り扱いと、展示やウェブサイトでの活用ができる博物館学芸員として活躍ができます。

◇デジタルアーキビスト
地域や学校・企業が持っている文化資源・教育資料・知的財産や社史をデジタル化して管理・保存するデジタルアーカイブ。写真や動画の撮影や編集、著作権処理、ビデオやホームページの作り方など、デジタル情報の蓄積から発信方法までを学び、デジタルアーカイブ制作のスペシャリストを養成します。

【授業・講義】
図書館でのテーマ展示などを体験する「図書館活動演習」

図書館活動演習では、実際に大学内図書館にて実習を行います。ジャケット貼りや返却本の排架、書架整理などを経験し実務に不可欠な知識や心構えについて学びます。図書館内でのコーナーテーマ展示やポップ作成も行います。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】岐阜市太郎丸80
入試室
(058)229-2211(代)
【フリーダイヤル】0120-661184(入試室直通)
 【URL】https://www.gijodai.jp/trait/cultual-creation.html

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ