だいどう

大同大学

私立大学 愛知県

情報学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

情報システム学科/コンピュータサイエンス専攻(60名)
情報システム学科/情報ネットワーク専攻(60名)
情報デザイン学科/メディアデザイン専攻(75名)
情報デザイン学科/プロダクトデザイン専攻(35名)
総合情報学科/経営情報専攻(75名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●5つの切り口から情報にアプローチ
●プロ仕様の機器と設備を導入
●新たな学びのカタチ「Xクロスラーニング」

情報システム学科と情報デザイン学科、総合情報学科の3学科を設置し、ものづくりを生かす情報技術と、情報技術を生かす知識と感性を修得。さまざまな情報技術に対応できる人材の育成をめざします。

【学生数】1,347人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】27人(2017年5月1日現在)
【大学院】情報学研究科(修士課程)

情報システム学科/コンピュータサイエンス専攻

講義・学問分野

情報概論、情報処理基礎、コンピュータハードウェア基礎、プログラミング、情報演習、オペレーティングシステム、電気回路、コンピュータアーキテクチャ、アルゴリズムとデータ構造、コンピュータセンシング、人工知能 など

閉じる

情報システム学科/情報ネットワーク専攻

講義・学問分野

情報処理基礎、プログラミング、情報演習、情報ネットワーク、ネットワークプログラミング、ディジタル信号処理、マルチメディアソフトウェア、音声画像処理、組込システムプログラミング、ソフトウェア工学、リアルタイムシステム など

閉じる

情報デザイン学科/メディアデザイン専攻

講義・学問分野

基礎デザイン論、自己表現、コンピュータデザイン実習、プログラミング、造形デザイン演習、映像デザイン基礎、コミュニケーションデザイン論、メディアクリエイティブ演習、メディアコミュニケーション論、視覚情報デザイン実習、クリエイティブプランニング、マーケティングプランニング など

閉じる

情報デザイン学科/プロダクトデザイン専攻

講義・学問分野

基礎デザイン論、コンピュータデザイン実習、プロダクトデザイン論、プログラミング、CAD実習、材料と加工法論、CGプログラミング、空間デザイン論、製品デザイン実習、ビジネスコンピューティング、メディアワークプロジェクト、応用CADデザイン実習 など

閉じる

総合情報学科/経営情報専攻

講義・学問分野

経済学入門、入門簿記、社会と企業、キャリア開発、簿記原理、スポーツマネジメント、スポーツライフマネジメント、工業簿記、企業経営戦略論、経営分析、ベンチャービジネス論、中小企業論、物流論、金融と財務 など

閉じる

学部の特色

さまざまな実験・実習を通して高度な情報技術を身に付ける

5つの切り口から情報にアプローチ

ますます高度化、複雑化が進む「情報」に対して、ハードを中心とする「コンピュータサイエンス専攻」、ソフトを中心とする「情報ネットワーク専攻」、現代のメディアを創造する「メディアデザイン専攻」、工学部のある大学だからこそできる機能性をふまえた造形デザインの力を養う「プロダクトデザイン専攻」、経営学全般を幅広く学び事務系総合職をめざす人材を育成する「経営情報専攻」という5つの切り口からアプローチ。コンピュータ、ネットワーク、メディア、プロダクトデザイン、経営というそれぞれの視点から、情報技術の“ものづくり”を学び、情報技術を利用した“ものづくり”を学びます。本学部では、高度な情報技術を身に付け、将来多方面で活躍できる技術者を育てます。

閉じる

プロ仕様の設備・機材を活用し、実践力を身に付ける

プロ仕様の機器と設備を導入

学生一人ひとりの興味や目標を優先した教育の個別化を導入しています。各分野の第一線で活躍するクリエイターや経験豊富な研究者を教員スタッフとして招き、プロ仕様の機器と設備を整え、最適な環境で学ぶことができます。

閉じる

学科・専攻にとらわれず新たな教育・研究を実現

新たな学びのカタチ「Xクロスラーニング」

本学では、2012年春から産学連携プロジェクトとして「Xクロスラーニング」を推進しています。学年、学科・専攻の垣根を超えて、先進的メーカーなどと共同研究を実施。それぞれの学科・専攻の力を結集し、企業と連携して画期的な商品開発をめざす新たな教育・研究のカタチです。
2012年4月に、本学とマウンテック社との間でスタートしたプロジェクトでは、工学部建築学科建築専攻とインテリアデザイン専攻、情報学部情報デザイン学科プロダクトデザイン専攻の学生が集結。従来にない構造・形状の蚊やりブタ「IRON Kayari(アイアン蚊やり)」を開発し、商品として発売することができました。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

模擬体験を通して実用的な知識・技術を修得

情報システム学科/コンピュータサイエンス専攻

“ものづくり”の現場でも活躍できるコンピュータエンジニアをめざす

原理を理解し、理論と応用の両面からコンピュータを体系的に学びます。理論と技術を身に付け、“ものづくり”の現場でもオフィスでも活躍するコンピュータエンジニア、ハードウェアとソフトウェアを自在に操る、情報分野におけるコンピュータサイエンスのエキスパートを育成します。

【授業・講義】
スマホから飛行機まで、あらゆる機器の心臓部に関する知識を修得する「組込システムプログラミング」

スマートフォンやデジタルカメラ、電子レンジや冷蔵庫などの家電製品、車や飛行機など大型のものまで、組込システムが使用されていない機器はほとんどないという社会的ニーズの高い分野です。組込システムは、マイコンと呼ばれる集積回路のこと。超小型コンピュータの理論を理解し、知識を得て、マイコンを使いこなすためのハードウェア・ソフトウェアについて学習。座学を中心に、簡単なシミュレータを使った実習も行い、模擬体験を通して実用的な知識・技術を修得します。

閉じる

自らの手でネットワークの構築をめざす

情報システム学科/情報ネットワーク専攻

実践に強いネットワークエンジニアを養成

めまぐるしく進歩し続ける情報ネットワーク技術は、現代社会を支える最先端の技術分野であり、ネットワークエンジニアの活躍の場はますます広がっています。本専攻では、コンピュータの基本的な知識を体系的にマスターしたうえで、ネットワーク構築技術を理論と実習・演習を通じて修得。企業から期待される、実践に強いネットワークエンジニアを育成します。

【授業・講義】
複雑な情報ネットワークを自らの手で構築する「情報演習D」

実際のネットワーク機器を使って、情報ネットワークをデザイン、セッティングし、利用できる状態にする演習です。複雑なネットワークについて、教科書や講義だけではなく、実際に手を動かすことにより学びます。正しくデザインしないとネットワークは動かないこと、セッティングが間違っていてもやはりネットワークは動かないということを体験。教員による作業に合わせたコメントや、レポートへの講評などを通して、理解を深めていきます。また、Windows以外にもLinuxのネットワーク設定の演習も行い、本質的な理解も進めます。

閉じる

撮影・編集・音入れを体験し自分の映像作品を作る

情報デザイン学科/メディアデザイン専攻

メディアの最先端で活躍する情報クリエイターをめざす

コンピュータプログラミングからWeb・グラフィックデザイン、CG、アニメーション、映像、コンピュータサウンドなど、さまざまなメディアの情報コンテンツを制作するための理論と表現技術を修得。現場を知り尽くした教員と共にプロ並みの創作環境の中で学び、メディアの最先端で活躍するプロの情報クリエイターに必要な姿勢を身に付けます。

【授業・講義】
ビジュアル表現だけの情報伝達をめざす「視覚情報デザイン実習B」

言葉を使わずビジュアル表現だけで、いかに情報を伝達することができるのかを経験します。たとえば、同じ名称で同じ形の缶に入っているさまざまな飲料の特徴をネーミングやロゴタイプ、ビジュアルデザインだけ理解できるように表現することを学びます。実際にネーミングの作成や、そのロゴデザイン化、また色彩やイメージで特徴を表現する手法を学びます。

閉じる

身に付けたスキルを駆使し、木製スプーンをデザイン

情報デザイン学科/プロダクトデザイン専攻

創造的な学びによりプロダクトデザインを学ぶ

造形デザインとともに、工学と情報技術を学びます。学生一人ひとりの個性や能力、目標を大切にしながら、現場の最前線で活躍するプロフェッショナル、産業界が求める実践的なプロダクトデザイナーをめざします。

【授業・講義】
高度なデザイン課題に挑戦する「研究デザイン実習3」

調査・分析、コンセプト立案、アイデア発想、図面作成、モデル制作、プレゼンテーション資料作成、プレゼンテーションといったプロセスを、課題ごとの特質に合わせて実行できるスキルを身につけます。乗り物、食器、幼児用玩具、木工家具、ストリートファニチャーなどの広範な分野での課題が選択できます。

閉じる

異文化に触れ、英語を使いこなす能力を磨く

総合情報学科/経営情報専攻

情報コミュニケーション技術(ICT)をベースに経営学全般を幅広く学ぶ

本専攻では、情報コミュニケーション技術(ICT)をベースに経営学全般を幅広く学びます。グローバル化、多様化している社会状況に即応することをめざし、新たに国際分野、環境分野、流通分野まで学びの領域を広げます。また、ビジネスパーソンに求められているコミュニケーション力の育成として、チーム編成による課題設定・解決やプレゼンテーション手法も学びます。さらに海外研修を通して、語学力・異文化コミュニケーション力が自然に高められるカリキュラムも特長の一つです。中部地域の事務系総合職をめざす人に最適な専攻です。

【授業・講義】
異文化に出会い、多様な人々と接しながら、英語を使いこなす能力を磨く「海外事情1・2」

グローバル化が進む中、英語が使いこなせる人材を企業は求めています。「海外事情1」では、2年次の夏休みにアメリカ・オレゴン州立大学で約4週間の短期留学を経験。英語だけでなくアメリカの文化や歴史も学び、小旅行や世界各国の学生と交流も実施することにより、英語でのコミュニケーション能力の飛躍的な向上や、異文化理解を促進させます。さらに自主性や積極性を身に付けることにより、将来の方向性を発見することもできます。「海外事情2」では、2年次の春休みの約2週間を利用し、アジア地域へ留学。現地の学生とともに、企業を訪問する機会も設けています。

閉じる

アドミッションポリシー

それぞれの学科・専攻の入学者受け入れ方針

●情報システム学科 コンピュータサイエンス専攻/情報ネットワーク専攻
(1)将来、コンピュータやネットワークの技術者として社会に貢献したいと考える人
(2)コンピュータやネットワークの技術に興味をもち、勉学への熱意をもつ人
(3)コンピュータを動作させるプログラムに興味をもち、その習得に積極的な人
(4)基礎的な数学の能力をもち、物事を理論的に説明でき、問題を解決できる人

●情報デザイン学科 メディアデザイン専攻
(1)意欲的に情報処理の技術を身につける人
(2)創造的なグラフィックデザイン、映像、音楽、WEBデザインに興味や関心のある人
(3)理解力および実践力の向上を図り、社会に役立つことを目指す人
(4)コンピュータのソフトウェアのしくみとプログラミング技術に興味や関心のある人
(5)メディア、コミュニケーション、デザイン、社会について学術的な理解を深めたい人

●情報デザイン学科 プロダクトデザイン専攻
(1)身の回りにある、さまざまな物に興味や関心を持ち、デザインが好きな人
(2)いろいろな材質を調べ、その持ち味を活かした物つくりに興味のある人
(3)CAD や3D プリンターといった最先端 ICT 機器に関心があり、操作に興味のある人
(4)新たな課題に対して自分なりに創意工夫をして作り上げることが好きな人

●総合情報学科 経営情報専攻
(1)幅広い教養と専門知識を実践に活かし、企業社会の中で自ら主体的に問題解決を行い経営の現場で活躍できる人
(2)専門知識と経験を活かし、全社的な観点から優れたマネジメントを行う経営者となりえる人
(3)専門知識やマネジメント能力を、地域活性化などあらゆる社会活動の面で役立てようとする人
(4)活躍の場を広く求めコミュニケーション能力の向上に積極的に取り組む人
(5)企業経営活動において、指導力・統率力を発揮し、ビジネス・リーダーになれる人
(6)未知の領域に挑戦する勇気のある人
(7)社会へ貢献することを自分の喜びとして行動できる人

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市南区滝春町10-3
入試・広報室
(052)612-6117(直)
【フリーダイヤル】0120-461-115
 【URL】https://www.daido-it.ac.jp/gakubugakka/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ