大学入試センター試験の最新情報をお届け!

きょうとやっか

京都薬科大学

私立大学 京都府

学部・学科

学べること

薬学の基礎と専門分野を身に付ける

6年一貫の学びで、薬剤師としての素養を磨き、資格取得を実現

1年次:薬学基礎知識の修得
「薬学教養」や一般教養(「人と文化」)を学ぶ中、6年次まで続く「薬学専門教育」も始まります。特に1年次ではPBL(Problem Based Learning)、SGD(Small Group Discussion)を取り入れた科目を通じて、担当教員の指導の下で論理的思考力・問題解決能力などを身に付けます。

2年次:薬学専門知識の修得
薬学専門教育は段階が進み、実習が本格化します。機器の取り扱いや測定方法も修得。薬学英語など外国語の授業もレベルアップし、専門性が高まってきます。

3年次:研究室所属による知識の応用展開
後期になると、20以上の研究室から選択した研究室へ配属され、特定のテーマを研究します。

4年次:実務実習や薬学共用試験を見据えた臨床知識の修得
研究に加え、翌年の実務実習を履修するための条件となる薬学共用試験(CBT・OSCE)に合格し、実り多い実務実習となるよう、これまでに修得してきた知識や技能の総まとめを行います。

5年次:学外の実務実習により臨床現場を経験
5か月にわたる実務実習が始まります。病院と薬局でそれぞれ11週間の実務実習を行い、実際の臨床現場を経験します。研究室では将来を見据えてコース選択を行います。

6年次:学びの総まとめと薬剤師国家試験対策
これまでの研究を論文にまとめて英語で発表。後期からは薬剤師国家試験を見据え、これまでに学修した内容について総合的に考えるための演習に取り組みます。

閉じる

「大学の国際化」と「グローバルに活躍できる薬事従事者の育成」をめざし、各種の国際交流を展開

《国際化にも力を入れたカリキュラム》
選択肢が広がった第2外国語
1年次から2年次にかけて第2外国語を履修します。従来のドイツ語に加え、中国語とフランス語も開講。文法・講読を中心としたものですが、各言語の文化的背景などの知識も養います。

学習効果の高い英語教育
1年次から4年次まで科学英語および薬学英語を履修。医療人である薬剤師に必要な医療の進歩・変革に対応するための語学力を養成します。

TOEIC(R)の受験で、レベルアップ
1・3・5年次の学生全員がTOEIC(R)受験(受験料は大学負担)。英語力の向上および就職活動にも対応した支援を行います。

クリニカルリサーチマネジメントプログラムで、実践的な英語力を養成
5年次の実践薬学コースのうち、医薬開発ユニットでは「クリニカルリサーチマネジメントプログラム」を設けています。探究薬学コースを選択した場合でも希望すれば受講することができます。本プログラムの講義は医薬品開発業務受託機関(CRO)に勤める外国人講師により全て英語で行われ、グループディスカッションの時間も設けられています。治験に関する実践的な知識が身に付くほか、英語力を向上させる良い機会となっています。

英語で行う卒業論文発表(ポスター発表)
6年次では、各自の卒業論文に関するポスターの作成・発表・質疑応答を全て英語により行います。国際交流協定締結大学の教員や学生が発表内容について積極的に質問・意見交換を行っています。本学における卒業論文発表は1年次から積み上げてきた薬学の知識、外国語のスキル、そして研究で培った力を注ぎこんだ集大成となります。


《海外短期留学プログラムの実施》
ドイツ フライブルク大学サマープログラム(24日間、2・3年次生希望者対象)
午前中は基礎的なドイツ語の授業を受けます。午後はドイツの文化や歴史・地域に関するセミナーをドイツ語または英語で受講できます。世界中から集まった留学生と共に、大学が主催するさまざまなイベントに自由に参加することができます。フライブルク大学付属病院薬剤部の見学ツアーも用意されています。期間中は大学の寮に宿泊します。

米国ボストン MCPHS 大学サマープログラム(2週間、2・3年次生希望者対象)
午前中は薬学英語を、午後は薬化学の基礎や日米の薬剤師業務の違い等、薬学に関する授業を英語で受講します。また、ボストンの世界有数の病院や地域の薬局、研究室等を見学することができます。現地学生との交流会や、プレゼンテーションの機会もあり、グローバルな視点を養うことができます。期間中は大学の寮に宿泊します。

閉じる

アドバンスト薬学で基礎と専門の総合的な知識を身に付ける

薬剤師国家試験合格を強力にサポート!早期からの意識づけにより、段階的に力をつける

〔1~3年次〕
複合的思考力の基盤形成
講義・実習で扱う基礎重要事項の理解と定着を図り、それに基づいた複合的思考の重要性を早期から意識づけすることで、主体的に学ぶ態度を身に付けます。

〔4年次〕
主体的な学びに基づいた複合的思考力の強化
薬学共用試験(CBT・OSCE)を国家試験合格のための基礎固めと位置づけ、科目領域を横断した演習を展開。主体的な学びを促し、徹底的な知識の定着を図ります。実務事前実習では学内の専門施設にて薬剤師の技能・態度を習得します。
・ガイダンス
・薬学総合演習試験
・薬学共用試験(CBT・OSCE)
・実力試験

〔5年次〕
学外実務実習で身に付く実践・応用力
4年次までに習得した知識に、研究室での研究活動を通じての実践的な学びと実務実習の現場経験が加わり、理論から実践・応用力へとつながる確かな知識として定着します。効果的な学びのツールとして、教材データベースを利用した学習環境も提供します。
・ガイダンス
・実力試験

〔6年次〕
薬学的総合力の発展
少人数講義で弱点を克服。国家試験を単なる資格試験ではなく「薬学総合試験」と捉え、これまでに学んだ知識を定着させます。さらに「アドバンスト薬学」では複合的な問題にも対応できる薬学の総合力を身に付けます。
・ガイダンス
・確認試験I
・夏期講習
・アドバンスト薬学
・確認試験II
・模擬試験I
・国家試験対策直前講習
・模擬試験II

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ