ならじょし

奈良女子大学

国立大学 奈良県

奈良女子大学/工学部*の詳細情報

*2022年4月開設

学科・定員・所在地

学科・定員

工学科*(45名)
*2022年4月開設

所在地

1~4年:奈良

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●基礎を学び、自分ならではの研究を深め、世界を変える

課題発見やニーズ創出を行う際に必要となる主体的な学習態度を身に付け、幅広い教養に基づいて多様な課題を理解して対応できる主体性と理解力を培います。また、サービスを含めた「モノづくり」において、自身の専門知識と技術を駆使して、問題解決に対応できる人、社会への影響などを考慮しながらチームで協働し、異分野間でも効果的なコミュニケーションができるリーダーの養成をめざします。

【学生数】(2022年開設)
【専任教員数】14人(2021年5月1日現在)

工学科**2022年4月開設

講義・学問分野

[人間情報分野]生体医工学エリア(生体情報計測・福祉工学)、情報エリア(プログラミング・センシング)
[環境デザイン分野]人間環境エリア(環境・建築・造形デザイン)、材料工学エリア(有機、無機、物理化学・高分子)

閉じる

学部の特色

独自の専門性を形成

基礎を学び、自分ならではの研究を深め、世界を変える

本学部では、深い共感力やしなやかな想像力、高度な専門性と実行力を兼ね備え、豊かな社会を構築できる工学系リーダーの養成をめざします。PBL演習を中心に、分野横断的な学びを段階的に体験し、いろいろな人やモノ、知識や技術に出会うことにより、学びが創造力へと高まります。
履修する科目や年度を自由に組み合わせて学び、独自の専門性を形成します。また、少人数教育の良さを生かし、ポートフォリオをベースに学生の主体性を伸ばすコーチング指導を実施。高度な専門性と想像力を養います。このほか、企業と協力した実制作演習、他大学や研究所、博物館などと協力したコラボ講義を実施。実践力とコミュニケーション力を高めます。

閉じる

学べること

工学科*

分野を超えた学びを経験し、自分だけのキャリアをつくる

イノベーションの基礎となる教養教育として以下の科目を編成します。
○芸術(造形デザイン)科目:自然事象を観察したり、直感を具現化し新たな事物を創造する力を身に付けます。
○キャリア形成基礎科目:自己プロデュース、技術者倫理、起業論など、将来のキャリア形成に必要な思考力を養います。
○情報・工学基礎科目:情報学、プログラミング・電子制御、電気・機械など工学の学問・研究に必要な基礎学力を幅広く養います。
○理科・数学基礎科目:高校数学 III や高校物理など、未履修者を対象とした科目を設定し、オンラインなどを活用し丁寧な指導を行います。
○歴史・文化教養科目:異分野を理解し、工学部分野を批判的に再構築する思考力を養います。

また、新分野を開拓する専門教育では、生体医工学エリア(ヒトの機能と特性、生体情報の計測と活用)、情報エリア(データ解析、ハードウェアの活用)、人間環境エリア(環境・建築・造形デザイン)、材料工学エリア(物質の構造と物性、物質の反応と機能)を設置します。
○生体医工学エリア
[ヒトの機能と特性]認知神経科学、生体機能学、生活支援と福祉工学、ヒューマンキネティクス、医工学概論、ヘルスプロモーション
[生体情報の計測と活用]生体計測基礎実習、生体医工学演習
○情報エリア
[データ解析]多変量解析、パターン認識、関係データ分析、最適化
[ハードウェアの活用]センサ工学、メディア工学演習、五感情報設計演習、ヒューマンインターフェース工学
○人間環境エリア
[環境について]建築環境工学、環境人間工学演習、環境・防災科学、河川・海岸工学
[デザインやプロダクト]都市・建築デザイン学、プロダクトデザイン演習、芸術文化発展演習
○材料工学エリア
[物資の構造と物性]有機・無機化学実験、機器分析化学、高分子材料学、有機工業化学
[物質の反応と機能]応用物理化学実験、機能性高分子化学、機能性有機材料化学

このほか、ユーザーや地域社会の課題を見つけ、分野横断的に解決へ向けて実践的に探求する社会・工学系の演習で、複数分野の教員が指導するPBL創造的課題解決演習を行います。

閉じる

アドミッションポリシー

工学部* ─ 入学者受け入れの方針 ─

【教育理念】
工学部では、快適な生活や社会のために時代のニーズとシーズを読み取り、次の時代に期待されるモノやサービスの創出に正面から取り組むことのできる人材を育成することを目的としています。

【求める学生像】
上記の教育理念にもとづき、工学部は次のような資質および意欲をもつ学生を求めます。
(1)人の生活を豊かにする方法に興味をもち、現代的技術を使って実現したいと望む人
(2)科学技術の分野に興味があり、その分野で社会に役立つ仕事をしたいと望む人
(3)芸術、文化、歴史、社会等の広い範囲に興味があり、そのことに科学技術を使ってみたい人
(4)主体的に学び、考え、実行し、反省することができる人
(5)創意、発見する知の探究マインドを持っている人
(6)そのための基礎学力と学習習慣を身につけている人

*2022年4月開設

閉じる

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ