大学入試センター試験の最新情報をお届け!

おおさかしょういんじょし

大阪樟蔭女子大学

私立大学 大阪府

児童教育学部の詳細情報

※2018年4月、名称変更

学科・定員・所在地

学科・定員

児童教育学科(予定170名)
※2018年4月、名称変更。2019年4月再編構想中

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●就職決定率7年連続で100%(759人)! 卒業後は教育現場を中心に幅広い業界で活躍
●時代の変化に対応して進化する児童教育学科
●全国でも数少ない課程認定校で絵本の資格(認定絵本士)取得をめざす

本学部は教育現場の変化に対応するため、「中学校教諭一種免許状(英語)」の課程導入や「認定絵本士」の専門授業の新設、さらに取得免許状・資格を中心としたコースの再編など、進化を続けていきます。
「就職決定率も7年連続100%」(2011〜2017年卒業生)と、高実績を維持しています。
子どもの個性や可能性を伸ばす先生を育てるため、学生主体のワークショップ「子育てカレッジ」などを通し、直接子どもと関わりながら学べます。また、学部独自の「海外研修制度」があり、ニュージーランドにある提携校で学びながら、「現地の幼稚園や小学校で実習」が体験できます。
2019年度からは、1年次秋期より「幼児保育」「児童教育」「教科教育」の3コースに分かれ、教諭一種免許状(幼・小・中)・保育士資格の取得をめざすことができます(予定)。

【学生数】600人(2017年5月現在)
【専任教員数】12人(2017年5月現在)

児童教育学科※2018年4月、名称変更。2019年4月再編構想中

講義・学問分野

子どもと芸術表現、保育所実習、英語圏の乳幼児への日本文化教育、児童教育学、総合演習、母子保健学、児童福祉、保育実習 など

閉じる

学部の特色

卒業生の約9割が保育園や幼稚園など教育・保育の現場で活躍

就職決定率7年連続で100%(759人)! 卒業後は教育現場を中心に幅広い業界で活躍

採用試験に向けた勉強会では履歴書の書き方や面接の指導など授業以外での個別フォローも万全で、7年連続で就職決定率100%を達成(759人:2011~2017年3月卒業・就職希望者実績)。保育園や幼稚園、小学校など教育・保育の現場が、進路の約9割を占めています。

閉じる

卒業生の活躍できる可能性を最大限にするため、学びを進化!

時代の変化に対応して進化する児童教育学科

近年、教育現場は大きな変革の時にあり、本学科はその変化に対応し、時代のニーズに沿って、大きく発展・進化を遂げています。

(1)「中学校教諭一種免許状(英語)」の取得が可能に!
「小中一貫校」の設立が推進されている現場を背景に、本学では「中学校教諭一種免許状(英語)」課程を設置。卒業後に活躍できる場を拡げるため、いち早く環境を整えています。
(2)取得免許・資格に沿って、3つのコースに再編!
幼児期・児童期・生徒期を系統的に学ぶことができるよう、コース再編を実施します。
※2019年4月計画中

閉じる

専門授業を通じて、教育現場で活かせる実践力を修得!

全国でも数少ない課程認定校で絵本の資格(認定絵本士)取得をめざす

2018年度より、全国でも数少ない「認定絵本士」(国立青少年教育振興機構認定)の資格が取得可能になります!さらに「認定絵本士」取得した卒業後、一定の実践・実務経験を経て十分な資質が備わったと認められた者は、「絵本専門士」を取得することができます。

「認定絵本士」とは、社会で求められている「読書活動」に専門知識と技能をもって貢献する専門職です。子どもの感性、言語力などに大きな影響を及ぼす「読書活動」の重要性は、さまざまな所で指摘されています。
本学科では「子どもと絵本A・B」30コマ(認定絵本士養成講座)の授業を通じて、絵本に関する幅広い知識や技能等を学び、地域や職場で絵本を使って、その魅力や可能性を伝えるための実践力の向上につなげます

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

まず自分が体験し、伝える技術を磨く

児童教育学科

国内外の幼稚園実習など、子どもと触れ合う機会がいっぱい!

〈海外研修〉
ホームステイをしながらオークランド大学の語学学校で英語を学び、さらに、現地の幼稚園や小学校で教育実習を行います。6週間の短期留学と、10か月間の中期留学を選択できます。

〈SHOIN子育てカレッジ〉
地域の人たちと子育て支援について考えようと学生たちが企画から運営までに関わり、劇や音楽遊びなどのワークショップを実施しています。

〈グリムプロジェクト〉
地域ボランティアとの協働による絵本の読み聞かせ活動や被災地でのイベント開催など、子育て支援の取り組みを実践。学生は、子どもや保護者と直接触れ合うことによって、実践力を身に付けることができます。

【授業・講義】
子どもと芸術表現

造形、音楽、文学など授業で学んだ知識や技術を生かして、集団で総合的な芸術表現活動(演劇・ミュージカル・人形劇など)に取り組みます。企画から舞台発表まで体験することにより、芸術表現の諸相を実践的に学びます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】樟蔭学園入試広報課
(06)6723-8274
 【URL】http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/department/jidou

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ