学校パンフ取り寄せで図書カードGET

みやぎがくいんじょし

宮城学院女子大学

私立大学 宮城県

生活科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

食品栄養学科(100名)
生活文化デザイン学科(60名)

所在地

1~4年:宮城

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●生活を科学的に捉えて高度な専門性を培う2学科
●管理栄養士や栄養教諭など食と健康のスペシャリストを養成する食品栄養学科
●「環境・文化・社会」の視点から次世代のライフスタイルをデザインする生活文化デザイン学科

生活者の視点に立った幅広い専門知識と実践力を持った、食品栄養に関する専門家(食品栄養学科)や、家庭科教員や建築士などの生活文化と住環境の専門家(生活文化デザイン学科)を育成します。

【学生数】321名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】17名(2017年5月1日現在)

食品栄養学科

講義・学問分野

公衆衛生学、生化学、解剖生理学、診察診療学、分子栄養学、栄養基礎化学、食品化学、基礎栄養学、病理学、ライフスタイルと栄養、管理栄養士総合演習、実践栄養管理 など

閉じる

生活文化デザイン学科

講義・学問分野

サスティナブルデザイン論、家族社会学、消費経済学、服飾美学、ビジュアルデザイン演習、インテリアデザイン論、建築計画、建築環境学、デザイン演習(建築・インテリア)、色彩心理、現代ファッション論、調理学実習 など

閉じる

学部の特色

生活を科学的に捉えて高度な専門性を培う2学科

管理栄養士や栄養教諭など、食と健康のスペシャリストをめざす「食品栄養学科」と、「環境・文化・社会」の視点から、次世代のライフスタイルをデザインする「生活文化デザイン学科」の2学科で構成されています。「食品栄養学科」では、栄養や食育への注目が集まり、「食」と「健康」に対する社会のニーズがますます高まっている現在、“食と健康のスペシャリスト”である、管理栄養士や栄養教諭として活躍するための資質を身に付けます。専門分野の授業では、実践系の科目群を詳細に学び、臨地実習を経て生きた知識を吸収します。「生活文化デザイン学科」では、「環境」「文化」「社会」の視点から生活全般を総合的にとらえ、次世代社会に求められる生活をデザイン=提案する力を養います。実績ある家庭科教員養成と、暮らしへの深い理解を持つ建築士の養成が特色です。

閉じる

管理栄養士や栄養教諭など食と健康のスペシャリストを養成する食品栄養学科

現代社会において、メタボリックシンドロームや介護予防の食支援といった「食」と「健康」に対する問題、子どもの食育やチーム医療など、「栄養」への関心が高まっています。食品栄養学科では、管理栄養士や栄養教諭として幅広いフィールドで活躍できる力を身に付けます。カリキュラムでは、少人数での講義や演習、実験を通して、主体的・協同的に学ぶ姿勢を養います。学外での実習や、現場で活躍している講師からの指導機会も多いため、社会から求められているものをリアルタイムに学ぶことができます。

閉じる

「環境・文化・社会」の視点から次世代のライフスタイルをデザインする生活文化デザイン学科

生活文化デザイン学科では、家族、女性と社会、生活者と経済、服飾、建築・インテリアなどの生活にかかわる問題を総合的に学びます。「社会」「環境」「文化」の観点から捉える目を養いながら、次世代に求められる生活のあり方を提案=デザインする専門性を深めていきます。家庭科教員、建築士などの専門職をはじめ、生活者の視点から問題に取り組む実践力を身に付けます。将来は学修した専門性を生かし、ライフスタイルにあった住まいを提案できる建築やインテリアの専門家として、服飾、食品、流通、サービスなど生活文化関連企業において、生活者のニーズと企業をつなぐ専門職として活躍できる人材を育成します。また、家庭科の教員免許を取得し、県内外の学校でも活躍できます。

閉じる

学べること

食品栄養学科

食から人の健康に寄与するスペシャリストになる

「社会・環境と健康」「人体の構造と機能および疾病の成り立ち」「食べ物と健康」の専門基礎科目群を学び、食や健康に関する基礎的な知識を身に付け、管理栄養士になる土台をつくります。「給食経営管理論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」などの専門科目群を年次ごとに段階的に学び、管理栄養士に必要な能力を身に付けます。また、「学校栄養教育概論」「学校栄養教育指導論」を受講し、栄養教諭もめざすことができます。

閉じる

生活文化デザイン学科

社会と暮らしのスペシャリストになる

生活とデザインに関する知識を深めるため、環境、文化、社会などの多角的な視点で学びます。あわせて、情報デザインの技能も活用して、自身の考えや提案を人々に伝えるプレゼンテーション能力を身に付けます。2年次から自分の目標や進路に合わせ、家族、女性と社会、消費経済、服飾などの分野を学ぶ「生活文化系」と、建築・住居、インテリアを総合的・実践的に学ぶ「建築・インテリアデザイン系」の2つの科目群、いずれかを中心に多様な科目の選択履修ができます。「建築・インテリアデザイン系」科目では、建築士、インテリアプランナーをめざすこともできます。

閉じる

アドミッションポリシー

生活科学部 入学者受け入れの方針

本学部は,次のような能力,意欲,目的意識などをもつ者を広く受け入れます。
1. 食品栄養学あるいは生活文化デザイン学の領域に興味を有している。
2. 修学の基礎となる知識や能力、コミュニケーション能力を有し、主体的に学習に取り組むことができる。
3. 地域社会や地域産業へ貢献する力を身につけたいとの意欲を有している。
4. 生活の問題点を見出し、主体的で創造的な生活の実現を支援したいという目的意識を有している。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】
仙台市青葉区桜ケ丘9-1-1
教育研究支援グループ入試センター
電話番号 (022)279-5837(直)

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ