×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

おおさかたいいく

大阪体育大学

私立大学 大阪府

体育学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

スポーツ教育学科(320名)
コ-チ教育コース、体育科教育コース、スポーツ心理・カウンセリングコ-ス
※3年次からコースに所属します

健康・スポーツマネジメント学科(200名)
スポ-ツマネジメントコース、アスレティックトレーニングコース、健康スポーツコ-ス
※3年次からコースに所属します

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●体育・スポーツに関する知識の修得
●競技の専門教員から各競技の指導方法を学ぶ
●充実したスポーツ施設

スポーツ科学に裏付けされた理論を基に、発展、多様化するスポーツ分野への対応力と教育現場で通用する実践力を身に付けます。

【学生数】2255人(2020年5月現在)
【専任教員数】75人(2020年5月現在)

スポーツ教育学科コ-チ教育コース、体育科教育コース、スポーツ心理・カウンセリングコ-ス
※3年次からコースに所属します

講義・学問分野

講義/国際スポーツ論、発育発達論、コーチング論、スポーツ文化論、トレーナー論、体育科教育学、授業研究、保健体育教職特講、認知・行動分析論、運動学習論、コミュニティダンス論、コーチングの心理学 など

実技/陸上競技、器械運動、水泳、レクリエーション、バスケットボール、サッカー、ソフトボール、テニス、ラグビー、柔道、剣道、ダンス、ハンドボール など

閉じる

健康・スポーツマネジメント学科スポ-ツマネジメントコース、アスレティックトレーニングコース、健康スポーツコ-ス
※3年次からコースに所属します

講義・学問分野

講義/健康・スポーツ産業論、発育発達と老化、スポーツマーケティング、地域スポーツ経営論、スポーツプログラム開発論、スポーツマネジメント実践論、ストレングス・コンディショニング理論、アスレティックリハビリテーション基礎、体力科学実験実習、臨床スポーツ医学、栄養管理、スポーツ生理学、運動プログラム作成法、スポーツ外傷・障害評価法 など

実技/陸上競技、器械運動、水泳、バスケットボール、サッカー、ソフトボール、テニス、ラグビー、バドミントン、柔道、剣道、ダンス、レクリエーション、トレーニング実技、エアロビックダンス など

閉じる

学部の特色

多様化するスポーツ分野に対応する学びを展開

体育・スポーツに関する知識の修得

本学部では、今後ますます発展、多様化するスポーツ分野で求められる幅広い知識と技術を身に付けることができます。トップアスリートやアスレチックトレーナー、保健体育の教員はもちろん、警察官や消防官などの公務員、健康やスポーツビジネスに関わる仕事など、活躍の場は多種多様です。また、本学の学生は、授業やクラブ活動、ボランティア活動を通してフェアプレイ精神、最後までやりとおす力、礼儀正しく真剣に取り組む姿勢などが身に付き、企業からは高い評価を得ています。

閉じる

競技の技術だけではなく、指導方法についても学ぶ

競技の専門教員から各競技の指導方法を学ぶ

全授業のうち実技の割合が約3割(学科によって異なります)。その実技の授業では、陸上・水泳・テニス・サッカーなど競技ごとに授業を展開し、競技の技術を修得するだけではなく、指導方法についても学びます。経験したことのない競技でも、的確な指導もできるようになります。

閉じる

最新設備がそろうS&Cルーム

充実したスポーツ施設

6つの専用体育館と複数の屋外競技場、S&C(ストレングス・アンド・コンディショニング)ルームなどが一つのキャンパスに集結し、充実度は日本トップクラスです。授業終了後、長距離移動せずクラブ施設に直行できるため、時間の無駄なくトレーニングに励むことができます。

閉じる

学べること

スポーツ教育学科

的確な実践理論と指導法を身に付けた、体育・スポーツの指導者を養成

スポーツを科学的な視点で分析できる実践理論や指導法を修得し、スポーツの発展に寄与する指導者を育成。さらに、スポーツを通して豊かな人間性・社会性の形成に貢献できる教育者を育てます。3年次からは3つのコースに分かれて、一人ひとりの目標に合った専門的な学びを追求することができます。

●コーチ教育コース
競技者としての能力を高めながら、プロのコーチとして必要なコーチング理論やトレーニング法を学び、指導力と実践力を磨きます。
●体育科教育コース
体育の授業をどう創るか、どのような指導法が望ましいのかを考え、インターンシップで実践的指導力を修得します。
●スポーツ心理・カウンセリングコース
教育やスポーツの現場で求められている心理学的知識を持つ専門家をめざし、心と身体のつながりと生命の大切さについて学びます。

【授業・講義】
 

●トレーニング計画
スポーツにおけるトレーニング計画の基本的な考え方を学び、種目特性とトレーニング原則の観点から、計画立案に必要な技術・体力トレーニングの時間的配分について理解します。また、個々の専門種目について、年間計画からトレーニングセッション(1回のトレーニング)の計画立案について学びます。

●体力トレーニング論・同実習
トレーニングの基礎知識、現場の話題、最新のトピックスなどに関する講義を通して、健康の維持・増進や体力向上のためのトレーニング理論を学び、実践する力を身につけます。また実技では代表的なトレーニング法を体験し、各自のエネルギー供給能力を推定する技術を修得します。

閉じる

健康・スポーツマネジメント学科

生涯スポーツや競技スポーツに関するマネジメントのスキルを持つスペシャリストへ

子どもから高齢者、するスポーツから見るスポーツまで、スポーツに関わる人々や組織をサポートする専門家を育成し、スポーツの環境づくり、健康づくり、競技者を支えるトレーナーなど、新たな側面からスポーツにアプローチします。3年次からは3つのコースに分かれて、一人ひとりの目標に合った専門的な学びを追求することができます。

●スポーツマネジメントコース
スポーツイベントの企画、指導、施設管理、資金計画など、生活を豊かにするスポーツの環境づくりの専門家をめざします。
●アスレティックトレーニングコース
スポーツ傷害の予防や競技復帰のリハビリ、効果的なトレーニング方法など最新の知識、技術を備えた専門家をめざします。
●健康スポーツコース
人体のしくみや機能、疾病予防に有効な運動処方など、医学的な側面から学び、スポーツ、医療、福祉の現場での活躍をめざします。

【授業・講義】
 

●スポーツマーケティング
競技への参加や用品購入、観戦など、スポーツにかかわる消費活動が学びのテーマ。そのようなスポーツ消費者のニーズを満たし、スポーツ事業経営者とスポンサー企業間の投資と利益の交換関係の成立を助けるための諸活動について学修します。

●テーピング実習
スポーツ指導者が知るべき受傷頻度の高いスポーツ傷害の発生メカニズムを理解し、テーピングを主としたコンディショニングに関する技術について実習形式で学習。ウォーミングアップやストレッチングの特性を理解し、実施できることをめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

〈体育学部〉入学者受け入れ方針

体育・スポーツ・健康について強い興味・関心と学修意欲があり、自らスポーツや運動を楽しむことのできる者を受け入れる。
具体的には、次の資質を持つ者を求めている。
(1)本学の建学の精神と体育学部の教育の目標を理解し、学ぶ意志・意欲を有する者
(2)体育学部での人材養成に必要な基礎的学力・技能を有する者
(3)豊かな教養を修め、専門的な知識・技能、社会に貢献する力、能動的・自立的行動力を伸長させ、調和のとれた人格を形成しようとす る意志・意欲を有する者

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ