すずかいりょうかがく

鈴鹿医療科学大学

私立大学 三重県

保健衛生学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

放射線技術科学科(100名)
医療栄養学科/管理栄養学専攻(40名)
医療栄養学科/臨床検査学専攻(40名)
理学療法学科(40名)
※2019年4月より理学療法学科をリハビリテーション学科理学療法学専攻(40名)、作業療法学専攻(40名)に改組(開設予定)。
医療福祉学科/医療福祉学専攻(30名)
医療福祉学科/臨床心理学専攻(30名)
鍼灸サイエンス学科(30名)

所在地

1~4年:三重

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●これからの超高齢社会に向けて医療の進歩に対応できる人材に
●4年間を通し段階的に実力を身に付け、国家資格を取得
●全国の医療機関・福祉施設に強いキャリアサポート体制

本学部には放射線技術科学科、医療栄養学科、理学療法学科、医療福祉学科、鍼灸サイエンス学科があります。保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術を身に付け、チーム医療や地域社会活動に貢献できる人材の育成をめざしています。

【キャンパス】千代崎キャンパス
【学生数】1,363人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】75人(2017年5月1日現在)
【大学院】医療科学研究科/医療科学専攻(修士課程・博士後期課程)

放射線技術科学科

講義・学問分野

医療人底力教育(医療人の基礎知識など)、人体の構造・機能と疾病、放射化学、画像解剖学、核医学検査技術学、放射線治療技術学、画像情報工学、放射線安全管理学、臨床実習 など

閉じる

医療栄養学科/管理栄養学専攻

講義・学問分野

医療人底力教育(医療人の基礎知識など)、公衆衛生学、健康管理学、解剖学、生理学、臨床医学、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、総合演習、臨地実習 など

閉じる

医療栄養学科/臨床検査学専攻

講義・学問分野

医療人底力教育(医療人の基礎知識など)、人体の構造と機能、医学検査の基礎とその疾病との関連、保健医療福祉と医学検査、医療工学及び情報科学、臨床病態学、形態検査学、生物化学分析検査学、病因・生体防御検査学、生理機能検査学、検査総合管理学、臨地実習、医療栄養学 など

閉じる

理学療法学科※2019年4月より理学療法学科をリハビリテーション学科理学療法学専攻(40名)、作業療法学専攻(40名)に改組(開設予定)。

講義・学問分野

医療人底力教育(医療人の基礎知識など)、専門基礎科目(解剖学、生理学、臨床心理学、リハビリテーション概論、内科学総論、医学英語、薬理学、生体機能工学 など)、基礎理学療法学、理学療法評価学、理学療法治療学、地域理学療法学、臨床実習 など

閉じる

医療福祉学科/医療福祉学専攻

講義・学問分野

医療人底力教育(医療人の基礎知識など)、医療(認知症の理解と援助、看護学 など)、保健(保健医療サービス など)、福祉(医療福祉の基礎、ソーシャルワーク法学、児童・家庭福祉制度 など)、心理、医療福祉、精神保健福祉(精神保健福祉に関する制度とサービス など)、臨床心理 など

閉じる

医療福祉学科/臨床心理学専攻

講義・学問分野

医療人底力教育(医療人の基礎知識など)、臨床心理学概論、心理学統計法、公認心理師の職責、健康・医療心理学、心理学的支援法、深層心理学、心理療法、心理演習、心理学研究法、発達心理学 など

閉じる

鍼灸サイエンス学科

講義・学問分野

医療人底力教育(医療人の基礎知識など)、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、疾病の成り立ちと予防及び回復の促進、保健医療福祉とはり及びきゅうの理念、基礎はり学・基礎きゅう学、臨床はり学・臨床きゅう学(内科系鍼灸治療学、スポーツ鍼灸学、健康・美容鍼灸学 など)、社会はり学・きゅう学、実習 など

閉じる

学部の特色

先端医療や国際レベルの医学・科学を広範囲に学ぶ

これからの超高齢社会に向けて医療の進歩に対応できる人材に

高齢化社会の到来と高度な医療の進歩により医療界を取り巻く状況も一段と多様化し、それに対応する人材の育成が急務になっています。本学部には5学科を設置し、“保健・医療・福祉に関する幅広い知識と高い技術”を身に付け、“人間らしさを求める医療”を学びます。医療現場におけるチーム医療や、地域社会活動に貢献できる人材を育成し、それぞれの学科で取得できる国家資格の合格をめざしています。

閉じる

4年間を通して国家資格取得に向けた教育の流れが確立

4年間を通し段階的に実力を身に付け、国家資格を取得

医療・福祉のスペシャリストになるために、基礎分野から専門分野までじっくりと学べるプログラム、国家試験に対応したカリキュラム、試験対策のきめ細かなサポート体制を備えています。本学では、4年間を通して国家資格取得に向けた教育の流れが確立しています。

1年次は、基礎教養や基礎医学などを学ぶとともに、各専門職の仕事内容についての理解を深めます。
2年次では、1年次で学んだ各専門分野の基礎知識や技術をより深め、より具体的に学びます。
3年次では、実習を通じて医療・福祉現場に即した実践的な学習を行います。
そして4年次では、卒業研究、就職活動、医療・福祉現場での実習とともに、卒業後に控えた国家試験受験に向けた準備を進めます。

閉じる

医療・福祉の総合大学としての強みを生かしたキャリアサポート

全国の医療機関・福祉施設に強いキャリアサポート体制

●医療・福祉の総合大学としての強み
医療・福祉の総合大学という恵まれた環境で専門分野以外の授業を受けることができるため、将来一緒に働く他職種の仲間に対する理解が深まります。
●就職試験に万全の対策
3年次から実施される就職ガイダンスや外部講師による講演、先輩からのアドバイスなど、きめ細かな支援体制を整えています。
●本学卒業生による全国的なネットワーク
全国で7,900人を超える卒業生が、各地の医療機関で活躍しているため、毎年全国から求人があります。県外の実習先やUターン就職の際も大きなメリットになります。
●教職員が一体となった就職支援体制
豊富な経験と実績を持つ教職員が就職相談に応じることにより、学生一人ひとりが国家資格を取得し働くことができるよう、個人面談を通して適切なサポートを行います。

閉じる

学べること

実際の装置に触れ、画像解剖学に関する知識を高める

放射線技術科学科

現代の医療現場で求められる最新の画像診断・技術を修得

病院の放射線科を模した実習環境で実践力を養い、即戦力となる診療放射線技師を養成します。

【授業・講義】
実際の装置に触れ、画像を理解する技能を身に付ける「診療画像技術実習」

強力な磁気と電波を用いて、体の断面をさまざまな角度から撮影するMRI装置(磁気共鳴画像診断装置)を使用します。実際に装置を操作し作成された画像を観察し、撮影条件の違いを学ぶとともに画像解剖学に関する知識も高めます。

閉じる

対象者に応じた食生活指導プログラムを作成

医療栄養学科/管理栄養学専攻

「医療」に重点を置いた栄養教育で現代の「食」に関する問題を解決

医療分野に重点を置いた栄養学を学び、食を通して健康社会づくりに貢献できる管理栄養士を養成します。

【授業・講義】
実際の臨床現場で、栄養ケアできる技術を修得「栄養教育論実習」

健康で長生きするためにはどのような食生活をしたらよいかを指導する技法を修得します。さまざまなケースを想定し、「呼吸代謝測定装置」などを使って代謝・身体・体力を計測し、食生活・栄養摂取調査、実態の評価を実施。個人や集団など対象者に応じた指導プログラムを作成します。

閉じる

手作業も交えて、現在臨床現場で用いられている技術を修得

医療栄養学科/臨床検査学専攻

高精度な検査ができる技術と医療人としての正しい倫理観を育成

高度な知識と技術を有し、倫理観あふれる臨床検査技師を養成します。

【授業・講義】
検査手順の意味を理解するために、手作業による検査も実施「臨床化学実習」

測定原理を体感するため古典的な用手法(手作業)も交えて、現在臨床現場で用いられている最新の生化学自動分析装置を用いて肝炎マーカーを調べる調査などの技術を修得します。

閉じる

身体運動についての理解を深め、身体能力の評価を行う

理学療法学科

最適なリハビリテーションを提供するため成長を続ける理学療法士を養成

「学び方を学ぶ」教育を理念に、常に考え・調べ・解決できる力を修得。最新・最良のリハビリテーションを提供できる理学療法士を養成します。

【授業・講義】
身体の構造と動きについて、観察や計測を通して理解する「運動学実習」

リハビリテーションなどの臨床場面に不可欠な、身体運動についての理解を深めることが目的です。人体骨格モデルを使用して骨や筋肉の特徴を観察したり、立ち上がりや歩行などの正常な行動を観察し、異常な行動を理解することにより、身体能力の評価をすることができます。

閉じる

相談援助の基本概念や面接技法・援助プロセスなどを学ぶ

医療福祉学科/医療福祉学専攻

人生の歩みを共にする伴走者/ソーシャルワーカーを養成

医療の知識と福祉の技能を身に付けた、社会福祉・精神保健福祉の専門家を養成します。

【授業・講義】
相談援助の基本的な概念やプロセスを学ぶ「相談援助の理論と方法」

ソーシャルワーカーとして必要不可欠な相談援助の理論と方法について、相談援助の基本概念や面接技法・援助プロセスなどを、1年次後期から3年次前期にかけて学びます。

閉じる

面接演習を通してカウンセリング技術や技能、マインドを修得

医療福祉学科/臨床心理学専攻

地域のなかで活躍する心のケアの専門家を育てる

心理学の知識とカウンセリングの技術・技能を身に付けた、こころの専門家を養成します。

【授業・講義】
国家資格「公認心理師」に対応したカリキュラムで学ぶ

カリキュラムは「公認心理師」に対応しており、大学院博士課程への進学により「公認心理師」受験資格を得ることが可能となります。
2017年4月に大学附属「こころの相談センター」および「こころのクリニック」を開設しました。実習施設としても活用でき、国内トップレベルの教育環境を整えています。

閉じる

実習先は、地域貢献、臨床研修の場として設置された鍼灸センター

鍼灸サイエンス学科

「こころ」と「からだ」のバランスを調整 人にやさしい医療で健康づくりをサポート

さまざまな疾患・症状に対応できる鍼灸医学を修得。東洋・西洋医学の専門知識も学び、健康づくり・スポーツ・美容に貢献できる鍼灸師を養成します。

【授業・講義】
臨床現場で実践的な鍼灸施術法を修得「鍼灸臨床技術学」

3年次までの講義・実習の成果をふまえ、4年次に実習を行います。実習先は、地域貢献、臨床実習、臨床研修の場として設置された鍼灸センター。鍼灸師の資格を持つ教員のもとで、施術の研修をはじめ患者さまへの問診、教員の施術補助などを行います。実際の施術における検査(西洋医学的な理学検査、東洋医学的な診断法)および実践的な鍼灸施術技術を修得するとともに、患者さまへの接し方も同時に身に付け、臨床家としての自覚を養います。

閉じる

アドミッションポリシー

他者と協働して治療に関われる医療従事者をめざす

各学科のアドミッションポリシー

●放射線技術科学科
(1)医療の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人
(2)科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人
(3)医療で活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人
(4)病める人や弱者の立場に立って思いやることができる人
(5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人
(6)多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

●医療栄養学科 管理栄養専攻
(1)食と栄養の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人
(2)科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人
(3)食と健康・医療に興味を持ち、将来管理栄養士として活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人
(4)病める人や弱者の立場に立って思いやることができる人
(5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人
(6)多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

●医療栄養学科 臨床検査専攻
(1)臨床検査の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人
(2)科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人
(3)臨床検査領域で活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人
(4)病める人や弱者の立場に立って思いやることができる人
(5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人
(6)多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

●理学療法学科
(1)医療・福祉領域の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人
(2)科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人
(3)理学療法士として活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人
(4)病める人、障がい者、高齢者、弱者の立場に立って思いやることができる人
(5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人
(6)多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

●医療福祉学科
(1)保健・医療・福祉の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人
(2)科学的な思考力・判断力・表現力の基礎が備わっている人
(3)保健・医療・福祉領域で活躍しようという目的意識が明確で、自ら学ぼうとする意欲のある人
(4)他者の痛みを理解しようと努力し、思いやりの心をもった人
(5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人
(6)多様性をもった人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

●鍼灸サイエンス学科
(1)保健・医療・福祉の専門的知識・技能を学ぶことができる基礎学力を持つ人
(2)科学的な思考力、判断力、表現力の基礎が備わっている人
(3)鍼灸学、伝統医学に強い関心を持ち、知識と技術を反復して学習する忍耐力と研鑽する意欲のある人
(4)病める人や弱者の立場に立って思いやることができる人
(5)いのちの尊厳を理解し、社会の規律を守ることができる人
(6)多様な人々と適切なコミュニケーションを取り協働できる人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
入学課
(059)383-9591(直)
 【URL】http://www.suzuka-u.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ