だいどう

大同大学

私立大学 愛知県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械工学科(120名)
機械システム工学科(110名)
電気電子工学科(90名)
建築学科/建築専攻(70名)
建築学科/インテリアデザイン専攻(30名)
建築学科/土木・環境専攻(45名)
建築学科/かおりデザイン専攻(20名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●産業界との深い連携による、最先端の“ものづくり力”
●産業界との太いパイプを活用
●臭気判定士に毎年、多くの学生が3年生で合格!

本学部の工学教育は、産業界との深い連携の中で進化し続けています。“ものづくり”の現場で求められる力を身に付けた人材を社会へ送り出しています。

【学生数】2,137人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】39人(2017年5月1日現在)
【大学院】工学研究科(修士課程/博士後期課程)

機械工学科

講義・学問分野

化学、機械数学、機械セミナ、加工学基礎、力学、工業力学、基礎機械製図、機械製作実習、基礎工学実験、機械力学基礎、要素・機構設計学、材料力学基礎、熱力学基礎、流体力学基礎、CAD演習、機械工学実験、機械創造工学セミナ、航空宇宙工学 など

閉じる

機械システム工学科

講義・学問分野

工業数学、機械製図、工業力学、熱力学、創造製作実習、機械力学、自動車工学、メカトロニクス実習、システム制御工学、電気・電子工学、プログラミング、材料力学、ロボットプログラミング、機械工学実験、センサ・アクチュエータ工学 など

閉じる

電気電子工学科

講義・学問分野

電気電子入門セミナ、電気回路理論、プログラミング、電気磁気学、電子回路、電気電子計測、ディジタル回路、エネルギー変換工学、パワーエレクトロニクス、電気電子工学実験、電気電子セミナ、制御工学、半導体デバイス工学 など

閉じる

建築学科/建築専攻

講義・学問分野

建築・インテリア入門セミナ、力と形演習、建築・インテリア図法実習、建築計画、構造力学、建築構法、建築材料、建築遺産、環境工学、建築法規、建築設備、空間文化論、行動空間学、環境心理学、都市計画、まちづくり論 など

閉じる

建築学科/インテリアデザイン専攻

講義・学問分野

建築・インテリア図法実習、造形基礎実習、建築の仕組み、インテリア計画、構造力学、インテリアデザイン基礎実習、環境工学、インテリア設計、建築遺産、建築法規、建築設備、構造・材料実験、インテリアエレメント演習、建築デザイン史 など

閉じる

建築学科/土木・環境専攻

講義・学問分野

形と力、土木・環境入門セミナ、都市環境設計、計画数理、都市環境プロジェクト、土と地盤、環境学基礎、水理学、測量学、測量実習、建設材料学、地盤工学、環境マネジメント、交通計画、技術者倫理、都市環境総合セミナ など

閉じる

建築学科/かおりデザイン専攻

講義・学問分野

情報処理、生活と情報、かおり成分と調香、嗅覚の特性、嗅覚測定法、食品とかおり、プロジェクト演習、におい・かおり測定演習、悪臭防止法、脱臭性能評価演習、アロマテラピー演習、生活環境創造演習 など

閉じる

学部の特色

次代を担う“ものづくり”を学ぶ

産業界との深い連携による、最先端の“ものづくり力”

4学科4領域をカバー
機械工学、機械システム工学、電気電子工学、建築学の4学科と、建築学科の建築専攻とインテリアデザイン専攻、土木・環境専攻、かおりデザイン専攻があり、全部で4領域をカバー。どの学科・専攻も実践的な実学重視の教育展開によって、専門分野の理解を深めます。

閉じる

最新の3次元CADシステムを完備

産業界との太いパイプを活用

本学の工学教育は、産業界との深い連携の中で進化し続けています。“ものづくり”の現場で求められる力を身に付けた人材を社会に送り出すために、最先端の実践的ものづくり教育を展開。その結果、各界から「学生を育てる力のある大学」「就職に強い大学」という評価を得ています。

閉じる

かおりの専門家を養成する、日本で初めての専攻

臭気判定士に毎年、多くの学生が3年生で合格!

臭気判定士は、臭気環境分野で初めての国家資格。毎年、多くのかおりデザイン専攻の学生が合格しています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

先進のCADを用いて、機械工学の楽しさを実感

機械工学科

材料・機械・流体・熱の4力学を基礎として、世界に通じる技術者へ

ものづくりの長い歴史を持ち、製造業が盛んな中部地区に欠かせない機械。「工業の王道」である機械工学について基礎から応用まで幅広い知識を学び、材料・設計・加工等に関わる技術・技能を養うのが機械工学科の特長です。産業界の最先端技術の動向にも触れ、チームワークで協働することで、社会人・技術者としての素養も身に付け、機械関連分野で活躍できる人材育成を行っています。

【授業・講義】
設計の原点をハイエンドCADで実習し、機械工学の楽しさを実感する「CAD演習2」

図面は、工業製品の設計図にはなくてはならないものであり、設計の原点でもあります。そこで、図面製作の基礎をソフトウェアの強力な補助機能を使いながら効率的に学習します。単にモデリング技術を身に付けるだけではなく、図面のルールであるJISを意識した図面づくりの演習を行い、実践力を養います。二次元と三次元の図面を両方とも高度にソフトウェアを扱える先進のCADを用いて学習していくことにより、モデリングの基礎を身に付けます。
本学科では、産業界に羽ばたき、活躍するトップエンジニアを育てるために、機械工学の基礎である「材料力学」「機械力学」「流体力学」「熱力学」「機械設計学」に加え、工学実験、工作実習、CAD実習を重ねることによって、“技術と技能”を融合した教育を実践しています。

閉じる

流体機械について基礎から応用まで幅広く学ぶ

機械システム工学科

機械とエレクトロニクスに精通した、社会と産業を動かすエンジニアを輩出

機械とエレクトロニクスが一体となって機能する機械システム。今後重要度を増す、環境、福祉、安全向上に役立つ総合的なシステムづくりの場で活躍するエンジニアをめざします。本学科では、求められる高度な機能を確かに実現できる機械システムエンジニアの輩出をめざし、CAD、力学(機械、熱、流体、材料)などの機械技術教育とともに、実務に役立つ周辺技術(電気・電子工学、制御工学、メカトロニクス、プログラム言語、CAM)、エネルギー応用システム、自動車制御システム、産業用ロボットシステム、民生用ロボットシステムなどの機械システムをバランスよく学びます。

【授業・講義】
メカトロニクス機器を構成するエレクトロニクスの動作原理や、応用方法などの知識を実習を通して身に付ける

はんだ付けなどの回路製作の基本技能や、基本的な計測機器の使用方法を学習したうえで、電気回路を製作し、電気現象の理解を深めます。さらにさまざまな実験により、体験的にメカトロニクスを学びます。

閉じる

サイリスタによる位相制御技術の体得をめざす

電気電子工学科

3つの先端分野で活躍できるエンジニアを養成

エネルギー、エレクトロニクス、材料・デバイスの3つの分野の先進技術を身に付けた、新しい時代の設計者・エンジニアをめざします。エネルギー分野では、火力発電などの巨大システムから小型風力発電などの分散型システムまで学習。エレクトロニクス分野では、マイクロコンピュータを使った制御理論と技術を身に付け、材料・デバイス分野では、ナノテクノロジーやスピンエレクトロニクスなどを学びます。

【授業・講義】
パワーエレクトロニクス技術について、頭を働かせ、手を動かし、身を持って確かめる「電気電子工学実験4」

高電圧・大電流を扱うパワーエレクトロニクス分野の実験テーマの一つとして、電球の明るさを調節する装置・調光器を製作します。製作した調光器の波形を観察することにより、サイリスタ(半導体素子)による位相制御技術を体得。グループではなく、自分一人で実験できるよう器具などを豊富に準備し、学生それぞれが見て学習するという取り組みを行っています。電気電子工学の諸現象について頭を働かせ、手を動かし、身を持って確かめることにより、照明を始めとする家電製品、工場の機械やビルの制御など、幅広い分野で活用されるパワーエレクトロニクスの技術を身に付けます。 

閉じる

依頼者の課題に応えながら、建築の学びを深める

建築学科/建築専攻

人間生活と地域社会を豊かにする建築家を養成

めざすのは、人間のための空間を設計し、創造する建築家。そのために本専攻では、建築の基礎理論・知識・技術の修得はもちろん、環境や人間の暮らし・文化・歴史などを理解して、新たな空間をデザインする力と感性を育成。基礎知識と専門技術、および表現力を複合的、体感的、経験的に学び身に付け、現代社会に貢献する建築家をめざします。「建築設計」の授業では、地域の企業や住民から依頼を受けた課題を、学生一人ひとりが実際に設計・プレゼンテーションを行います。

【授業・講義】
社会参画型授業により、建築の学びだけでなく、自主性・独創性も伸ばす「建築設計2」

想像力を働かせるだけでなく、現実からもっと学ぶ「Dラーニング」を実施しています。依頼者の課題に対し、オリジナリティーあふれる解決法を考えて、採用をめざすことにより意欲をさらに高めます。これまでに「街道沿いの住宅設計提案」「リタイア後の夫婦の住宅設計提案」「川沿いの住宅設計提案」など、現地を訪れ、依頼者の意向をくみ取り、暮らす人の顔を思い浮かべながらプランを立て、設計図を描き、模型をつくり、発表してきました。「ドキドキ、ワクワクしながら現実の課題に取り組め、さらに自分が社会の役に立つという手応えを感じられた」と実感する学生が多いのもこの授業の特長です。

閉じる

模型や図面、CGパースなどを駆使して空間デザインを学ぶ

建築学科/インテリアデザイン専攻

人間性豊かなスペースデザイナーを育成

インテリアデザインとは、住宅やオフィスなど、あらゆる屋内空間に求められる課題を“人間の視点”で解決することです。本専攻では、建築の知識と感性をベースに、空間をデザインする力を身に付けます。人間性豊かなスペースデザイナーをめざし、建築学に裏打ちされた技術と知識、多様な表現方法を学びます。

【授業・講義】
リノベーションから商業施設まで、幅広い空間デザインを学ぶ「インテリア設計1」

自分が思い描いた空間を、模型や図面、CGパースなどを駆使して表現する授業を実施。学生一人ひとりが考えたアイデアや作成した図面を基に、教員と対話しながら時間をかけてじっくりと仕上げます。小規模な室内空間の計画からはじまり、住宅、商業施設の空間デザインまで、ステップアップしながらスキルを磨き、2年次の「インテリア設計1」では、社会的ニーズの高まっているリノベーションの手法を学びます。実際に既存のマンションを見学して、その一室をシェアハウスとして改修の提案をするというユニークな課題に取り組みます。

閉じる

快適で美しい環境を実現するデザインをめざす

建築学科/土木・環境専攻

安全・安心・快適な“まちづくり”で、人々に貢献できる人材を育成

本専攻では、安全・安心・快適な“まち”をつくり、多くの人々に貢献するために、専門知識と高度な技術を身に付けたエンジニアやまちづくりのプロデューサーをめざします。道路や橋などの交通インフラ、上・下水道、電力施設などのライフライン、自然災害から都市を守る防災インフラといった、暮らしや社会を支えるための社会基礎整備や、環境と調和するこれからの“まちづくり”を総合的に計画し、実施できる高い技術と専門知識を学びます。

【授業・講義】
環境をデザインする「ランドスケープ設計」

快適かつ美しい環境を作るための都市景観や公園の設計を行う方法を学びます。心地良く過ごすことができるだけでなく、安全・安心で機能的な都市施設の実現もめざします。さまざまな要求を同時に満たすために、自ら発想し、それを現実にするための総合的な力を身に付け、現代の企業が求める力を養います。教員から基本的な事柄の説明、助言やヒントを受けながら課題に取り組むことにより、学生一人ひとりの実力を高めます。個人の取り組みと共同で作業することを組み合わせることにより、個性を損なうことなく、協調性も養います。

閉じる

におい・かおりについての高度な知識と技術を身に付ける

建築学科/かおりデザイン専攻

生活環境の快適性を「におい・かおり」と関連づけて研究

本専攻では、個別指導を重視した教育プログラムと実験・実習を通じて、におい・かおりに関する専門科目を学習。人の嗅覚のしくみ、におい・かおりについての化学的な知識と文化的要素、快適な空間を創造する能力、人のこころの変化や行動の関係を分析・評価する手法などを総合的に身に付け、かおりデザインのプロフェッショナルをめざします。

【授業・講義】
試料のつくり方から機器の扱い、データの分析まで高度な技術を身に付ける「におい・かおり測定演習1-3」

環境中や食品、衣類などに、どのようなにおい・かおり成分がどれだけ存在しているのかを分析する手法を学び、環境の良し悪しを判断できる力を養成。国家資格の臭気判定士試験にも出題される悪臭防止法で指定されている22種の特定悪臭物質の分析方法についても学びます。分析装置の感度では明らかにできない低濃度のにおい・かおり成分についても、各試料に適した濃縮をていねいに行い、慎重に装置へ試料を導入することにより、におい・かおり成分の定性・定量を行うなど高度なスキルを身に付けます。身近なところに存在するにおい・かおり成分を見つける、社会的にもニーズが高い専門知識と技術の修得をめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

それぞれの学科・専攻の入学者受け入れ方針

●機械工学科
(1)機械のしくみ、構造、機能などを考えて、創造的な機械・製品を設計したい人
(2)専門分野を学ぶための基礎知識を持っている人
(3)広い視野と健全な価値観を持ち、それを表現し他者と協調できる人
(4)機械工学を通じて、自らの目標を見つけられる人
(5)機械工学科の理念と特色を理解し、強い興味と勉学への熱意を持つ人
(6)ものづくりが好きで、積極的にものづくりに挑戦したい人
(7)地球環境問題や社会貢献に関心を持っている人

●機械システム工学科
(1)機械と電気・電子技術を総合した創造性豊かな「ものづくり」に意欲的に取り組むことができる人
(2)機械工学や周辺技術(電気・電子工学、制御工学、メカトロニクス、プログラミングなど)の専門分野を学ぶための基礎知識や技能を持っている人
(3)実社会で活躍しているエネルギーシステム、自動車システム、航空宇宙システム、ロボットシステムなどに興味や関心がある人
(4)発見した課題や問題に対し、熱意をもって考えることができる人
(5)技術コンテストなど課外活動に積極的に参加する意欲のある人

●電気電子工学科
(1)電気電子工学科の専門分野を学ぶために必要な数学、物理の基礎学力を有している人
(2)電気電子工学科の専門分野に興味をもち、勉学への熱意をもつ人
(3)「ものづくり」に興味や関心がある人
(4)広い視野と健全な価値観をもち、決断力と行動力のある人
(5)新しい価値の創造に興味を持ち、その実現に向け工夫し、努力する人

●建築学科 建築専攻/インテリアデザイン専攻
(1)建築やインテリア空間の設計や施工(工事)を統率するリーダーとなるための最も基礎的な5分野(計画、歴史、構造、材料、環境)を理解しようとする人
(2)目まぐるしく変化する社会や地域の中で見過ごされた建築的課題や人々の心の奥底に隠された無意識の建築的要求を発見し、その課題や要求に対する解を考え、具体化(デザイン化)しようとする人
(3)具体化した提案を、言葉、図面、模型、コンピュータを使って、丁寧に、分かりやすく説明できる能力を持とうとする人

●建築学科 土木・環境専攻
(1)土木・環境専攻の専門分野に興味をもち、勉学への熱意をもつ人
(2)安全・安心で快適な都市環境をデザインしたい人
(3)自然と人工物の調和に関心がある人
(4)「まちづくり」の仕事がしたい人
(5)地図に残る「ものづくり」をしたい人

●建築学科 かおりデザイン専攻
(1)様々なにおい・かおりに興味や関心のある人
(2)生活環境の様々な事象に興味や関心があり、問題点や課題を見出し、解決策を考えることに意欲的な人
(3)調査・実験の手順等を様々な角度から考え、組み立てることができる人
(4)調査・実験等にグループで協力して取り組める人
(5)様々な課題に対して誠実な態度で臨むことのできる人
(6)実験・実習に積極的に取り組むことのできる人
(7)生活の中の不快なにおい問題を解決し、かおりを適切に活用していきたいと考えている人

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市南区滝春町10-3
入試・広報室
(052)612-6117(直)
【フリーダイヤル】0120-461-115
 【URL】https://www.daido-it.ac.jp/gakubugakka/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ