大学・専門パンフを取り寄せてQUOカードGET

ぐんま

群馬大学

国立大学 群馬県

大学トップ

ここに注目!
  • 教育、社会情報、医、理工の4学部体制
  • 最先端の研究事例が進行中
  • 全学共通科目と学部別科目で幅広く学ぶ「教養教育」

大学の特色

桜の季節はバス停も華やか

都心に程近く、風光明媚で自然豊かな学習環境

世界の大学を見渡してみると、英国の名門オックスフォード大学は首都ロンドンから少し離れた静かな市街地にあります。本大学も同様に都心に程近く、自然環境に恵まれた風光明媚な場所にあります。このような素晴らしい環境のもとで4年間もしくは6年間の学生生活を送ることができることは、学習環境として素晴らしいことです。

閉じる

最先端分野での教育・研究を行う

明日の世界で活躍できる人材を育成

群馬大学には、学校教育を支える教育学部、高度情報社会をリードする社会情報学部、県民の健康を支える医学部、未知の分野へ挑戦する科学者・技術者を育てる理工学部があり、地域と共に歩み、世界で活躍できる人材の育成に努めています。
本学の強みとしては、まず最先端分野での教育・研究が挙げられます。大学附属病院の重粒子線がん治療装置は、世界で2番目、日本では国立大学において唯一の施設です。2014(平成26)年度に創設した「未来先端研究機構」では、医療分野で海外の大学との共同研究において、世界をリードするトップレベルの研究が行われています。
このような環境の中で、グローバル化により世界的視野を持って活躍するためには、語学力が重要となります。そのため、「教養教育」では英語教育の充実に力を注ぐとともに、主体的に活躍できる「グローバルフロンティアリーダー(GFL)」の育成に2015(平成27)年度から全学部で取り組んでいます。
また、本学では教育・研究活動とともに、大学の教育研究の成果や人材を地域に役立てる地域貢献活動にも組織的に取り組んでおり、「全国大学の地域貢献度ランキング」(日本経済新聞社 産業経済研究所調査)では5年連続で全国上位を維持しています。

閉じる

就業力育成講演会

1年次からの手厚い就職支援体制と就職後の職業人生活も考えたキャリア教育体制

4年後、6年後の就職に向けた支援体制が1年次から組まれています。教育学部では1年次からの教育現場体験など充実した教育実習システムが組まれています。社会情報学部・理工学部では、1年次から就業力育成講演会をはじめとしたキャリア教育が行われています。医学部では、将来医療職に就いた後で、能力を遺憾なく発揮できるようにチーム医療教育が行われています。このほかにも、万全の就職支援体制が整っています。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)~このような人を求めています~

<入学者に求める能力・資質>
群馬大学の理念、教育の目標に賛同し、本学の教職員と共に学術研究の成果を地域に還元し、豊かな地域社会・国際社会の創造に貢献していく意欲にあふれ、以下の能力・意欲を持つ人を求めています。
1.高等学校の教育課程についての総合的な理解と大学教育を受けるにふさわしい基礎学力がある。
2.専門分野を学ぶ上で必要な基礎知識と強い探究心、コミュニケーション能力を持っている。
3.主体的に学ぶ姿勢と、論理的で柔軟な思考能力を持っている。
4.知的好奇心が旺盛で、新しい課題に積極的に取り組む意欲がある。
5.高い志と豊かな発想力を持ち、未来を切り開く夢と情熱を持っている。
6.地域社会や国際社会に貢献する意欲とリーダーシップを持っている。

<入学者選抜の方針・方法>
群馬大学は、本学で学びたい学生に対し、その多元的な能力を評価し選抜するために、多様な受験機会・入学試験を提供します。また、本学の国際化推進基本計画に基づいて、海外からの留学生を積極的に受け入れる方針の下、受験機会を提供します。
本学の教育の目標、求める能力・資質に合致する学生を選抜するために、一般入試(前期・後期)の他に、特別入試としてAO入試、推薦入試、帰国生入試、社会人入試、私費外国人留学生入試、3年次編入学試験等の入学試験を実施します。本学の入学試験では、それぞれの学部・学科・課程の専門・特性に合わせて、大学入試センター試験、個別学力検査、実技等試験、調査書、活動歴、面接、小論文等を組み合わせて、総合的に合否を判定します。

閉じる

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)~このような教育を行います~

<教育課程編成と教育方法>
全学的な協力体制の下、教養教育と専門教育の融合を図り、幅広く深い教養、豊かな知性と感性、総合的な判断力、専門分野の基礎的能力を育成するため、学生の潜在能力を最大限引き出せる教育課程を編成し、実施します。本学の基本理念及び教育の目標を達成するために、本学の教育課程(カリキュラム)は以下の方針で編成されています。
1.カリキュラム・ポリシーを具現化するカリキュラム・マップに従った系統的な教育と、授業科目の目標・内容・教育方法・達成度(成績)評価方法等について詳述されたシラバスに基づいた教育を実施し、アクティブ・ラーニング等の学生の自主的な学修意欲を促す教育、授業時間外自己学修や学修の振り返りを促す教育等を幅広く行う。
2.学士課程教育においては、全学共通の教養科目、学部別科目(専門基礎科目、一部の学部で開設)、及び専門科目、加えて学部独自の教養教育科目を、互いの融合を図りながら編成する。
3.全学共通の教養科目は、学士力の育成の基礎となる教養基盤科目と、幅広く深い教養・総合的な判断力・豊かな人間性の涵養につながる教養育成科目の二つの科目群から構成される。個別の領域の知識を学ぶのではなく、それらを統合していく考え方の修得及び各学問分野に共通の思考・判断・表現法の修得につながる教育を行うことにより、学生が自らの教養と主体性を構築していくことを促し、また外国語も含めた汎用的技能の基盤を培い、アイデンティティの確立した知識人としての考え方ができる人材を育成する教育を行う。
4.専門教育を学ぶ上で必須となる基礎的知識や技能の修得を目的に、高校教育と大学における専門教育との円滑な接合を助け、その分野の基本的リテラシーについて学ぶ教育を行う。また、専門分野に関連する分野についての基礎的理解と新しいアイデアを引き出すことに役立つ知識・技能の修得を図り、専門分野の知識・理解・技能の質の更なる向上を目指す教育を展開する。
5.専門科目においては、次の能力の養成に向けた教育を行う。
(1)専門分野の内容、社会的意義と限界を深く理解し、他者に説明・表現できる能力 
(2)専門分野に関係する諸分野についての基礎的理解があり、客観的な評価ができる能力
(3)自らの専門分野の視点から現代世界が直面する諸変化の特性・特質を理解し、生起する諸課題について探究し、課題解決に実践的に取り組んでいくことができる能力

<学修成果の評価>
シラバスに記載の達成度(成績)評価方法に基づいて行います。

閉じる

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)~このような人材を育てます~

<卒業認定・学位授与の条件>
1.以下の学修達成目標及び所属する学部・学科・課程が定める学位授与の要件を満足していること。
2.所定の年限在学し、かつ所属する学部・学科・課程が定める単位を修得していること。

<学修成果の目標>
専門的学識、技能
1.所属する学部・学科・課程の専門分野において求められる専門的学識・技能を修得し、現実の諸課題に対してその活用ができる。
幅広い教養、学際性
2.人間社会、歴史・文化、自然等についての幅広い教養と学際的理解に基づいて、様々な問題に対して多面的・総合的な判断ができる。 
論理的思考力、コミュニケーション力
3.論理的思考力とコミュニケーション能力を持ち、社会で生起する問題に対し主体的に取り組む意欲を持っている。
社会人としての自覚、国際性
4.自然との共生を基盤とした豊かな人間性と広い視野及び社会的倫理観を持ち、社会から信頼され国内外で活躍することができる。

閉じる

教育環境

図書館内

61万冊の蔵書を持つ図書館

図書館は、中央図書館(荒牧キャンパス)、医学図書館(昭和キャンパス)、理工学図書館(桐生キャンパス)があります。約61万冊の蔵書があり、年間1200種類の雑誌が閲覧できます。また、電子ジャーナルを5000タイトル以上契約しており、教育研究をサポートしています。

閉じる

GUNet無線LANシステム

PCマイクロソフトの無償提供と無線LANシステム

マイクロソフト包括ライセンス契約を締結しており、本契約により、本学の学生はWord、Excel、Powerpointなど最新のOffice製品を個人所有のパソコンにインストールして無償で使用できます(卒業後も引き続き使用できます)。また、各キャンパスの建物内には無線LANの使用できる場所が設置されており、この場所で自分のPCやPDAから無線LANによるインターネットの利用ができます。

閉じる

健康管理支援

学生センターと健康支援総合センター

学生の個人的な問題など(修学相談・人生相談・生活相談など)に応じるために「学生相談窓口」が学生センターに設置されています。また、学生のみなさんの健康管理のために医師・臨床心理士・看護師による「からだ」と「こころ」の健康相談、カウンセリング、健康教育、保健指導、応急処置、医療機関の紹介などを健康支援総合センターが行っており、卒業までの健康管理を万全の体制でサポートしています。

閉じる

学部・学科・定員・所在地

【2017年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

2017年度入学者対象【初年度納入金】

817,800円(フレックス制/408,900円)(その他諸経費別途必要)

※入学料および授業料に、入学時および在学中に改定が行われた場合は、改定金額を適用します。

【奨学金】

本学では、日本学生支援機構の奨学金をはじめ、地方公共団体や民間奨学団体などの各種奨学金を取り扱っています。奨学金制度には、返済が必要な貸与型(無利子・有利子)と、返還が不要な給付型があります。いずれの奨学金制度も、学業・人物ともに優秀であって、経済的に授業料などの支出が困難な学生が対象になります。また、外国人留学生を対象とした奨学金もあります。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2016年)

学生数、教員数

【学生数】6300人
【外国籍の学生数】202人
【教員数】1533人
【外国籍の教員数】35人

2015年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1ヶ月未満 79人
1ヶ月以上3ヶ月未満 28人
3か月以上6か月未満0人
6か月以上1年未満7人
1年以上7人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】3
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】61〜80人
【奨学金給付金額総額】500万円以上1,000万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

(調査年度:2016年)

サンディエゴ州立大学短期英語研修プログラム

【留学先】アメリカ・カリフォルニア州
【留学期間】1か月未満
【対象人数】15名程度
【留学開始時期】2018年2月
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】特に基準を設定していない
【問い合わせ先】
部署:群馬大学学務部国際交流課

ウーロンゴン大学短期英語研修プログラム

【留学先】オーストラリア
【留学期間】1か月未満
【対象人数】15名程度
【留学開始時期】2018年2月
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】特に基準を設定していない
【問い合わせ先】
部署:群馬大学学務部国際交流課
電話番号:0272207627

キール大学短期英語研修プログラム

【留学先】イギリス
【留学期間】1か月未満
【対象人数】15名程度
【留学開始時期】2017年8月
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】特に基準を設定していない
【問い合わせ先】
部署:群馬大学学務部国際交流課
電話番号:0272207627

閉じる

住環境

群馬県は、山々や川、温泉と自然に恵まれた風光明媚な土地です。内陸県ですが、上越・北陸新幹線や関越・北関東自動車道など交通アクセスが良いのも特徴です。

閉じる

クラブ・サークル活動

本学には、文化系及び体育系の各種の課外活動団体があり、それぞれ活発な活動を行っているので、各自に適合した課外活動団体に積極的に加入し、友人や教職員との接触を深め、円満な人格の養成に努められるよう希望いたします。

体育会系クラブ

R.F.C(スノーボードサークル)・合気道部・アメリカンフットボール部・エスケープ(硬式テニス)・環境プロセススポーツ同好会・空手道部 ・弓道部・クライミング部・群馬CRAFT(フットサル)・剣道部・硬式テニス部・硬式野球部・サイクリング部・サッカー部・Get's(サッカーサークル)・少林寺拳法部・自動車部・柔道部・硬式庭球部・硬式野球部・準硬式野球部・水泳部 ・スキー部・SevenStars(フットサル)・ソフトテニスサークルRough・ソフトテニス部・体操部・ 卓球部・ダンス部・ツバサFCコーチングスタッフ(障害児サッカー指導ボランティア)・軟式野球サークル A will・ハンドボール部・馬術部・バスケットボール部 ・バドミントン部・バレーボール部・B-STYLE(ストリートダンス)・FAST(フットサル)・ファーストブレーク(バスケット)・フリースタイルバスケ フットボールサークル・borderless(各種球技)・メモリアルテニス部・ラグビー部・陸上競技部・レスリング部・ONE WAY(バレーボール)・ワンダーフォーゲル部・サイクリング部・サバゲーサークル・G☆バンビーズ(バスケ)・自動車部・バイク部・VBC桐生(バレーボール)・Et's(バスケットボール)・弓道部(医学科)・弓道部(保健学科)・球遊会(バレーボール)・ダブルダッチサークルVit'z・バドミントンサークルVash・保健学科バレーボール部・陸上競技部(医学部)・Let's Met's(野球サークル)・LEST(水泳愛好会)・アイスホッケー部・バスケットボール研究会・アルティメット(フリスビーを使った競技)・RUSH(女子フットサル)

文化系クラブ

荒牧ジャズ研究会・泉の会(ボランティア)・SRC・演劇部テアトルヒューメ・気象天文研究部・教育サークル青竹・クラシックギター部・グリークラブ(合唱)・国際交流サークルBeyond・群馬大学混声合唱団・茶道部・情報保証サークルてふてふ・写真部・手話サークルでんでんむし・書道部・GA研究(アニメ・ゲームサークル)・群馬大学吹奏楽団・ファンタスティッチ(手芸)・フィルハーモニックオーケストラ・フォークロック愛好会・ボランティアサークル群大アドバンス・漫画研究部・ マンドリンソサエティ・メサイア管弦楽団合唱団・野外教育研究会・Life(旅行サークル)・落語コント研究会・ LAMP(イベント企画団体)・YMCAクラブ・囲碁将棋部・映画研究会・SRC・e∞gg(医療系自主ゼミサークル)・エレクトーン部・合唱サークルPico・気象天文研究部・Guit's(アコースティックギターサークル)・軽音楽部・FORS(国際医療ボランティアの会)・写真部・東洋医学研究会・AAA☆KIDS(アレルギー喘息児童サポート団体)・美術愛好会・ビリヤード部・ピアノ部・Fore-Bridge Orchestra(ビッグバンドジャズ)・Flow Orchestra & Chorus・Voice Cream(アカペラ)・ マンドリンソサエティ・モダンジャズ研究会・野草を食べる会・夢のわたらせなないろ号(ボランティア企画団体)・Life(旅行サークル)・LEADS(小児糖尿病サマーキャンプボランティアサークル)・SRC・音楽研究会・気象天文研究部・グリークラブ(合唱)・写真部・G.K.オールスターズ(ビッグバンドジャズ)・漫画研究部・八木節同好会・Life(旅行サークル)・落語コント研究会・YMCAクラブ・enerGy(群馬の伝統文化・行事体験)・カル旅研究会(上毛かるた研究)・肉じゃが(身体運動)・読書同好会・ロボット研究会

閉じる

大学院・併設の大学

群馬大学大学院

教育学研究科(修士、専門職学位)、社会情報学研究科(修士)、医学系研究科(修士、博士)、保健学研究科(修士、博士)、理工学府(修士、博士)

閉じる

パンフ・願書

大学案内には、本学の教育理念や学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生・卒業生へのインタビュー、就職・資格支援、奨学金制度、オープンキャンパス・入試情報、キャンパスライフ・クラブ活動など気になる情報がたくさん載っています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

荒牧キャンパス

●群馬県前橋市荒牧町4-2
JR「前橋」駅北口からバスで28分「群馬大学荒牧」下車。または、バスで25分「前橋自動車教習所前」下車+徒歩10分
JR「渋川」駅前からバスで28分「群馬大学荒牧」下車。または、バスで25分「前橋自動車教習所前」下車+徒歩10分

昭和キャンパス

●群馬県前橋市昭和町3-39-22
JR「前橋」駅北口からバスで15分「群大病院」下車。または、バスで25分「前橋自動車教習所前」下車+徒歩10分

桐生キャンパス

●群馬県桐生市天神町1-5-1
JR「桐生」駅北口からバスで7分「群馬大学桐生正門前」下車。または、東武桐生線「新桐生」駅からバスで15分「群馬大学桐生正門前」下車

太田キャンパス

●群馬県太田市本町29-1
東武鉄道「太田」駅北口下車、徒歩10分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町4-2 
学務部学生受入課

電話番号

(027)220-7154(直)

URL

http://www.gunma-u.ac.jp/

その他

FAX.(027)220-7155

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ