ちゅうぶがくいん

中部学院大学

私立大学 岐阜県

看護リハビリテーション学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

理学療法学科(60名)
看護学科(80名)

所在地

1~4年:岐阜

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●幅広い理学療法分野の全てを学ぶことで、身に付く臨床力
●チーム医療を担う「看護師」「保健師」の養成
●実績ある国家試験対策& 就職支援

「理学療法学科」「看護学科」を設置。「医療」にとどまらず、幅広い臨床分野に精通したカリキュラムで時代をリードしています。

【キャンパス】関キャンパス
【学生数】545人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】47人(2017年5月1日現在)

理学療法学科

講義・学問分野

運動学、体表解剖学・実習、筋力トレーニング論、小児発達系理学療法学、認知運動療法概論、老人生活系理学療法学、解剖学、整形外科医療学、内科系医療学、スポーツ医学、福祉機器入門 など

閉じる

看護学科

講義・学問分野

社会福祉学概論、病理学、公衆衛生看護学概論、医学概論、リハビリテーション論、臨床栄養学、看護学概論、公衆衛生看護技術論 など

閉じる

学部の特色

「基礎力」と「臨床力」が身に付くカリキュラム体制

幅広い理学療法分野の全てを学ぶことで、身に付く臨床力

理学療法学科では、子どもから高齢者まで、脳血管障害から骨折・関節障害、スポーツ障害まで、あらゆる分野で専門性の高い理学療法の知識や技術が求められる時代になってきました。本学では、幅広い理学療法の世界に対応し、それぞれの領域全てを学びながら、卒業時には自分に合った専門分野が選べるカリキュラムを組んでいます。また、その道のエキスパートとして実践経験豊かな専任教授陣を配置しています。少人数グループのゼミや課外活動を通じて、先生とコミュニケーションをとりながら学びを深められるのも、本学科の特徴です。

しっかりと身に付く積み上げ式のカリキュラム
まず、基礎医学や臨床医学などの専門基礎科目を学びます。つぎに、「評価学」を学びます。「評価」とは、検査・測定を行い、障害の原因を分析し、治療プログラムを作成することです。そのうえで、理学療法の理論と技術を学び、実践さながらの学内での実習、それをふまえて学外での病院実習へと進みます。理学療法学科では理学療法を各分野の全てにおいて、基礎、評価・理論、実習の学びの積み重ねができます。

閉じる

「生きる」を支える、看護師、保健師を養成

チーム医療を担う「看護師」「保健師」の養成

看護学科では、福祉系総合大学としての強みを生かし、包括的に保健・医療・福祉を学ぶことができます。本学の関キャンパスに結集された理学療法学科や人間福祉学科と密接に連携を図ることで、これまで培ってきた医療・福祉教育を基盤とする「チーム医療」への理解を深めることができます。本学ならではの学生に寄り添った指導で、保健・医療・福祉の場面で活躍し、チーム医療の担い手となる看護師・保健師を養成します。

岐阜県、愛知県のさまざまな病院・施設・保育所などで看護を学ぶ
実習先は岐阜県内や愛知県内の基幹病院を中心に、福祉施設や保育所、小中学校など80か所以上を用意。高度な医療現場を有し、地域医療へも精通する総合病院、救急医療を推進する病院などさまざまな役割を担う実習先で看護経験を得ます。また大学周辺に多くの実習先を確保し、大学、実習先、住居との位置関係にも配慮された効率的な学修環境を実現。高度で多様な医療現場、地域に根差した保健医療などの経験を豊富に得ることができます。

【主な実習契約病院など(抜粋)】
岐阜大学医学部附属病院、岐阜市民病院、岐阜県総合医療センター、長良医療センター、江南厚生病院、中濃厚生病院、各務原リハビリテーション病院、東海中央病院、岩砂マタニティ、高山赤十字病院 など

閉じる

学生一人ひとりの志を大切にしたサポート

実績ある国家試験対策& 就職支援

両学科共に国家試験合格率100%をめざし、1年次から計画的な国家試験対策が組まれます。「慌てず・焦らず・諦めず」をスローガンに、グループ・個別学習など、情報を共有しながら、一丸となって試験に備えます。就職においても、80か所以上の実習提携先や、本学のサポート体制を強みに、ガイダンス、教職員による面談や情報の収集と提供が展開され、学生一人ひとりの志や想いを実現します。

理学療法学科
就職率100%
2017年3月実績、就職者数÷就職希望者数
国家試験合格率100%
2016年度実績、理学療法士合格率
(全国平均90.3%)

閉じる

学べること

理学療法学科

医療、スポーツなどの臨床分野に対応する理学療法士をめざす

1年次、2年次は教養科目、基礎医学、臨床医学を中心に学びます。2年次後半からは理学療法学の各論を学び、4年次には病院などでの臨床実験を行います。2年次後期から3年次の1年半をかけて、体系的な実践指導をしています。特に「評価学」では、障害の原因を検査・測定しながら分析して治療プログラムを作成するという、まさに実践さながらに学びます。ほかでは見られない、本学ならではのカリキュラムです。

【授業・講義】
機能解剖学的に触診する技術を身に付ける「体表解剖学実習」

けがなどで運動機能に障害を来している身体の部分、特に関節の動きや筋肉の動きに注目し、運動能力を回復させるためにリハビリを行います。時には装具などを利用して、運動機能の補助を試みることもあります。本実習では、それぞれの筋肉の作用とともにその機能的役割を理解したうえで、両手両足の全ての筋肉において機能解剖学的に触診する技術を身に付けます。

閉じる

経験豊かな教員が今必要な看護実践を指導

看護学科

グローバル化に対応できる高度な看護実践能力を身に付ける

専門的な知識や高度な看護実践能力の修得に加え、コミュニケーション能力や倫理観を養う人間教育へも力を注ぎます。さらにはそれぞれの看護テーマに沿ったグループ討論やプレゼンテーションを行う、双方向的な学習(アクティブ・ラーニング)も実施。恵まれた環境の中で、将来医療現場の要となる資質を育みます。

【授業・講義】
他職種との連携とチームケアについて学ぶ「チーム医療論」

看護の支援方法として多職種との連携・協働のあり方とチームケアについて実践的に学ぶ科目です。本学の教育課程である福祉(社会福祉・介護)、保健(理学療法)と医療(看護)の各分野の実践方法や、その活動における「連携」の現状と手法を理解します。本科目はオムニバス形式で行われる授業で、看護学科の担当教員が「連携」について指導するほか、人間福祉学科の担当教員が社会福祉や介護を、また、理学療法学科の担当教員が理学療法について指導します。

閉じる

アドミッションポリシー

●理学療法学科のアドミッションポリシー

理学療法における幅広い教養と深い専門知識、技術を修得した医療技術者をめざす人材を募集

1.人を人として尊重し、協調性および倫理観のある人。
2.さまざまな臨床での活躍をめざし、初志貫徹する強い忍耐力と高い志を持った人。
3.知識や技能を常に研き、吸収しようとする向上心のある人。

閉じる

●看護学科のアドミッションポリシー

保健・医療・福祉の総合的な視野を持ち、チーム医療の一員として、全ての人々の健康の保持・増進ならびに生活の質を考慮した看護が行える能力と諸問題を解決する知識、技術を修得

1.いのちを尊ぶ心を備えた人。
2.人と関わることが好きな人。
3.学びを深め、実践を楽しめる人。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】岐阜県関市桐ヶ丘2-1
入試広報課
(0575)24-2213(直)
 【URL】http://www.chubu-gu.ac.jp/university/physicaltherapy/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ