×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

りつめいかんあじあたいへいよう

立命館アジア太平洋大学(APU)

私立大学 大分県

大学トップ

ここに注目
  • 世界の知性と競う。日本屈指の多文化教育環境
  • 2人に1人が留学生。約90か国・地域から集う学生と共に学ぶ
  • 両学部で国際認証を取得。世界水準の教育環境を提供

大学の特色

学生の2人に1人が留学生。日本屈指の多文化教育環境であなたは変わる

世界約90か国・地域から集まる留学生は、ともに学ぶクラスメイトであると同時に、ライバルでもあり、世界情勢を教えてくれる先生でもあります。キャンパスには日々数多くの言語が飛び交い、さまざまな文化や考え方に触れ、それらを自らの成長の糧にしていくことができます。また、約60か国・地域の留学生と日本人学生がともに暮らす国際教育寮「APハウス」では、留学生と寝食をともにするなかで国境を超えた絆が生まれ、世界を生き抜くカを養う、海外留学以上に刺激的な生活が待っています。授業や課外活動など学生生活のすべてにおいて自分とは違った文化に触れることで、学生たちは大きく成長しています。

閉じる

アドミッションポリシー

APUのアドミッションポリシー

【学部共通】
学部学生は本学に在学中、授業のみならず立命館アジア太平洋大学(APU)という多文化キャンパスが内包するすべての学びの機会を活かし、卒業後に世界に寄与するための知識、スキル、態度を身につけることが望まれる。APUに在学する学部学生はそれぞれがこの多文化キャンパスでの積極的な交流を基に大学コミュニティ構成員全体の学びに対して貢献することが要求される。
このような学びを行うために、APUに入学する学部学生は、以下を有する必要がある。
1)コミュニケーションツールとしての日本語または英語の基本的能力
2)反対言語学習に対する強い意欲と適性
3)大学での学習に必要な基本的知識
4)分析力、想像力、実際的な問題解決能力の適性
5)すべての学びの機会を積極的に活用する意欲
6)多文化環境での共生の適性

閉じる

教育環境

国際ビジネスの第一線へ、問題解決の現場へ。世界の知性と競う学び

日本の大学のグローバル化を牽引する大学を支援する文部科学省の「スーパーグローパル大学創成支援」に採択。世界各国・地域の文化と言語、そしてさまざまな志や価値観が交差・融合するAPU。 地球をそのまま凝縮したような多様性に満ちたフィールドで、大きな志を形にしていくための情熱あふれる学びがアジア太平洋学部、国際経営学部の2つの学部で繰り広げられています。教員が意見を求める前に発言する留学生たちに圧倒される日本人学生も、自分の意見を持ち、話したいと思うようになります。 世界の知性と競う真剣勝負の4年間を通して国際社会で活躍できる力を磨きます。

閉じる

APUだからこそ実現できる国際舞台への進路。自分の来来を変える

世界基準の学びや経験と、多様な価値観のなかでぶつかり合い、競い合う中で身に付けた、「自ら考え、行動する」というAPU生のコミュ二ケーション力や積極性は、ビジネス界をはじめとした、さまざまなフィールドから支持を得ています。4年間の学生生活における自主的かつ創造的な活動を通じて、多様性理解やチームワーク力、そして問題発見・解決能力を養っていくことが自らのキャリアプランの実現に繋がっています。総数1万人を超える卒業生は、世界中で大きな志を形にし、国際社会にその「志」のネットワークを広げ続けています。

閉じる

高い海外志向に対応〜APUから世界ヘ〜

世界の縮図たるAPUで学び、そこからリアルな世界へ飛び出して自分を磨く。APUでは長期間の交換留学プログラムや、海外でフィールドワークができるフィールドスタディプログラム、また実際に国外で就業経験ができるインターンシッププログラムなど実践型の海外留学プログラムを多数提供しています。これらの「オフキャンパスプログラム」には国際社会で通用する専門性と実践力を身に付ける場として、多くのAPU生が参加しています。

【交換留学プログラム】
49カ国・地域の152の協定先大学で半年から1年間学ぶことができます。派遣先で修得した単位は60単位まで認められるので、休学や留年をせずに4年間で卒業できます。

閉じる

学部

【2019年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金

〈2019年度参考〉
入学金13万円+授業料132万8000円=145万8000円

奨学金

〈2018年度実績参考〉
◎国内学生優秀者育英奨学金
奨学金受給を希望する合格者のうち成績優秀者を対象として4年間、年間授業料の半額相当を減免します。採用枠は55名です。

◎国内学生修学奨励奨学金
経済上の理由により修学がきわめて困難な者に対し、入学後の経済的支援を行うことを目的とした事前予約型奨励金です。入学試験出願前に奨学生として採用選考を行い、採用候補者となった者が入学試験で合格し入学すれば、入学後に奨学金を受けられます。原則として4年間、授業料の半額相当を減免します。採用枠は15名です。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2019年)

学生数、教員数

【学生数】2924人
【外国籍の学生数】2906人
【教員数】146人
【外国籍の教員数】104人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 360人
1か月以上3か月未満 74人
3か月以上6か月未満32人
6か月以上1年未満32人
1年以上5人

留学プログラムについて

交換留学

【留学先】アメリカ・ニューヨーク州、アメリカ・カリフォルニア州、アメリカ・ハワイ州、アメリカ・その他の州、カナダ、メキシコ、中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、スイス、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、オランダ、ベルギー、アフリカ、その他、多数の国に協定校あり。
【留学期間】6か月以上1年未満
【対象人数】特に定めなし
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL iBT(60〜)、IELTS(5.0〜)、派遣先大学による、GPA基準値(派遣先大学による)
【問い合わせ先】
URL:http://www.apu.ac.jp/home/exchange/content21/
部署:アカデミック・オフィス
電話番号:0977781101

サービスラーニング・プログラム

【留学先】アメリカ・その他の州
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】20
【留学開始時期】2020年8月
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL-ITP 480相当
【問い合わせ先】
URL:http://www.apu.ac.jp/home/exchange/content34/
部署:アカデミック・オフィス
電話番号:0977781101

グローバル・コミュニケーション・プログラム(GCP)

【留学先】アメリカ・その他の州
【留学期間】1か月以上3か月未満
【対象人数】20
【留学開始時期】2020年6月
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL-ITP 500相当、GPA基準値(2.5)
【問い合わせ先】
URL:http://www.apu.ac.jp/home/exchange/content39/
部署:アカデミック・オフィス
電話番号:0977781101

閉じる

住環境

国際観光都市として、世界中から人々が癒しを求めにくる別府は、自然環境や都市機能が充実しています。生活費も都市圏に比べて安価であり、一人暮らしにもやさしい街です。あたたかな温泉観光都市が、みなさんの第二のふるさとになります。

閉じる

クラブ・サークル活動

スポーツ、学術研究、文化芸術、学術・親睦・ボランティアの各分野で、141の登録団体が活動しています。入学後、自分たちで新たに団体をつくることもできます。

体育会系クラブ

ラクロス部、硬式野球部、バスケットボール部、テニス部、バレーボール部、サッカー部、ラグビー部、フットサル部、バドミントン部、空手道部、柔道部、ダブルダッチサークル、合気道部、ワンダーフォーゲル、ヨット、テコンドー など

文化系クラブ

和太鼓、吹奏楽部、茶道部、エイサー、よっしゃ虎威、荒馬緒、劇団「絆」、模擬国連、ハビタット など

閉じる

大学院・併設の大学

大学院

◎アジア太平洋研究科
(博士前期・後期課程)アジア太平洋学専攻
(博士前期課程)国際協力政策専攻
◎経営管理研究科
(修士課程)経営管理専攻

閉じる

パンフ・願書

世界各国・地域の言語、そしてさまざまな文化や価値観が交差・融合するAPU。地球をそのまま凝縮したような多様性に満ちたフィールドで、あなたはどんな「世界」を描きますか? 大学案内でそのヒントを見つけましょう!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●大分県別府市十文字原1-1 
JR「別府」駅からバス「立命館アジア太平洋大学」下車

閉じる

問い合わせ先

住所

〒874-8577
大分県別府市十文字原1-1 
アドミッションズ・オフィス

電話番号

TEL.(0977)78-1120 

URL

http://www.apumate.net/

閉じる

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ