おおさかたいいく

大阪体育大学

私立大学 大阪府

大阪体育大学/スポーツ科学部*の詳細情報

新設*仮称・2024年4月開設予定(設置構想中)。記載内容は変更になる場合があります

学科・定員・所在地

学科・定員

スポーツ科学科(520名)新設

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2024年4月、体育学部は「スポーツ科学部」へ!
●競技の専門教育から競技の指導方法を学ぶ
●社会に幅広く貢献できる人材を育成

2024年4月のスポーツ科学部*のスタートに伴い、これまでの2学科(スポーツ教育学科、健康・スポーツマネジメント学科)からスポーツ科学科の1学科になり、スポーツ科学についてより幅広く実践的な視点で学べるカリキュラムを構築します。

【学生数】

2210人(2022年5月現在)

【専任教員数】

74人(2022年5月現在)

スポーツ科学科

【講義・学問分野】

※決まり次第掲載します

学部の特色

2024年4月、体育学部は「スポーツ科学部」へ!

多様化するスポーツ分野に対応する学びを展開

スポーツ科学部*は、「体育、スポーツに関する科学的な理論を理解し、実技能力や実技指導能力、スポーツ組織のマネジメント能力を有する実践的な人材の養成を目的とする。」と定め、スポーツを科学的に学び、的確な実践理論と指導法を身に付けた、体育・スポーツ指導者、およびレクリエーションの実践現場で必要とされる知識と技術を有する専門家の養成を目的として、以下のような能力を身に付けます。
(1)豊かな教養
(2)専門的な知識・技能
(3)調和のとれた人格
(4)社会に貢献できる力
(5)能動的・自立的行動力

競技の専門教育から競技の指導方法を学ぶ

競技の技術だけではなく、指導方法についても学ぶ

全授業のうち実技の割合が約3割。その実技の授業では、陸上・水泳・テニス・サッカーなど競技ごとに授業を展開し、競技の技術を修得するだけではなく、指導方法についても学びます。経験したことのない競技でも、的確な指導もできるようになります。

社会に幅広く貢献できる人材を育成

卒業後は、トップアスリートやアスレチックトレーナー、保健体育の教員はもちろん、警察官や消防官などの公務員、健康やスポーツビジネスに関わる仕事など、活躍の場は多種多様です。また、授業やクラブ活動、ボランティア活動を通して、協調性や主体性、最後までやりとおす力などが身に付き、企業からは高い評価を得ています。

学べること

スポーツ科学科

1年半じっくり学びコースを選択

大学に入学した後、1年半じっくり学んで将来像を考え、2年次後期に、6コースから専門のコースを決めることができます。

◎スポーツ教育コース
◎体育科教育コース
◎スポーツ心理・カウンセリングコース
◎アスレティックトレーニングコース
◎健康科学コース
◎スポーツマネジメントコース

アドミッションポリシー

入学者受け入れ方針

体育・スポーツ・健康について強い興味・関心と学修意欲があり、自らスポーツや運動を楽しむことのできる者を受け入れる。
具体的には、次の資質を持つ者を求めている。
(1)本学の建学の精神と体育学部の教育の目標を理解し、学ぶ意志・意欲を有する者
(2)体育学部での人材養成に必要な基礎的学力・技能を有する者
(3)豊かな教養を修め、専門的な知識・技能、社会に貢献する力、能動的・自立的行動力を伸長させ、調和のとれた人格を形成しようとす る意志・意欲を有する者
※2023年度の内容です

他の学部・学科も調べる

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ