学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ふじじょし

藤女子大学

私立大学 北海道

大学トップ

ここに注目!
  • 2018年4月から「専修」を軸にした新カリキュラムを導入
  • 思考力・表現力・コミュニケーション力を養成する文学部
  • 「QOL=生活や生き方の質」の向上を追求する人間生活学部

大学の特色

【文学部】新しい英語力強化プログラム「藤ACEプログラム」

文学部全学科を対象とする新しい英語力強化プログラム「藤ACEプログラム」を2018年度から開設しています。
個別かつ継続的な指導を行い、卒業後に即戦力となる確かな英語運用能力を養成する2つのコースを設置。
2コースともに留学中はもちろん、事前・事後のサポート体制を整備するほか、留学時には成績などに応じた奨学金が支給されます。
スペシャリストコース~高度な英語力で国際的なキャリアをめざす
協定校へ1年間の長期留学が可能
プロフェッショナルコース~確かな英語力で就活を有利に進める
協定校へ半期語学が可能

閉じる

【人間生活学部】学科の学びを専門的に追究する新しいカリキュラム

2018年4月から「専修」を軸にした新カリキュラムを展開
人間生活学科/プロジェクトマネジメント専修、社会福祉専修、現代家政専修
食物栄養学科/管理栄養士専修
保育学科/子ども教育専修、子ども生活支援専修
各専修は、充実した大学共通科目群を基礎とし、学生一人ひとりが自らの将来をかたちづくるための学びの体系を示しています。
人間生活学部では、さまざまな公的資格を取得することが可能ですが、
単に資格を取得することが「目的」ではありません。
まずはしっかりと「学士力」を身に付け、その学士力を人々の生活の質(QOL)の向上のために実践する、その目標のために公的資格などを取得するというのが本学部における位置づけです。

閉じる

学びを深める海外留学プログラム&国内留学

長期・半期・短期、3つのプログラムで海外留学を積極的にサポート
■海外協定校派遣留学/留学期間:1年間(2学期間)
語学習得に加え、留学先の大学の正規授業に出席して学ぶこともできます。協定校で修得した単位は本学の単位として認定されるので、留学期間を含めた4年間で卒業することが可能です。
■海外協定校半期留学/留学期間:1学期間
語学力の向上を主な目的として、語学センターなどで授業を受けます。
■海外短期プログラム/留学期間:1~4週間程度
夏休みや春休みなど長期休暇時に実施。文化体験や観光といった課外活動も充実しており、他国からの留学生や現地学生との交流も行われています。

国内留学
本学では、同じ教育理念を持つ上智大学と学生交流協定を結んでいます。
毎年学生1名が、本学に在籍したまま1年間上智大学で学び、修得した単位は所属学科の条件内で卒業要件単位に含めることができます。

閉じる

アドミッションポリシー

教育理念

藤女子大学は、藤学園の創立者であるカトリック札幌教区初代教区長ヴェンセスラウス・キノルド司教の意思を受け継ぎ、キリスト教的世界観や人間観を土台として、女性の全人的高等教育を通して、広く人類社会に対する愛と奉仕に生きる高い知性と豊かな人間性を備えた女性の育成を使命とします。

閉じる

教育の目的

本学は、建学の理念の実現に向けて、教職員と学生の人間的触れ合いの中で、次に掲げる目的の達成を通して、時代の変化を見つめながら世界と人間の普遍的な本質を追究します。
・高度な学問研究に基づく普遍的な真理探究を通して、豊かな教養と謙虚さを兼ね備えた賢明で包容力のある女性を育成します。
・人類の幸福追求に伴って生じる矛盾を解決するために、寛容と自由の精神を尊重し、真実を主体的に追求できる女性を育成します。
・自己と他者の人間性を尊重し、地域社会の諸問題に取り組むと共に、国際的視野に立って世界の平和のために奉仕する心を持った女性を育成します。

閉じる

求める学生像

・自分に備わった資質を磨き、さらに人間として成長しようと努力する人
・学問の探求に励み、知的好奇心を満たそうと努力する人
・現代社会の諸問題に関心を持ち、さらに視野を広げようと努力する人
・他者への思いやりを持ち社会や環境に貢献しようと努力する人

閉じる

教育環境

2017年に完成した北16条キャンパス新校舎

北16条キャンパス(文学部)

北海道大学にほど近い、アカデミックな学生街に位置しています。歴史を感じさせる伝統的な校舎と、情報化時代に対応した先進の設備がほどよく調和した落ち着きのある雰囲気が特徴です。
北16条キャンパスの学びの中核施設である図書館には、さまざまな学習スタイルに対応する空間、ラーニング・コモンズもあります(下の「学習・研究に役立つ充実の図書館」も参照)。
◎2017年4月 地上9階建ての新校舎が完成
1階=マリアラウンジ(学生ラウンジ)、パウダールーム、学生ロッカー室
2階=国際交流センター、i.Learning Space
3階以降=講義室、教員研究室
さらなる教育・研究環境の充実を図ります。

キャンパスの一角に建つキノルド資料館は、大正期の風情を今に伝えるたたずまいが目を引きます。また、藤女子中学・高等学校も併設されています。

閉じる

花川キャンパスは落ち着いたたたずまいが魅力

花川キャンパス(人間生活学部)

緑の木立に囲まれた自然豊かな環境にある校舎は、落ち着いた中にも洗練された雰囲気が漂います。日当たりのよい食堂、ホテルのような化粧室などキャンパスライフに必要な設備が充実。トレーニングルームやテニスコート、体育館など健康づくりに役立つ施設も完備しています。
また、最新の調理機器がそろった調理実習室、保育学科の実習のほか、地域の方の交流の場として使われる広々とした保育実習室などの実習施設も充実しています。

閉じる

ラーニング・コモンズ

学習・研究に役立つ充実の図書館

北16条キャンパスの「本館」と花川キャンパスの「花川館」の2つの図書館があり、それぞれの学科構成に合わせて資料などを所蔵しています。学習・研究に直結する書籍・資料をはじめ、さまざまな教養書も充実しています。館内の視聴覚室では、豊富なDVDコレクションを楽しむこともできます。
両館の本は、互いにコンピュータで検索して取り寄せることができるほか、自分のPCから蔵書検索することも可能です。さらに道内大学図書館相互利用サービス、石狩市民図書館相互利用サービスも行っています。
本学の図書館は学生の利用率が高いのも特徴の一つで、平均貸出数は全国の大学の中でもトップクラス。また、卒業後もほぼ変わりなく利用でき、資料探しや読書のために来館する卒業生も少なくありません。
◎北16条キャンパス図書館「ラーニング・コモンズ」
ラーニング・コモンズは、各種図書・雑誌に加えて、データベースや電子ジャーナルなど学術資源の活用も可能な学びのための共有空間です。会話ができる場所なので、ディスカッションしながらのグループ学習、プレゼンテーションといった多目的な学習スタイルに対応し、学生の自由な発想で可能性を広げることができます。

閉じる

学部

2018年度入学者対象

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納付金【2017年度実績】

●初年度納付金(委託徴収金等を含む)
文学部
英語文化学科/1,088,280円
日本語・日本文学科/1,085,160円
文化総合学科/1,085,160円
人間生活学部
人間生活学科/1,134,360円
食物栄養学科/1,212,560円
保育学科/1,155,660円

本学独自の奨学金制度

日本学生支援機構や各市町村の奨学金制度のほか、本学独自の4種類の奨学金制度があります。
【本学独自の奨学金制度】
キノルド司教記念奨学金
本学園設立者キノルド司教を記念して創設された奨学金。
経済的理由により修学が困難な学生の中から選考を行い、月額で大学院生44,000円、学部自宅通学生27,000円、学部自宅外通学生32,000円を貸与します。貸与期間は最短修業年限まで。
なお、日本学生支援機構の奨学金を受給していない学生が対象です。
クサベラ奨学金
草創期に本学経営に尽力されたクサベラ元理事長を記念して創設された奨学金。
学業成績が優秀であるにもかかわらず保護者の急変(死亡、失職、事故、災害等)により学費の納付が困難になった学生及び入学予定者に対して、授業料その他の納付金の全額または一部を免除します。
申請は前期・後期を単位とし毎年申請することができますが、4年間を限度とします。
学費貸与奨学金
保護者の急変(死亡、失職、事故、災害等)により修学が困難になった学生に対して、学費の全額または一部を貸与します。貸与期間1年間。ただし、毎年申請することができます。
藤の実奨学金
本学の同窓会「藤の実会」によって創設された奨学金。
人物・学業ともに優れ、かつ経済的理由で修学が困難な学生の中から選考を行い、月額10,000円を給付します。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】2173人
【外国籍の学生数】5人
【教員数】330人
【外国籍の教員数】37人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 82人
1か月以上3か月未満 0人
3か月以上6か月未満8人
6か月以上1年未満10人
1年以上0人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】12
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】20人以下
【奨学金給付金額総額】500万円以上1,000万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

藤ACE(エース)プログラム 英語スペシャリストコース<長期留学>

【留学先】オーストラリア、イギリス
【留学期間】6か月以上1年未満
【対象人数】入学年度ごとに、長期留学で最大8名派遣
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL PBT(480)、TOEIC(600)、TOEIC IP(600)、GTEC College Test Edition(600)、英検(2級A以上(CSE2150点以上))、IELTS(4.5)、TEAP 300点以上
【問い合わせ先】
部署:国際交流センター
電話番号:0117360311

藤ACE(エース)プログラム 英語プロフェッショナル・コース

【留学先】カナダ
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】入学年度ごとに、半期留学で最大15名派遣
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL PBT(460)、TOEIC(550)、TOEIC IP(550)、GTEC College Test Edition(600)、英検(準2級(CSE1700点以上))、IELTS(4)、TEAP226点以上
【問い合わせ先】
部署:国際交流センター
電話番号:0117360311

人間生活学部海外研修

【留学先】オーストラリア
【対象人数】15人上限
【留学開始時期】2019/03/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【応募資格】英語力に関する応募資格なし
【問い合わせ先】
部署:国際交流センター
電話番号:0117360311

閉じる

クラブ・サークル活動

学生の多くは、クラブ・サークル活動を通じて、興味や関心を深めたり、かけがえのない仲間と出会ったりしながら、大学生活をより豊かで充実したものにしています。

体育会系クラブ

弓道部、競技舞踏部、剣道部、バドミントン部、スカッシュラケット部、チアダンス部、バレーボール部、ラクロス部

文化系クラブ

学生会執行部、大学祭(藤花祭・藤陽祭)実行委員会、ESS、映画研究会、園芸部、演劇「劇団でゅなみす」、海外支援サークル「SMILE」、合唱団ウィスタリアコール、華道部、着物着付け部、軽音楽部、国際交流クラブ「なでしこ」、北16条茶道部、写真部、書道部、箏曲部、百人一首、文芸部、放送研究会、マルチメディア研究会、マンドリンクラブ「フジ・フロイライン」、絵本研究会、科学研究会、学習支援kacotamサークル藤、花川華道部、花川着物着つけ部、花川茶道部、ボランティアサークル THE セツルメント、ボランティアサークル HAPPY

同好会

アイドル研究会、広告研究会、中国語同好会「你好我好」、YOSAKOIソーランチーム、子どもサークル「おひさま」、食で世界とつながるTFT-Fuji、花川美術

閉じる

大学院・併設の大学

専門領域を深く追究

〈大学院〉*男女共学
●人間生活学研究科/人間生活学専攻(修士課程)
●人間生活学研究科/食物栄養学専攻(修士課程)

閉じる

パンフ・願書

「いま、藤女子大学で学ぶ」「OGインタビュー」「学部・学科情報」「留学&国際交流」「キャリアサポート」「キャンパスライフ」など

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

北16条キャンパス(文学部)

●札幌市北区北16条西2
・地下鉄:南北線「北18条」駅下車、徒歩5分
・地下鉄:東豊線「北13条東」駅下車、徒歩7分
・中央バス:鉄北方面各系統利用、「北15条西1丁目」または「北15条東1丁目」下車、徒歩3分

花川キャンパス(人間生活学部)

●北海道石狩市花川南4条5
・地下鉄・中央バス:南北線「麻生」駅下車、中央バス乗り換え
手稲駅北口行き「藤学園前」下車(所要約20分)
または5丁目経由花畔、石狩庁舎行き「花川南5条5丁目」下車(所要約20分)
・地下鉄・中央バス:東豊線「栄町」下車、中央バス乗り換え
栄町花川線「藤学園前」下車(所要約25分)
・JR・中央バス:JR「手稲」駅から中央バス乗り換え
麻生行き「藤学園前」下車(所要約20分)

閉じる

問い合わせ先

住所

〒001-0016
札幌市北区北16条西2
入試課

電話番号

(011)736-5959(直)

URL

http://www.fujijoshi.ac.jp/

その他

【LINE】@fujijoshi

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ