×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

てづかやま

帝塚山大学

私立大学 奈良県

教育学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

こども教育学科(100名)

所在地

1~4年:奈良

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●小学校教諭、幼稚園教諭、保育士の3資格を取得した、子どもの資質・能力を伸ばす教員に
●「帝塚山ステップ式サポート」で教育者・保育者としての力を身につけ、夢を実現
●教職支援センターによる徹底したサポートにより採用試験合格をめざす

子どもの発達過程を長期的視点で見つめ、小学校教諭・幼稚園教諭・保育士の3資格を取得した、これからの教育者に求められる知識・スキル・経験を有した教員を育成します。

【キャンパス】奈良・学園前キャンパス
【学生数】122人(2019年5月1日現在)※2019年開設により、1年次のみ
【専任教員数】13人(2019年5月1日現在)

こども教育学科

講義・学問分野

教職論、教育原理、教育心理学、教育課程論、教育相談、保育原理、幼児理解 など

閉じる

学部の特色

子どもの成長・発達をサポートできる実践力豊かな教育者を養成

小学校教諭、幼稚園教諭、保育士の3資格を取得した、子どもの資質・能力を伸ばす教員に

小学校教諭、幼稚園教諭、保育士の3資格取得をめざしたバランスの良いカリキュラムを構築し、卒業時に3資格の同時取得が無理なく可能です。また、採用試験に向けて4年間のゼミを通して指導を行い、めざす進路まで導きます。実践的な現場学習や教職支援センターによる各種ガイダンスなどを数多く準備しています。さらに、1年次から4年次まで段階的に学びを深め、採用試験対策までを行う「帝塚山ステップ式サポート」を導入。教育者・保育者として必要な力を確実に身につけるほか、教育現場の国際化に対応した英語教育も実施します。

閉じる

「帝塚山ステップ式サポート」で教育者・保育者としての力を身につけ、夢を実現

1年次から4年次まで段階的に学びを深め、就職支援までを行う「帝塚山ステップ式サポート」を導入。同一キャンパス内にある帝塚山幼稚園・小学校・中学校・高等学校との連携による学びで、現場力を養い、教育者・保育者としての力を確実に身につけます。さらに、卒業後の進路に向けた取り組みを1年次から開始し、希望する進路の実現をサポートします。

◇子育て支援センター
地域の子育て支援を目的とした「親子教室」「こども学講座」などを開催。学生は保護者や子どもたちと関わり合いながら子育て環境についての理解を深めることができます。

閉じる

教職支援センターによる徹底したサポートにより採用試験合格をめざす

教職支援センターでは、帝塚山小学校長・教員、帝塚山幼稚園長、教育学部の実務家教員、公・私立学校長園長経験者などが教職アドバイザーとなり、教員採用試験や就職に向けて、豊富な経験から裏打ちされた確かな指導を行います。また、卒業後の進路に向けた指導を1年次から開始し、学生一人ひとりの夢を実現するために4年間を通して手厚いサポートを行います。

閉じる

学べること

こども教育学科

【授業・講義】
教育現場のグローバル化に対応した独自の英語教育によりスキルアップをめざす

●子どもが英語を母国語のように修得できる「TPR(Total Physical Response)」
子どもが英語を母国語のように身につけられる教授法TPR(身体を動かしながら英語を学ぶ)を英語教育学を専門とする学科教員からじっくり学び、小中接続の観点から実践的な英語教育法を身につけます。

●帝塚山小学校から学ぶ最新の英語教育
帝塚山小学校は、1952年開設当初から全学年に独自の英語プログラムを展開。授業見学、模擬授業参加、英語教室運営の補助などを通じて、伝統的で先進的な取り組みから小学校英語教育の実際を学びます。

●コミュニケートできる英語を学ぶ「英語塾」〈Berlitz〉
「英語塾」では、英語教育で140年の歴史を持つベルリッツの教員の指導の下、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、ディスカッションスキルなど、より実践的な英語力を磨きます。

閉じる

アドミッションポリシー

〈こども教育学科〉が求める学生像

教育学部こども教育学科は、教育理念に掲げた人材を育成するために、大学全体のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に定める事項のほか、以下のことを入学者に求めます。

〈求める学生像〉
1.小学校教諭・幼稚園教諭・保育士・保育教諭をめざし、意欲的に学ぶことができること。

2.教育学部こども教育学科で取得できる資格・免許等を活用し、社会に貢献することに努力し続けられること。

〈入学までに修得すべき内容・水準〉
1.小学校教諭・幼稚園教諭・保育士・保育教諭として、子どもの保育や教育に従事するため、「すべての教科についての基礎的な知識や技能」を身につけていること。

2.求められる課題や問題に取り組むための「基礎的な思考力、判断力、表現力等」を身につけていること。

3.主体的・対話的に学ぶために必要となる「多様な人々と協働して学ぶ態度」を有していること。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ