あいちこうか

愛知工科大学

私立大学 愛知県

大学トップ

ここに注目!
  • 「自立と夢の実現」を目指す、独自の「AUT教育」
  • 大学と企業で実践的なモノづくりを学ぶ
  • IoT時代のモノづくりを担うエンジニアを育成

大学の特色

エンジニアとしての「総合力」「実践力」を養い、モノづくりの「設計力」「製作力」を身につける「AUT教育」

「AUT教育」とは、教育目標である「自立と夢の実現」を目指す本学独自の教育法です。
その根幹は、学生一人ひとりの学びの主体性にあります。多くの授業で協同学習や課題解決型学習といったアクティブラーニングを導入し、「意欲」「人間性」「能力」をバランスよく向上。エンジニアとしての「総合力」とそれを活かす「実践力」を養います。そこに各学科の専門教育を通してモノづくりのための「設計力」と「製作力」を体系的に修得します。

閉じる

モノづくり王国「愛知・三河」で、実践的なモノづくりを学ぶ

モノづくり王国といわれる愛知県。本学は、その東部「三河地区」にあります。自動車産業を筆頭に、さまざまな業種で国内No.1を誇る企業が集積する、日本のモノづくりの要ともいえる地域です。その地の利を活かし、大学周辺企業と連携した教育により、実際に企業でモノづくりを体験する「実践的技術者教育」を行い、地元企業と一体となって、社会に有用なエンジニアを育成しています。1~3年次にそれぞれインターンシップを実施し、現場を肌で感じることのできる学びを提供しています。

閉じる

学科横断型の「IoTモノづくりコース」で次世代のモノづくりを担うエンジニアを育成

IoT時代のモノづくり人材を育成するため、従来の学科とは別に「IoTモノづくりコース」を設置しています。各学科にもIoTに関連した科目がありますが、より体系的に専門知識・技術を学ぶために、コース専用科目をプラスした学科横断型の特別選抜コース教育となります。2年進級時に1年次の成績と意欲にもとづいて各学科から5名を選抜。IoTのコア技術となるデジタル化、ネットワーク化、データ活用の3つの技術を身につけ、モノづくりの世界に新たな価値を創造できるエンジニアを育成します。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受け入れ方針

教育目標の基本的要素である「意欲」と「人間性」と「能力」のバランスある向上を果たすには、さまざまな人と向きあって議論・交流・相互理解を行い、互いに教えあいながら学ぶ協同学習が必須であるとの観点から、教育目標達成に向けて成長する意欲と基礎学力(一般入学試験における出題科目の履修・修得)のある人を幅広く受け入れます。

閉じる

教育環境

四季を肌で感じられる、自然豊かなキャンパス

風光明媚な三河湾国定公園を見下ろす高台にあるキャンパスは、緑に囲まれ四季を肌で感じられる絶好のロケーション。最新鋭の設備・施設を完備した実験・実習室や学術研究棟など、モノづくりの楽しさを実感できる環境を整えています。
名古屋や浜松からのアクセスも抜群。JR「蒲郡」駅からは、無料スクールバスを運行しています。また、学生駐車場も完備しており、車やバイクでの通学にも対応しています。

閉じる

24時間利用可能なCAD/CAM実習室

モノづくりの基幹となる設計技術を修得するCAD/CAM実習室には、複数のCADソフトを完備しています。国内外の多くのメーカーが使用しているハイエンド3D CAD「CATIA V5」や同じく3D CADの「Inventor」、2D CADには「Auto CAD」を導入。設計技術の基礎から応用までを実践的に学ぶことができます。さらに、自分の描いた図面をすぐに立体造形できる3DプリンタやCAM(3Dモデリングマシン)も設置しています。授業時間以外であれば、24時間自由に使用することができ、学生たちのモノづくりをサポートしています。

閉じる

“ながら”スマホの危険性を検証する高度交通システム(ITS)研究所

どんなに安全な自動車でも、それを運転するのは“人”。残念ながら、ドライバーの不注意による事故は後を絶ちません。高度交通システム(ITS)研究所では、実車ではできない危険な運転を安全に実験できるドライビングシミュレータを導入。スマホの“ながら”運転や飲酒運転、加齢による動体視力の低下や視野の変化など、さまざまな実験を行い、そこで得られたデータを分析し、安全な交通社会を実現するための研究に取り組んでいます。
また、社会問題にもなっているスマホの“ながら”使用については、“歩きながら”、“自転車に乗りながら”など、さまざまなケースで視線の動きを計測できる「アイマークレコーダ」を使って実験。“ながら”スマホの危険性を客観的なデータとして収集し、その危険性を広く社会に提示しています。

閉じる

学部

【2018年度実績】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2018年度入学者対象/初年度納入金】

●工学部/1,570,000円

学費の問題もしっかりサポート。充実の奨学金制度。

女子特別推薦入試奨学金制度
女子特別推薦入学試験での合格者は、入学金を免除します。
・免除金額:300,000円(入学金納入額)
・採用人数:対象者全員

大学入試センター利用奨学金制度
大学入試センター試験において、本学の入学選考利用科目のうち、いずれか1科目が70点以上の者に給付します。
・給付金額:720,000円(入学金・1年次前期授業料納入額)
・採用人数:対象者全員

※上記以外にもさまざまな奨学金制度を用意しています。詳細については、公式ホームページで必ずご確認ください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】623人
【外国籍の学生数】23人
【教員数】75人
【外国籍の教員数】1人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 2人

留学プログラムについて

バートン&サウス・ダービーシャー・カレッジ(イギリス)短期留学研修(4週間プログラム)

【留学先】イギリス
【留学期間】1か月未満
【留学開始時期】2019/02/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【問い合わせ先】
部署:学務課

閉じる

住環境

遠方からの学生には、大学が管理する学生寮があります。朝・夜2食つきの「明健寮」とワンルームタイプの「蒲郡学生会館」。どちらも全室インターネット利用可能になっています。
本学のある愛知県蒲郡市は、三河湾国定公園に指定されている海辺の観光地。市内には、三谷温泉、蒲郡温泉、形原温泉、西浦温泉の4つの温泉郷があります。温暖な気候を活かした「蒲郡みかん」の生産が有名で、ハウスみかんは日本有数の出荷量を誇ります。また、2017年には2つのヨットの世界大会が行われ、国内外から注目の集まるマリンスポーツスポットでもあります。

閉じる

クラブ・サークル活動

より楽しいキャンパスライフを過ごすために、多くの学生がクラブ・サークルや同好会に所属し、モノづくりやスポーツ、文化活動に励んでいます。

体育会系クラブ

バスケットボール部、野球部、サッカー部、ヨット部、ビリヤード、走友会、ダンス、サイクリング、卓球 など

文化系クラブ

電音部、蒲郡フリーダム研究部、シュークリーム女子部、海洋保全、フォトサークル、蒲郡Fan、自動車文化、音響、TRPG、将棋 など

モノづくり系クラブ

ロボット研究部、ソーラーカー部、STELA(宇宙技術研究部)、プログラミング研究部、K耐久(軽自動車耐久レース)、ものづくり、ラジコン、ネクストメディア研究会、映像研究 など

閉じる

大学院・併設の大学

大学での学びをさらに深化させる、知的探究の第2ステージでより高度な知識と経験を得る。

【愛知工科大学大学院】
●工学研究科システム工学専攻[博士前期課程/博士後期課程]
モノづくりのための「システム工学」という観点から、機械、電気・電子、情報における各分野の技術を融合させたシステム応用の技術分野の教育・研究を進めます。先端技術分野の研究を中心として、地域産業に密着した独創性豊かな優れた研究者、高度専門技術者の養成を目指します。

閉じる

パンフ・願書

独自の「AUT教育」や各学科での「学び・研究」、「IoTモノづくりコース」、将来の就職など、本学での4年間を見て体験できる情報満載のパンフレットです。 入学願書は、すべてWeb出願になっています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●愛知県蒲郡市西迫町馬乗50-2
JR東海道本線、名鉄蒲郡線「蒲郡」駅下車、無料スクールバスで約12分。
JR東海道本線「三河塩津」、名鉄蒲郡線「蒲郡競艇場前」駅下車、徒歩約15分。

閉じる

問い合わせ先

住所

〒443-0047
愛知県蒲郡市西迫町馬乗50-2
入試広報課

電話番号

0533-68-1135

URL

http://www.aut.ac.jp/univ/

E-Mail

nyushi@aut.ac.jp

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ