おおさかたいいく

大阪体育大学

私立大学 大阪府

体育学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

スポーツ教育学科(320名)
コ-チ教育コース、体育科教育コース、スポーツ心理・カウンセリングコ-ス
※3年次から3コースに分かれ所属します

健康・スポーツマネジメント学科(200名)
スポ-ツマネジメントコース、アスレティックトレーニングコース、健康スポーツコ-ス
※3年次から3コースに分かれ所属します

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●体育・スポーツに関する幅広い知識の修得とアスリートとして競技力の向上をめざす
●社会性・人間性豊かな体育・スポーツ指導者へ
●スポーツに関わる全ての組織や人々をサポートする専門家になる

スポーツに関する幅広い知識と技術を持った競技者と専門家を育成する体育学部。スポーツ科学に裏付けされた理論を基に、発展、多様化するスポーツ分野への対応力と教育現場で通用する実践力を身に付けます。

【学生数】2128人(2017年5月現在)
【専任教員数】75人(2017年5月現在)
【大学院】スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻 (博士前期課程・博士後期課程)

スポーツ教育学科コ-チ教育コース、体育科教育コース、スポーツ心理・カウンセリングコ-ス
※3年次から3コースに分かれ所属します

講義・学問分野

講義/国際スポーツ論、発育発達論、コーチング論、スポーツ文化論、トレーナー実習、体育科教育学、授業研究、保健体育教職特講、認知・行動分析論、運動学習論、コミュニティダンス論、コーチングの心理学 など

実技/陸上競技、器械運動、水泳、バスケットボール、サッカー、ソフトボール、テニス、ラグビー、バドミントン、柔道、ダンス、なぎなた、障害者スポーツ、海洋スポーツキャンプ実習 など

閉じる

健康・スポーツマネジメント学科スポ-ツマネジメントコース、アスレティックトレーニングコース、健康スポーツコ-ス
※3年次から3コースに分かれ所属します

講義・学問分野

講義/健康・スポーツ産業論、発育発達と老化、スポーツマーケティング、地域スポーツ経営論、スポーツプログラム開発論、スポーツマネジメント実践論、ストレングス・コンディショニング理論、アスレティックリハビリテーション理論、体力科学実験実習、臨床スポーツ医学、栄養管理、スポーツ生理学、企業フィットネス論、スポーツ外傷・障害評価法 など

実技/陸上競技、器械運動、水泳、バスケットボール、サッカー、ソフトボール、テニス、ラグビー、バドミントン、柔道、ダンス、レクリエーション、スポーツコンディショニング実習、エアロビックダンス、海洋スポーツキャンプ実習 など

閉じる

学部の特色

スポーツを科学する力をつける

体育・スポーツに関する幅広い知識の修得とアスリートとして競技力の向上をめざす

本学部は、スポーツ教育学科と健康・スポーツマネジメント学科の2つの学科を設置し、今後ますます発展、多様化するスポーツの分野で求められる、幅広い知識と技術を身に付けた専門家を育成します。トップアスリートやアスレティックトレーナー、保健体育の教員だけではなく、警察官や消防官などの公務員や、健康やスポーツビジネスに関わる仕事など、活躍の場は多種多様です。

閉じる

コーチングについて研究

社会性・人間性豊かな体育・スポーツ指導者へ

スポーツ教育学科では、スポーツを科学的な視点で分析できる実践理論や指導法を修得し、スポーツの発展や人間性・社会性の形成に貢献できる指導者・教育者を育てます。3年次からは3コースに分かれ、めざす進路に沿った専門的なテーマに取り組みます。

●コーチ教育コース
自分自身の競技力向上とともに、多様な状況に対応できる指導者やプロのコーチをめざします。
●体育科教育コース
最新の教育法を学び、授業スキルや実践力とともに、豊かな人間性を備えた信頼される保健体育科教員を育てます。
●スポーツ心理・カウンセリングコース
スポーツ心理学を学ぶことにより、こころと身体のつながりを理解し、心理面からもサポートできる指導者や教育者を育てます。

閉じる

健康づくりのための実践指導法を学ぶ

スポーツに関わる全ての組織や人々をサポートする専門家になる

健康・スポーツマネジメント学科では、生涯スポーツから競技スポーツまで、するスポーツからみるスポーツまで、スポーツに関わる全ての人々と組織をサポートする指導者・専門家の育成を目的としています。3年次からは3コースに分かれ、スポーツ界に貢献できる能力を修得します。

●スポーツマネジメントコース
スポーツの価値を高めるマネジメント手法やスポーツイベント企画運営などを体験し、スポーツビジネスの専門家を育てます。
●アスレティックトレーニングコース
競技者のコンディションづくりや傷害予防など、アスレティックトレーナーとしての知識や技術を修得します。
●健康スポーツコース
スポーツと健康の関わりを学び人々の健康づくりをリードし、医療・福祉の現場で活躍する人材を育てます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

スポーツ教育学科

深い知識と確かな技術を身に付けた、社会性・人間性豊かな体育・スポーツ指導者をめざす

〔1年次〕
教養科目で体育・スポーツの指導者としての豊かな人間性と教養を磨き、専門教育につなげる基礎学力を固めるとともに、学部共通の基礎となる体育・スポーツ科学について学習。

〔2年次〕
スポーツ教育学科の基礎となる講義や実技を学び、また、興味に応じた講義や資格関連科目を選択して学びを広げます。

〔3年次〕
それぞれ選択したコースでの現場体験や実習型の授業を含めた、より専門的な講義や実技もスタート。また演習では指導教員を定め、さらに専門的なテーマで専門分野を深く掘り下げます。

〔4年次〕
研究・実践論文などの作成を中心に、これまで学習・研究してきた内容を確認し、社会で活躍できる指導者としての資質をさらに磨きます。

【授業・講義】
スポーツの実践理論や指導法を多角的に学ぶ

●教育カウンセリングII
近年、教育現場における教師のカウンセリングマインドの必要性が叫ばれており、教育者としての関わりでなくてはできないカウンセリングも存在します。本講義ではNPO日本教育カウンセラー協会の標準テキストに準じて、教育カウンセリングに必要な知識と技術を学びます。

●コーチング論
これまでの選手としての体験を、指導者の立場でとらえて分析する力を養い、実際の現場でコーチングするための「礎」を修得します。現実の教育現場・指導現場の具体例を提示することにより、理想と現実を把握しつつ実践的コーチング法を学びます。

閉じる

健康・スポーツマネジメント学科

運動やスポーツに関わる全ての人々と組織をサポートする指導者、専門家をめざす

〔1年次〕
教養科目で体育・スポーツの指導者としての豊かな人間性と教養を磨き、専門教育につなげる基礎学力を固めるとともに、学部共通の基礎となる体育・スポーツ科学について学修。

〔2年次〕
健康・スポーツマネジメント学科の基礎となる講義や実技を学び、また、興味に応じた講義や資格関連科目を選択して学びを広げます。

〔3年次〕
それぞれ選択したコースでの現場体験や実習型の授業を含めた、より専門的な講義や実技がスタート。また演習では指導教員を定め、さらに専門分野を深く掘り下げます。

〔4年次〕
研究・実践論文などの作成を中心に、これまで学習・研究してきた内容を確認し、社会で活躍できる指導者としての資質をさらに磨きます。

【授業・講義】
スポーツをあらゆる側面から追究する

●臨床スポーツ医学B
近年、生活習慣病の予防のため、スポーツ活動を行う中高年が増加し、年齢や障害の多様化が認められます。そのためスポーツに関わる者には成長期のスポーツ障害から加齢による疾患まで広い知識が要求されます。本講義では、すでにある運動器障害の悪化防止や新たな障害を引き起こさないようにするために、運動器の生理的機能を理解し、発症メカニズムや病態、実践に即した予防法について学びます。

●スポーツマーケティング
スポーツ振興や普及、スポーツ事業を効率よく展開するための「スポーツのマーケティング(marketing of sport)」と、スポーツイベントや選手を宣伝媒体として利用することで利益を得ようとする「スポーツによるマーケティング(marketing through sport)」の2種類があります。本講義では、前者を理解するためにスポーツ消費者(参加者・観戦者)とプロスポーツリーグおよびチーム経営について、後者を理解するためにスポーツ・スポンサーシップについて学びます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ