くるめこうぎょう

久留米工業大学

私立大学 福岡県

大学トップ

ここに注目!
  • 2018年4月、先端交通・航空宇宙コースを開設
  • 毎年高い就職率をマーク。2016年度実績98.8%
  • 省エネの最新技術を結集した新棟100号館(テクノみらい館)

大学の特色

工学を深く学び、次代をリードする技術者へ

工学とは社会を支え、時代を切り開いていくもの。久留米工業大学では、モノづくりに関するさまざまなことを学び、知識・技術を身につける過程で、人間愛や優しさ、強い精神力を持った人間味豊かな産業人を育てます。固定観念にとらわれずに学ぶことにより、工学を心から楽しむことができます。

閉じる

入学直後から始まる充実したサポートで高い就職率を実現

本学の毎年の高い就職率は、キャリア教育のひとつの成果と言えます。その特徴のひとつが、徹底した個別指導。1年次から4年間持ち上がるクラス担任、およびゼミ担当教員並びにキャリアサポートセンターによるカウンセリングを実施し、一人ひとりの実力や個性、適性などに基づいたアドバイスを実施しています。また、就職・進学においては、各種セミナーなどの取り組みを通してしっかりサポートできる体制を築いています。

閉じる

技術を磨く「ものづくりプロジェクト」活動

ものづくりセンターは、ものづくりを通じて工学教育を推進するための共有施設であり、大学教育と地域貢献活動の拠点です。本センターでは現在、学生たちが旋盤や溶接、フォーミュラーマシンなど、加工とものづくりを通して技術に磨きをかけています。進行中のプロジェクトは、次のとおりです。
(1)学生フォーミュラープロジェクト/学生自らが企画・設計・製作したフォーミュラーマシンで大会に出場します。
(2)EVプロジェクト/電動のEVレーシングカートを製作しています。
(3)機械加工プロジェクト/旋盤を中心に機械加工の基礎を学び、技能検定にも挑戦します。
(4)折紙プロジェクト/折紙製作を通して図画に求められる展開力や、図面を描く力を身につけます。
(5)木工プロジェクト/木製カヌーの作成を通して、木工技術の習得とものづくりの面白さを味わいます。

閉じる

アドミッションポリシー

久留米工業大学のアドミッションポリシー

久留米工業大学は「人間味豊かな産業人の育成」を建学の精神とし、これに基づいて「知・情・意の調和のとれた実践的教育を行う」ことを教育理念としています。すなわち、「知を磨き、情を育み、意を鍛える」ことを教育の基本理念としています。

また、大学のビジョンとして、以下の3つを掲げています。
(1)"実践的ものづくり能力"を育む大学
(2)"ものづくりの楽しさ"を発信する大学
(3)"就職に強い"大学

本学は、ものづくりに興味を持ち、上記の大学の基本方針に共感し、本学での学業を通し、将来社会で役立つ実力および技術を身につけ、社会において活躍したいという強い意志を持った人を受け入れます。
求める学生像
・工学の分野に興味を持ち、将来工学の分野で社会に貢献しようとする人
・ものづくりに興味を持ち、新しいものをつくろうとする意欲のある人
・工学や理学の知識を身に付け、将来教育界で活躍しようとする人

求める資質
・高等学校で履修した教科・科目について基礎的な知識を有している。
・高等学校で専門(職業)教育を主とする学科及び総合学科においては、特有の知識・技能を有している。
・自分の考えを伝えることができる。
・文化・スポーツ・社会活動等に積極的に取り組んでいる。
・コミュニケーションを図り、他者と協働して物事を進められる。

入学者選抜の基本方針
志願者の多様な学修履歴にあわせ、各種入試制度を制定し、高校での学修履歴や学生一人ひとりの優れた点を評価します。

閉じる

教育環境

省エネの最新技術を結集した新棟100号館(テクノみらい館)

学生が快適な環境で学び、楽しく充実したキャンパスライフを送ることができる新棟(テクノみらい館)です。講義室、実験室、キャリアサポートセンター、ラーニングコモンズ、食堂、コンビニ、ラウンジなどが入った新棟は、環境技術を最大限導入し、省エネ・創エネを追求。敢えて天井をむき出しにするなど建築設備が「見える化」され、建物自体が「身近な教材」です。

閉じる

ものづくりセンター

本センターは金属加工を主とした「創造工房」に加え、木工機械、工作機械、3次元プリンターや回流式風洞などの教育用機器を集積した「ものづくりの拠点」です。工学の基本を体験し、創造力を刺激するセンターとしての機能も備えており、現在、フォーミュラーカー、各種競技用ロボット、ソーラーカー、電気自動車、ハイブリッドカー、建築模型など学生の自主的活動を支援し、教員スタッフのサポートを受けることができます。

閉じる

強化される産学交流・学術交流協定

■ダイハツ九州(株)・松尾建設(株)と産学交流
本学は、ダイハツ九州(株)と人材育成およびインターンシップなどに関する取り決めを交わしています。この産学交流は、インターンシップを体験した学生が就職で採用されるなど着実に実を結んでいます。今後も連携を強化し、共同研究の推進や自動車関連の開発設計、生産技術などに従事する人材の供給を進めていきます。
また、2011年には九州屈指のゼネコンである松尾建設(株)との産学交流も実現。建築業界との関連を一層深め、就職面での可能性も大きく広げています。
■日本自動車研究所(JARI)と学術交流協定
本学は、自動車生産技術の向上と人材育成をめざし、日本自動車研究所(JARI)と学術交流協定を結んでいます。JARIは、国内の主要自動車関連企業からなる民間シンクタンクで、次世代自動車向けの先端技術研究を進めています。JARIと大学との協定は本学が初めてで、研究者と教職員の交流、学生のインターンシップ派遣、学術情報や資料の交換などを通じた互いの発展が期待されています。

閉じる

学部

【2018年度】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度入学者対象】

◎入学金/22万円
◎授業料/78万円
◎教育充実費/40万円
◎後援会費/2万5000円
◎学生教育研究災害傷害保険料/3800円
●合計/142万8800円
※学納金は変更の可能性あり

各種奨学金を完備

◎特別奨学生支援/一般入試(前期)対象
4年間の授業料を全額免除(4年間の免除総額336万円):採用5名程度
◎スカラシップ(A・B)支援/一般入試(前・中・後期)対象
(A)入学年度の前期授業料を全額免除(免除額42万円):採用25名程度
(B)入学年度の前期授業料を半額免除(免除額21万円):採用25名程度
◎女子学生支援/センター試験利用入試(前期)対象
4年間の授業料を1/4免除(4年間の免除総額84万円):採用5名程度
◎スカラシップ(A・B)支援/センター試験利用入試(前・中・後期)対象
(A)入学年度の前期授業料を全額免除(免除額42万円):採用15名程度
(B)入学年度の前期授業料を半額免除(免除額21万円):採用15名程度

このほか、学業優秀奨学金・育英奨学金・課外活動奨励金等など独自の奨学金を設けています。日本学生支援機構奨学金なども利用できます。
※詳細は、本学、学生サービス課までお問い合わせください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】1190人
【外国籍の学生数】15人
【教員数】102人
【外国籍の教員数】2人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 0人
1か月以上3か月未満 0人
3か月以上6か月未満0人
6か月以上1年未満0人
1年以上0人

留学プログラムについて

セントラルワシントン大学語学研修

【留学先】アメリカ・その他の州
【留学期間】1か月未満
【対象人数】10名程度
【留学開始時期】2018/08/01
【奨学金】有
【単位認定】無
【応募資格】不問
【問い合わせ先】
部署:学生課
電話番号:0942222347

閉じる

住環境

九州自動車道(久留米IC~広川IC間)沿いにある本学は、出かけるにも自然を満喫するにもちょうど良い位置にあります。福岡市天神や博多エリアにも気軽に行けるアクセスのよさも魅力です。オンもオフも両方楽しみながら、充実した4年間を送ることができます。

閉じる

クラブ・サークル活動

本学には、全国大会連続出場を果たしている卓球部をはじめとする体育会系サークルと、学内外へ活動の場を広げている重音楽部などの文化系サークル、各種同好会・愛好会、又、本学の特色の1つである交通工学をフルに生かした学生フォーミュラプロジェクトをはじめとする各種プロジェクトがあり、皆それぞれの目標に向かい情熱を傾けています。かけがえのない4年間を熱く、楽しく、ひたむきに過ごしてみよう!

体育会系クラブ

硬式野球部、女子バスケットボール部、女子駅伝部、ソフトボール部、卓球部、サッカー部、剣道部、バドミントン部、男子バレーボール部、山岳部、自動車部、空手道部、硬式テニス部、水泳部、陸上競技部、フットサル部、準硬式野球部その他同好会・愛好会などあり

文化系クラブ

重音楽部、コンピュータ研究部、知能ゲーム研究部、その他同好会・愛好会などあり

閉じる

大学院・併設の大学

大学院

・エネルギーシステム工学専攻
・電子情報システム工学専攻
・自動車システム工学専攻

閉じる

パンフ・願書

学びから就職まで個別指導が中心の久留米工大の魅力を大学案内で発見しましょう。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●福岡県久留米市上津町2228-66 
JR「久留米」駅からバスで約30分
西鉄天神大牟田線「久留米」駅からバスで約20分
広川I.Cから車で5分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒830-0052
福岡県久留米市上津町2228-66 
入試課

電話番号

TEL.(0942)22-2345 FAX.(0942)21-8770

URL

http://www.kurume-it.ac.jp

E-Mail

nyushi@cc.kurume-it.ac.jp

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ