×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こうがっかん

皇學館大学

私立大学 三重県

就職・資格

先輩の職業体験記職業:教育系

未来を担う子どもを支援したい教育学部

教育学科
2015年3月卒業
名古屋市立神の倉小学校(教員)
廣瀬千子さん

どんな大学生活を送っていましたか?

授業のほかに取り組んでいたこと

大学に入学したばかりの時、ある教授から「大学は主体的に学ぶ場」だと教えていただきました。そこで、「自分からの積極的な学び」を実践するために私が選んだのは、母子生活支援施設での学習支援です。さまざまな事情を抱えた子どもたちと触れ合い、話しをしたことは、今の学校現場で生かすことのできる貴重な経験だったと思います。

この大学を選んだ理由/実際に学んだこと

小学校と中学校・高等学校教諭免許状(国語)が取得できること。そして、先生たちと距離が近い少人数教育という点に魅力を感じて進学を決めました。実際、先生とよくお話ししたことで多くの実りがありました。教員の仕事はほとんどが受け持ちの授業であるため、子どもに寄り添う授業とは何か、楽しい授業とは何かを考えることの大切さを学べました。

閉じる

先輩はこんな仕事に就いています

いつの日か、共生共育に携わることが目標。

私はこんな仕事をしています

私は現在、名古屋市の小学校で特別支援学級担任として働いています。さまざまな障がいのある子どもたちとの日々は、難しいことも多々ありますが、大きなやりがいも感じています。将来の目標は、通常の学級で障がい児も健常児も共に学び合う共生共育に携わることです。そのために、子どもと触れ合いながら日々学んでいます。

閉じる

大学での学びが教員としての自分の支えになっている。

大学の学びで仕事に活かされているもの

教員として教壇に立って以来、皇學館大学での学びを思い出し、授業を組み立てたり、子どもに声かけをしたりしています。教員としての態度や指導に迷った時は、大学での学びが自分を助けてくれていると思います。授業だけでなく、先生や友人と多くのことを話し合ったこと、貴重な教育実習など、学生時代のさまざまな体験が今の自分を支えてくれています。

閉じる

何よりも大切なのは教員の教育に対する熱量。

これからの夢・目標

私の目標は、クラスの中に健常児も障がい児もいる共生共育に携わることですが、とても難しいことだと思います。しかし、私が大学生の時に教育視察に行ったフィンランドで目の当たりにしたのは、教員がチームで共生共育の難しさに立ち向かい、課題に取り組んでいる姿でした。その行動に感銘を受け、自分もいつかこのような取り組みをしたいと思ったのです。
現在、名古屋市では一斉授業を見直し、画一的な指導からの脱却をめざしています。これまで以上に高度な授業力が求められてきますが、何よりも大切なのは教員の教育に対する熱量だと思います。皇學館大学では、教育に関する知識と技術だけでなく、この教育に対する熱量を学べたと思います。皇學館大学は、精一杯学ぶ学生にしっかりと寄り添ってくれる大学です。未来を担う子どもたちのためにできることを模索し、子どもたちに愛情を持って関わることのできる教員をめざし、これからもがんばっていきたいと思います。

閉じる

先輩が学んだ学部もチェックしてみよう!

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ