×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

りゅうつうけいざい

流通経済大学

私立大学 茨城県/千葉県

スポーツ健康科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

スポーツ健康科学科(200名)
スポーツコミュニケーション学科(100名)

所在地

1~4年:茨城

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●自ら学ぶ姿勢を身に付け、豊かな人間力を持った真の国際人として成長する
●スポーツを通じてコミュニケーションを学び、社会に生かす方法を考え出す
●救急救命技術を習得し、質の高い競技者・指導者をめざす

【トレーナー、スポーツビジネス、教員、プロ。多様な視点でスポーツをとらえる】
スポーツ健康科学科では、スポーツの現場で必要な知識や技術、ビジネスとの関連を学びます。保健体育の教員やトレーナー、運動指導者や関連企業への就職のほか、どんな業界でも通用する力をつけます。
スポーツコミュニケーション学科では、スポーツを通じて、社会でいま最も必要とされているコミュニケーション能力の備わった人材を育成します。

【キャンパス】龍ケ崎キャンパス
【学生数】1151名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】36名(2020年5月1日現在)
【大学院】スポーツ健康科学研究科/スポーツ科学専攻(修士)

スポーツ健康科学科

講義・学問分野

スポーツ救急理論・実習、トレーナー概論、海浜実習、スポーツマネジメント論

閉じる

スポーツコミュニケーション学科

講義・学問分野

ジャーナリズム論・演習、コーチング概論、スポーツマネジメント演習・実習、実践コミュニケーション英語

閉じる

学部の特色

自ら学ぶ姿勢を身に付け、豊かな人間力を持った真の国際人として成長する

スポーツと健康を学ぶことは、生命に対する敬意や人としての優しさ、強靭な精神の育成につながります。また、受け身ではなく、自ら学ぶ学習姿勢が本学科の基本。教員と学生が互いに学び合いながら「みる力・伝える力・決断する力・全力を出し切る力・省みる力」を養います。多彩な学びを通じて心身を鍛え、人間力に富んだ国際人を育てます。

閉じる

スポーツを通じてコミュニケーションを学び、社会に生かす方法を考え出す

スポーツは、コミュニケーションについて学ぶ最適な場です。そこで育むコミュニケーション能力はスポーツの枠を超え、広く社会で、世界で生きていくためのチカラとなります。スポーツで得た社会的能力を活用し、さまざまな分野に役立てる方法を学びます。

閉じる

救急救命技術を習得し、質の高い競技者・指導者をめざす

心臓マッサージや人工呼吸など、救急救命の知識を習得。運動時の事故防止能力と、もしもの時の適切な対処方法を身に付け、競技者、指導者としての質を高めます。

閉じる

学べること

スポーツ健康科学科

スポーツをするだけでなく、多彩な分野から研究し社会に貢献できる人材をめざす

【人間力に富んだ真の国際人を育成】
スポーツと健康の追求には、自他を認め、自ら行動することが必要不可欠。目的を実現する「みる力」「伝える力」「決断する力」「全力を出し切る力」「省みる力」を養い、自立し、人間力に富んだ国際人を育てます。
【さまざまな体験から生命の尊厳を考える】
海浜実習※では、自然界すべての命に対する尊崇の念と、思いやりの心を育てます。また、救命処置の実習を通して、運動中の事故防止や、自然災害の際に自分の安全を確保しつつ他人を守るスキルを学びます。
【実習を通じて、実践的に健康・スポーツ指導を学ぶ】
「健康づくりのプログラムを考案し、地域や医院で実践する」「地域や学校で子どもたちにスポーツの指導をする」など、学習プログラム作成やコーチングを、現場で実践的に学ぶ機会が豊富です。

【授業・講義】
スポーツ救急理論・実習 自他の命を守るための知識と技能を習得する

スポーツ活動中、もしあなたの大切な人が大きな外傷を負ったり、心肺停止になってしまったりしたら、あなたはその大切な人の命を守れますか?この授業では応急処置や心肺蘇生法を実習します。

閉じる

スポーツコミュニケーション学科

スポーツで得たさまざまな能力を社会に役立てる力を養い、スポーツと自分の新たな可能性を開拓

【バリ島(インドネシア)でのスポーツ普及を目的とする国際協力】
学生独自の興味・関心、将来の生活設計に応じて履修ができ、将来はスポーツに関連したコミュニケーション能力を活用し、国際的なスポーツの発展・普及・支援活動なども含めさまざまな領域で活躍できる人材を育成します。
【取材実習でスポーツと社会を結ぶメディアの役割を学ぶ】
「スポーツ・ジャーナリズム実習」で、取材交渉から事前取材、現場取材、記事作成、新聞編集までを経験し、メディアの役割を学ぶとともに、伝えたいことを適切な手段と表現で伝える力をつけます。
【スポーツイベントの運営を経験しマネジメントを学ぶ】
「スポーツマネジメント実習」で、実際にスポーツイベントやプログラムの計画、準備、実行、評価を行うことで、スポーツの力を活かすマネジメントについて学ぶとともに、課題を発見し解決していく力を養います。

【授業・講義】
スポーツコミュニケーション実習 コミュニケーションから自他理解を深める

プロジェクトアドベンチャー(PA)を学ぶ実習です。PAでは、協力なしには挑戦できない非日常的な楽しい活動をする中で、相手を認め自分を伝え自他を活かす力が自然と引き出されます。参加者としてだけでなく、ファシリテーター(進行・調整役)として参加者のコミュニケーションを促しながらPAを指導する活動も行います。成功体験だけでなく失敗も共有し、振り返ることで、他者との関係を築く力を養い、自分自身に対する理解を深めます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ