おおさかげいじゅつ

大阪芸術大学

私立大学 大阪府

芸術学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

アートサイエンス学科(80名)
美術学科(55名)
デザイン学科(190名)
工芸学科(40名)
写真学科(30名)
建築学科(50名)
映像学科(80名)
キャラクター造形学科(150名)
文芸学科(60名)
放送学科(155名)
芸術計画学科(30名)
舞台芸術学科(170名)
音楽学科(45名)
演奏学科(80名)
初等芸術教育学科(30名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●企業や地域と連携、実社会で自己を磨く「産官学連携プロジェクト」
●日々の成果を発表するイベントが盛りだくさん!

即戦力となる感性と創造力を磨き、日本社会の未来に貢献できる人材を育成します。

【学生数】5499人(2018年5月1日現在)
【専任教員数】221人(2018年5月1日現在)
【大学院】芸術研究科 博士課程[前期・後期]

アートサイエンス学科

講義・学問分野

[アートエンターテインメント領域、先端デザイン領域]
主な講義名/デジタルデザイン基礎、スーパークリエイター特論、3DCG演習、WEBデザイン、テクノロジーアート史、アートプログラミング演習、アートサイエンス実習、UXデザイン演習、スーパープロジェクト、メカニックデザイン論など

閉じる

美術学科

講義・学問分野

[油画コース、日本画コース、版画コース、彫刻コース]
主な講義名/日本美術史、東洋美術史、デザイン史、美術特論、デッサン演習、デジタルアート、油画実習、日本画実習、版画実習、彫刻実習、特殊美術実習など

閉じる

デザイン学科

講義・学問分野

[グラフィックデザインコース、イラストレーションコース、デジタルメディアコース、デジタルアーツコース、プロダクトデザインコース、空間デザインコース、デザインプロデュースコース]
主な講義名/グラフィックデザイン、ビジュアルアーツ、デザインマネジメント、デザイン史、写真、プリントメディアデザイン、プロダクトデザイン論、インテリアデザイン演習、デザインプロデュース、マーケティング論、素材表現、コミュニケーションデザイン論、デジタルコンテンツ制作、展示空間論など

閉じる

工芸学科

講義・学問分野

[金属工芸コース、陶芸コース、ガラス工芸コース、テキスタイル・染織コース]
主な講義名/工芸論、工芸史、日本美術史、デザイン史、表示造形、陶器実習、テキスタイルアート実習、ガラス工芸実習、染織論、服飾史、鋳金実習、金工実習、焼成実習、製図演習、基礎デジタルデザイン演習、プレゼンテーション演習、3Dモデリング実習、アーツマネジメント演習など

閉じる

写真学科

講義・学問分野

[ファインアート、プロフェッショナル(コマーシャルフォト、スタジオポートレイト、フォト・ジャーナリズム)、映像表現]
主な講義名/写真表現技術実習、写真概論、写真文化史、写真情報論、写真映像論、写真法規、写真照明論、銀塩写真総論、写真法規、デザイン史、特殊映像論など

閉じる

建築学科

講義・学問分野

[建築分野、環境デザイン分野]
主な講義名/ランドスケープ論、都市計画論、環境デザイン実習、景観保全論、建築設計実習、日本建築史、西洋建築史、造園学、建築CAD演習、海外建築事情、建築CAD演習、CGプレゼンテーションなど

閉じる

映像学科

講義・学問分野

[映画、映像、シナリオ、映像学]
主な講義名/日本映画の歴史、映画演出、シナリオ創作論、映画制作論、広告映像論、映像美術論、アニメーション論、映画撮影、デジタル合成演習、デジタル映像編集、音響技術論、特殊美術実習など

閉じる

キャラクター造形学科

講義・学問分野

[漫画コース、アニメーションコース、ゲームコース、フィギュアアーツコース]
主な講義名/キャラクター造形基礎、フィギュア企画制作、漫画原作・アニメーションの歴史、CG映像制作、キャラクターと著作権、ゲームシナリオ、アニメシナリオ、絵本の表現、デジタルコミック演習、メディアミックス、出版・編集の方法、プロデュースの方法など

閉じる

文芸学科

講義・学問分野

[創作(小説・詩・脚本)、ノンフィクション・文芸批評、出版・編集、翻訳・講読]
主な講義名/小説創作演習、絵本制作演習、コピーライト入門、日本語の文法、文芸と創作、イギリス文学の世界、フランス文学の世界、ドイツ文学の世界、エディトリアル演習、シナリオ制作演習、写真表現演習、Web制作演習、DTP演習、ライトノベル論など

閉じる

放送学科

講義・学問分野

[制作コース、アナウンスコース、広告コース、声優コース]
主な講義名/ドキュメンタリー論、イベント企画論、広告の企画と表現、文章表現演習、放送特講、マーケティング、アナウンス概論、発声基礎演習、アクセントの基礎、ナレーション実習、外国映画アフレコ実習、アニメアフレコ実習、声優学概論、レコーディング実習、ダンスレッスン、演技表現技法、声楽など

閉じる

芸術計画学科

講義・学問分野

[アートプロデュース、イベントプロデュース]
主な講義名/アートとイベント、制作トライアル演習、スタートアップ演習、展示デザイン論、スタジオ演習、くらしとアートプロデュース、アートプロデュース演習、イベントプロデュース演習、広報・広告演習、企画書作成演習、プレゼンテーション演習、キュレーション論など

閉じる

舞台芸術学科

講義・学問分野

[演技演出コース、ミュージカルコース、舞踊コース、ポピュラーダンスコース、舞台美術コース、舞台音響効果コース、舞台照明コース]
主な講義名/舞台芸術史、戯曲史論、バレエ音楽研究、日本舞踊研究、古典芸能研究、モダンダンス、シアターマネジメント、舞台音響効果基礎実習、ヴォイストレーニング、舞台照明実習、ミュージカル演習、ステージデザイン、ポピュラーダンス実習、ダンス振付け演習、演技基礎演習など

閉じる

音楽学科

講義・学問分野

[音楽・音響デザインコース、音楽教育コース]
主な講義名/ソルフェージュ、コード理論、対位法、音楽・音響デザイン、吹奏楽、音楽指導基礎理論、ポピュラー作・編曲法、アンサンブル指導法、オペラ論、指揮法、音楽マネージメント、音楽制作演習、音楽スタジオレコーディング、サウンドスケープ研究、合奏指導法など

閉じる

演奏学科

講義・学問分野

[ピアノコース、声楽コース、管弦打コース、ポピュラー音楽コース]
主な講義名/ソルフェージュ、コード理論、対位法、指揮法、合唱、西洋音楽の歴史と理論、吹奏楽、弦楽合奏、即興演奏、ポピュラーアンサンブル、DTM実習、音楽教育学演習、オーケストラ、現代音楽論、音楽マネージメント、器楽合奏法、ロックアンサンブル、ブルース・ファンクサンブルなど

閉じる

初等芸術教育学科

講義・学問分野

[初等教育コース、芸術療法コース]
主な講義名/家庭科指導法、社会科指導法、国語科指導法、体育科指導法、図画工作科指導法、外国語活動に関する指導法、初等教育論、生徒指導論、特別活動指導法、臨床心理学概論、教職概論、こどもふれあい体験実習、ピアノ、心理療法演習、絵画・造形療法論、コミュニケーション演習、教育心理学など

閉じる

学部の特色

企業や地域と連携、実社会で自己を磨く「産官学連携プロジェクト」

総合芸術大学ならではの多様性を生かし、地域活性化事業や企業の新商品開発などの共同研究に積極的に取り組んでいます。例えば、デザイン学科の学生は、大阪北浜にある資生堂ビルのウィンドウアートを企画・プロデュースしました。
このほか、民放テレビ局とのドラマ制作、アートを活用した地域振興プロジェクトなど、全学科で多彩なプロジェクトを展開。さまざまな現場での体験は学生の創造力の可能性をさらに高める機会となっています。

閉じる

日々の成果を発表するイベントが盛りだくさん!

年間を通し日々の創作活動の成果を社会へ発表するイベントが多くあるのも本学の特長です。全て学生が企画運営した「デザインフォーラム」、学科の垣根を超えたコラボレーションで制作された「甲子園のワイプCM」、生演奏で行われる「オペラ公演」など、多くの芸術活動が行われています。

閉じる

学べること

アートとテクノロジーが交差する「新たな光のアートサイエンス」

アートサイエンス学科

アートとテクノロジーを交差させ、新しいモノづくりに挑戦する

今、先端テクノロジーを生かした新しいアート表現やデザイン製品、斬新なサービスが次々と生まれています。社会が求めているのは、先端のテクノロジーを理解し、クリエイティブな発想で自由に組み合わせて、暮らしの未来を創造するクリエイター。アートサイエンス学科では、文系・理系・芸術系の枠にとらわれない自由な発想と取り組みで、先端テクノロジーを使って新たなカタチにするまでのスキル、知識、実践のすべてを身につけることができます。

〔アートエンターテインメント領域〕
インタラクティブアート(観客が参加することで完成する芸術作品)、インスタレーション(場所や空間全体を作品として体験させる芸術)などを扱います。
〔先端デザイン領域〕
インタラクションデザイン、IoT、ロボティクスなどを扱います。

【授業・講義】
ゼロからクリエイティブに挑戦!「0×0=∞プロジェクト」

「0×0=∞プロジェクト」とは、アートサイエンス学科の学生と高校生がプロフェッショナルと一緒になって、ゼロからクリエイティブに挑戦するプロジェクトです。
本学客員教授/アーティストである村松亮太郎教授とクリエイティブカンパニーNAKED Inc.と一緒に、企画・演出・構成なを手がけた、アートとテクノロジーが総合する「新たな光のアートサイエンス」作品を制作しています。この体験を通じて、学生たちの想像力や可能性を最大限に引き出し、未来を切り拓くチカラを育みます。
2017年度から始まった、あべのハルカス展望台−ハルカス300−を舞台に制作した作品のイベントは、今回で5回目を迎えました。

閉じる

自分の表現を見つけ、芸術を追究

美術学科

芸術そのものの本質を究める

「何をどう表現するのか」を問いかける教育で、自分の表現を見つけ、芸術を追究します。1年生で油画・日本画・版画・彫刻すべての分野の実習を体験し基礎技能を習得。2年生からは4コースに分かれ、表現を深めていきます。

〔油画コース〕
平面・立体の両分野の表現技術を磨いた上で、具象、非具象(新しい素材や表現を取り入れた領域の絵画)の2分野から自らの表現技法を豊かにします。
〔日本画コース〕
絵画芸術共通の基礎力と平面・立体表現の基礎を修得し、日本固有の表現に対する考え方や構想の立て方、技法などを学びます。また、デッサンや写生を繰り返し、日本画固有の画材の扱い方も訓練します。
〔版画コース〕
版画の多様な表現技法を身につけるため2年生で木版、リトグラフ、銅版、シルクスクリーンの4つの版種を体験します。3年生からは自分に合った版種を選び、オリジナリティのある作品制作に取り組みます。
〔彫刻コース〕
木彫、金属、塑造、さらに身近でさまざまな素材が表現の対象。代表的な表現法であるモデリング(塑造・鋳造)とカービング(木彫)を通じて自然界の物事をとらえる目を養い、デッサン力を身につけます。

【授業・講義】
ハリウッドから生まれた特殊造形、特殊メイクを学ぶ「特殊美術実習」

本学科は、学びの領域を広げて感性を刺激する取り組みを推進。「特殊美術実習」もその一つであり、特殊造形や特殊メイクと呼ばれるハリウッドの映画業界から生まれたリアリズムを追究する造形技術やアートメイクを学びます。

閉じる

デザインについて多面的に学ぶ

デザイン学科

実践的なカリキュラムで、実社会で活躍できる力を育成

デザインの対象が多様化し、進路選択の幅が広がりつつある現代に対応したカリキュラムを用意。1年生は基礎を身につけ、2年生以降、各コースの専門性を追求することで、実社会のあらゆる分野で活躍できる能力を育成します。またデザインの現場で力を発揮できるよう、他分野との連携や意思伝達のノウハウ習得を重視。マーケティングやコンセプトワーク、プレゼンテーションなどの能力を養う科目も充実しています。

〔グラフィックデザインコース〕
広告や雑誌、パッケージなどのデザイン技法を学びます。
〔イラストレーションコース〕
ドローイング、ペインティング、シルクスクリーンなどイラストレーションに必要な技術を学びます。
〔デジタルメディアコース〕
各種先端メディアで、デザイナーの視点でその優れた表現方法や技術を学びます。
〔デジタルアーツコース〕
デジタルアートテクノロジーに主眼を置き、実践的な作品制作を通じてさまざまな表現方法とノウハウを習得します。
〔プロダクトデザインコース〕
日常生活に必要な製品を例に、商品の企画を想定してデザイン提案、開発、プレゼンテーションまでを実践的に学びます。
〔空間デザインコース〕
建築、インテリア、照明、ディスプレイなど全ての空間デザインをトータルに習得します。
〔デザインプロデュースコース〕
デザイナーの視点で企画提案ができるプロデューサー、プランナー、クリエイティブディレクターを育成します。

【授業・講義】
身近なモチーフを出発点に、デザインを体験的に学ぶ「ハイパープロジェクト」

事例観察やグループディスカッションを通じて、デザイナーの視点やデザインの多様な側面、広さと深さを発見し、「デザインの考え方」の基本と、ロゴ、商品、コミュニケーションアイテムなどを各自の得意な方法での制作を通じて「デザインの作り方」の基本を学びます。これら一連のデザインプロセスをクラスで共有して、全体的なスキルアップをめざすとともに、デザインの現場やギャラリー見学の機会を設け、幅広い視野を養います。

閉じる

多彩な素材に出会う

工芸学科

素材とカタチの美を追究

2年生から4コースに分かれ、自分なりの自由なアプローチで工芸の世界を探究。日本屈指の大規模な工房や設備がそろう工芸専用棟で制作に打ち込みます。

〔金属工芸コース〕
金属を溶かし鋳型に入れて成形する技法「鋳金」、金属に力を加えて成形する技法「鍛金」、主に鏨(たがね)という工具を使い金属を装飾する技法「彫金」の3つを身につけ、自由に金属造形に挑みます。
〔陶芸コース〕
手びねりやロクロによる成形、石膏型による鋳込みの成形、さらに色化粧や上絵付・釉(うわぐすり)の研究、窯の焼成まで。経験豊富な陶芸作家のアドバイスのもと、土・火・水と対話し、自らを表現します。
〔ガラス工芸コース〕
ガラス工芸の基本である熔解作業、溶解窯での吹きガラス、サンドキャスト技法などのホットワーク、電気炉を使用してガラスを成形するキルンワークなど、ガラス素材の可能性を生かし、自由な創作活動を行います。
〔テキスタイル・染織コース〕
布の文化も探究し、染色技法や繊維素材を布へと展開する織技法、イメージをコンピュータで表現するテキスタイルデザインなど、伝統的な染織と最先端のテキスタイルの両方に触れ、独自の作品制作に挑みます。

【授業・講義】
社会に出て活躍することを主眼に置いた実践的な学び

現代のコンピュータ中心のデザイン分野においても、実社会が求めるのは「実際にものづくりを経験したうえでデザインができる人材」です。
工芸学科では、従来の工芸作家や職人の育成もめざしながら、デジタルツールのスキルやプレゼンテーション力を強化するカリキュラムなどを取り入れることで、企業のニーズに対応でき、また、社会で実際に活躍できる技術と知識、力を持った人材を育成します。

閉じる

写真表現の多様性を研究

写真学科

アート・商業写真・先端の映像表現を追求

芸術的写真表現「ファインアート」、商業写真の技術「プロフェッショナル」に加え、新たな分野「映像表現」の3分野を学びます。

〔ファインアート〕
一人ひとりの感性を尊重した、自由な写真表現をサポート。また、写真の枠を超えてビデオやコンピュータを駆使し、幅広い芸術表現の探究も支援しています。
〔プロフェッショナル〕
コマーシャルフォト、スタジオポートレイト、フォト・ジャーナリズムの3つの領域を通して、それぞれの分野を往来できる人材を育成します。
〔映像表現〕
デジタル一眼レフによる動画の映像技法やパソコンを用いたノンリニア編集、4K・8Kといった高精細映像から水中撮影、ドローンによる空撮まで、幅広く学びます。

【授業・講義】
写真表現の歴史と未来を探る

「写真作家行動論」の授業では、有名な作家の作品や現代作家の行動を研究。作家になれるまでの軌跡や作品が生まれる過程もたどります。

閉じる

建築という共同作業を理解

建築学科

1年生から実習を重視。プロとしての応用力を育てる

工学技術系の建築学とは異なり、感性やデザインを重視する設計を修得するため、1年生から一貫して実技を重視。芸術の広い領域をカバーする総合芸術大学で学ぶ建築は、既成概念を払拭した自由な建築デザインの可能性を追究できます。
「建築」と「環境デザイン」の2分野を設け、人間のライフスタイルや社会活動に芸術的影響を与えられる建築デザイナーや、地球環境への取り組みをデザインとして視覚化し、都市と自然のバランスの取れたランドスケープを生み出せる環境デザイナーをめざします。

【授業・講義】
共同作業としての建築の考え方を理解

「グループ制作実習」として、構想からプレゼンテーションまでをグループで行う合同課題を提示。実際に大阪にある建築物のリノベーション(再構築)を提案するというリアルな課題や、建築デザイン競技コンペなどに取り組みます。

閉じる

映画制作の全てを学べる

映像学科

学内の撮影所を使い、映画制作のすべてと映像を学ぶ

本格的に映画を学べる日本で数少ない学科です。それぞれの分野の専門性を追究し、本格的な制作活動に取り組みます。

〔映画〕
映画制作の全プロセスを体験します。特に、映像撮影の基本となるカメラの構造と機能、フレームのフォーマットとカメラサイズ、レンズの特性、フィルムの種類と性格などについては、実際の撮影作業を体験し学びます。
〔映像〕
長短編ドラマをはじめ、ドキュメンタリー、表現映像、アートアニメーション、CMなど多彩な作品づくりに挑戦し、自身の取り組みたいジャンルを発見します。“わかりやすい作品”づくりを意識した指導を行っています。
〔シナリオ〕
良いシナリオが無ければ、良い映画はできません。まず基本的シナリオ技術と手順を学び、15分作品から30分作品へと段階をふんで、企画書とシナリオ技術を身につけます。
〔映像学〕
映像学は、映像史・作家論・作品論・ジャンル論・様式論・メディア論など他の学問との連携のうえに成り立っています。古今東西の優れた映像に触れながら、次代の映像作品をプロデュースする各種ノウハウを修得します。

【授業・講義】
デジタル時代に生かす特撮の技術を学ぶ

「ゴジラ」をはじめとする怪獣映画、SF映画などで、映画の山場をドラマチックに盛り上げてきた「特撮」。開講される「映像美術論」では、今後実際に撮影することも視野に入れ、特撮の歴史やテクニックについて学習。

閉じる

多彩な授業&実習で創造力に磨きをかける

キャラクター造形学科

漫画、アニメ、ゲーム、フィギュアを中心に、次世代のクリエイターをめざす

魅力的なキャラクターをつくる方法を「キャラクター原論」として学び、創作活動の中心にすえるのが本学科の学びの特色です。2年生からは興味と関心に応じて、漫画、アニメーション、ゲーム、フィギュアアーツの4コースに分かれ専門性を追究し、自由な発想力のクリエイターをめざします。

〔漫画コース〕
確固たるキャラクターを制作することからスタートし、キャラクターを生かした原作、作画を学びます。プロデューサーやディレクターの視点を養うため、漫画編集や批評の方法も学びます。
〔アニメーションコース〕
キャラクターの魅力を引き出すアニメーションについて、作画技術の基礎から高度な表現技術へと学びを展開。これからのアニメーションの可能性についても探ります。
〔ゲームコース〕
ゲーム開発の根本にあるものを探りながら、最新技術を駆使したゲーム制作のすべてを習得します。
〔フィギュアアーツコース〕
キャラクターづくりに関わる幅広い知識をもとに、フィギュア造形や制作の技術を磨きます。

【授業・講義】
学生が運営する学科最大のエキシビション「Q展」

“Q展”は、毎年本学科2年生が中心となって運営する学科最大の展覧会です。授業で学生が制作した課題作品を、一度に見ることができます。学科で学べるすべての分野の内容や、身につけられる能力がわかり、また、在学生の実力や意欲が伝わる場にもなっています。興味のある人はぜひ見に来てください。

閉じる

想いや考えを伝える技術を学ぶ

文芸学科

“言葉”であらゆる感動をつくり出す

「創作」の基礎となる感性や理論、技術をしっかり学べる体制と、現代文芸の新しい動きを取り入れた魅力的な科目が満載のカリキュラム。
ライトノベル、SF、エンターテインメント小説、ファッション雑誌からサブカルチャーまで学びの領域の広さとキャリア、職業観を意識した実践的な科目構成が特長です。

〔創作(小説・詩・脚本)〕
自分のテーマと切り口をしっかり確立させ、言葉を磨き、書く力を徹底的に育てます。
〔ノンフィクション・文芸批評〕
まずはものを見る独自の「視点」を養います。文芸から演劇、時事問題まで多様な分野への関心を深め、論じる力をつけます。
〔出版・編集〕
「何を伝えたいか、切り取りたいか」時代を見抜く感性と編集力を養い、出版・編集業界にとどまらない活躍をめざします。
〔翻訳・講読〕
海外文学や映画の魅力を発見し、歴史や地域性をふまえた言葉の持つ力を引き出します。

【授業・講義】
ライトノベルから純文学まで、学生たちが主体となって文芸発行に挑戦

「藝大びより」「藝大我樂多文庫」「文藝」など、本学からの発信であり作品の発表の場である文芸誌。制作するのは文芸学科の学生です。なかでも「藝大びより」は、編集を学ぶ授業の課題として1年間で32ページを制作。企画会議から始まってグループで何本かの記事企画を進行し、取材や写真撮影、原稿書き、レイアウトまでも担当します。
「それ、記事になるの?」と思う異色企画も目白押し。自由で楽しい制作現場です。

閉じる

表現者としての力を身につける

放送学科

思いを電波にのせて...「正しい」も「楽しい」も発信

ジャーナリズムの基本を学び、テレビやラジオ、デジタルコンテンツにおける情報を伝える力を養います。放送局さながらの最新設備の中で学び、メディア産業のプロとして高い専門性を身につけることを目標としています。
2年生からは4コースに分かれ専門技術を学びます。共同作業も数多く体験します。

〔制作コース〕
テレビ、ラジオ、ドラマ、ドキュメンタリーなどの番組を学生だけで制作。放送だけでなく、広告やメディアについても学べ、各分野が融合するこれからのメディア業界の全貌を理解します。
〔アナウンスコース〕
正しい発声法、呼吸法、正確な日本語などを実習によって習得し、プロのアナウンサーをめざします。コミュニケーションやこれからの放送や報道を考える授業も履修し、放送人としての感性を研ぎ澄まします。
〔広告コース〕
テレビやラジオのCM制作を通して、コンセプトワークからストーリー、絵コンテ、ナレーション、タレント選び、撮影、編集、録音までの全てを体験。制作過程では、マーケティングの手法も学びます。
〔声優コース〕
正確な言葉、発音、発声法で聞きやすく伝えるアナウンス技法をふまえ、自分の声のキャラクターを生かした表現ができる能力を育てます。舞台芸術、身体表現芸術、アニメーション、映像など他分野と関連づけながら幅広い知識、表現技法を体得できる学びもあります。

【授業・講義】
共同作業も取り入れた作品制作を通じて、豊かな表現力を養う

制作コース/「制作実習(スタジオ・中継)」で、ディレクターとして番組制作に参加したり、中継車を活用してニュース番組を制作。「制作実習(番組制作)」では、ドキュメンタリーやドラマ、ラジオをつくり、豊富なノウハウを習得します。
アナウンスコース/「アナウンス実習」で読む、話す、聞くための基本技術をマスター。「ドキュメンタリー論」では、ドキュメンタリー映像の持つ力と可能性を認識し、報道に携わる者としての問題意識やモラルを高めます。
広告コース/「広告実習」では、生コマーシャル、VTRコマーシャルの制作体験。「広告表現演習」では実在のブランドを立案し、プレゼンテーションを経てキャンペーンを成立させるまでを体験します。
声優コース/「声優学概論」で、演技者として役に取り組む姿勢、正確な滑舌のうえに成り立つ役づくりを行います。声を使い演技をするためには何が大切なのか、その基本を理解します。

閉じる

ワクワク、ドキドキする場をプロデュースする

芸術計画学科

生活や企業の課題を解決するプロデュース力をつける

発想力と実践力を鍛え上げ、アート、スポーツ、音楽、町おこしイベント、ウェディングなど、さまざまな分野の課題を解決するスキルを学びます。

〔アートプロデュース〕
絵画、彫刻、建築、文学など、芸術全般に関する深い知識を生かし、展覧会、博覧会、アートイベントをプロデュース。アートと人のしあわせな出会いの場を提供します。
〔イベントプロデュース〕
人気の音楽フェスをはじめ、スポーツイベント、町おこしのための地域イベントなど、さまざまなイベントプロデュースを行います。活躍の場は多岐にわたります。

【授業・講義】
イベントやプロジェクトに参加し、芸術文化と社会をつなぐ

〈JR福島駅 壁画プロジェクト〉
マイナスイメージを抱えがちな駅の高架下にペイントを施すことで、街のイメージを「明るい」「楽しい」といったものに導くことができる。そんな考えのもと、芸術計画学科の学生が企画運営の中心となり、巨大壁画を完成させました。
〈大阪芸術大学×URアートプロジェクト〉
URの団地内にあるオブジェや壁画などのパブリックアートをリサーチし、そこに住む人々との交流につながるアートプロジェクトの企画を行っています。

閉じる

全員で舞台づくりに取り組む

舞台芸術学科

劇場が教室。上演につぐ上演。舞台という総合芸術に挑む

舞台の上演を大前提に、実際に計画、準備、練習し、舞台づくりに取り組みます。さまざまな舞台をめざす者、それぞれの専門を生かして、それを支える者、そんな舞台に関わる者たちが共に学ぶことで、お互いの仕事を知り、自分のめざす道をより豊かにしてくれる場がここにあります。

〔演技演出コース〕
発声・発音、感情表現、セリフ回しのトレーニングを重ね、2年生で公演を実施。さらに3年生の学内公演、4年生の卒業公演を経て、演技者、演出者としての実力を磨きます。
〔ミュージカルコース〕
身体訓練や発声、台本の読解をベースに、歌唱力や演技力、感性を養います。ダンスは基礎からスタートし、ボイストレーニングによってミュージカルに適した発声法を身につけます。
〔舞踊コース〕
作品としての舞台表現を追究。バレエ分野では、古典的な作品を含め多数の作品に挑戦。コンテンポラリーダンス分野では、リズム感を基本に表現技術を磨きます。
〔ポピュラーダンスコース〕
ストリートダンスをはじめ多彩なダンスを学習し、エンターテインメント業界で活躍できるプロダンサーとしての基礎を培います。
〔舞台美術コース〕
舞台デザインのテクニックを習得します。言葉から発想するイメージで風景を描く訓練を実践し、設計図の作成やそれに基づいた模型制作を通して、立体の感覚を磨きます。
〔舞台音響効果コース〕
舞台音響に関する全てのプロセスを身につけます。効果音の制作、レコーディングの基礎知識、オペレーションの技法を土台に、学内・学外公演で実践力をトレーニングします。
〔舞台照明コース〕
舞台芸術のジャンルごとに照明表現の特性を探り、電気工学、照明工学、色彩学、心理学など表現の背景となる知識を学びつつ、光の性質を生かした演出法をマスターします。

【授業・講義】
ミュージカル実習

ブロードウェイ・ミュージカルをはじめとする代表的なミュージカル作品を教材に、舞台で必要とされる歌唱力や演技力、ダンステクニックを4年間で修得します。

閉じる

音楽と音の世界にアプローチ

音楽学科

創作からプロデュース、クラシックからコンピュータ音楽まで、幅広く音楽の可能性を追求する

作曲家やレコーディングエンジニアなど新しい音楽、音響デザインの創造者、中学校・高校の音楽教諭や演奏指導者など社会が求める音楽教育者を育てます。また、他学科とも多くの機会で交流し、お互いに創作や演奏で協力して創っています。音楽工学の最新設備も充実。日本の伝統音楽である雅楽実習も人気です。

〔音楽・音響デザインコース〕
まず、コンピュータと音楽が融合して生まれる世界に迫ります。器楽曲や合唱曲、管弦楽曲、映画音楽の作曲にも挑戦でき、さらに演奏技術やPAなど音響システムも学べます。また、各国音楽文化の比較や民族音楽の研究も可能。既成概念にとらわれず音楽と音の世界にアプローチできます。
〔音楽教育コース〕
音楽教員をめざして教員免許状を取得したい人のために最適なカリキュラムを編成。演奏の専門学習と教育・指導力を養う学習を両立できます。ピアノや声楽のほか、さまざまな楽器や演奏法、アンサンブルの知識を学び、音楽の楽しさだけでなく習得する厳しさも理解し、教育へと生かします。

【授業・講義】
創作から演奏テクニック、教育・指導力の習得まで幅広いカリキュラム

音楽・音響デザインコース/「音楽制作演習」でクラシックの作曲理論を学び、作品分析を通して創作へとつなげます。課題作曲から自由作曲へとステップアップします。「レコーディング」の授業では、ホールやスタジオでの音響システム、機器の取り扱いを学びます。
音楽教育コース/「音楽教育学」で、合唱や唱歌による教育をはじめ、音楽教育の国内外の変遷を見ながら、これからのあり方を考えます。教職課程科目の1つである「音楽科指導法」の授業では、年間の指導計画、学習指導案づくり、評価法など、教育現場で必要な知識・技術を身につけます。

閉じる

学内外で多数の演奏会を開催

演奏学科

テクニックはもちろん音楽ジャンルや専門性の枠を超えた学びで、自分の演奏表現を追求

プロとして通用する演奏技術や感性豊かに謳いあげる表現力、あるいは指導者としての教育力を培い高めることが、演奏学科における最重要テーマ。心ゆくまでレッスンに打ち込める防音レッスンスタジオや学内ホール、劇場、貴重な資料・楽譜などを閲覧できる図書館など、充実した施設・設備を誇り、日頃の練習の成果を発表できる学内外でのコンサートや舞台を多数開催する、実践教育が魅力です。

〔ピアノコース〕
カリキュラムは実技中心ですが、作品研究の充実も特色です。ピアノデュオ・ピアノアンサンブルなど他の演奏者との呼吸を大切にする学びで、アンサンブルの感覚を磨き、演奏テクニックの追究だけにとどまらない豊かな演奏をめざせます。
〔声楽コース〕
イタリア、ドイツ、フランス、日本の歌曲研究と、4年間を通じてのオペラ研究に主軸を置いた演奏家教育を行っています。ダンスの授業もカリキュラムに取り入れ、ミュージカルを志す学生にも充実した体制です。
〔管弦打コース〕
バロックから近代音楽まで幅広い作品を教材にテクニックを磨きます。学内のオーケストラで演奏できるだけでなく、交響曲、オペラ、ミサ曲など多様なジャンルの曲に触れることができます。
〔ポピュラー音楽コース〕
ジャズ、ロック、ラテンとポピュラー音楽の幅広いジャンルを網羅。多くのジャンルに触れながら、自分のスタイルを発見します。1年生から学生同士の自主的なバンド活動を進め、やりたい音楽を自分たちで見つけ、つくり出す意識が成長を促します。また楽器だけでなく、新たにミュージッククリエイター(DTM・DAM/PA・SR/プロデュース)、ポピュラーコンポーザー(作曲・アレンジ)、シンガーソングライターの3専攻を2020年度より開設予定であり、学びがより広くなります。

【授業・講義】
まさに総合芸術!圧巻のオペラ公演

オペラ公演で1年間の学習成果を発表します。毎年恒例の一大イベントで、キャストはもちろん、オーケストラや合唱もすべて本学科の学生・大学院生から選考。プロの声楽家として活躍する先生の指導のもと、実力を最大限に発揮する発表の場となっています。公演の練習はすべて単位として認められ、第40回は2019年3月に、高円宮妃久子殿下原作の「氷山ルリの大航海」を上演しました。

閉じる

芸術を通して子どもの感性を育てる

初等芸術教育学科

子どものこころをはぐくむ初等教育。子どものこころをいやす芸術療法

初等芸術教育学科では、少人数制の授業と豊富な実習が魅力です。附属幼稚園が4ヵ所あり、2、3年生は週1回、教育現場で実習する「こどもふれあい体験実習」を実施。さらに、学科イベント「キッズアートカレッジ」では子どもたちを大学に招き、造形活動や音楽鑑賞などを通じて創造の楽しさを体験する、子どもと実際にふれあうことを重視した、実践的な学びを行っています。

〔初等教育コース〕
小学校教諭一種・幼稚園教諭一種の免許状と保育士資格取得を視野に入れたカリキュラムを編成。「教育」と「心理」に関わるさまざまなアプローチとともに、絵画や音楽などの「芸術」が子どものこころに及ぼす影響と役割を理解。子どもの生きる力を育てる芸術的な感性をはぐくむ方法を養います。
〔芸術療法コース〕
初等教育コースと同様、小学校教諭一種・幼稚園教諭一種の免許状と保育士資格取得を視野に入れたカリキュラムを編成。特色は、心理療法、絵画・造形療法、音楽運動療法など、こころのいやしにつながる科目を多様に配置していること。心理学や医学、生理学なども履修します。

【授業・講義】
感性豊かな「こころ」をはぐくむ

少人数制授業と豊富な実習が魅力! カウンセリングマインドをもつ教育者をめざし、多様なアプローチによる学びを展開。「音楽」「身体」「造形」などの芸術学習や芸術表現、4つの附属幼稚園を中心にさまざまな教育・福祉施設での学外実習によって子どもとのコミュニケーションを実践的に学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

〈求める学生像〉

芸術学部では「美を追究するマインド」「創造性と独創性」「社会創造・社会貢献へのマインド」「境界領域への開拓精神」を備えた人を求めます。

※各学科のアドミッションポリシーについては、「学生募集要項・入試ガイド2020」をご参照ください。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ