×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

てづかやま

帝塚山大学

私立大学 奈良県

法学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

法学科(95名)

所在地

1~4年:奈良

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●県庁や市役所職員、警察官や消防官などの公務員から企業人まで、将来の目標に合わせて学びを深める
●産官学連携による「特殊講義」や「実務講座」で現場の声を聞く
●実務講座での体験を知識・理論の学びに再接続

県庁や市役所職員、警察官や消防官をはじめとした質の高い公務員や、金融・不動産業界、製造業などへの就職をめざして学びます。自らの描く将来像に応じた法の基礎を徹底的に学んだうえで、社会の現場で生かすことのできる応用力の修得をめざします。また、市役所職員、警察や消防の現場で働く講師による特殊講義や学科独自の就職支援など、社会での活躍を見据えたきめ細かな学びの体制で、社会で求められている能力を高め、現場で活躍できる人材を養成します。

【キャンパス】奈良・東生駒キャンパス
【学生数】447人(2019年5月1日現在)
【専任教員数】13人(2019年5月1日現在)

法学科

講義・学問分野

基礎演習、法学入門、民法、刑法、憲法、行政法、消費者法、民事訴訟法、知的財産法、企業活動と法の実務、企業研究 など

閉じる

学部の特色

現場の声を聞く「実務講座」

県庁や市役所職員、警察官や消防官などの公務員から企業人まで、将来の目標に合わせて学びを深める

県庁や市役所職員、警察官や消防官をはじめとした公務員をめざす「公務員コース」と、金融・不動産業界などの企業就職をめざす「企業コース」の2コースを設置。また、就職に生かせる資格取得を学科独自の対策講座でサポートしています。

◇公務員コース
県庁や市役所職員、警察官や消防官などの公務員になるために必要な憲法や行政法と、刑法、刑事訴訟法、刑事学を学びます。国家・地方の現役公務員による仕事内容ややりがい、採用試験対策などの話を聞くことができる「行政実務講座」、奈良県警本部との提携講座「警察組織と警察実務」や消防組織から講師を迎える「消防組織と消防実務」を開講するなど、公務員になるために必要な専門知識と教養を学びます。

◇企業コース
企業コースでは、ビジネスの現場で活躍するために必要な民法や商法をしっかり学修できるうえに、地域の優良企業の担当者を迎えて、学生が職業観を探求する講義を開講。また、金融業界や不動産業界で必要不可欠な法律の知識や手続きを学べる科目が充実しています。

閉じる

授業の中でさまざまな体験ができる

産官学連携による「特殊講義」や「実務講座」で現場の声を聞く

現職の公務員、警察官、消防官、一般企業の実務経験者を招き、その活動内容や必要な知識と素養、求められる人物像などを知る「特殊講義」や現場での体験談を交えた「実務講座」を数多く開講しています。

◇県庁や市役所職員をめざす学⽣のためのプログラム
「⾏政実務講座」などで県庁や市役所で働く公務員に必要な⼼構えを学び進路を明確にします。公務員試験に必須の憲法・⾏政法・⺠法に加え、実際に働くときに必要な地⽅⾃治法などの知識を深め、県庁や市役所職員などの公務員として活躍できる能⼒を養います。

◇警察官をめざす学⽣のためのプログラム
現職警察官をはじめ警察学校⻑、警察署⻑など要職経験者が講師となり、警察官の活動や⼼構え、資質について講義する「警察官実務講座」や公務員対策のノウハウを持つ教員による⾯接対策講座などを実施する「独⾃の公務員⾯接対策講座」などによって、⾼い志とスキルを備えた⼈材を育成します。

◇消防官をめざす学⽣のためのプログラム
奈良県内の消防組織から講師を迎え、消防の実務内容や現場活動など体験を織り交ぜた講義や、消防官が実際に現場で遭遇する事例を題材にして、消防法や関連法令を学び、消防官という仕事の理解と実務に必要な知識を深め、消防官として活躍できる能⼒を養います。

◇⺠間企業で活躍したい学⽣のためのプログラム
さまざまな業種から地域の優良企業を迎え、学⽣が職業観を探求します。⾦融業界のスペシャリストから話を聞く機会や、「⾦融実務講座」「ファイナンシャル・プランニング講座」「不動産⾦融法⼊門」で⾦融や不動産業界などの⺠間企業で活躍できる能⼒を養います。

閉じる

実務講座での体験を知識・理論の学びに再接続

法学部では市役所、警察官、消防官、労働基準監督官、刑務官、自衛官などの現職公務員による「実務講座」に加え、金融業界などの企業人による「企業研究」「実務講座」を開講し、職業理解のための「実務教育」を行っています。
また現職・実務経験者による「実務教育」に、学部教員による「法学専門教育」、キャリアセンターとも連携した「キャリア教育」の3つをスパイラル形式で連動させるよう取り組んでいます。それぞれの教育の接続と関連を強固にすることで社会のニーズを把握し、公務員・民間いずれにおいても活躍できる人材育成に取り組んでいます。

閉じる

学べること

法学科

【授業・講義】
学んだ法律の知識を実務で生かせるようにするための「実務教育」

◇『行政実務講座』
現職の市役所職員から市役所の業務、仕事のやりがいや辛さ、どういう人材が求められているかなどについての講義を実施します。

◇『警察組織と警察実務』
奈良県警察の現職警察幹部が県内の犯罪情勢や県警の活動を講義します。また、警察本部、県内警察施設(警察学校、その他)の参観も実施するなど、幅広く警察実務を理解できる授業を行っています。

◇『消防組織と消防実務』
奈良圏内の3つの消防組織から、現職の消防官を講師に迎え、消防組織や現場活動などについて講義を実施。消防官の職務について理解を深めます。

◇『特殊講義(企業研究)』
企業の人事担当者から、リアルな企業活動について学びます。社会からどのような知識・能力が求められているかを確認し、職業観を養います。

閉じる

アドミッションポリシー

〈法学科〉の求める学生像

法学部法学科は、教育理念に掲げた人材を育成するために、大学全体のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に定める事項のほか、以下のことを入学者に求めます。

〈求める学生像〉
1.安全で安心して暮らすことができる地域づくりに関心があり、将来は公的な職業(都道府県庁や市役所等の職員や警察官、消防官などの公務員等)に就きたいと考えている。

2.企業活動における法令遵守に関心があり、企業法務に必要な法律の専門知識を修得し、また宅地建物取引士、ファイナンシャル・プランナー、行政書士、そして司法書士等の資格を取得して、将来はそれらを生かした職業に就きたいと考えている。

〈入学までに修得すべき内容・水準〉
1.国語の勉強によって養われる事実や意見などの情報を読み解き、考えをまとめて相手に伝えることができる文章力・口頭表現力を身につけていること

2.外国語の勉強によって養われる異文化の理解能力・コミュニケーション能力を身につけていること

3.数学の勉強によって養われる数学的な推理能力および論理的思考能力を身につけていること

4.社会の勉強によって養われる現代社会の現実的動向および歴史的展開に関する基礎的な知識を身につけていること(高等学校の学習において「日本史B・世界史B」「現代社会」「政治・経済」に関わる基礎的理解があることが望ましい)。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ