大阪保健医療大学/学部・学科|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

おおさかほけんいりょう

大阪保健医療大学

私立大学 大阪府

学部・学科

学べること

人体の構造や身体機能について実践的に学ぶ

患者さんと向き合い、常に最善な支援を提供するために「自ら考え学ぶ」リハビリテーション専門職者を養成

病気などが原因で障がいのある人に運動・物理療法などを行い運動機能や日常生活動作の回復を図る理学療法士。身体や精神に障がいがある人に対して社会に参加する能力の回復をめざす作業療法士。
理学療法学専攻では、実学実習に加え人間教育にも着目し、障がいのある人と向き合えるセラピストを養成します。医療や福祉の現場だけでなく、スポーツチームのメディカルスタッフなど、活躍の舞台は広がっています。
作業療法学専攻では、学内外での演習・実習を充実することで、年齢・援助方法も多様な現場に対応できる実践力を備えた人材を育成します。

閉じる

臨床の現場で必要な「聞く力」「伝える力」を磨く

各年次ごとにステップアップできるカリキュラムを編成

入学前教育
大学生としての学習方法や講義の受け方、レポートの書き方、自分の将来像の描き方などを入学前にレクチャーします。
医療人づくりの教育科目
チーム医療やリハビリテーション、障がい者福祉など、保健・医療・福祉に関わる分野を幅広く理解し、医療人としての基礎を確立します。
基礎ゼミナール
1年次に基本的なマナーやコミュニケーションスキル、学習スキルなどを、講義や小グループでのディスカッション、発表を通して学びます。ディスカッションには教員も加わります。
臨床実習
国内の一般病院や介護老人保健施設、リハビリテーション施設などで1週間程度の見学・体験実習を実施。実際の臨床現場を理解します。
総合臨床実習
総まとめとして一般病院やリハビリテーション施設で長期間の実習を実施。学んできた知識や技術を活用して、現地セラピストの指導のもと、治療プログラムを立案、実践します。

閉じる

グループ学習で各自の弱点を克服

充実した履修サポートで、確かな力を身に付ける学びを実現

『連携』グループ学習
グループ学習は、学生間の交流と刺激により学習意欲が向上し、着実に知識や技術の習得につながります。『連携』とは、卒業生や先輩とのつながり、ほかの学習機会との連携を意味し、より効果的な学習の機会を提供します。身近な先輩からのアドバイスや実習体験談などの貴重な情報が得られ、より理解が深まります。
ホームルーム(1〜3年次)
学年ごとに実施するホームルーム。学年内での伝達事項や、クラス内での話し合いのほか、勉強のアドバイスや指導などに活用しています。学年が上がると、実習に向けた取り組みや国家試験対策の学習もホームルームで実施します。
履修学習サポート・ラーニンググループ
上級生が修得した内容を下級生に教えることにより、反復学習の効果が得られるグループ学習です。下級生は同じ目標を持つ先輩から刺激を受けながら学ぶことで、さらに高いレベルをめざす意欲の向上につながります。
ダブル・トリプルライセンス取得可能
国家資格のほかにも資格を取得し、ダブル、トリプルライセンスになると、自分のやりたいことに近づけたり、より広い分野で社会に貢献することができます。そのほか福祉住環境コーディネーターのような関連資格取得に応じた講義を受講することもできます。
チューター(担任)制度
各学年に複数の担当チューター(担任)を配属。出席や学習の進行状況を把握します。定期的に面談して、1、2年次は初期支援、3、4年次は臨床実習や国家試験対策に向けたサポートを中心に、履修相談や学習面などの指導を行います。
授業サポート
実習科目を中心に、担当教員とともに学内の教員が授業に入り、知識や技能の修得をサポートします。授業内はもちろん、授業外の時間でも指導にあたった教員が、きめ細かく対応するので理解が深まります。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ