藤女子大学/学部・学科|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ふじじょし

藤女子大学

私立大学 北海道

学部・学科

学べること

1961年に道内初の4年制女子大学として開学して以来、世界を多様なもの、豊かなものとして捉えようとする姿勢が、文学部の教育の基本

文学部/英語文化学科
コミュニケーション、英米文学、英語学などさまざまな専門分野の教員が、学生の学ぶ意欲にしっかりと応える安心感のある少人数授業を展開します。
英語の授業の多くは、英語を母国語とする外国人の教員が担当。英語力アップに向けて、1・2年生向けにはListening、Writingなどの「学科基礎科目」が、3・4年生向けには英語力をさらに伸ばすための「実践英語科目」が設置されています。
2018年度からは1クラス10名程度の授業「Oral English」も開講。
将来は、教員、翻訳家・通訳、児童英語指導者、日本語教員など、英語力を生かして活躍できるさまざまな道が開かれています。
文学部/日本語・日本文学科
日本人にとっては空気のように当たり前なものである日本語と日本文化について、あらためて“未知なる”学問として探究します。
カリキュラムは大きく分けて、
日本語・日本文学専修科目(日本語学研究、古典文学研究、近現代文学研究)と、
日本文化専修科目(日本文化論、日本文化とアジア、書道)で構成されています。
上代から近・現代まで各時代の文学専門のスタッフがそろっているのは日本語・日本文学科の大きな特徴の一つです。さらに日本語学、日本思想史、漢文学、日本文化の教員を配し、古典を読むことが苦手な人のための「古典読解」、文章を書くことが苦手な人のための「日本語表現法」など、基礎から丁寧に学べる授業を設定しています。
文学部/文化総合学科
社会科系科目に興味を持つ学生が、自分の関心を確かめながら研究テーマを選べるカリキュラム編成が特徴です。「現代社会」「歴史・思想」という2つの専修の授業を受けながら、徐々に学問領域や研究テーマを絞り込んでいくことができます。
1年次から必修科目として少人数制の本格的なゼミナール(演習)を設定し、教員と学生との信頼関係や学生同士のコミュニケーションを深めていきます。

閉じる

常に変化し続ける現代社会において直面する新たな課題の解決のために必要となる柔軟な発想、知見や方法を総合する力を養う

人間生活学部/人間生活学科
伝統ある藤女子大学の女子教育(家政学)を基盤とし、プロジェクトマネジメント専修、社会福祉専修、現代家政専修の3つの分野で構成。
1・2年次は先週に関する基礎・専門科目を全て学びます。3年次からは自分の興味・関心のある深めたい分野を選択し、学外実習やフィールドワークなどを通して実践能力を養成。現代社会における多様な生活課題の解決に取り組むプロフェッショナルを育成します。
人間生活学部/食物栄養学科
食物・栄養・人体そして健康に関連する科目を学びながら、管理栄養士として必要な科学的根拠に基づく栄養ケアマネジメントの能力を身に付けます。さらに、対象者の心理やコミュニケーションスキルについて学び、栄養ケアの対象者をより多面的かつ全人的に捉えて、その人に最もふさわしい栄養ケアができる管理栄養士の養成をめざします。
食物栄養学科は、北海道初の管理栄養士養成施設として、1996年3月の第1期生以来、1,000人を越える管理栄養士を養成してきた伝統があります。卒業生の多くは道内外の病院、保健所・保健センター、小学校、高齢者施設など幅広い分野で活躍し、さらに食品会社といった一般企業でも力を発揮しています。また、栄養教諭として教育委員会や地方自治体に多数採用されています。
人間生活学部/保育学科
人間の本質と社会のありようを探究し、子どもに関わる諸問題を主体的に追究する豊かな洞察力と、問題に対して責任を持って対処できる解決能力を有し、子どもの健全育成に努め、保護者の育児支援のできる専門性豊かな保育者の育成をめざします。4年間の学びを通して、社会状況を的確に理解しつつ、子どもの育ちを保障するために乳幼児に対する適切な保育を行い、家庭・地域社会への具体的な働きかけの理解と、積極的に行動できる力を養います。
2017年度に保育士として新規採用された札幌市職員の4分の1以上が本学科の卒業生でした。このように公務員として働く卒業生も多数います。
グループ活動を取り入れた授業や実習などで身に付けたコミュニケーション能力が評価され、一般企業で活躍する卒業生もいます。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ