×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

とやまけんりつ

富山県立大学

公立大学 富山県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械システム工学科(60名)
知能ロボット工学科(60名)
電気電子工学科(45名)新設
※2020年開設
情報システム工学科(45名)新設
※2020年開設
環境・社会基盤工学科(55名)
生物工学科(40名)
医薬品工学科(35名)

所在地

1~4年:富山

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●徹底した少人数教育により基礎学力を高める
●人間性豊かな技術者をめざす
●「就職に強い大学」で自分の目標を確実に

小規模大学の特長を生かし、きめ細かな教育を実践。「次代を担う青年の多様な個性の開発を促し、視野の広い、人間性豊かな創造力と実践力を兼ね備えた、地域および社会に有意な人材の育成」をめざしています。

【キャンパス】射水キャンパス(富山県射水市黒河5180)
【学生数】1337人(2019年5月1日現在)
【専任教員数】151人(2019年4月1日現在)

機械システム工学科

講義・学問分野

工業力学、流体工学、メガトロニクス概論、エネルルギー基礎科学、機械設計学、構造力学、環境材料学 など

閉じる

知能ロボット工学科

講義・学問分野

プログラミング、電磁気学、コンピュータ工学、デジタル回路、人工知能基礎、半導体工学、知能ロボット工学 など

閉じる

電気電子工学科新設※2020年開設

講義・学問分野

論理回路、電気電子材料、情報電子デバイス工学 など

閉じる

情報システム工学科新設※2020年開設

講義・学問分野

情報理論、データ処理基礎、情報応用工学、ユビキタス通信工学 など

閉じる

環境・社会基盤工学科

講義・学問分野

資源循環工学、ビオトープ論、環境化学工学、環境材料学、環境修復工学、地理情報システム、土木施工管理 など

閉じる

生物工学科

講義・学問分野

有機化学、分子生物学、細胞工学、機器分析科化学、栄養化学、天然物有機化学、バイオ情報学、植物代謝工学 など

閉じる

医薬品工学科

講義・学問分野

薬物概論、細胞生物学、病原微生物学、医薬品材料工学、バイオ医薬工学、製剤工学、医薬品プロセス化学 など

閉じる

学部の特色

学生の自立心と高い職業意識・能力を育成

徹底した少人数教育により基礎学力を高める

少人数教育を中心に、一人ひとりの学生に行き届いた教育を行い、基礎学力の向上や人間力・実践力・創造力の養成に力を入れています。
1年次には「教養ゼミ」、2年次には「トピックゼミ」、3年次には「プレゼンテーション演習、専門ゼミ」、4年次では「研究室での卒業研究」を行います。

閉じる

人間性豊かな技術者をめざす

1年次から専門教育を学習し、基礎学力と広い視野を同時に身に付ける “クサビ型カリキュラム” を導入。高学年次にも教養教育科目を開講し、豊かな人間性と幅広い視野を持った技術者の育成を図っています。

閉じる

学内でキャリアガイダンスを開催

「就職に強い大学」で自分の目標を確実に

工学部の就職率は、毎年ほぼ100%となっています(2019年3月卒業生の就職率は2019年3月31日現在で99.3%)。求人企業数は約1,000社を数え、活躍の場は多岐にわたります。
また、大学院への進学希望者も多く、卒業生の約3~4割が進学しています。
※就職率=就職者数÷就職希望者数

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

機械システム工学科

環境の時代を創造し、思考する高度な専門技術者に

21世紀の重要課題である循環系社会の構築に貢献する「環境調和型ものづくり」に対応した機械工学の教育・研究を実践。機械工学に関する確かな基礎学力と幅広い視野、豊かなコミュニケーション能力を有し、循環型社会の構築に貢献する機械技術者の育成をめざしています。教養教育やキャリア形成教育、環境リテラシー教育と密に連係した、幅広く、かつ体系的な教育課程を編成し、グループで課題に取り組む授業や卒業研究等を通して、豊かな人間性を育み、課題探求能力を向上させることにも注力しています。

閉じる

知能ロボット工学科

賢いロボット、賢いコンピュータ、賢い工作機械、賢い電子材料をつくる!

「賢い(インテリジェント)システム」をキーワードに、福祉技術、ロボット技術、インターフェース技術、超微細加工技術、計測技術、デバイス技術などの革新的な技術開発につながる教育と研究を行っています。
機械工学・電子工学・情報工学の幅広い工学分野の知識と技術を組み合わせて3つの工学分野の基礎を広く学ぶとともに、1つの工学分野を深く学ぶことにより幅広い視野で技術課題に取り組むことができる技術者を育みます。

閉じる

電気電子工学科

IoT時代を支える研究を深める

IoT時代を支える高機能電子材料、電力変換装置の小型化、宇宙を含む電磁環境の解析やネットワークの障害検知に関する研究等に取り組みます。

閉じる

情報システム工学科

さまざまな情報を分析し、システムの研究開発を進める

ビッグデータ分析による都市交通や生産管理の効率改善、AI技術や三次画像処理、看護学部と連携した高齢者・障がい者支援システムの研究開発等に取り組みます。

閉じる

環境・社会基盤工学科

自然環境と社会環境の相互影響によって生じる問題を発見し、解決することで、持続可能な地球環境づくりに貢献

持続可能な発展に向けて、地域と地球の環境保全、社会基盤の整備、循環型社会の構築に貢献する科学技術の教育を行うことにより、豊かな教養と基礎学力を身に付け、地域から地球規模の環境問題まで理解でき、広い視野に立ってさまざまな環境問題の解決策を提案できる、創造力と実践力を有した人材を育成します。

閉じる

生物工学科

生命現象を分子レベルで解析。確実に応用できる能力を養う

微生物、植物バイオによるファインケミカル・基礎化学品・バイオ医農薬などの有用物質生産、ゲノム情報利用技術の開発、幅広い生物素材を用いた健康維持増進のための機能性食品の開発に取り組み、次代を担う研究者を育成。「グリーンバイオテクノロジー」における世界水準の研究拠点の形成をめざしています。
少人数教育による講義、演習、実験と各種ゼミを実施したうえで、学生が主体的・意欲的にチャレンジする課題研究・卒業研究を通して学生の多面的な思考力を養い、生物工学分野の基礎・応用能力を身に付けます。

閉じる

医薬品工学科

「くすりの富山」の伝統を生かしてオリジナリティの高い研究を進める

医薬品産業およびこれに関連した産業の新技術創出や製品開発を行うために必要かつ有用な人材を育成します。
物理化学、無機化学、有機化学、材料工学、生化学、微生物学、薬理学、細胞工学、製剤学等の学問領域を基礎としており、医薬品の研究・開発・製造に携わるための基礎的な学力を身に付け、将来、医農薬、食品、化学関連分野で活躍できる、創造力と実践力を兼ね備えた人材を工学の観点から育成することを目標にしています。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れ方針

富山県立大学は、科学技術の素養に富み人間性豊かな人材、そして創造力と実践力を兼ね備え、地域および社会に貢献できる人材の育成を教育の基本方針としています。

工学部では、21世紀の重要な課題である「自然や人間に優しい技術の創出」に役立つ教育研究を重点として、しっかりとした専門的学力と深い探究心を育てることに力を注いでいます。さらに、かの「万能の天才」レオナルド・ダ・ヴィンチの旺盛な創造意欲や好奇心に学び、新たな可能性にチャレンジする気概を育てることをめざしています。

以上のような教育方針のもと、学生の皆さんの成長を確かなものとするために、次のような心構えや意欲をもった学生の入学を希望します。

1. 自然科学に興味を持ち、科学技術の基盤となる理系の基礎学力がある。
2. 困難な問題に直面しても、問題の解決に向けて努力しようとする。
3. 自分で考え、自分の言葉で表現しようとする。
4. 自然・環境や人間を大切にし、自らの活動を通して社会に貢献したいと思う。

機械システム工学科では特に次のような人を求めます
機械工学分野の基礎知識と学力を身につけ、幅広い視野をもって機械技術者の立場から地球環境問題などの今日的課題に立ち向かう意欲のある人

知能ロボット工学科では特に次のような人を求めます
機械・電子・情報の工学分野の基礎知識と先端技術を身につけ、幅広い視野で次世代ロボットを支える賢いシステムの創造と設計に挑戦する意欲のある人

電気電子工学科では特に次のような人を求めます
電気電子工学分野の基礎知識と技術者としての考え方を身につけ、持続可能で豊かな社会の実現を目指して、新しい技術やシステムの開発に挑戦する意欲のある人

情報システム工学科では特に次のような人を求めます
日進月歩で進化する高度情報社会に適応し、理論と実践に基づいた信頼性の高い情報システムの開発、コンピュータと情報通信ネットワークの高度化、革新的な情報メディアの創出に情熱を持つ人

環境・社会基盤工学科では特に次のような人を求めます
循環型社会の構築、自然との共生及び地球環境保全に貢献する知識・技術を身につけ、広い視野にたってさまざまな環境問題を解決しようとする意欲のある人

生物工学科では特に次のような人を求めます
化学と生物学に興味を持ち、自然環境と調和するバイオテクノロジーによる豊かな社会を作り、生命・食・環境に関わる課題を解決する意欲を持つ人

医薬品工学科では特に次のような人を求めます
健康長寿社会の実現に向けて、工学の視点から研究・開発・製造を行い、優れた医薬品や医療技術を生み出す意欲を持つ人

閉じる

入学者選抜の基本方針

本学の求める学生像に合致した人材を幅広くかつ的確に見出すために、多様な選抜方法を実施します。

【一般入試(前期日程)】
理系の基礎学力を重視し、大学入試センター試験と個別学力検査を課し、これらと調査書の内容を総合して選抜します。

【一般入試(後期日程)】
理系の基礎学力を重視し、大学入試センター試験を課し、これと調査書の内容を総合して選抜します。個別学力検査は課しませんが、大学入試センター試験については前期日程より数学、理科を重視した配点としています。

【推薦入試】
英語、数学の基礎学力テストを課すとともに、面接において論理的な思考力、判断力等を評価し、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。

【私費外国人留学生入試】
日本語と理系教科(数学、理科)の日本留学試験を課すとともに、面接において論理的な思考力、判断力、英語の基礎的な力等を評価し、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。

【編入学試験】
自然科学に関する分野の総合問題を課すとともに、面接において志望理由、志望学科に関する分野の質問を行い、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒939-0398 富山県射水市黒河5180
教務課 学生募集係
TEL.(0766)56-7500(代)

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ